記事外注依頼先おすすめ18選|費用相場や選び方・格安業者まで

記事外注依頼先おすすめ
この記事でわかること
  • おすすめの記事外注依頼先
  • 記事外注依頼先やライターの選び方
  • 記事外注依頼時のポイントや注意点
  • SEOで勝てる記事を制作する流れ
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

「記事を外注依頼して自社の負担を減らしたい」

「記事外注依頼先の正しい選び方が知りたい」

メディア運営をされている方で、上記のような疑問やニーズをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

自社サイト(オウンドメディア)の記事制作を効率化するうえで、外注をうまく活用することは重要です。

しかし、記事外注依頼先の選定を間違うと、逆に負担が増大したり、結果が出なかったりといったことも。

そこで本記事では、記事外注にあたって知っておきたい基礎的なポイントや外注先の選び方、おすすめの記事外注先18選まで徹底解説。自社に合った方法で記事の外注依頼をしたいという方はぜひご一読ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
目次

コンテンツマーケティングの成功に記事外注依頼がおすすめな3つの理由

コンテンツマーケティングで大きな成功を収めるためには、記事外注依頼を有効に活用するのがおすすめです。

記事制作を外注依頼すべき理由は以下の3つです。

  • 狙ったキーワードで上位が取れる高品質記事を作成できる
  • リソースの縛りを超えた量・スピードで記事制作できる
  • 社内リソースを節約し本業に集中できる

それぞれ詳しく解説します。

狙ったキーワードで上位が取れる高品質記事を作成できる

SEOに強い記事制作ノウハウを熟知した会社に外注することで、狙ったキーワードで上位が取れる高品質記事を作成できます。
なおかつ自社の持つノウハウ以上の成果を生み出してくれるケースも多いです。

SEOを主軸としたコンテンツマーケティングにおいて、記事作成の目的はGoogleやYahoo!などの検索上位に載り、サイトの流入数やコンバージョン数を増やすことです。

そして、検索結果の上位に載るためには、GoogleやYahoo!などの検索エンジンから高い評価を得られる記事を作成することが必須条件。

コンテンツマーケティングの経験やSEO対策のノウハウがない会社が、検索上位を獲得する記事を書くのは非常に難しいでしょう。
成果が出ず、「意味がない」「時間の無駄」と取り組みを辞めてしまうといったケースも多く見受けられます。

一方でコンテンツマーケティングで大きな成功を収めている企業は多くあります。
これらの企業は自社にノウハウがあるか、ノウハウのある記事制作会社に外注しているのです。

検索エンジンから高い評価を得るための記事を制作できる専門家に依頼することで、スムーズに成果へとつながるでしょう。
ただしどこに依頼してもいいというわけではなく、SEOに強い記事制作方法を熟知した会社に依頼する必要があります。

リソースの縛りを超えた量・スピードで記事制作できる

リソースの縛りを超えた量・スピードで記事制作できる点も記事外注の魅力です。

自社サイトを作っても記事の量が少ないと、もちろんユーザーが訪れる量も減ります。
そうならないように、自社内だけで賄えない分は、外部のライターや制作会社に依頼し、記事の量やスピードを増やすことが重要。

そうすることでサイトにより多くの人が訪れ、サイト自体を大きく成長させられるのです。

社内リソースを節約し本業に集中できる

記事外注することにより、社内リソースを節約し本業に集中できる点も魅力です。

記事作成には多くの労力と時間がかかってきます。
自社で記事制作すると、時間と人員を多く割くことになり、より重要な本業に避けるリソースが不足しがち。

記事外注をうまく活用することで、記事制作にかかる時間や人員を多く削減することができます。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

記事外注依頼先の種類と特徴

記事の外注依頼先には、大きく分けて以下の2つがあります。

  • クラウドソーシングサイト
  • 記事作成代行会社

上記の表をもとにそれぞれ解説していきます。

クラウドソーシングサイトで外注

クラウドソーシングサイトは、複数のライターが登録してあるプラットホームに、記事制作の募集を行ない、応募してきたライターの中から、1名もしくは数名を選んで記事制作を依頼します。

クラウドソーシングのイメージ

もしくはSNSやネット上で優秀なライターを探して、直接依頼することも可能です。

登録しているライターは、主に個人事業主やフリーランス、副業ライターが記事執筆にあたるのが一般的です。個人で記事制作される方がほとんどなので、融通がききやすく、すぐ依頼してすぐ記事を受け取れます。また、比較的コストも押さえて依頼可能です。

滅多にありませんが、優秀なライターを見つけられれば質の良い記事作成が可能です。ただし品質に対する期待はそこまでできないのが現状です。

初心者から上級者とさまざまな方が登録していることから、ライターのスキルや記事の品質にバラつきがあるところがデメリットになります。

また、募集やライターの選定、納品管理などは自社が行なう必要があり、大きな手間となりがちです。

記事作成代行会社に外注

記事外注のもう一つの方法は、記事作成代行会社に依頼することです。

記事作成代行会社とは、文字通り顧客からの依頼に応じて記事制作を請け負う会社のことを指します。
事業として日々多数の記事制作を請け負っており、記事品質の高さが最大の魅力です。
(ただし、業者によって実力やサービス品質に差がある点は、事前に理解する必要があります。)

クラウドソーシングや個人ライターとの最大の違いは、下図の通り記事の納品までに複数名が携わる点です。

記事作成代行会社の記事納品までの流れ

図の通り、記事作成代行会社に記事を発注すると、ディレクター・ライター・校正担当者など複数名体制のチームで1つの記事を制作。

ディレクターが記事の構成案作成や執筆後の編集、ライターは記事の執筆、校正担当者は記事の校正(誤字脱字や日本語表現のチェック)をそれぞれ担当。
複数名体制が携わることで、高い品質の記事を制作するのです。

特にディレクターには、元雑誌の編集長や高い実績を持つSEOコンテンツディレクターなどがアサインするケースも多く、高い記事クオリティを担保するのに大きな役割を担います。

その他にも、記事クオリティを高める背景に以下のような特徴が挙げられるでしょう。

  • ディレクターやライターの採用基準が厳しい(会社によっては1%を切るケースも)
  • ディレクターやライターは記事作成代行会社に属することで安定して仕事を受けられるため、優秀層は記事作成代行会社(編集プロダクション含む)に集中している など

このような特徴から、記事作成代行会社は高い品質の記事納品が可能になっているのです。

その他のメリット・デメリットも以下にまとめました。

メリット

  • 記事クオリティが高い
  • ライターの選定や管理の手間がかからない
  • 業者によってはアフタフォローがしっかりしている
  • 記事以外のSEO面などのアドバイスがもらえる
  • コピペチェックや校正などライターやディレクターなど複数人が行う

