SEOライティングとは?プロが実践する39のコツ<初心者必見>

SEOライティングとは?
この記事でわかること
  • SEOライティングとは?
  • SEOライティング実施にあたっての正しい考え方や注意点
  • プロが実践する39の成功法則
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

SEO記事制作代行会社の経営者。
これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

SEOライティングとは、検索での上位表示を目指し記事制作を行うことです。

しかし、SEOライティングを実践するにあたり以下のような疑問をお持の方も多いのではないでしょうか。

「SEOライティングの正しい方法がわからない」
「初心者でもSEOライティングに成功できるようにコツを知りたい」

そこで本記事では、SEO記事制作代行会社として年間数千件のSEOライティングを行う当社が実践する
正しい考え方」と「成功のコツ39選」を余すことなく網羅的に紹介。
初心者の方や初めてコンテンツSEOに取り組まれる企業でも本記事を読むことで、SEOライティングの成功法則が体系的に理解することができる内容となっています。

ぜひご一読ください!

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

▶参考記事:勝てるSEO記事の書き方|構成作成方法や文章ライティングのコツ
▶参考記事【2024年最新版】SEO対策とは?基礎から具体的な施策まで完全解説

目次

SEOライティングとは

SEOライティングとは、Google※などの検索エンジンでの検索結果を上位に表示させることを目的に文章を執筆することを意味します。
※SEOというとシェア率が最も高いGoogleで上位表示を狙うのが基本

SEOとは、検索エンジン最適化を意味するSearch Engine Optimizationの略称です。

Googleはユーザーにとって有益となる記事であるかどうかを独自の基準で評価しているため、ただ文章をライティングしても、検索上位を獲得できません。

ユーザーの検索意図を把握し、SEOを意識して記事執筆を必要があるのです。

SEOライティングの通常ライティングと違うところ
  • 特定のキーワードで検索しているユーザーの疑問や課題を解決できるように執筆する
  • 検索エンジンにとってもわかりやすい文章を執筆する

上記のような点を踏まえてSEOライティングを行うことが成功のポイントです。

SEOライティングの前にSEOの基礎知識について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

取り組み前に知っておきたいSEOライティングの正しい考え方

実際にSEOライティングに取り組む前に、以下のような正しい考え方を知っておきましょう。

  • 小手先のテクニックより目の前のユーザーを満足させることが最重要
  • 検索エンジンに評価してもらいやすいように最低限のルールを守ることもまた重要

それぞれ説明していきます。

小手先のテクニックより目の前のユーザーを満足させることが最重要

SEOライティングでは、小手先のテクニックよりも目の前の検索ユーザーを満足させることが最も重要。

Googleは、検索エンジンで上位表示する基準として、ユーザーにとって有益となる記事であるかを最重視しています。
実際Googleは公式に以下のように明言しています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用「Google が掲げる 10 の事実

たしかに、SEOライティングには短期的に成果を出すための小手先のテクニックがいくつもあるのは事実。
しかし、年単位など長期的な視点で見ると小手先のテクニックを詰め込んだだけのコンテンツよりも、ユーザーに重きを置いて書かれたコンテンツの方が高いパフォーマンスを発揮します。

小手先のテクニック記事と、ユーザーに重きを置いて書かれた記事の違い

目の前のユーザーにとって有益となる記事を書くことが、SEOライティングで成功する上で最も重要なのです。

検索エンジンに評価してもらいやすいように最低限のルールを守ることもまた重要

目の前のユーザーに有益な記事を書くことは最重要ですが、好きなように記事を書いていいというわけではありません。
検索エンジンが評価しやすいように、以下のようなSEOライティングの推奨ルールを最低限守ることも重要となってきます。

  1. タイトルや見出し・本文に対策キーワードを含める
  2. SEOに必要な要素を記事にもれなく盛り込む
  3. 独自性のある情報・専門的な情報を伝える
  4. E-E-A-Tの担保されたコンテンツ制作が行われているか
  5. 正しいHTML構造で記事を作成する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①タイトルや見出し・本文に対策キーワードを含める

タイトルや見出し・本文に、”対策キーワード”を含めると、ユーザーだけでなく検索エンジンにもその記事を表示すべきキーワードがわかりやすくなります。

ユーザーだけではなく、検索エンジンにもキーワードと記事が関連性があると認識してもらう必要があるのです。

対策キーワードとは、記事を上位表示させたい検索キーワードのことを指します。

例えば、この記事の対策キーワードは「SEOライティング」です。
したがって、タイトルを含む記事の各所に「SEOライティング」というキーワードが盛り込まれているのはおわかりいただけるでしょうか。

