ブログ記事代行のおすすめ業者や料金相場|外注先の選び方まで

この記事でわかること
  • ブログ記事代行にかかる料金の相場
  • おすすめのブログ記事制作代行業者
  • ブログ記事外注先・ライターの選び方
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

「ブログ記事の外注を検討しているけど料金相場ってどれくらいなの?」
「おすすめの記事作成代行業者を知りたい」
「自社に合ったブログ記事外注先の選び方を知りたい」

ブログ記事代行を検討している方で、上記のようなお悩みや疑問がお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際にブログ記事を代行してくれる業者は豊富にあるので、自分にぴったりな業者を選びたいところですよね。

はじめに、多くの方が気になっているブログ記事代行の料金相場は以下のとおりです。

  • クラウドソーシング:文字単価0.5円~5.0円
  • 安さをウリにしているブログ執筆代行業者:文字単価0.7円~3.0円
  • SEOに強いブログ執筆代行業者:文字単価7.0円~10.0円
  • 直接個人に依頼:文字単価0.5円〜(※交渉してから決まる。)

上記のとおり、外注先によって費用の相場は大きく異なり、加えて依頼内容や工程が増えると上記の料金以上に費用がかかってきます。

クラウドソーシングや直接個人に依頼することは、比較的安価で依頼できますが、クオリティにバラつきが起こる可能性があります。確実に成果を出したい方は記事制作代行会社がおすすめです。

本記事では、ブログ記事代行の料金相場から外注先の選び方や成功ポイントまで解説。おすすめの外注先も紹介していますので、ブログ記事代行選びに失敗したくない方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ブログ記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
目次

ブログ記事代行を利用して更新スピードアップ

近年、コンテンツマーケティングの成果をより高める手段として、ブログ記事の執筆代行を利用するメディアが増えています。(企業・個人問わず増加中)

ブログは、比較的身近なもので個性が出やすいところから、ユーザーの距離を縮めてファンを増やすための有効なツールです。

このメリットを活かし、メディア成長をはかりたいという方もたくさんいるはず。
とはいえ、広告代理店等にブログ記事の執筆代行を依頼すると、かなりの予算を必要とするでしょう。

できるだけコストをかけずに集客につながるブログ作りを実現するなら、
ブログ記事の制作に特化した代行業者を利用するのがおすすめです。

しかし、ブログ記事の制作に特化した代行業者といっても、どのような外注先があるのでしょうか。

まずは、ブログ記事の作成代行の外注先について見ていきましょう。

ブログ記事作成代行が可能な外注先

ブログ記事の作成代行を依頼できる先には、次のようなものがあります。

  • クラウドソーシング
  • ブログ記事の作成代行業者
  • ライターと直接契約

それぞれの特徴を順番に紹介します。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングのイメージ

ブログ記事の外注先1つ目は「クラウドソーシングサイト」です。

クラウドソーシングサイトとは、お仕事の発注や受注をオンライン上で行なうサービスのことを言います。主に、個人事業主やフリーランス、副業ライターの方が登録しています。

代表的なサービスに、ランサーズやクラウドワークスが挙げられます。

▼クラウドワークス

クラウドワークス
出典:クラウドワークス公式サイト

クラウドソーシングサイトには多数のライターが登録されており、記事の執筆やその他さまざまなことを依頼することが可能です。

個人に直接依頼できるため、費用を抑えられる点が特徴です。また同時に複数のライターに依頼できるので、大量のブログ記事作成をお願いしたいときにもご活用いただけます。

ただし、初心者から上級者までさまざまなライターが登録しているため、記事の品質に差が出るところがデメリット。また、クラウドソーシングサイトの利用自体に手数料が発生する点も注意が必要です。

ブログ記事の作成代行業者

記事作成代行業者のイメージ

ブログ記事の外注先2つ目は、「ブログ記事の作成代行業者」です。

ブログ記事の作成代行業者とは、ブログ記事執筆に特化した制作代行サービスです。

主に、ブログをはじめとする記事作成代行を請け負う業者のことを言います。

記事制作を専門としているため、ハイスキルなライターが複数在籍しており、納品される記事の品質の良さが特徴です。また、複数名体制で記事の執筆・編集・校正を行うため、品質にムラに少ない点も魅力だと言えます。