デメリット

  • 費用が高い
  • 最低発注本数や契約期間の縛りがある
  • 実力が不足している業者もある

クラウドソーシングと記事作成代行会社の違いまとめ表

それぞれの特徴を比較したものが次の表です。

クラウドソーシングサイト記事制作代行会社
特徴・比較的安い単価で依頼できる
・ライターや記事の質にバラつきがある
・ライターの採用や見極め、納品管理まで自社で行なう必要がある
・個人事業主やフリーランス、副業ライターが記事制作を行なう
・比較的費用が高くなるが、質の良い記事が期待できる。
・記事の制作以外のディレクション業務やライターへの依頼、納品管理まで引き受けてくれる
・記事制作会社に在籍するライターが記事制作を行なう
発注方法ライターが登録してあるプラットホームに、記事作成の発注を行ない、応募してきたライターを選んで依頼する記事制作代行サービスを請け負っている制作会社を、ネットなどで調べ発注する
依頼費用比較的安い比較的高い
メリット・費用が安い
・融通がききやすい
・依頼しやすい
・すぐに記事を受け取れる
・記事制作をすべて任せられる
・高品質な記事を制作しやすい
・自社負担を大きく減らせる
・発注側のニーズを理解してくれやすい
デメリット・ライターや記事にバラつきがある
・記事品質が低くなりがち
・ライターの見極めや納品管理などは、自社が行なう必要がある
・費用が高い
・自社との相性を見極める必要がある

記事外注の方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

記事外注依頼先の正しい選び方

費用相場を理解したところで、次に記事外注先の選び方について紹介します。

記事の外注先を選ぶには以下の5つのポイントを中心に絞り込みを行うとよいでしょう。

  • 実績
  • 経験
  • 料金
  • コミュニケーション
  • 臨機応変な対応

以下にそれぞれの内容を具体的に説明します。

実績

1つ目が「実績」です。

実績があるかないかで、メディアの成長や検索上位の習得に大きく関わってきます。どのキーワードで上位をとれたのか、どういった結果を残してきたのかなどを確認しましょう。

具体的には、以下のような観点からSEOの実績がある外注先を選ぶのが良いでしょう。

  • これまでの上位表示実績
  • 依頼したジャンルに近い領域での実績はあるか

また、実績の他、記事執筆フローについても着目するとよいでしょう。

成果を出せる業者は間違いなく正しいフローを踏んでいます。自身にコンテンツマーケティングの知識がある場合など、フローを軸に業者を選ぶのが一番良いでしょう。

経験

2つ目が「経験」です。ここでいう経験とは、記事執筆に対する経験もそうですが、依頼したいジャンルに関する知識量や経験値も重要です。

たとえば、医療系の記事を書いて欲しいときに、実際に医療現場で働いていた経験を持つ方が執筆するのと、経験がない方が執筆するのでは信頼性に大きな差があります。

特に専門的な知識を必要とする記事の場合は、現場で働いた経験がある方や、経験がないものの執筆経験が豊富で知識量がある方に発注するのが良いでしょう。

しかし、専門性が高すぎる分野だと、実際に経験した方も少ないのが現状です。その場合は、どうやって経験の部分を補うのかを示してくれる方に発注するのが良いでしょう。

ライターの中には、その分野の経験はないが、ほかの分野で結果を残している方もたくさんいます。そういった方は結果を残しているので、その分野でも結果を出せる可能性が高いと言えます。

料金

記事制作料金が予算に合っているかどうかも重要な観点です。

業者間の料金を単純比較するのも大切ですが、他の視点も必要です。

例えば、狙っているキーワードで上位表示する難易度がそこまで高くない場合、高額な記事作成代行業者に依頼するのは割に合わないと言えるでしょう。比較的低価格な業者でも成果に結びつけることが可能です。

ただし、どうしても成果を上げたいという場合、最低文字単価で下記の料金を上回る外注先を選ぶのがおすすめです。
下記の金額を下回ると記事制作代行会社側で、記事制作のフローを大幅に削らないと利益を出すのが難しくなってきます。

自ずと記事の品質が下がってしまう確率も高まるのでやめておくようにしましょう。

  • 執筆のみ依頼:文字単価2円以上の業者
  • 構成から執筆まで依頼:文字単価4円以上の業者

記事制作料金のの相場について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

コミュニケーション

3つ目が「コミュニケーション」です。記事制作の外注は、ただ記事制作を依頼するだけというわけにはいかず、記事の執筆状況や打ち合わせなどのやり取りが必要です。そのため、相性ややり取りのスムーズさは重要になってきます。

場合によっては、修正依頼や急なお願いも必要になります。コミュニケーションがスムーズにとれないと危険な可能性もあるため、依頼する段階で見極めるようにしましょう。

臨機応変な対応

最後に「臨機応変な対応」ができるかです。

記事制作は、場合によっては急な変更や急ぎの案件などをお願いすることもあります。そういった場合に、対応してくれる方(業者)がいると非常に助かります。

「急な案件にも対応可能」などを売りにしている業者やライターがいれば、選んで損はありません。依頼する段階で「フレキシブルな対応が可能か」「臨機応変な対応可能か」などをお伺いしてみると良いでしょう。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

記事外注依頼先おすすめ11選一覧比較表

おすすめの記事外注依頼先11選を一覧比較表にまとめました。

スクロールできます
ロゴサービス名詳細料金種類特徴
logo記事作成代行ウルトラ詳しく見る【文字単価】
3円~
SEOに強い記事制作が得意納品した記事のうち37.4%が1位と業過屈指の実力
クロスバズ株式会社クロスバズ詳しく見る【成果報酬型】
0~40,000円 / 記事
SEOに強い記事制作が得意上位表示だけでなくコンバージョン獲得まで実現
logo (1)EXIDEA詳しく見る【記事単価】
10万円~/本
SEOに強い記事制作が得意SEO歴15年の経験を用いた記事制作
バズ部ロゴバズ部の記事作成代行詳しく見る要問合せSEOに強い記事制作が得意自社メディアで大きな成功
タスカルロゴタスカル詳しく見る【月額制】
2.5万円~
格安で記事大量発注に強い記事制作以外のバックオフィス業務もお任せできる
コンテンツウォーカーロゴコンテンツウォーカー詳しく見る【文字単価】
0.9円~
格安で記事大量発注に強い細かい作成指示が可能
アフィリエイト秘書.comロゴアフィリエイト秘書.com詳しく見る【文字単価】
0.9円~

