コンテンツマーケティングの記事作成手順を6つのステップで解説!外注化の事例やコツは?

コンテンツマーケティングの記事作成ガイド
この記事でわかること
  • コンテンツマーケティングにおいて作成すべき記事の種類
  • コンテンツマーケティングの記事作成手順
  • 記事作成外注化すべきかの判断基準や事例・コツ
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

SEO記事制作代行会社の経営者。
これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

コンテンツマーケティングにおいて必要不可欠な記事作成。

しかし、記事作成について以下のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

「コンテンツマーケティングの記事作成はどうやってやるの?」

「自社にノウハウや人員が足りない場合は記事作成はどうしたらいいの?」

そこで本記事では、コンテンツマーケティングにおける記事作成の手順を徹底解説。
過去1年に納品した2,225記事のうち、833記事以上(37.4%)で検索順位1位を獲得したノウハウを大公開します。

また、コンテンツマーケティングの記事作成を外注するメリット・デメリットや、費用も解説するので、併せて参考にしてください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
目次

そもそもコンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとはコンテンツを用いてネット上のユーザーを集客したり、自社の顧客に対して販売促進を行ったりするマーケティング手法のことです。

コンテンツマーケティングでは主に、以下のようなコンテンツを作成して集客や既存顧客へのアプローチ、ブランディングを行います。

  • 記事コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • SNSコンテンツ
  • ホワイトペーパー
  • メールマガジン
  • セミナーコンテンツ

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いは?

よく、“コンテンツマーケティング=コンテンツSEO”と考える方もいますが、両者には違いがあります。

コンテンツSEOは主にGoogleで検索上位を獲得し、集客力を高めることが目的です。そのため、ユーザーに有益なコンテンツを作成するだけでなくGoogle対策も必須になります。

一方、コンテンツマーケティングでは、自社顧客に対して製品の使い方に関する動画を配信したり、自社サービスの活用セミナーを開催したりすることで、顧客満足度を高める施策を行う場合もあります。

コンテンツSEOもコンテンツマーケティングの一部に含まれますが、目的が集客だけなのか、集客以外も含むのかという点で異なることを覚えておいてください。

コンテンツマーケティングにおける記事の種類4つ

コンテンツマーケティングにおける記事には、主に以下4つの種類があります。

  • SEO記事
  • エデュケーショナル記事
  • 記事型広告
  • 企画型記事

それぞれの記事は作成する目的が異なるため、違いを押さえておきましょう。

SEO記事|Googleからの集客を目的とする記事

SEO記事とは、主にGoogle※からの集客力を高めることを目的として作られる記事を指します。

SEO記事を作成してGoogleの検索結果で上位を獲得すれば、安定した流入を見込むことができ、顕在顧客はもちろん、潜在顧客まで幅広いユーザーにアプローチが可能です。

SEO記事で成果を出すためには、検索結果で上位を獲得するための記事作成のコツを知っている必要があります。

また、記事だけでなくサイト全体でGoogleのSEO対策を行う必要もあることを覚えておきましょう。

エデュケーショナル記事|訪問ユーザーの悩みを解決するための記事

エデュケーショナル記事とは、サイトを訪問したユーザーが抱える悩みを解決するための記事を指します。

代表的な記事として、以下のような解説記事やハウツー記事が当てはまります。

  • 〇〇とは
  • 〇〇の使い方
  • 〇〇のコツ

仮に自社の製品やサービスでユーザーの悩みを解決できる可能性がある場合、記事の中に購入・申し込みの導線を設置したり、販売促進を行ったりすることで、売上につながることも。

エデュケーショナル記事は、SEO記事として作成されることも多いので、SEO対策の一環として作成してもよいでしょう。

記事型広告|広告感を抑えて集客するための記事

記事型広告は、主にリスティング広告で配信するための記事のことを指します。

リスティング広告では、広告専用のランディングページ(LP)を配信するのが一般的ですが、ランディングページは広告感が強いのが難点。「もう少し自然な記事を広告で配信したい」「あまり広告感は出したくない」という際は、記事型コンテンツを広告として配信するのもよいでしょう。