質の良いブログ記事を求める場合は記事作成代行業者がおすすめでしょう。

また、窓口としてSEOディレクターがアサインしてもらえる会社もあります。SEOやメディア運営に対するノウハウが豊富にあり、記事執筆以外の面からもブログの成長を支えてもらえるでしょう。

キーワード選定や競合分析など、ブログ運営に必要なことのほとんどに対して高いスキルを持ち合わせているのが特徴です。

また、窓口は制作会社に一本化するので複数のライターを管理する手間がなくなる点も大きな魅力だと言えます。

ただし、その分依頼する費用が高くなるところがデメリットとなります。

ライターと直接契約

個人ライターのイメージ

ブログ記事の外注先の最後には「自社でライターと直接契約」することです。

自社で直接ライターを募集するには、求人情報サイトに募集を掲載するほか、自社サイト上で募集をかける方法があります。主に、バイトや個人事業主、フリーランスの方が応募されます。SNSでライターを募集してみるのも良いでしょう。

応募される方のスキルはさまざまですが、ある一定の実績を持った方からの応募もあるので、運が良ければ質の良い記事執筆が期待できます。

長期的にライティング業務が発生する場合は雇用契約を結ぶのも選択肢です。

雇用契約を結ばない場合、業務委託契約関係を結ぶことになりますが、個人との契約はトラブルが発生するリスクもあります。注意して締結を進めましょう。

そのため、どういった方を募集しているのかなどを募集要項に詳しく記載し、必要に応じて依頼前にテストライティングの実施を行ないましょう。

ブログ記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

ブログ記事の作成代行で依頼できること

ブログ作成代行を依頼すれば、次のような手間のかかる作業を依頼できます。

  • ブログ企画の考案
  • ブログ記事の執筆
  • サイトへの入稿

ただし、個人事業主やフリーランスに依頼する場合、ライターのスキルや経験値によって依頼できる領域が異なる可能性もあります。また、ブログ執筆の代行業者の場合、依頼内容が増えるほど料金が高くなるので、予算と相談しながら依頼するのが良いでしょう。

下記にブログ作成に必要な作業内容を詳しく紹介します。

ブログ企画の考案(キーワード選定)

ブログ企画の考案やキーワード選定を依頼可能です。

ブログ企画の考案は、アクセス数の増加やコンバージョン率の向上など、ブログ記事の効果を最大化する重要な作業です。

具体的には、まず、メディア内容や既存記事の分析を行ない、ターゲットを明確にします。そして、読者の持つニーズやブログ運営する目的に沿った集客対策を行ないます。ターゲットやニーズ、目的がはっきりしたところで、キーワード選定を行ない、企画や構成の考案を作成していくのです。

こちらの作業内容は、ブログ運営を行なっていく上で基盤となるところなので、最も大事な作業となりますが、時間がかかるのと、ノウハウがないとなかなか正しく行えないかと思います。

そこで代行業者に依頼することで、手間を削減しつつ高い成果を実現可能です。

また、SEOを意識したブログ運営を行う場合、キーワード選定は最重要業務です。
複数のツールを使いこなす必要がありノウハウがない企業には難しい作業になります。
外注するのが無難でしょう。SEOに強い記事制作代行会社に依頼するのがおすすめです。

ブログ記事の執筆

企画や構成案をもとにしたブログ記事の執筆もご依頼可能です。

ブログ執筆で大切なことは「ユーザーが知りたい(解決したい)ことを書く」ことです。

より多くの方に届けたい場合、SEOに関する知識とスキルが欠かせません。
ブログへの導線は検索エンジン経由が中心です。
(他にSNSやブログサービス内での回遊からの流入もありますが、メインは検索エンジンです。)

執筆したブログが検索結果上位に載るためには、SEO対策が大きく関わっています。
SEOで「勝てる」記事を作らなければなかなか閲覧数も伸びてこないでしょう。

自社(自身)にSEOノウハウがない場合は、ブログ記事作成代行業者に依頼するのも選択肢です。
対策したいキーワードに合わせて上位表示可能な記事を執筆するスキルがある業者であれば、効果的にブログへのアクセス数を増やしていってくれるでしょう。