格安で記事大量発注に強い
コピペチェックをちゃんと行う
記事作成代行ドットコムロゴ記事作成代行ドットコム詳しく見る【文字単価】
1円~

格安で記事大量発注に強い
バックリンク用記事を制作
ZETTONロゴZETTON詳しく見る【文字単価】
0.7円~

格安で記事大量発注に強い
オリジナル記事を大量納品可能
日経BPコンサルティングロゴ日経BPコンサルティング詳しく見る【記事単価】
30万円~/本
BtoB記事制作特化型日経グループの圧倒的調査力に強み
株式会社Meditedロゴ株式会社Medited詳しく見る【文字単価】
15円~
医療系記事制作特化型医療従事者ライターが多数登録
エクスポート・ジャパンロゴエクスポート・ジャパン詳しく見る【word単価】
135,000円~/250words
多言語対応記事制作特化型ネイティブライターが執筆

SEOに強い記事の外注依頼先おすすめ4選

ここでは、SEOに強い記事の外注依頼先おすすめ4選を紹介します。

先におすすめの業者をまとめて紹介すると、以下の通りです。

  1. 記事作成代行ウルトラ
  2. 株式会社クロスバズ
  3. EXIDEA
  4. バズ部のSEO記事制作・作成代行

業者はどれもSEOの面で実績が多く、実力が高い業者ばかりです。

それぞれ詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

記事作成代行ウルトラ

記事作成代行ウルトラ
出典:記事制作代行ウルトラ
費用シンプルプラン(執筆のみ):文字単価3円
スタンダードプラン(構成作成+執筆):文字単価4円
コピペチェック方法複数のツールを使用
最低記事数1記事〜
最低契約期間無し
おすすめポイント
  • 過去1年弱で納品した2,225記事のうち検索1位833記事(37.4%)達成!
  • 検索1ページ目である10位以内の達成率7割
  • 業界トップクラスの実力なのに料金は業界最安級!文字単価3.0円〜
  • 1記事から発注OK!契約期間の縛りもなし!なので使いやすい

記事作成代行ウルトラは、過去1年弱で納品した2,225記事のうち検索1位833記事(37.4%)達成という
業界トップクラスのパフォーマンスを残しながら、業界最安級の価格で記事提供する記事制作代行会社です。

SEOで勝つための方法を熟知した実績豊富なSEOディレクターが、企画と編集に携わり、狙ったキーワードで上位表示を独占します。

過去1年の納品した2,225記事のパフォーマンスは下記の通りと、業界屈指です。

検索順位記事数割合
1位833記事37.4%
1~5位1,184記事53.2%
1~10位1,523記事68.4%

また、記事の構成から執筆まで丸投げ可能なので、めんどうな手間を大きく減らせます。

さらに、1記事から発注可能に加え、最低契約期間の縛りもありません。
質の良い記事が保証でき、低価格で依頼できる、他にはない記事制作代行会社です。

株式会社クロスバズ

出典:株式会社クロスバズ
費用0~40,000円 / 記事 (成果報酬型)
コピペチェック方法複数のツールを使用
最低記事数1記事〜
最低契約期間無し
おすすめポイント
  • 検索上位表示だけでなくコンバージョンにもつながる記事を制作
  • 競合やユーザー分析に基づき、オウンドメディアの戦略設計をしたうえで記事作成に着手
  • キーワード選定から記事の入稿までワンストップで依頼可能

株式会社クロスバズの記事作成代行サービスは、検索上位表示だけでなくコンバージョンなど具体的な成果につながる記事制作を行う点が強みです。

記事作成に着手する前に、競合やユーザーの調査分析に基づき、オウンドメディアのグロース戦略や全体の方向性を設計したうえで記事作成を開始します。

検索の上位表示だけでなく成約や購買につながるかという視点も持ったうえで、キーワード選定や記事作成を行うため、成果に直結するサービスだといえるでしょう。

また、記事作成後の入稿まで発注できる点も魅力。ワンストップで記事作成を丸投げできるので、リソースが足りないという事業者にもおすすめのサービスです。

詳しい料金体系などは以下よりお問い合わせください。

株式会社クロスバズの公式サイトを見る

EXIDEA

EXIDEA
出典:EXIDEA公式サイト
費用1本10万円(税抜)
コピペチェック方法ツールを活用
最低記事数要問合せ
最低契約期間要問合せ
おすすめポイント
  • SEO歴15年の経験を用いた記事制作
  • 年間30,000CV以上を獲得するノウハウ
  • 検索上位表示記事国内トップクラス

EXIDEAは、「動画マーケティング」「SEOコンテンツ」「WEBメディア」など豊富な事業を行なう株式会社です。

独自のツールを用いた記事制作を行ない、検索結果3位以内の表示率50.45%の実績と、年間30,000CV以上を獲得している実績があります。

SEO歴15年の経験と、成果を上げているノウハウを取り入れられるので、質の高い記事制作を発注できます。

加えて、質の高い記事制作できるライターをネットワークで提携しているので、一定の質を確保した記事制作が可能です。

バズ部のSEO記事制作・作成代行

バズ部のSEO記事制作・作成代行
出典:バズ部
費用要問合せ
コピペチェック方法ツールを使用したコピペチェック
最低記事数要問合せ
最低契約期間要問合せ
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの知名度を誇るバズ部のSEO記事制作代行サービス
  • 400社以上の支援実績
  • 過去に納品した記事で高いパフォーマンス実績あり

業界トップクラスの知名度を誇る「バズ部」が提供するSEO記事制作・作成代行サービス。

クオリティの高い記事の制作により、これまで支援してきた400社以上の企業では高いパフォーマンスを残してきた実績があります。

自社のオウンドメディア「バズ部式コピーライティング」でも成功しており、月間100万PVを達成。
マーケティング業界内でも、優れた成功事例として高い知名度を誇ります。

自社オウンドメディア運営で培ったノウハウを活かした、高品質な記事を納品することにより、高い成果を実現可能です。

費用が安い格安の記事外注依頼先おすすめ5選【記事量産におすすめ】

費用が安く格安料金で記事を外注依頼できるおすすめ業者5選は以下の通りです。

  • タスカル
  • コンテンツウォーカー
  • アフィリエイト秘書.com
  • 記事作成代行ドットコム
  • ZETTON

それぞれ詳しく見ていきましょう。

タスカル

出典:タスカル
費用(税込み)3ヶ月プラン:44,000円~/月
6ヶ月プラン:33,000円~/月
年間プラン:27,500円~/月
コピペチェック方法要問合せ
最低記事数時間制:月10時間から依頼できる
最低契約期間3ヶ月~
おすすめポイント
  • オンラインアシスタントサービス
  • 月間10時間~、1時間あたり税込2,750円~から始められる
  • 記事制作の他、事務作業から人事・総務、経理、Web制作やSNS運用業務まで得意