記事型広告では、広告であることを強調しすぎずユーザーにアプローチできるので、自社のブランディングやイメージも守りつつ、集客が可能です。

ただし、あくまでも広告であることに変わりはありません。PR表記などの広告表示に関するルールは守る必要があるので注意してください。

企画型記事|企画のユニークさでSNSやネット上での”バズ”を狙う記事

企画型記事とは、SNSやホームページ、プレスリリースなどを用いて、ネット上での”バス”を狙う記事のことを指します。

企画型記事の内容はさまざまで、代表的なコンテンツとして以下のようなものが当てはまります。

  • 業界のユーザー動向調査記事
  • リアルな顧客調査記事
  • ステマなしの商品レビュー記事
  • 社員やユーザーへのインタビュー記事

より企画色の強いコンテンツが求められるため、話題性が弱いとあまり効果を得られません。

その分、SNSでバズったり、テレビで取り上げられたりしたとき効果は大きく感じられるでしょう。

コンテンツマーケティングの記事作成手順

コンテンツマーケティングにおける記事作成の手順は、以下の6ステップです。

コンテンツマーケティングにおける記事作成の流れ
  1. まずは”記事作成の目的”を決める
  2. 顧客のニーズを分析しどんな記事を作るか決める
  3. 記事の構成案を作成する
  4. 構成案に沿って記事の中身を作成する
  5. 校正校閲やファクトチェックを行う
  6. 作成した記事を公開する

ここからは、それぞれの手順について詳しく解説します。

1.まずは”記事作成の目的”を決める

まず初めに、記事作成の目的を決めましょう。

コンテンツマーケティングにおける記事作成には、集客・販売促進・顧客満足度向上などの目的があります。
目的によって作成すべき記事が異なるので、まずは目的を明確にしてください。

それぞれの目的において、作成すべき主な記事は以下のとおりです。

目的作成すべき主な記事
検索エンジンからの集客拡大SEO記事
広告での集客拡大広告用記事
ユーザーの悩み解決・顧客満足度向上・販売促進エデュケーショナル記事、SEO記事
ブランディング・認知度向上SEO記事、企画型記事

なお、上記の表はあくまでもひとつの例です。それぞれの目的に対して”必ずこの記事でないとダメ”ということはないので、自社の商品やサービスの内容に応じて、作成する記事を見極めましょう。

ちなみに、ご覧いただいた通り、ほとんどの目的に対してSEO記事は有効なので、多くの企業ではコンテンツマーケティングというと、ほとんどのリソースをSEO記事制作に割くことになります。

2.顧客のニーズを分析しどんな記事を作るか決める

目的が決まったら、どんな記事を作るのかを決めましょう。

ここでいう”どんな記事”とは、具体的な記事の見出しや中身を決めることではなく、記事の企画や方針、訴求するユーザー層を決めることを指します。

例えば、SEO記事を作成する場合は、自社が獲得したい顧客のニーズを分析し、キーワード選定を行います。

また、顧客への販促用にエデュケーショナル記事を作成するなら、顧客のレビューや口コミから現状の顧客がどういった悩みを抱えているか分析し、どんな記事を作るのか決めましょう。

コンテンツマーケティングにおける記事作成は、一般的に継続して行っていくものです。

いきなり記事を作成し始めるのではなく、全体の方針を決めてから作成を進めるほうがよいでしょう。

3.記事の構成案を作成する

作成する記事が決まったら、記事の構成案を作成しましょう。

構成案は、コンテンツマーケティングの記事作成において、最も重要といっても過言ではありません。
構成案がユーザーのニーズに合っていないと、せっかく作成した記事を読んでもらえない恐れがあります。