サイトへの入稿

執筆した記事のサイトへの入稿もご依頼可能です。

ワードやGoogleドキュメントなどのテキストで納品された記事を、WordPressなどのCMSに入稿してもらえます。
WordPress上で、テキスト以外の図解や図表に加えて、文字の強調やアンダーライン、アイキャッチなどを追加する作業も請け負ってもらえます。

サイトへの入稿を依頼した場合、基本的にオプション料金として執筆費用に上乗せで費用がかかります。

WordPress以外のCMSへの入稿を依頼することも可能です。HTMLやCSSのコーディング作業が絡む場合、やや料金が高くなります。こういった点からもブログ開設時のCMS選びではWordPressが人気です。

入稿まで依頼すると、執筆に必要な作業をほぼすべて行なってくれることになるので、自社の負担を大幅に減らせます。

ブログ作成代行に依頼するメリット

ブログの作成代行を依頼すると、次のようなメリットが期待できます。

  • 読者に刺さる記事を作成できる
  • Googleに評価される記事を投稿できる
  • 主要な業務に専念できる

それぞれのメリットを以下に詳しく紹介します。

読者に刺さる記事を作成できる

ブログ作成代行に依頼するメリット1つ目は、読者に刺さる記事を作成できることです。

ブログ記事は、読みやすい文章を書くことも重要ですが、加えて共感やインパクトがあるなど、読者に刺さる文章も重要です。

ブログ記事の執筆代行を依頼すれば、書くことのプロフェッショナルが作成する文章を掲載できます。また、読者の心に刺さる記事を掲載することで、読者の興味を引き、ファンに育てることも可能です。

Googleに評価される記事(SEOに強い記事)を投稿できる

2つ目が、Googleに評価される記事(SEOに強い記事)を投稿できることです。

ブログの運営において、Googleに評価されることは最優先事項です。Googleでは、投稿された記事の内容を吟味して検索順位を決めています。高い評価を得られれば、検索結果の上位に表示され、多くの読者の目に留まる可能性が高まります。

つまり、サイトへのアクセス数や成約率の増加に大きく関わってくるということです。

その反面、評価を受けられないとブログ投稿しても読まれない可能性も出てきます。読まれないと、Googleに評価されないこともですが、メディア全体の評価の低下にも繋がりかねません。

そのため、Googleに評価される方法、すなわちSEOで結果を出すコツを熟知した外注先に依頼することが大切ということがわかります。

主要な業務に専念できる

3つ目が、主要な業務に専念できることです。

自社はあくまで、商品開発やサービスを行なうところです。主な業務の傍らでブログを書くのは難しく、無理すると残業が増えたり、主たる業務に集中できず支障をきたす可能性も出てきます。

ブログの作成代行を依頼することで、無理する必要もなくなる分、主要な業務に専念でき、加えてメディアを成長させることもできるでしょう。

ブログ記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

ブログの作成代行を依頼するデメリット

ブログの作成代行を依頼するのはメリットだけではありません。どんなことがデメリットになるのか確認しておきましょう。

ブログの作成代行を依頼するデメリットは以下の3つになります。

  • 外注費がかかる
  • ブログの品質維持が難しい
  • 外注先とのコミュニケーションが煩雑

それぞれ詳しく解説します。

外注費がかかる

デメリットの1つ目が、外注費がかかることです。

当たり前ですが、ブログの作成代行は無料で行なってくれません。結果を求めるのであれば、それなりの費用がかかってくるということを理解しておきましょう。

「それならコストを押さえて依頼しよう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、コストを押えたいからと格安を謳った業者に依頼したり、経験が浅くSEOでの実績もない執筆代行者に依頼したりすると、SEOでの結果を出せないことも出てきます。

反対に、膨大な費用を費やして高額な代行業者に依頼したからといって、必ず上位表示されるとも限りません。

失敗したくない方は、外注するブログ作成の工程を絞るなど、予算を加味しながら調整していくのが良いでしょう。

ブログの品質維持が難しい

2つ目が、ブログの品質維持が難しいことです。

ブログ作成の依頼は、場合によって複数人の執筆代行者に依頼することもあります。複数人の執筆代行者に依頼する場合、差異によるブレが生じてしまう可能性があり、一定のクオリティやテンションを維持するのは難しくなります。