タスカルは、株式会社Colorsが運営するオンラインアシスタントサービスです。

タスカルは月間10時間~、1時間あたり税込2,750円〜というリーズナブルな価格帯で、一人社長や中小企業向けにサービスを展開しています。月内で使いきらなかった稼働時間を翌月へ繰越できる点が特徴です。

対応できる業務は幅広く、事務作業から人事・総務、経理、Web制作やSNS運用業務まで得意としています。
依頼時は専任ディレクターが窓口になり、実業務は専門スキルを持ったアシスタントがチームで対応します。

タスカルの公式サイトを見る

コンテンツウォーカー

コンテンツウォーカー
出典:コンテンツウォーカー公式サイト
費用文字単価0.9〜2.0円
コピペチェック方法専用のコピペチェックツール
最低記事数バックリンクコース:10記事〜
そのほかのコース:1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • ご利用者様の「87%」が高評価
  • 一定の基準をクリアしたライターが在籍
  • 複数の発注方法と細かい作成指示にも対応可能

コンテンツウォーカーは、ご利用者様の「87%」が高評価と回答する、信頼性が高い記事制作代行会社です。

一定の質の基準をクリアしたライターが記事制作を行ない、加えて独自のマニュアルとカリキュラムを使用し記事のばらつきを回避。質の良い記事が作成できるように対策しています。

また、自社サイトやアフィリエイトサイトなど、豊富なメディアへの執筆が可能です。さらにオプションして欲しい工程を選べ、細かい作成指示にも対応可能です。

一定の記事の質や細かい工程を指示したい方にオススメできる記事制作代行会社です。

アフィリエイト秘書.com

アフィリエイト秘書.com
出典:アフィリエイト秘書.com公式サイト
費用文字単価0.9円〜
コピペチェック方法弊社開発ツール「コピペリン」
最低記事数3記事〜20記事※プランによる
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 98.8%が「また依頼したい」と回答
  • 厳しい基準をクリアしたライターが在籍
  • 納期とスピードにこだわったチームを構成

アフィリエイト秘書は、サービス開始から10年という実績と、98.8%が「また依頼したい」という信頼性が高い記事制作代行会社です。

担当秘書、専属ライター、校正スタッフがチームを作り、1日でも1分でも早く納品可能。

また、厳しい基準をクリアしたライターが執筆し、万が一仕様に沿っていない記事があっても、責任を持って修正を行ないます。

タイトル作成、キーワードお任せなどの豊富な無料オプションも選択でき、加えて大量発注割引やお試しキャンペーンなど、初めて利用する方でも安心して依頼できる記事制作代行会社です。

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコム
出典:記事作成代行ドットコム公式サイト
費用文字単価1円〜
コピペチェック方法不明
最低記事数1記事〜
最低契約期間不明
おすすめポイント
  • 実力あるライターのみが在籍
  • SEOに配慮した施策の提案が可能
  • 納期厳守率98.24%!柔軟な納品が可能

記事作成代行ドットコムは、創業2011年の歴史があり、某大手出版社へ納品の継続という実績ある記事制作代行会社です。

長い歴史をもとに独自の採用基準を設け、実力のあるライターのみが在籍。記事の質を下げない記事作成を可能としています。

また、SEOに配慮した施策の提案まで行なえるので、ほかの企業よりも検索結果の上位が期待できます。

納期にもこだわっており、納期厳守率は98.24%!加えて、柔軟な納品方法も可能としているので、さまざまな案件に対応できる記事制作代行会社です。

ZETTON

ZETTON
出典:ZETTON
費用文字単価0.7円〜
コピペチェック方法ツールを活用
最低記事数1記事〜
最低契約期間なし
おすすめポイント
  • 文字単価0.7円の格安料金
  • 誤字脱字やコピペチェックを実施
  • コラムや導入事例、ブログ、リライトなど幅広い記事に対応

ZETTONは、文字単価0.7円の格安記事制作代行サービスです。

格安料金ではありますが、誤字脱字チェックやコピペチェックも実施。
オリジナルの記事が納品してもらえます。

対応可能な記事のバリエーションも多く、コラムや導入事例、ブログ、リライトなど幅広く対応可能です。

納期も早く、記事の品質よりもまずは急いで記事が欲しいという方におすすめのサービスです。

専門分野特化型の記事外注依頼先おすすめ3選

ここでは、各種専門分野特化型の記事外注依頼先おすすめ3選を紹介していきます。

  • 【BtoB記事制作特化型】日経BPコンサルティング
  • 【医療系記事制作特化型】株式会社Medited
  • 【多言語コンテンツ制作特化型】エクスポート・ジャパン株式会社

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【BtoB記事制作特化型】日経BPコンサルティング

【BtoB記事制作特化型】日経BPコンサルティング
出典:日経BPコンサルティング
費用記事作成(一般記事):30万円~/本
記事作成(調査記事):60万円~/本
記事作成(取材記事):40万円~/本
ペルソナ設計・ヒアリング調査:100万円~
コピペチェック方法ツールを活用
最低記事数1記事〜
最低契約期間要問合せ
おすすめポイント
  • 日経グループの高い調査力を記事に反映
  • 独自の有識者や専門家とのネットワークを記事に活かせる
  • 綿密に設計されたコンテンツにより高いマーケティング成果を実現

日経BPコンサルティングが提供するBtoB企業向けコンテンツ設計・制作サービス。

日経グループの高い調査力を制作する記事に活かせる点が大きな強みです。
調査記事の費用は1記事60万円と相場に比べて高額ではありますが、大きなインパクトを残すことができる一次情報を盛り込んだ記事の制作ができます。

また、独自の有識者や専門家とのネットワークを活かし、有識者インタビュー記事(40万円~/本)の制作も得意です。
長年のビジネス分野でのメディア運営で培ったノウハウをコンテンツ正確に活かし、専門性の高い記事の制作ができます。

BtoB記事制作について、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

【医療系記事制作特化型】株式会社Medited

【医療系記事制作特化型】株式会社Medited
出典:株式会社Medited
費用ライティング費:15円~/文字
ディレクション費:9,000円~/1記事
コピペチェック方法ツールを活用
最低記事数1記事〜
最低契約期間要問合せ