読者のニーズを満たすために、最低でも以下のことを意識して作成しましょう。

  • 記事のペルソナを設定する
  • 顕在ニーズ・潜在ニーズを満たす内容にする
  • 記事のゴールを明確にする
  • 結論ファーストな見出し構成にする

上記に加えて、SEO記事の場合はGoogleに適切に記事を読んでもらうための対策が必要です。
ユーザーに満足してもらえる内容にすることを意識すると同時に、効果的に対策キーワードをタイトルや見出しに配置する必要があります。

以下のような形でHTML階層と自然なキーワード配置を意識した見出し構成案を作成しましょう。

構成案の例

なお、記事作成するときは必ず構成案を作成してから、内容を執筆するようにしてください。

構成が定まっていない状態で執筆をすると、記事の全体像がぼやけてしまい、ユーザーのニーズを満たせない記事になってしまう可能性もあります。

ユーザーニーズの分析やペルソナの設定方法、SEOに強い構成案作成のコツは「SEOに強い記事構成案の作り方完全ガイド|テンプレート&例あり」でも解説するので、ぜひ参考にしてください。

4.構成案に沿って記事の中身を作成する

構成案が完成したら、記事の中身を執筆します。

執筆をする際はわかりやすさを重視し、以下の8点に注意しましょう。

  • 結論ファーストになっているか
  • 一文が長くなりすぎていないか(一文70文字が目安)
  • 一文に情報を盛り込みすぎていないか
  • 表や箇条書きを交えてわかりやすくなっているか
  • 間違った日本語を使っていないか
  • 誤字脱字はないか
  • 事実と異なる情報を記載していないか
  • 専門用語や難解な言葉を使っていないか など

特に、自社の業界や製品の専門性が高い場合は要注意。
記事の作成者は当然のように知っている単語や言葉でも、読者からすると馴染みがなく、一目で理解できない可能性があります。

専門用語や難解な言葉が続くと、読者にストレスが溜まってしまい、途中で読むのを止めてしまう恐れも。できるだけわかりやすい言葉を使って執筆しましょう。

また、初めて記事を書く方は「わかりやすい記事の基準ってなに?」と迷ってしまうこともあるでしょう。

わかりやすい記事を見極める基準は”読むスピードと理解するスピードが同じかどうか”です。
実際に自分が書いた記事を音読してみて、引っ掛かりなく理解できる記事になっていれば問題ないでしょう。

なお、記事執筆の方法やコツは「SEOライティングとは?プロが実践する39のコツ<初心者必見>」でも解説するので、参考にしてください。

5.校正校閲やファクトチェックを行う

記事の原稿が完成したら校正・校閲・ファクトチェックを行いましょう。

作成した記事は、ネット上で一般に公開されます。
誤字脱字ばかりの記事や、間違った情報を記載しているサイトは、顧客から「信用できない」と思われてしまい、自社のブランディングを損ねる可能性も。

顧客が安心して記事を読み、今後もサービスを利用してもらえるように、誤字脱字や情報の誤りがないようにチェックしましょう。

6.作成した記事を公開する

記事が完成したら、自社のサイトで公開しましょう。

記事の公開後に自社のSNSやコーポレートサイト、プレスリリースなどを用いて記事を発信すると、より効果を実感しやすいでしょう。

また、記事に監修者や協力者がいる場合は、SNSなどでシェアしてもらうのもおすすめです。

記事を公開したら効果検証を行おう

記事の公開後は、2週間~1ヵ月ほどの期間を空けて効果検証を行いましょう。

SEO記事であれば、Googleの検索順位はどうか、実際に流入はあったかなどを確認し、リライトを行います。

そのほか、コンテンツマーケティングにおける記事ごとの効果検証の指標は以下のとおりです。

記事の種類効果検証の指標
SEO記事検索順位
流入数
インデックスの状況
コンバージョン率
エデュケーショナル記事読了率
サイト内回遊での訪問数
コンバージョン率
記事型広告コンバージョン率
CPA・CPCなど
企画型記事SNSでのシェア数
流入数
獲得被リンク数