キーワードの配列に明確なルールはありませんが、以下の部分には盛り込むことを推奨しています。

  • タイトル(<title>タグ)
  • 見出し(h2見出しには含んだ方がいい。h3見出しは無理に含む必要はない)
  • ディスクリプション(<description>タグ)

ただし、キーワードの乱用は避けましょう。Googleも以下のように明言しています。

キーワードの乱用は避ける。<title> 要素に具体的なキーワードをいくつか含めると効果的な場合もありますが、同じ語句を何度も繰り返しても無意味なだけです。「Foobar, foo bar, foobars, foo bars」のようなタイトル テキストはユーザーの利便性を下げるものであり、このようなキーワードの乱用は Google やユーザーから不正行為と見なされる可能性があります。

引用:Google検索セントラル「最適なタイトルリンクを出しやすくするためのベスト プラクティス」

加えてキーワードを無理に入れ込もうとして文章が不自然になってしまうのは本末転倒です。
読みにくい・わかりにくいといった点から検索順位やクリック率に悪影響なのでご注意ください。

自然な形でキーワードを記事に盛り込むと良いでしょう。

SEOキーワードの正しい入れ方については下記の記事で詳しく解説しています。

②SEOに必要な要素を記事にもれなく盛り込む

SEOにおいて評価される記事には、以下のような要素が必要です。
下記を盛り込むことで、検索エンジンが記事内容を評価しやすくなり検索パフォーマンスの向上につながります。

タイトル記事のタイトル。コード上は<title>タグで表記。ユーザーの目の動きを理由に、キーワードは左側にある方がいいでしょう。ただしユーザーのニーズとかけ離れてしまう場合は無理に左側にする必要はなし。
ディスクリプション記事を100〜120文字程度の文章に要約したもの。コード上は<description>タグで表記。ディスクリプション上で同一キーワードが太字になります。ユーザーにとって有益な情報を記載することが大切です。
記事の更新日記事の更新日は内容の最新性を判断する基準です。「公開日」と「更新日」の2種類あるが、両方表示すると古い日付(公開日)が新しい日付(更新日)と認識されるため、更新日のみ表示するサイトもあります。
リード文(導入文)リード文は記事の導入箇所にある文章です。記事を読んでユーザーが得られる情報や結果を提供する役割です。いかにユーザーにとって読むメリットがあるかを示す必要があります。
目次目次は、各見出しをページの最初に表示します。ページ内にリンクが設定されており、クリックすると読みたい場所に移動することが可能です。検索エンジンの理解にも関わってきます。
見出し見出しはh1,h2,h3,h4といったタグで囲って表記します。数字が小さいほど上位階層の見出しです。ユーザーが記事全体を一語一句読むことはまずありませんので、見出しを流し読みするだけでユーザーにとって有益な情報が得られるような内容にすることも大切です。
本文本文では端的にわかりやすい文章を心がけましょう。ユーザーの疑問を最短で解決するように、長すぎる文章は避けるのが無難です。読みにくい文章は離脱されやすくなります。
画像画像には「箸休め」の役割があります。文字だけでは読むのに疲れて離脱してしまうため、区切りの良い箇所に使用しましょう。文章だけでは表現しにくい内容を、ユーザーにイメージで伝えられるというメリットもあります。
CAT日本語で行動を喚起するという意味のCall To Actionの頭文字です。会員登録や資料請求・お問い合わせなどへ誘導する箇所です。
引用/参考文献とURL信ぴょう性のある参考文献等を用いることで記事の説得力が高まります。参照元のリンクの明記など最低限の引用ルールがあるので注意が必要です。
監修/著者情報記事の監修者や著者情報を明記することで信頼度が高められるでしょう。特にYMYL関連関連などの専門性が求められる記事は、監修者・著者情報を明確に示すことが重要です。

SEOで上位を狙う記事では上記のような要素を最低限含むようにしましょう。

③独自性のある情報・専門的な情報を伝える

Googleは近年、独自性のあるコンテンツに対する評価を年々高めています。

先日行われた2024年3月のGoogleコアアップデートでもその傾向はより顕著に認められました。

独自性がある記事はSEOに効果的なので、自社にしか出せないオリジナルな情報や専門的な情報を記事内に意識的に盛り込むことが大切。
実際Googleも以下のように明言しています。

その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:Google検索セントラル「日本語検索の品質向上にむけて」

オリジナルな情報を盛り込みつつ、検索ユーザーにとって有益な情報と判断されれば、検索エンジンの上位表示につながるのです。

独自情報には以下のような例が挙げられます。

  • 自社で実施したアンケートなどで収集した情報
  • 自社サービス顧客から聞いた生の声
  • 口コミ
  • 自社独自の見解や視点から掘り下げられた内容

上記の内容を意識的に盛り込み、ユーザーにとって新たな情報や価値を提供できる記事作成を目指していきましょう。

④E-E-A-Tの担保されたコンテンツ制作が行われているか

E-E-A-TとはExperience(経験)・Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)の頭文字で、Googleの検索品質評価ガイドラインにて示されているサイト評価基準の一つ。