株式会社Meditedは医療系記事制作に特化したサービスです。

薬剤師や看護師、介護士をはじめとする医療福祉系の資格を保有するライターが医療記事の作成を支援します。

医薬品や健康食品・サプリメント、化粧品、美容、病気などに関する記事の制作が得意です。
その他、医師や薬剤師、医療系施設に対する取材記事も作成できます。

【多言語コンテンツ制作特化型】エクスポート・ジャパン株式会社

出典:エクスポート・ジャパン株式会社出典
費用【新規記事制作】
~250words×1記事=135,000円
251~500words×1記事=180,000円
501~750words×1記事=240,000円
【リライト】
1文字100円~
コピペチェック方法ツールを活用
最低記事数1記事〜
最低契約期間要問合せ

国際的なマーケティング支援を行うエクスポート・ジャパン株式会社の多言語コンテンツ制作サービス。

ネイティブライターが取材や精査を経て、オリジナルの外国語コンテンツをライティングします。

日本人が日本人向けにライティングする場合とは異なり、外国人向けのライティングにおいてはその国のリテラシーに合わせた記事制作が必須。
エクスポート・ジャパンでは、ターゲットとなる国を理解したライティングを行います。

クラウドソーシングタイプの記事外注依頼先おすすめ6選

ここでは、クラウドソーシングタイプの記事外注依頼先おすすめ6選を紹介していきます。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • エディトル
  • Bizseek
  • シュフティ
  • Shinobiライティング

それぞれ詳しく見ていきましょう。

クラウドワークス

クラウドワークス
出典:クラウドワークス公式サイト
費用文字単価0.1円〜
コピペチェック方法ライターが行なうCopyContentDetectorなど
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 国内シェア・取引数・ワーカー数No.1
  • 登録から募集、決済までオンラインで完結
  • 豊富な発注方法から選べる

クラウドワークスは、企業や個人を問わず、お仕事の発注、受注ができる日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

1番の特徴がその案件の豊富さで、記事執筆以外にもシステム開発やデザイン、動画編集など、さまざまなお仕事を発注可能です。

また、登録から発注、決済までオンラインで完結できる手軽さもあり、加えて豊富な募集方法から選べます。

さらに、サポート体制も充実しており、初めての発注や依頼文の代行サポートなどを利用することもできます

ランサーズ

ランサーズ
出典:ランサーズ公式サイト
費用文字単価0.1円〜
コピペチェック方法ライターが行なうCopyContentDetectorなど
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 長年の運営実績がある
  • サポートも充実
  • 発注も簡単に行なえる

ランサーズは、クラウドワークスと並ぶ日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスと同様に案件が豊富なところが特徴的で、記事執筆以外の発注も可能です。そのため、サイト設計のデザインやシステム開発なども依頼できます。

また、お仕事の発注から決済までスムーズに行なえるプラットフォームを構築しているので、めんどうな手間もかかりません。

さらに「信頼性」を可視化し、ライターレベルが分かるようになっているので、質の高いライターを選びやすくなっています。

エディトル

エディトル
出典:エディトル公式サイト
費用【初期費用】300,000円〜※クリエイター確保難易度によって変動※メディア単位
【サービス利用料】月額60,000円※契約期間の縛り無し【記事費用】要見積もり
コピペチェック方法
最低記事数
最低契約期間契約期間の縛り無し
おすすめポイント
  • 合格率1%程度のテストに合格したライターが執筆
  • 編集者による記事の品質確保
  • 記事制作以外のやり取りも必要なし

エディトルとは、オンライン編集チームの構築、管理を行ない、ライティングやイラスト作成、CMSの入稿などを行なう記事制作代行会社です。

記事作成に特化したクラウドソーシングサイト「サグーワークス」に登録しているライター20万人以上の中から、合格率1%程度のテストに合格した方のみを採用しチームを構築。

メディアに関するすべてのことを任せられるので、採用や教育などにかかる手間や時間を必要としません。

クラウドソーシングサイトと比べると、料金は高めかもしれませんが、ライターとのコミュニケーションや管理といった業務を代行できるので、大きく手間を減らせます。

Bizseek

Bizseek
出典:Bizseek公式サイト
費用
コピペチェック方法ライターが行なうCopyContentDetectorなど
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 業界最安値の手数料
  • 幅広い年齢や性別のライターが在籍
  • サイトが見やすく案件が見つかりやすい

Bizseekは、ライティングやシステムアプリ開発、Webデザインなどを中心に発注、受注を行なうクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスやランサーズと比べると案件数は少ないかもしれませんが、ほかにはない案件や業界最安値の手数料を売りにしています。

在籍しているライターは、幅広い年齢や性別の方が在籍しているので、質の良いライターに比較的低単価で発注できます。

また、サイト自体がシンプルな作りになっており、初心者の方でも見やすいため、発注した案件が見つかりやすいのも特徴的です。

シュフティ

シュフティ
出典:シュフティ公式サイト
費用
コピペチェック方法ライターが行なうCopyContentDetectorなど
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 認定マークから優秀なライターを見つけられる
  • 月額料や登録料も一切なし

シュフティは、主婦の方々を対象とした在宅ワーク情報が豊富なクラウドソーシングサイトです。

家事や育児などをやりながらでも受注可能な案件が豊富で、記事制作を中心としたデータ入力やアンケート、リサーチなども発注できます。

また、手数料も10%と安価となっているので、ライター側も依頼を受けやすく、マッチングしやすいサイトと言えます。

さらに、優秀なライターには認定マークを付けられるので、企業側も素早く良い人材を獲得できます。

Shinobiライティング

Shinobiライティング
出典:Shinobiライティング公式サイト
費用文字単価1.0円〜※ご発注金額が5,000円未満の場合、事務手数料176円(税込)がかかります。
コピペチェック方法独自のコピペチェックシステム
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 業界最速の納品スピード
  • 月間納品数業界No.1
  • 登録ライター数31万人超

Shinobiライティングは、業界最速の納品スピードと月間納品数業界No.1の実績を持つ記事制作代行会社です。

登録31万人超のライターが在籍し、どんなジャンルにも対応可能。100記事なら最短3日、月間2,910,000記事作成可能という、スピード納品を売りにしています。

また、業界最高水準のコピペチェックシステムにより、ほかにはマネできないオリジナルな記事が作成可能です。

めんどうな契約の縛りもないため、企業や個人を問わず依頼でき、早く記事が欲しい、大量の記事を作成して欲しいという方におすすめの記事制作代行会社です。

記事外注にかかる費用の相場

記事外注にかかる費用の相場は、文字単価で表すと下記の通りです。

  • クラウドソーシングや個人ライター:文字単価0.5円~5円
  • 低価格の記事作成代行業者:文字単価0.7円~3円
  • SEO記事に特化した代行業者:文字単価7円~10円

「文字単価」と「記事単価」の違いについて簡単に解説します。
2つの料金設定を例に挙げると以下のようになります。

【文字単価】「文字単価3円」「文字数3,000字」だった場合
文字単価3円×文字数3,000=9,000円 + 税
【記事単価】「1記事3,000円」「3記事」だった場合
1記事3,000円×3記事=9,000 + 税