コンテンツマーケティングで成果を出すための記事作成のコツ

コンテンツマーケティングにおける記事作成は、多くの企業で行われています。
ここでは、その中でも成果を出すために必要な記事作成のコツを紹介します。

記事作成のコツ
  1. サイトの中で回遊してもらうことを意識する
  2. 作成した記事がシェアできる仕組みを作る
  3. 記事の中に購買・申し込みなどの導線を設ける
  4. ”成果が出やすい記事”を集中して作成する

1.サイトの中で回遊してもらうことを意識する

コンテンツマーケティングにおける記事作成では、ひと記事で完結せず、他のページや記事も見てもらえるように工夫することが大切です。

作成した記事だけで購入や申し込みまで至らなかったとしても、他のページからコンバージョンが発生することは十分に考えられます。

記事を作成する際は、記事内に内部リンクを設置するなどして、回遊性を高める工夫をしておくとよいでしょう。

なお、回遊性が高まるとサイト自体がユーザーニーズを満たしていると判断され、SEOの評価が向上するメリットもあります。

ただし、内部リンクは”どこにでも貼ればOK”というわけではありません。あくまでも、記事を書き進める中で自然な形で設置することが大切です。

2.作成した記事がシェアできる仕組みを作る

作成した記事は、SNSでシェアできるようにしておきましょう。

特に企画型記事では、SNSでの”バズ”が成功のカギを握ります。
記事内にSNSのシェアボタンを設置するなどして、読者が簡単に記事を共有できる工夫をしてください。

また、自社で運用しているSNSがあるとなお良いでしょう。
多数のフォロワーがいれば、記事公開してすぐに多くのビューを獲得できます。

その他、以下のような方法で記事をシェアし公開後早い段階からできるだけ多くの流入を獲得しましょう。

  • 自社のメーリングリストに記事を送る
  • メールの署名に記事リンクを載せる など

特にSEO記事の場合、早い段階で多くの流入を獲得できれば、ユーザーデータがたまって検索順位が記事公開から短期間で上がりやすくなります。

3.記事の中に購買・申し込みなどの導線を設ける

記事から商品の購入や申し込みをしてもらうために、コンバージョンへの導線を設置しましょう。

せっかく作成した記事も、購入や申し込みのボタンがないと売上につながることはまずありません。
すでに流入がある記事はもちろん、記事を公開する際はCTAボタンなどの導線設置を忘れないようにしましょう。

具体例として、弊社の記事のCTAは以下のような形式です。

CTAの例

また、記事公開した後もコンバージョン導線は、継続的に改善をし続けるのがおすすめです。

例えば月に1,000人が閲覧する記事があった場合に、コンバージョン率(CVR)の改善をする・しないでどれくらい差が出るか見てみましょう。

CVR改善項目初月2ヵ月3ヵ月4ヵ月5ヵ月6ヵ月合計
するCVR0.5%0.6%0.7%0.8%0.9%1.0%
CV567891045
しないCV0.5%0.5%0.5%0.5%0.5%0.5%
CV55555530

コンバージョン率の改善を行うことで、長期的にも短期的にも成果に違いが出ることがわかります。

実際は、記事の閲覧数やコンバージョン率が変動するため、上記のように単純にコンバージョンが増加しつづけることは珍しいでしょう。

しかし、コンバージョン率の改善をするかしないかで、成果には大きな差が生まれることが多いです。
記事作成で成果を出すためには、記事を作成して終わりではなく、その後の改善も継続的に行う必要があることを覚えておきましょう。