このE-E-A-Tが担保されたコンテンツ制作を行うことも、SEOライティングにおいては大切ですよ。

E-E-A-Tについて詳しくは以下の通りです。

Experience(経験)実体験や人生経験などで得た情報量を指します。経験値が高いことで、より多くの信頼が得られるのです。たとえば、アルバイト先で入社1か月の先輩と入社1年の先輩では、知っている知識量も経験値も違います。このような違いから記事に説得性が生まれ、信頼につながるのです。
Expertise(専門性)特定のテーマ・ジャンルを一貫して扱っているかを指します。記事の中でテーマやジャンルがブレてしまうと、専門性の評価が下がってしまいます。ユーザーにとってもわかりにくい記事になってしまうのです。ユーザーファーストの記事を書くためにも、重要な基準となってきます。
Authoritativeness(権威性)外部の評価を指します。ユーザーにとって、どれだけ信用できる記事かどうかの基準です。Googleから権威性が低いと判断されると評価に影響が出る場合があります。
Trustworthiness(信頼性)情報の信ぴょう性を指します。ユーザーにとって有益な情報であるかが基準です。信頼性が薄い内容は、評価がないと判断されます。

このように、E-E-A-Tを考慮した記事は、ユーザーにもGoogleにも高い品質であると判断されます。

ユーザーファーストの記事を書くためにも、Webサイトの品質を上げるためにも、E-E-A-Tを考慮しGoogleの評価を上げることが必要です。

⑥正しいHTML構造で記事を作成する

記事作成は基本的に正しいHTML構造で作成することを推奨しています。

確かにGoogle検索セントラルにある下記の記載の通り、HTML構造は正しい階層構造で使われていなくても大きな問題はありません。

見出しを意味的な順番にすることは、スクリーン リーダーにとっては素晴らしいことですが、Google 検索にとっては順番どおりに使われていなくても問題ありません。ウェブは一般に正しくない HTML で書かれています。そのため、Google 検索が HTML 規格に潜むセマンティックスの意味に依存することはめったにありません。

Google検索セントラル「Google が重要でないと考えること」

ただし、正しいHTML構造(hタグの階層構造など)はユーザーにとってわかりやすいため、当社では正しく記述することを推奨しています。

hタグ階層構造とは、見出し構成のことで、h1、h2、h3などと表示されます。このhタグ階層構造において、上位の階層の下位の階層には、上位に関係しているものを入れることが大切です。

例えば、h2タグが「勝てるSEO記事を作成するために知っておきたい12の心得」としたときに、「6:対策キーワードを記事本文や重要タグに適切に盛り込む」をh3タグにすることで、適切な階層構造となります。

また、pタグは見出しとして用いず、hタグ見出しの下層に来る本文として用いるのが正しい記述方法です。

プロがSEOライティングをするときの流れ

SEOライティングを行う際、ほとんどのプロは以下のような流れで進めます。

STEP
対策キーワードの選定

SEOライティングの実施にあたって、制作する記事を上位表示させたいキーワードを最初に決定してください。

キーワードは1つの場合もあれば、似たニーズを持つ複数のキーワードを選定する場合もあります。

STEP
キーワードやユーザーニーズの調査

関連キーワード・上位記事・ユーザーニーズ分析などを行います。

STEP
記事構成案(骨子)作成

STEP2の調査結果をふまえて記事の構成案(骨子)を組み立てます。

STEP
本文執筆

記事構成案を基に本文を執筆します。

STEP
記事の編集・校正・校閲・公開

執筆した記事の編集や校正・校閲作業を行った後に記事を公開しましょう。

STEP
効果測定

SEO対策による効果を確かめるために、PV数・CV率・検索順位などのSEO施策の効果を測定する。

STEP
必要に応じてリライト

表示順位が下がってきたら評価を上げるために記事を加筆・修正する。

リライトについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEOライティング成功のカギはキーワード選定と構成(骨子)作り

SEOライティング成功のカギである対策キーワード選定と構成(骨子)作りの重要性について解説します。

対策キーワード選定の重要性

コンテンツ記事を検索上位表示させ成果創出を狙う”コンテンツSEO”において、対策キーワード選定は極めて重要。

対策キーワード選定とは、これから制作する記事をどんなキーワードで上位表示させるか決めること
SEOライティングを行うにあたり、まずはこの対策キーワード選定から行いましょう。