上記のように、基本的には依頼する記事の文字数や記事数が多いほど費用が高くなります。
また、SEOに強いライターや専門性が高い記事なども、費用が高くなる傾向です。

続いて、クラウドソーシングと記事制作代行会社の費用の違いについてもう少し掘り下げてみましょう。

クラウドソーシングサイトの場合

クラウドソーシングサイトの場合、1文字〇円、もしくは1記事〇円と決めて契約するのが一般的です。しかし、まれにページ単価や時給で設定するところもあります。(文字単価をベースにした依頼が一番多いです。)

文字単価と記事執筆者のレベルの目安は次の通りです。

記事執筆者レベル文字単価目安
未経験ライター1文字0.3~0.5円程度
一般的なレベルのライター1文字1円~3円
上級レベルのライター1文字5円以上

上記からも分かるようにクラウドソーシングの場合、文字単価0.3〜3円、高くても5円程度が目安となります。

記事制作代行会社の場合

記事制作代行会社の場合、1文字〇円、もしくは1記事〇円と決めて契約するスタイルもあります。なかには月額で契約するスタイルもあります。(文字単価が主流です。)

記事制作代行会社は、記事執筆以外の工程も任せられる場合がほとんどで、どの工程を任せるかによって費用が異なってきます。記事執筆だけを任せるのか、キーワード選定から行なうのかなどにより大きく変わってくるでしょう。

また、サイトの規模やSEOで狙うキーワードなどによって個別に見積する傾向にもあります。加えて、上級レベルのライターやある専門に特化したライターが在籍している場合は、それに合わせて費用が高くなるでしょう。

格安で記事制作を行なってくれるところもありますが、なかには質の悪い記事を納品してくる業者も存在するため、目安を知っておくと良いでしょう。

記事制作代行会社の費用の相場の目安は次の通りです。

記事制作代行会社費用の相場の目安
低価格な記事作成代行業者1文字0.7円~3円
SEO記事に特化した代行業者1文字7円~10円

上記は目安ですが、大事なポイントは自社がどういったところをサポートして欲しいのかというところです。予算やして欲しい工程などを把握して選び、反対にこちらの業務が増えそうな場合には断るようにしましょう。

▶記事制作代行の費用相場に詳しくは下記の記事をご覧ください。

▶記事リライトの外注料金相場について詳しくは下記の記事をご覧ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

記事外注の成功事例

弊社の過去実績を記事外注の成功事例として紹介していきます。

【BtoC】ビッグキーワード「見守り家電」で1位獲得。業界における検索経由の認知最大化に成功|ハローテクノロジーズ株式会社

支援前の課題

SEOに一切の知見がなく何から始めていいかもわからない状況。
ただしデジタルマーケティングによる商品プロモーションは必要で、SEOに対する予算も確保していた。

実施した施策内容

  • コンテンツSEO(キーワード選定、記事制作代行30件)
  • 簡単なSEO内部対策
  • CMS導入
  • 効果測定体制の構築

支援で得られた成果

施策開始4ヶ月の段階で納品した記事30件のうち、10%が1位獲得、40%が5位以上獲得、70%が10位以上を獲得。

以下のような高難度なビッグキーワードでも十分な成果を残しました。

  • 見守り 家電:1位
  • 見守りロボット:1位
  • 見守りサービス 安い:1位 など

施策実施の結果、検索流入数は400倍、商品注文数は21倍という驚異的な成果が得られました。

サイト立ち上げ10ヶ月で月間リード数200件を達成

支援前の課題

インバウンドなリード獲得手段がないので、コンテンツSEOを始めたい。

実施した施策内容

  • コンテンツSEO
  • SEO内部対策
  • SEO外部対策
  • インハウス化支援

支援で得られた成果

コンテンツSEO開始10ヶ月で単月のリード数200件を達成。

BtoBの高単価商材に対するリードを、web広告を大幅に上回る数の獲得に成功しました。

また以下のようにリードは発生しやすいが、競合性の高いキーワードでも上位表示を達成。

  • ○○ 比較
  • ○○ 価格
  • ○○ おすすめ

チーム内メンバーだけでのコンテンツSEO運用のインハウス化も実現しました。

記事制作を外注するメリット3選

ここからは、記事制作を外注するメリットについて説明します。

記事制作を外注するメリットは以下の3つです。

  1. SEO記事制作のポイントを押さえた記事が作れる
  2. 大量の記事を短期間に制作できる
  3. 社内の人的リソースの節約

それぞれ解説していきます。

1:SEO記事制作のポイントを押さえた記事が作れる

メリットの1つ目が、SEO記事制作のポイントを押さえた記事が作れることです。

SEOライティングとは、検索結果で上位をとるための文章の書き方です。
また、ユーザーにとって有益かつ問題が解決できることが本質となっています。

このSEOライティングは、検索結果の上位をとるためにとても重要なことで、流入数やコンバージョン数にも影響していきます。

記事制作を外注すれば、SEOライティングのコツを抑えた記事制作が行われるので、結果的に狙った検索キーワードで上位がとれやすくなるでしょう。

2:大量の記事を短期間に制作できる

メリットの2つ目が、記事を短期間で大量に制作できることです。

自社だけで制作するよりも外注して制作する方が、制作人数が増えるため短期間で記事が制作できます。また、複数の外注先に依頼すれば、より効率的に制作可能です。

記事作成には、量やスピードが重要ということは先述した通りですが、サイト全体を大きく成長させるためにとても有効なことと言えます。

3:社内の人的リソースの節約

メリットの3つ目が、社内の人的リソースの節約となることです。

記事制作は、労力と時間がかかります。自社だけで制作を行なうと、ほかの業務へ手が回りません。しかし、外注することで社内の人材は自分の主たる担当業務に専念できるので、結果的に効率が上がるでしょう。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

記事制作を外注するデメリット3選

記事制作を外注することは、メリットだけではありません。以下のようなデメリットも存在しています。

  • 記事外注はコストがかかる
  • 記事品質の一定化が難しい
  • 自社の独自性を出しにくい

それぞれ解説していきます。。

1:記事外注はコストがかかる

デメリットの1つ目が、記事外注はコストがかかることです。

当たり前ですが、自社で記事制作するよりも外注した方がコストがかかります。また、外注先が多くなったり、クオリティの高い記事を求めたりすると、それに合わせてコストは増大してきます。

記事制作外注の相場は下記の通りです。

  • クラウドソーシングや個人ライター:文字単価0.5円~5円
  • 低価格の記事作成代行業者:文字単価0.7円~3円
  • SEO記事に特化した代行業者:文字単価7円~10円