4.”成果が出やすい記事”を集中して作成する

コンテンツマーケティングにおける記事作成で成果を出すには”成果が出やすい記事に集中する”ことが大切です。

例えば、現状サイトに顧客が全く集まっていない状態なのに、自社サイト内のエデュケーショナル記事を充実させても成果にはつながりにくいでしょう。

集客ができるまではSEO記事を作成したり、企画型記事でバズを狙ったりして、まずは流入を増やすことに集中するなど、サイトの状態に応じた戦略的な判断が必要です。

また、サイトを立ち上げたばかりのときは”何をもって成果とするか”を決めることも重要です。

仮にほとんど流入がないサイトで、いきなり”売上”を成果として記事作成を始めても、成果が出るまでにはかなり時間がかかるでしょう。

最初は作成する記事の数や流入の数を成果(KPI)とし、流入が増えてきたら売上を成果とするなど、フェーズを分けて取り組んでいくのがおすすめです。

コンテンツマーケティングの記事作成を外注する2つのメリット

コンテンツマーケティングにおける記事作成は、社内にリソースやノウハウがない場合、自社で行うのが難しいケースも。記事作成を外注することを検討している方も多いのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングの記事作成を外注するメリットを2つは以下の通りです。

  • 社内にノウハウがなくてもコンテンツマーケティングに取り組める
  • リスト人員が足りていなくても記事作成をスムーズに行えるリスト

それぞれ詳しく見ていきましょう。

社内にノウハウがなくてもコンテンツマーケティングに取り組める

コンテンツマーケティングの記事作成を外注する最大のメリットは、社内にノウハウがなくても記事作成を進められることです。

記事作成の代行業者では、構成案の作成や執筆、編集や校正・校閲まで、記事作成に関する業務を全て代行しています。作りたい記事のキーワードや方針などを伝えれば、後は全部お任せでOKなので、ノウハウがなくても安心です。

また、社内にノウハウがない場合、間違った戦略を立ててしまったり、記事のクオリティが低くて成果につながらなかったりといった状況に陥る恐れも。外注化は費用がかかるものの、ノウハウがない状態からスタートするより、最終的なコスパが良くなる可能性もあります。

また、記事作成を外注する中で徐々にノウハウを溜めていくことも可能です。
将来的に記事作成を内製化したい場合にも役に立つでしょう。

最近では記事作成だけでなく、記事作成の内製化に向けた支援を行う企業(インハウス化支援会社)も多く存在します。最終的には内製化したいという場合でも、一度プロに相談してみるとよいでしょう。

人員が足りていなくても記事作成をスムーズに行える

コンテンツマーケティングの記事作成を外注するメリット2つ目は、人員不足の企業でも大量の記事を作成できる点です。

記事を作成する際には、コンテンツディレクター・ライター・編集者などの人員が必要になります。しかし、ライターや編集者の中にはほとんど経験がない人も多く、採用後も教育や定期的なフィードバックが必要なケースがほとんどです。

また、コンテンツディレクターの採用は決して容易ではないため、採用までに時間もコストもかかります。

その点、記事作成を代行している企業に外注すれば、記事の作成から編集、ディレクションまで全ての業務をまるっと任せることが可能。ライターや編集者を厳選している代行サービスなら、高い質の記事を最初から作れるので、成果にもつながりやすいでしょう。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

コンテンツマーケティングの記事作成を外注すべきケース

コンテンツマーケティングの記事制作を外注すべきケースには、以下のようなものが挙げられます。

  • 社内に記事作成に関するノウハウがない
  • 社内の人員・リソースが不足している
  • 作成したい記事が大量にある
  • 記事の執筆に専門知識を必要としない

ノウハウや人員・リソース不足はもちろん、大量に記事を作成したい場合も外注のメリットは大きいでしょう。
自社のリソースを超えて大量の記事を作成できれば、成果や効果検証の幅も広がります。