また、納品した記事の質が執筆者によって異なってくるため、修正が多くなり逆に自社への負担が増えることにも繋がりかねません。

そのため、明確な指示マニュアルやルールを作成し、執筆代行者の差異によるブレが生じないような配慮が必要です。

外注先とのコミュニケーションが煩雑

デメリットの3つ目が、外注先とのコミュニケーションが煩雑になることです。

クラウドソーシングや執筆代行者と直接契約する場合、ブログ内容の打合せが必要です。その時に、記事のスタイルや内容、言葉の認識にずれが生じ、コミュニケーションが煩雑になる可能性があります。

そうなってくると、ブログ内容の打合せなどに手間がかかり、余計な業務を増やすことになってしまいます。必要に応じて定期的な打ち合わせを行なうなど、メディアの方向性や目的を明確にすることが必要です。

特にクラウドソーシングサイトは、顔の見えないWEB上だけのやり取りになるため、お互いの認識がずれていないか慎重にやり取りする必要があるでしょう。

ブログ記事作成代行の料金相場

ブログ記事作成代行の料金相場は以下の通りです。

  • クラウドソーシング:文字単価0.5円~5.0円
  • 安さをウリにしているブログ執筆代行業者:文字単価0.7円~3.0円
  • SEOに強いブログ執筆代行業者:文字単価7.0円~10.0円
  • 直接個人に依頼:文字単価0.5円〜(※交渉してから決まる。)

ブログ記事の費用は、「文字単価」もしくは「記事単価」で表されます。(文字単価が主流)

例えば、「文字単価2.5円で文字数3,000文字」の場合、以下のように計算されます。

文字単価2.5円 × 文字数3,000文字=7,500円(税別)

一般的に文字数が多いほど費用も多くなりますが、記事単価の場合でも、文字数が一定を超えると料金が高くなる計算方式です。

また前述の通り、ブログ記事の執筆代行依頼にかかる費用は、外注先によって異なります。

ここからは、下記3種類の依頼先別で料金相場を詳しく掘り下げていきます。

  • クラウドソーシング
  • ブログの執筆代行業者
  • 直接個人

それぞれ解説していきます。

クラウドソーシングの場合:文字単価0.5円~5.0円

クラウドソーシングの場合は、文字単価の相場は1文字0.5円~5.0円です。

4,000文字の原稿であれば2,000円~20,000円が目安となり、また記事単価もこの料金を目安とすれば良いでしょう。
これにクラウドソーシングサービスの手数料5~10%が追加でかかります。

ただし、クラウドソーシングは、初心者から上級者までさまざまなライターがいるため、記事の質にバラつきが出る可能性があります。そのため「質を問わず文章が欲しい」「大量の記事が欲しい」といった方におすすめです。

ブログの執筆代行業者:文字単価0.7円~10.0円

ブログの執筆代行業者は、業者のタイプによって料金相場が異なります。

  • 安さをウリにしているブログ執筆代行業者:文字単価0.7円~3.0円
  • SEOに強いブログ執筆代行業者:文字単価7.0円~10.0円

クラウドソーシングと比べると文字単価が高くなる分、ある程度のクオリティがある記事が確保できます。
ただし、格安な代行業者のなかには質が低いところもありますのでご注意ください。

また、SEOやマーケティング対策に対応できたり、CMS入稿が可能な場合が多いため、ほとんどの作業を丸投げできます。

ただし、ブログの執筆代行業者の場合は、文字単価以外の各作業が別料金になることがあり、費用が思ったより高くなることがあります。各作業料金は、業者によって異なりますので問い合わせるようにしましょう。

直接個人に依頼した場合:文字単価0.5円〜

直接個人に依頼した場合の費用は、交渉してから決まるのがほとんどです。
そのため、0.5円で外注できることもあれば5.0円以上で外注することもあり、依頼費用はバラバラです。

優秀なライターと分かる場合は、高値で依頼するのも悪くないかもしれません。しかし、記事のクオリティは未知数なことの方が多いので、必要に応じてテストライティングを行なうなど慎重に決めるのが得策です。