外注コストを下げるために単価の安いところに依頼するのはありですが、低品質な外注先しか選べなくなることもあるので、バランスが難しいところです。

また、外注先には格安を売りにしているところがありますが、そういったところは低品質な記事ばかりを納品する可能性があるため、注意したほうがよいこともあります。

当社は文字単価2円~と、SEOに特化した代行業者としては格安の料金ですが、サービス開始から1年で検索1位表示実績600記事以上と質の面にも非常に自信があります。ぜひご検討ください。

2:記事品質の一定化が難しい

デメリットの2つ目が、記事品質の一定化が難しいところです。

メディア内の記事を制作するといっても、執筆する方は1人ではなく複数人で執筆することがほとんどです。複数人で執筆すると、メディアの方向性や見解、言葉の使い方などが異なってきて、記事の品質が一定しなくなります。

また、外注先の記事執筆者の力量や経験、知識量によって品質の差異がでることもあるでしょう。

そのため、できればマニュアルやサンプル記事を作成して、品質のバラつきが生じないように注意しながら、長期的に依頼できる外注先を見つけるのが良いでしょう。

3:自社の独自性を出しにくい

3つ目のデメリットが、自社の独自性を出しにくいところです。

メディア運営は自社の独自性を出すことが大切です。なぜなら、Googleは、検索品質評価ガイドラインで「E-E-A-T」を、検索順位を決める要因として重要視しているからです。つまり、記事を制作する方は、メディアの独自性を記事に練り込む必要があります。

しかし、外注となると、自社サービスに関する知識を持ち合わせていない場合も多く、ある程度一般化されたk時の仕上がりとなりがちです。

また、指示する側の手間も大きくなります。自社に専任のライターがいれば別ですが、外注する場合は外注先ではわからない自社の独自性を記事に織り込むのは難易度が高くなります。

SEOでGoogleが重視するE-E-A-Tとは

ここで、E-E-A-Tについても説明しておきます。E-E-A-T(E-A-T)とは、良質なウェブサイトを評価する基準をGoogleが独自に定めたものです。

「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trust(信頼)」からなる4つの評価基準の頭文字をとった言葉です。

Googleが検索品質評価ガイドラインで検索順位を決めるために、メディアの運営者や執筆者がその分野においてどの程度の知識があるか、またユーザーからどのような評価を受けているかを表すために用いられます。

つまり、このE-E-A-T(E-A-T)が高いほど、検索結果の上位が期待できるということです。

参考:E-E-A-T と品質評価ガイドラインについて

成果を出すための正しいSEO記事制作の流れ

はじめに、記事外注について説明する前に、SEO記事制作の正しい流れについて解説します。
SEOで勝てる記事を制作するには複数の工程を踏む必要があり、かなり時間がかかります。

この章では、正しい制作工程を解説しながら、外注の必要性についても論じていきます。

記事制作は一般的に次の8つステップで行われます。

  1. 対策キーワードの選定
  2. 構成案作成①事前調査でユーザーニーズを把握
  3. 構成案作成②検索ユーザー像(ペルソナ)を設定
  4. 構成案作成③タイトルを作成
  5. 構成案作成④記事のアウトライン(見出し構成)を作成
  6. 記事を執筆
  7. 記事を編集・校正・校閲
  8. WordPressなどに入稿

それぞれがどのようなことをするのか簡単に解説します。

1.対策キーワードの選定

記事作成では、まず「対策キーワードの選定」から行ないます。

対策キーワード選定とは、自社の作成した記事で上位表示を実現したい検索キーワードの洗い出し・選定作業のことです。

例えば、現在ご覧いただいている本記事の対策キーワードは「記事 外注」や「記事 外注先 おすすめ」といったキーワードになります。これらのキーワードで検索する際に上位表示されるように、記事内容が綿密に考慮されています。

記事作成・コンテンツマーケティングを行う上で、創出したい成果から逆算し、流入を獲得したい検索キーワードを洗い出していきましょう。キーワードの洗い出しには以下のようなツールを活用するのがおすすめです。

  • ラッコキーワード:検索キーワードのサジェストキーワードを洗い出すことができる
  • キーワードプランナー(Google広告内の機能):キーワードの検索ボリューム(検索数)を調べられる
  • ahrefs(エイチレフス):競合の検索キーワードが調べられる

当社では上記の3つのツールを駆使して、キーワード選定を行っています。

コンテンツマーケティングの最終的な成果に与える「対策キーワード選定」の影響比率は9割程度ともいわれ、非常に重要なステップです。

しかし、その難易度は高く「トピッククラスター」への理解や複数のツールを使いこなして実施する必要があり、初心者には難しいとも言えます。必要に応じてキーワード選定から外注先を利用するのもおすすめです。

キーワード選定のやり方について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

2.構成案作成①事前調査でユーザーニーズを把握

対策キーワードが決まったら記事制作に移ります。

まず、対策キーワードで上位表示したい記事構成案(骨子)の作成を進めましょう。
構成案の作成も外注することが可能です。

構成案作成で最初にやることは対策キーワードを検索しているユーザーのニーズを把握することです。
ユーザーニーズの把握とは、対策キーワードで検索する方がどのようなニーズ(欲求や求めているもの)があるのかを調べることです。

SEOで上位表示される記事とは、ユーザーニーズにどこよりもわかりやすく網羅的に答えている記事です。

たとえば、対策キーワードが「記事 作成方法」の場合、

「記事の作成方法が知りたい」

「記事の作成の流れが知りたい」

などが挙げられます。

ユーザーニーズは”顕在ニーズ”だけではなく、潜在ニーズまで調べることが大切です。なぜなら、検索ユーザーはただ検索したことを知りたいだけではないからです。

先ほどの「記事 作成方法」を例に挙げると、「記事の作成方法が知りたい」が顕在ニーズです。ここから、なぜ記事の作成方法が知りたいのかと考えると、「記事を早く書けるようになりたい」「執筆以外の業務を覚えたい」などが出てきます。

これら顕在ニーズ・潜在ニーズを以下のようなフローを通して、MECE(漏れなし・ダブりなし)を意識しながら洗い出していきましょう。

  • 上位記事の調査:上位表示されている記事はニーズを満たしていると想定される。どんな内容が盛り込まれているか洗い出して整理する。
  • 関連キーワードの調査:再検索キーワードや上位記事に流入しているキーワードを調査。キーワードから逆算でニーズを導き出す。

上記のような調査を通じて、顕在ニーズだけではなく、潜在ニーズまで事前調査を行ない、そのニーズに網羅的にこたえられる記事を制作することで、検索上位に表示される確率が高まります。