ただし、記事の執筆に高度な専門知識が必要な場合は注意が必要です。

記事作成の代行サービスでは、必ずしも自社の業界に精通したライターが記事を執筆するわけではありません。

高度な専門知識を必要とする記事の場合、内容に誤りがあったり、修正が多く発生したりする可能性もあることを覚えておきましょう。
高度な専門知識が必要な記事の作成を外注する際は、専門知識や関連資格を持つライター・監修者がアサインできる会社を利用するのがおすすめです。(費用は高くなります。)

なお、記事作成のおすすめ外注先は、「記事外注依頼先おすすめ18選|費用相場や選び方・格安業者まで」でも解説しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

コンテンツマーケティングの記事作成が内製でもよいケース

コンテンツマーケティングの記事制作を内製してもよいケースには、以下のようなものが挙げられます。

  • 作成したい記事がそこまで多くない
  • 時間がかかっても内製体制を構築したい
  • 高度な専門知識を要する記事を作る場合
  • 社内に記事作成ノウハウを持つ担当者がいある場合

社内に記事作成のノウハウを持つ担当者がいる場合はもちろん、作成する記事の数があまり多くない場合は、内製が向いています。

例えば、一時的に広告やプレスリリースを配信するために記事を作成する場合、内製でも十分に記事作成が可能です。

また、取り扱う情報や社内体制の都合上、時間をかけて内製体制を構築したいということもあるでしょう。

加えて、記事の作成に高度な専門知識を要する場合は、修正コストなどを加味すると、内製したほうが費用が安く済む可能性もあります。

記事を内製できる場合は無理に外注する必要はありませんが、記事の執筆業務部分だけ外注したり、校正・校閲のみを外注したりといった部分的な外注も可能です。

自社のリソースを最大限効率的に活用するためにも、一度外注化を検討してみてもよいでしょう。

コンテンツマーケティングの記事作成を外注するときの注意点

コンテンツマーケティングの記事作成を外注する際は、以下のような注意点があります。

  • 外注予定の企業はどんなコンテンツを発信しているかよく確認する
  • どんな種類の記事作成が可能かチェックする
  • いきなり大量に発注するのは避ける

ここでは、それぞれの注意点について詳しく解説します。

外注予定の企業はどんなコンテンツを発信しているかよく確認する

まず注意すべきは、記事作成を外注する予定の企業がどんなコンテンツを発信しているかです。

外注先の企業のオウンドメディアがあれば記事の内容をチェックし、間違った情報を発信していないかはもちろん、記事がわかりやすいか、SEOなどで成果を生み出せる記事となっているかを見てみるとよいでしょう。

ちなみに、弊社の発信しているコンテンツ一覧は、「ULTRAブログ」よりご覧いただけます。

一人の読者として記事を読んで、わかりにくいと感じた場合は他の企業を検討するのがおすすめです。

どんな種類の記事作成が可能かチェックする

次に注意すべき点は、”自社が求める記事を作成可能かどうか”です。

記事作成代行を行っている企業の中でも、SEO記事に強い企業、業界ノウハウ系記事に強い企業など、得意としている記事は異なります。

得意としていない記事の作成を依頼すると、満足のいかない記事が納品されてしまい、結果的に自社で修正する羽目になることも。

外注を正式依頼する前には、ほとんどのケースで打ち合わせや事前ヒアリングの場が設けられるので、自社の希望や作りたい記事の内容について伝えておきましょう。

いきなり大量に発注するのは避ける

記事作成を外注する場合は、最初からひとつの外注先に大量発注するのは避けましょう。

なぜなら、初めて外注する企業の場合、どれくらいのクオリティの記事が納品されるかがわからないからです。

一歩間違うと自社で大量の修正を行わなければならなくなり、費用も時間もロスしてしまいます。

記事作成代行サービスにトライアルプランがあれば、まずはお試しで数記事分の作成を依頼するのがおすすめです。

なお、トライアル期間中は記事の内容はもちろん、担当者や編集者、ライターの人柄や対応力もチェックしてください。

コンテンツマーケティングにおける記事作成は、継続的に行っていくケースが多いため、長く付き合っていける企業かどうかを見極めるのも重要です。

修正依頼に早く対応してくれるか、同じミスを繰り返さないかなど、記事のクオリティ以外の部分もよく確認しましょう。

記事外注の注意点やポイントについては「記事外注のやり方|マニュアル作成方法&外注化の成功ポイントまで」で詳しく解説しています。気になる方はチェックしてみてください。

コンテンツマーケティングの記事作成はどこに外注すべき?