また、直接個人に依頼した場合、契約書や源泉徴収の対応が必要になることも覚えておきましょう。

記事作成代行にかかる費用相場について詳しくは下記の記事をご覧ください。

ブログ記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

ブログの記事執筆代行への依頼を成功させるポイント

ブログの記事執筆代行を成功させるには、以下のようなポイントを踏まえるとよいでしょう。

  • 価格と品質のバランスを考慮
  • イメージを明確に共有
  • マニュアルを作成しガイドラインを明確化

順番に紹介していきます。

価格と品質のバランスを考慮

まず、「価格と品質のバランスを考慮」することです。

ブログの記事執筆代行に依頼するときは、低価格で質の高い記事を作成してくれるところはあまりないと考えた方が無難です。一般的には価格と品質は比例するので、実績のあるライターに依頼すると報酬も高くなると考えていた方が良いでしょう。

品質が担保できる最低の文字単価は以下の通りです。

  • 執筆のみを依頼:文字単価2円~
  • 構成案作成~執筆まで依頼:文字単価4円~

経験上、上記を下回ってくると記事制作事業の黒字を出すためには高品質な記事を制作するにあたって必要な工程を削ることになります。

もし、予算が少ない場合は、依頼する記事数を減らしたり作業工程を減らしたりすると、価格を減らせます。予算と求めるスキルのバランスをどこでとるか、妥協点をあらかじめ決めておくのが良いでしょう。

イメージを明確に共有

ブログの記事執筆代行を成功させるには、「イメージを明確に共有」することも大切です。

ブログ執筆代行者と、ブログのイメージに関して具体的にすり合わせしておくことで、納品後の修正や無駄なやり取りを減らせます。

具体的には以下の4つを共有すると良いでしょう。

  • 誰が書いている設定なのか?
  • ターゲットとなる読者の設定
  • 何を伝えるブログか
  • 誰に何を伝えて、何を伝えないのか

また、上記4つ以外にも、外注をする理由や作業内容はどこまでするのかなどを伝えておくと良いでしょう。

マニュアルを作成しガイドラインを明確化

マニュアルを作成しガイドラインを明確化することも大切です。

執筆する際のマニュアルがないと、ブログテーマの方向性にズレが生じることが多くなります。依頼する外注が変わるごとに記事の質が異なるのでは、ファンの獲得にもつながりません。

また、逐一フィードバックする手間を省くためにも、マニュアルを作成して外注先と共有するのが効率的と言えるでしょう。

当社では以下のように70項目のレギュレーションチェックシートを設けて記事を制作しています。

記事レギュレーションチェックシート

上記のように、表記揺れがないか、必要な文字数はどれくらいなのか、画像の選び方など、細かいところまでマニュアルにしておくのがおすすめです。

ブログ依頼マニュアルの作成方法については記事の後半で解説しています。

記事外注の方法や成功ポイントについて詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

ブログの記事執筆代行のおすすめ外注先8選

ブログの記事執筆代行のおすすめ外注先8選を紹介します。

おすすめの外注先は以下のとおりです。

  • 記事作成代行ウルトラ
  • クラウドワークス
  • HELP YOU
  • 記事作成代行ドットコム
  • YOSCA
  • Buildup
  • ココナラ
  • ランサーズ

順番に紹介していきます。

記事作成代行ウルトラ

記事代行ウルトラ
費用文字単価3.0〜8.0円
コピペチェック方法複数のツールを使用
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 文字単価3.0円からの業界最安値で依頼可能!
  • 豊富なジャンルで検索1位を量産!
  • 最低依頼記事数1記事〜でOK!

記事作成代行ウルトラは、豊富な実績があるにもかかわらず、業界最安値で依頼できる記事執筆代行サービスです。

在籍しているライターは、採用率4%というテストに合格した方のみが執筆を行なうため、常に質の良い記事が量産可能。

また、独自が考えた記事作成方法の仕組み化や、常に最新のSEOをキャッチアップしているところから、1年で600記事以上検索1位をとる実績もあります。

さらに、「クラウドソーシング並の費用感が欲しい」という思いから、文字単価2.0円という業界最安値の料金設定を実現。

確実な結果と予算も押えたいといった、業界でも類を見ない要望に答えられる記事執筆代行サービスです。

クラウドワークス

クラウドワークス
出典:クラウドワークス公式サイト
費用文字単価0.1円〜
コピペチェック方法ライターが行なうCopyContentDetectorなど
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 取引数・ワーカー数・国内シェアNo.1!
  • 発注から決済まですべてオンラインで完結
  • 予算や納期の相場、発注方法まで簡単確認