対策キーワードでの成否を決めるうえで、構成案作成は文章執筆以上に重要な工程です。
高い成果をコンテンツマーケティングで出していきたい場合、この段階からSEOで実績のある記事制作会社に依頼するのがおすすめです。

3.構成案作成②検索ユーザー像(ペルソナ)を設定

次に、検索ユーザー像(ペルソナ)を設定します。

検索ユーザー像(ペルソナ)とは「架空の見込み客」のことを言います。具体的には、検索している状況、検索内容に対する理解度、職歴や年収、ライフスタイル、趣味、家族構成、価値観など、1人の人間が実在するかのように設定します。

よくターゲットと同じ意味に捉えられがちですが、両者は大きく異なります。ターゲットは「想定顧客層」を意味し、複数の方を対象者とします。

この後の執筆段階で、文章をペルソナに合わせて執筆(ペルソナのわかりやすい言葉、ペルソナの理解度に合わせた説明方法)できるように考えることが大切です。

4.構成案作成③タイトルを作成

次に、タイトルを設定します。

タイトルは、先ほど紹介した「対策キーワードの選定」「ユーザーニーズを把握」「検索ユーザー像(ペルソナ)を設定」を参考に作成していきます。

記事の内容がイメージできるタイトルを作成しましょう。ただし、タイトルは仮設定でも構いません。この後に行なう「記事のアウトライン」を決め、アウトラインと相違ないかを確かめ最終的に決定します。

タイトルは以下のルールに沿って決めましょう。

  • 文字数は30~32字以内。(30~32字以降の内容は検索結果に表示されない。)
  • メインキーワードはタイトルの左側に(前半に)
  • あおり言葉・にぎやかしなどを盛り込み記事が読みたくなるようなタイトルをつける

SEOに効果的なタイトルの付け方について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

5.構成案作成④記事のアウトライン(見出し構成)を作成

次に、記事のアウトライン(見出し構成)を作成します。

記事のアウトラインとは、記事の骨組みのことを言います。分かりやすく説明すると「目次」のことです。

▼当社で作成している構成案は以下の通りです。

記事構成案

アウトラインは、作成した記事の内容が一目で分かるように作成します。ユーザーニーズやペルソナに合わせて、どういった見出しにするのかや、伝える順番を決めます。

次に説明する記事の執筆や記事の読みやすさにも影響してきますので、執筆前に必ず作成するようにしましょう。

SEOに強い記事構成案の作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

6.記事を執筆

アウトライン(見出し構成)が出来たら、次に記事を執筆します。

アウトライン作成の時点で何を書くのかが決まっていれば、あとは手を動かすだけです。
もし、事前情報が足りなければ再び調べ執筆していきます。

ただし、ただ書けばいいというわけではありません。
SEOで効果的な文章を書くためには、ユーザーにも検索エンジンにも読みやすい文章を書くことが重要です。

SEOで成果を出すための執筆は、SEOライティングとも呼ばれます。

SEOライティングでは以下のようなポイントを抑えましょう。

  • ユーザーにも検索エンジンにもわかりやすい文章を書く
  • 自然な形でキーワードを文章内に入れる
  • 読者が知りたい情報になっているか
  • 1文が長くなりすぎていないか(1文は70字以内が目安)
  • 結論ファーストな文章となっているか(PREP法かSDS法で書く)
  • 「あれ」「これ」「それ」といった代名詞は検索エンジンが理解しづらいので使わない
  • 読みやすいように段落や点(、)が入っているか など

当社では、以下のように70項目の文章執筆レギュレーションシートを設定し、誰が書いても同じクオリティとなるように記事を制作しています。

▼当社のレギュレーションチェックシートは以下の通りです。

記事執筆レギュレーションシート

などを意識して書ければ、読みやすい文章になります。

SEOライティングのポイントについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

7.記事を編集・校正・校閲

記事が執筆出来たら、記事の編集・校正・校閲を行ないます。

当社では前述のレギュレーションチェックシートも用いながら、誤字・脱字の確認やファクトチェック、使用してはいけない言葉が使われていないかなど、複数の観点から確認を行っています。

構成案の作成を担当したSEOディレクターが編集作業を通して、構成案内の指示通りになっているかなどについても確認したほうが良いでしょう。

検索を行っているユーザーが、知りたい情報をどこよりもわかりやすく伝えられているかという観点で作業を行うのが大切です。

8.WordPressなどに入稿

最後にWordPressなどのCMS(記事を載せるシステム)に入稿します。WordPressの入稿は、ただ記事を載せるだけではありません。必要に応じて強調や線を入れたり、図や表を用いたりして、読者に分かりやすいように装飾を行ないます。

Wordpress入稿画面

また、タイトル設定やディスクリプション設定、タグ付けなども行なう必要があります。
入稿が完了したら記事作成完了です。

ここまで解説してきた通り、SEOで勝てる記事を制作するには複数の工程を踏む必要があり、かなり時間がかかります。外注をうまく活用することでよりスピーディーに大きな成果が実現可能です。積極的に活用していきましょう。

ただし、入稿が完了したらすべてが終了というわけではありません。なぜなら、検索上位に入るには、定期的なリライト作業を行ない、記事の鮮度を高める必要があるからです。厳密に言うと、数ヶ月に1度修正・更新を行なうリライトと呼ばれる作業があります。

以上が記事作成の具体的な流れになります。

SEOに強い記事の作成方法についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

また、SEO記事に限らないコンテンツマーケティングにおける記事作成の手順やコツについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

記事外注は制作フローの一部だけでもOK

上記の流れは、自社内で記事作成する場合も外注する場合も、基本的には同じです。外注する場合は、上記過程のうち一部だけ依頼することも可能です。

8つのステップのうちどの過程を外注するかは、目的や予算、担当者のスキル、経験などを加味して調整を行なうとよいでしょう。

もし、優秀なライターや企業を選択できれば、負担を大きく減らしつつ大きな成果が実現可能です。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

まとめ

本記事では、記事作成の流れから、記事代行の費用、注意点、選び方まで紹介しました。

記事を外注すれば、効率よく高品質な記事を量産できます。記事の外注先を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 実績があるか
  • 経験があるか
  • コミュニケーションの取りやすさ
  • 臨機応変な対応が取れるか

また、記事制作を発注する際には、自社と外注先との方向性にバラつきが出ないようにすることが重要です。そのためにマニュアルやサンプル記事を作成して、品質のバラつきが生じないように注意しながら、長期的に依頼できる外注先を見つけるのが良いでしょう。

記事制作代行会社を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考に選択してくださいね。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。