記事作成の外注先は、主に以下3つです。

  • 個人ライター
  • 記事作成代行会社
  • SEOコンサル会社

それぞれにメリット・デメリットが存在するため、自社に合った依頼先を選びましょう。
以下では、それぞれの特徴や費用についても解説します。

個人ライター|費用を抑えて記事作成を外注したい場合

記事作成の外注先1つ目は、個人ライターです。

記事作成を個人ライターに外注するメリットは、企業に依頼するのと比べて費用が安いこと。記事作成の費用は一般的に文字単価で計算されますが、文字単価0.5円と格安で依頼を受けている個人ライターも多くいます。

ただし、ライターのレベルがピンキリな点はデメリットです。

個人ライターは、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサービスで探せますが、クラウドソーシングには実績や経歴がなくても登録できます。

そのため、ライターの中には未経験で仕事を探していたり、執筆に慣れていないジャンルがあったりする人も混ざっています。納品された原稿は、追加で編集・修正が必要になるケースが多いことを覚えておきましょう。

また、一度に大量発注ができない点にも要注意。記事のボリュームにもよりますが、個人ライター1人に発注できる記事数は、月に20本~30本程度です。

作成したい記事が大量にある場合は、何名もライターを探す必要があり、教育の時間も含めるとそれなりのコストがかかります。

記事作成代行会社|SEOに強い記事作成を外注したい場合

記事作成の外注先2つ目は、記事作成代行会社です。
記事作成代行会社とは、その名のとおり、記事作成を代行することを生業としている企業です。

多くのライターや編集者を抱えており、構成案の作成から執筆・編集・校正まで、記事作成に関する全ての業務を代行してくれます。

記事作成代行会社に依頼する最大のメリットは、質の高い記事を大量に発注できることです。

記事作成の代行サービスでは、採用前にライティングや編集のテストを行い、ライターや編集者を厳選しています。
抱えているライターの数が多い場合は、月に数百本単位での依頼も可能なので、自社サイトを一気に拡大したい場合でも心強いでしょう。

ただし、記事作成代行業者に外注する場合、個人ライターと比べると費用は高くなります。

記事作成代行サービスの外注費用の相場は以下のとおりです。

記事作成代行業者のタイプ文字単価
低価格がウリのタイプ0.7円~3円
SEO記事特化型のタイプ3円~10円

なお、記事作成代行ウルトラでは、SEO特化型のタイプでありながら業界最安値級の文字単価3円から記事の作成を代行しています。

低価格ではありますがこれまでに約2,225記事を作成し、そのうち4割弱の約833記事で検索1位を獲得(2024年6月時点)。業界トップクラスのパフォーマンスを残しています。

ライターや編集者を厳選しており、質の高い記事をクラウドソーシング並みの金額で依頼することが可能です。

最低1記事から依頼できるので「記事作成を外注したいけど、予算はあまりとれない」という場合でも、お気軽にご相談ください。

SEOコンサル会社|記事作成以外の集客もサポートしてほしい場合

記事作成の外注先3つ目は、SEOコンサル会社です。
SEOコンサル会社では、記事作成以外にも、SEO戦略の立案やサイトの分析、施策提案など幅広いコンテンツマーケティング支援を受けることができます。