クラウドワークスは、ランサーズと並んで、取引数・ワーカー数・国内シェアトップクラスのクラウドソーシングサイトです。

企業や個人を問わず、お仕事のマッチングを行ない、気軽にブログ記事の執筆代行の依頼が可能です。

また、記事の執筆代行以外にも動画編集やデザイン、写真加工などもできるワーカーもいるため、さまざまな依頼ができる特徴も持っています。

比較的安価で依頼できるところも特徴の1つで、予算を押さえて依頼したい方におすすめのサービスです。

HELP YOU

HELP YOU
出典:HELP YOU公式サイト
費用【チームプラン】料金:10〜15万円実働時間:30〜45時間
【1名専属プラン】料金:15〜20万円実働時間:45〜60時間
コピペチェック方法不明
最低記事数不明
最低契約期間1〜6ヶ月
おすすめポイント
  • ブログ記事執筆代行以外のことも任せられる
  • さまざまなジャンルで執筆可能
  • 大きく負担を減らしたい方におすすめ

HELP YOUは、オンライン上でアシスタントが業務を代行してくれるサービスです。

平均5人のチームで業務を行なうので、幅広い視点から記事執筆が可能としており、さまざまなジャンルへ対応できます。

記事執筆の代行以外にも、アイキャッチ作成や商品写真の加工などにも携わってくれるので、メディア運営に関するすべてのことを丸投げできます。

また、営業事務や秘書、経理、資料作成など、会社に必要なこと全般を任せられるので、大きく負担を減らしたい方におすすめのサービスです。

記事作成代行ドットコム

記事作成ドットコム
出典:記事作成代行ドットコム公式サイト
費用文字単価1円〜
コピペチェック方法不明
最低記事数1記事〜
最低契約期間不明
おすすめポイント
  • 文字単価1.0円〜業界最安値!
  • 2011年創業の信頼ある会社
  • 実力あるライターが在籍

記事作成代行ドットコムは、400社以上の執筆実績を持ちながら、文字単価1.0円〜という業界最安値で執筆してくれる記事作成代行サービスです。

ライターは、独自の厳しい採用基準をクリアした方のみが在籍しており、記事の品質を損ねない仕組みを作り上げています。

また、SEO対策に特化した提案も可能となっており、他社に負けない記事執筆が期待できます。

納期にも力を入れており、納期厳守率は驚異の98.24%!さらに、柔軟な納品方法を取り入れており、さまざまな案件に対応できる記事制作代行サービスです。

YOSCA

YOSCA
出典:YOSCA公式サイト
費用初期費用:10,000円文字単価:5円〜その他の作業別途
コピペチェック方法不明
最低記事数不明
最低契約期間不明
おすすめポイント
  • 7,000人以上のライターが登録
  • ご依頼にマッチするライターを用意可能
  • さまざまなジャンルに対応可能

YOSCAは、ブログ記事やSEOライティング、取材ライティングなど、記事執筆に特化した記事執筆代行サービスです。

1番の特徴が、創業からライター育成に力を注いできているところです。独自に作成したライター育成講座を行なっており、プロライターに必要な文章力や思考力のトレーニングを行なっています。

また、ライターそれぞれの特徴や強みを引き出し、得意分野を担当できるため、常に質の良い記事作成が可能です。

ライター登録数も7,000人以上とさまざまなご依頼に対応でき、高品質な記事を求める方におすすめのサービスと言えます。

Buildup

Buildup
出典:Buildup公式サイト
費用1記事50,000円〜
コピペチェック方法不明
最低記事数1記事〜
最低契約期間不明
おすすめポイント
  • サイト平均のアクセス数450%アップ
  • 顧客満足度98.4%
  • 提供記事数10,000記事以上