SEOコンサル会社に記事作成を依頼するメリットは、コンテンツ以外のSEO支援を受けられる点です。

今後SEOに力を入れていきたい企業の場合は、記事作成はもちろん、サイトの構造や設計部分でもSEO対策をする必要があります。

その点、SEOコンサル会社であれば記事作成を外注しながら、その他のSEO対策についても相談・支援を受けられます。また、コンテンツ作成において、キーワードの選定や戦略設計など、上流工程からアドバイスを得られるのもうれしいポイントです。

SEOコンサル会社に記事作成を外注するデメリットは、費用が高額な点です。
また、記事作成以外の支援を受けるためには月額契約が必要なケースがほとんど。継続的な投資が必要になることを覚えておいてください。

SEOコンサル会社で記事作成やSEO支援を利用するのにかかる費用相場は以下のとおりです。

依頼内容費用
記事作成7円~10円/文字
コンテンツ特化のSEO支援10万円~50万円/月
SEO全般の支援30万円~100万円/月

なお、記事作成代行にかかる費用は「記事作成代行の相場は?フリーランスライターと業者の外注費用比較」でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

コンテンツマーケティングの記事作成の外注事例2つ

ここからは、記事作成代行ウルトラの記事作成の外注事例を2つ紹介します。

【BtoC】ビッグキーワード「見守り家電」で1位獲得。業界における検索経由の認知最大化に成功|ハローテクノロジーズ株式会社

支援前の課題

SEOに一切の知見がなく何から始めていいかもわからない状況。
ただしデジタルマーケティングによる商品プロモーションは必要で、SEOに対する予算も確保していた。

実施した施策内容

  • コンテンツSEO(キーワード選定、記事制作代行30件)
  • 簡単なSEO内部対策
  • CMS導入
  • 効果測定体制の構築

支援で得られた成果

施策開始4ヶ月の段階で納品した記事30件のうち、10%が1位獲得、40%が5位以上獲得、70%が10位以上を獲得。

以下のような高難度なビッグキーワードでも十分な成果を残しました。

  • 見守り 家電:1位
  • 見守りロボット:1位
  • 見守りサービス 安い:1位 など

施策実施の結果、検索流入数は400倍、商品注文数は21倍という驚異的な成果が得られました。

BtoB比較ポータルサイト

支援前の課題

インバウンドなリード獲得手段がないので、コンテンツSEOを始めたい。

実施した施策内容

  • コンテンツSEO
  • SEO内部対策
  • SEO外部対策
  • インハウス化支援

支援で得られた成果

コンテンツSEO開始10ヶ月で単月のリード数200件を達成。

BtoBの高単価商材に対するリードを、web広告を大幅に上回る数の獲得に成功しました。

また以下のようにリードは発生しやすいが、競合性の高いキーワードでも上位表示を達成。

  • ○○ 比較
  • ○○ 価格
  • ○○ おすすめ

チーム内メンバーだけでのコンテンツSEO運用のインハウス化も実現しました。

記事作成代行ウルトラの実績について詳しく知りたい方は、「記事制作支援事例・SEO上位表示実績|記事作成代行ウルトラ」をご覧ください。

まとめ|コンテンツマーケティングの記事作成はプロにお任せください

コンテンツマーケティングにおける記事作成は、主に以下の手順で行うことができます。

  1. まずは”記事作成の目的”を決める
  2. 顧客のニーズを分析しどんな記事を作るか決める
  3. 記事の構成案を作成する
  4. 構成案に沿って記事の中身を作成する
  5. 校正校閲やファクトチェックを行う
  6. 作成した記事を公開する

しかし、自社にノウハウやリソースが不足している場合は、記事作成をプロに外注することも検討しましょう。記事作成を外注することで、記事作成がスムーズに進むほか、内製化に向けてノウハウを貯めていくことも可能です。

記事作成代行ウルトラでは、クラウドソーシング並みの費用で質の高い記事作成を代行します。

数多くの記事を作成し、検索順位1位を獲得してきた実績から、記事作成の支援をさせていただきますので、コンテンツマーケティングでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。