Buildupは「ユーザーに質の高い記事を提供する」をコンセプトに、SEOに特化した記事を作成することが得意な記事代行サービスです。

ライターは、「SEOの専門知識」と「ライター経験」ともに豊富な方が在籍しており、加えてチームで執筆に当たるので、洗練された記事が作成可能です。

また、SEOコンサル視点のノウハウも併せ持っており、サイト平均アクセス数450%、顧客満足度98.4%などの豊富な実績もあります。

特に「SEOに強い高品質な記事」を作成することに強いこだわりをもっているため、質の高い記事作成を行なって欲しい方におすすめの記事代行サービスです。

ココナラ

ココナラ
出典:ココナラ公式サイト
費用文字単価1.0円〜
コピペチェック方法ライターが行うCopyContentDetectorなど
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • ランク制度で優秀なライターがわかる
  • ライター以外の案件もある
  • めんどうな手続きは必要なし

ココナラは、スキルや経験、知識などを自由に売買できるスキルマーケットサービスです。

ほかのサービスとは違い、企業側が募集をかけるのではなく、ライター側が募集をかけているところが特徴的です。

ココナラにはランク制度が設けられており、優秀な方にはPRO認定が付けられ、一目で優秀なライターがわかります。

また、ライター以外のスキルの募集も行なっているので、Webサイト制作やWebデザインなど、記事執筆以外の依頼にも対応可能です。

さらに比較的安価で依頼も可能なので、気軽に記事執筆をお願いしたい方におすすめなサービスです。

ランサーズ

ランサーズ
出典:ランサーズ公式サイト
費用文字単価0.1円〜
コピペチェック方法ライターが行なうCopyContentDetectorなど
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 国内トップクラスの運営実績
  • 豊富な案件を依頼可能
  • 優秀なライターがわかりやすいランク認定

ランサーズとは、クラウドワークスと並ぶ日本トップクラスのクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスのように案件が豊富で、企業や個人を問わずお仕事の発注が可能です。また、サイト制作やデザインなど、記事執筆以外のことも依頼できます。

また、「信頼性」が分かるようにランク制度を設けており、優秀なライターが一目でわかるようになっています。

登録しているライターは、初心者から上級者までいるため、さまざまな目的に沿った依頼が可能です

ブログ記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

ブログの記事執筆代行を成功させるマニュアルの作り方

どの外注先に依頼しても一定のクオリティのブログ記事が納品されるためには、マニュアル作成は必須です。

ここでは、マニュアルに記載したい事項を紹介します。

マニュアルに記載したい事項は次のとおりです。

  1. ブログのメインキーワード
  2. ブログのターゲットとなる読者層
  3. ブログで達成したいこと
  4. 競合他社の状況
  5. 作業範囲
  6. 作業内容の手順
  7. 画像選定の有無
  8. 表記のルール
  9. 執筆のルール
  10. 納品方法

下記で具体的な内容を解説していきます。

ブログのメインキーワード

執筆メディアが、どのようなキーワードを狙いにしているのかを伝えましょう。

ここでいうキーワードは、執筆する記事に対するキーワードではなく、サイト全体で最重要視しているキーワード(マストキーワード)のことを言います。

ブログのメインキーワードはGoogleの評価につながる項目なので、慎重に社内で検討し外注先と共有することが大切です。

ブログのターゲットとなる読者層

次にブログのターゲットとなる読者層やペルソナ像を伝えましょう。

注意点としては、抽象的に伝えないことです。例えば、「社内の人間がお客様に向けて書いている」という設定なら、どのような部署のどのような属性の者が書いているのか、お客様とはどのような層の人々かを具体的に伝えるようにしましょう。

そうすることで、競合サイトとの違いや差別ができる部分が明確化できます。もし、「ペルソナ」を設定しているのであれば合わせて伝えるようにしましょう。

ブログで達成したいこと

次にブログで達成したいことを伝えましょう。ブログで達成したいこととは、記事を作成するための目標でもあります。

例えば以下のものが挙げられます。

  • 商品の認知拡大
  • リード(見込み客)の獲得
  • ブランディング
  • 採用の強化 など

これらが明確になっていることで、ブログで達成したいことも明確になり、商品の成約につながってくるでしょう。

競合他社の状況

次に競合サイトの状況を伝えます。

競合他社の状況は、参考にすることや情報の引用などをあらかじめ注意できます。また、他者にあって自社にないもの(自社の強み)などを明確にでき、差別化にもつながるので必ず伝えましょう。

作業範囲

ここからは、依頼から納品までの作業の範囲を伝えていきます。

作業の範囲は、執筆だけなのか、構成やタイトルの作成は必要なのかなどを明確に示しておきましょう。また、依頼から納品までの進歩状況や確認のタイミングも明確にしておくことも大切です。

例えば以下のような内容です。

  1. キーワード共有(自社)
  2. 見出し作成(ライター)◯日まで
  3. 見出しチェック(自社)
  4. 執筆(ライター)◯日まで
  5. 執筆チェック(自社)

   ※修正があった場合ご対応

  1. 納品完了

上記のように明確化にしておくことで、双方がどの作業を行なっているか分かり、無駄なやり取りも減らせます。

作業内容の手順

次に作業内容の手順も伝えておきます。

作業内容とは、作業1つ1つの流れや作業方法のことです。どのように見出しや記事執筆を作成するのか、情報収集はどうするのかを明確に伝えましょう。また、気をつけてほしい点や、守ってほしいルールなどがあれば伝えておきます。

ただし、作業内容は余程のことがない限り、執筆者が進めて行くことがほとんどです。こだわった作業方法がないのであれば、参考URLを共有するのみでも構いません。

画像選定の有無

画像選定の有無についても伝えておくと良いでしょう。

画像選定が必要な場合は、どこから選ぶのか、URLだけで良いのか、挿入まで行なうのか、記事の中で何枚必要なのかなどを伝えます。必要に応じて画像選定だけのマニュアルを作成するのもおすすめです。

表記のルール

表記ルールについても伝えておきましょう。

表記ルールは、ブログ記事にとって重要なことです。表記のズレがあると、読者に分かりづらい文章になることや、SEO評価の低下につながってしまいます。

表記ルールは以下のような部分を伝えましょう。

  • 漢字とひらがなの使用率
  • 漢字表記にするのか、ひらがな表記にするのか
  • 英語表記にするのか、カタカナ表記にするのか
  • 数字やアルファベット、記号の大きさ(半角か全角か)

そのほかにもあれば、必要に応じて伝えておくと効果的です。

執筆のルール

記事執筆のルールについても伝えておきましょう。

具体的には以下のように伝えます。

  • 文末表現はですます調で書く
  • ら抜き言葉は使用しない
  • ポイントを紹介する場合は箇条書きにする
  • 引用文は必ず引用元を記載し、『』で囲む
  • 話し言葉は使用しない
  • AIツールは使用しない
  • 他サイトからの記事のコピペは絶対しない
  • 「!」「?」などの記号を使用する場合は続けて使用しない

   「!!」「!?」はNG

  • 否定するような文章は書かない
  • トンマナを合わせる

執筆のルールは「ターゲット」によって異なります。明確にすることで読者にも伝わりやすくなりますので、必要に応じて伝えるようにしましょう。

納品方法

最後に納品方法を伝えます。

Googleドキュメントなのか、Wordなのか、それともWordPressに直接入稿なのかなどを事前に伝えておきます。また、必要に応じてファイル名の記載方法なども伝えておくと良いでしょう。

記事外注時のマニュアル作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

まとめ

本記事では、ブログ記事の執筆代行を外注する費用や選び方、依頼できること、成功させるポイントまで紹介しました。

ブログの記事執筆代行を依頼すれば、効率よくブログを成長させられます。執筆代行の料金の相場は以下のようになっています。

  • クラウドソーシング:文字単価0.5円~5.0円
  • 安さをウリにしているブログ執筆代行業者:文字単価0.7円~3.0円
  • SEOに強いブログ執筆代行業者:文字単価7.0円~10.0円
  • 直接個人に依頼:文字単価0.5円〜(※交渉してから決まる。)

複数から見積もりをとり、自社ニーズに対応できるかどうかも加味しながら検討すれば、自社にぴったりなところが決まりやすくなります。場合によってはテストを実施するなど慎重に選ぶことも大切です。

ブログの記事執筆代行を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考に選択してくださいね。

ブログ記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。