対策キーワードを事前に決める理由として、検索キーワード毎にユーザーの知りたい情報は異なるため、
各キーワードそれぞれに対して、最適なコンテンツを用意する必要があるからです。

例えば、「勤怠管理システム とは」という検索キーワードと「勤怠管理システム おすすめ」という検索キーワードでは、ユーザーの求めている情報が違っているのはおわかりでしょうか。

  • 「勤怠管理システム とは」:勤怠管理システムの機能やメリットを知りたい
  • 「勤怠管理システム おすすめ」:おすすめの勤怠管理システムを複数見比べたい

したがって、「勤怠管理システム とは」と「勤怠管理システム おすすめ」それぞれに対して、別のコンテンツを作成する必要があるのです。実際、検索してみると上位に表示されている記事の内容は全く異なります。

キーワード毎に、制作すべき記事内容が異なるため事前に対策キーワードを選定しておくことが重要なのです。

対策キーワード選定は以下のように多角的な視点から行う必要がある難易度の高い作業でもあります。

視点①キーワードの検索ボリューム

キーワードの検索ボリュームとは、月当たりどれくらいそのキーワードが検索されているかを表します。

▼キーワードと検索ボリュームの例

  • 看護師(検索ボリューム:90,500)
  • 看護師 なり方(検索ボリューム:720)
  • 看護師 求人(検索ボリューム:40,500)

上記のうち、検索上位を獲得することで最も多くの流入が獲得できるのは検索ボリュームが多い「看護師」になります。

ただし、ただ単に検索ボリュームが多いというだけでキーワードを選定してはいけません。

視点②キーワードを検索しているユーザーのコンバージョンまでの近さ

キーワード自体を検索しているユーザーの属性がコンバージョンに近いかどうかも重要な視点です。

前述の三つのキーワードの検索ニーズはそれぞれ以下の通りとなっています。

看護師看護師 なり方看護師 求人
看護師の役割や仕事内容を知りたい看護師にどのようにしてなったらいいのか知りたい看護師の求人情報を探している

例えば看護師転職サイトであれば、上記のうち最もコンバージョンに近いのは「看護師 求人」というキーワードになります。

実際弊社でコンサルティングを行っている某医療系転職メディアでは、上記の全キーワードで上位を獲得しているのですが、「看護師 求人」というキーワードで上位表示しているページは「看護師」というキーワードで上位表示しているページに比べて月々300倍程度コンバージョン数が多いです。

このようにコンバージョンしやすさについても検討していかなければ、成果を出すのは難しいでしょう。

複合的な視点から、ページやサイト全体の対策キーワード選定を進めていくことが成功のために欠かせないポイントです。
初心者は、キーワードの「検索ボリューム」と「コンバージョンしやすさ」の2つを考えれば十分ですが、上級者や競合性の高い分野で上位表示を狙う場合は、「トピッククラスター」「競合性」なども検討軸に入れる必要があります。

難易度の高いキーワード選定を緻密に行うことが、他社に差をつけコンテンツマーケティング成功させるカギなのです。

対策キーワード選定について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

構成(骨子)作りの重要性

記事の構成(骨子)は品質を大きく左右するため、非常に重要です。
SEOライティングのプロは、いきなり本文の執筆を始めるのではなく必ず構成案の作成から行います。

記事の構成とは、以下のようなタイトルや見出し、記載すべき内容が含まれたプロットのことです。

記事構成案の例

構成案を執筆前に作成するのが重要な理由は以下の通りです。

  • キーワードやターゲットユーザーの分析が緻密に行える
  • ユーザーの疑問や課題に対しMECE(漏れなし・抜けなし)な記事を作成できる
  • コンバージョンなどゴールまでユーザーを導ける記事が作成できる
  • 効率的に良質な記事が作成できる(いきなり本文を書き始めるのは非効率)

本文をいきなり執筆し始めると、キーワードやターゲットユーザーの分析がおろそかになりがち。
加えて、記事の全体像を把握しづらいため、上位表示可能なユーザーニーズにMECEでこたえた記事の制作も難しいでしょう。

記事構成の作成は効率的に良質な記事を作成するためには欠かせない工程なのです。

SEOに強い記事構成案の作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

【記事の部分別】SEOライティングのコツ|39の成功法則

ここでは、記事の部分別に「プロが実践する効果的なSEOライティングの成功法則35種」を紹介します。

記事の部分分けは以下のように行いました。

  • タイトル
  • ディスクリプション
  • リード文(導入文)
  • 見出し
  • 本文
  • その他の部分(画像・更新日・URLなど)

それぞれ見ていきましょう。

タイトル

SEO対策のタイトルを考える上でおさえておきたいポイントを説明します。

①タイトルの文字数は30~32字

タイトルの文字数は30~32字が適切です。

タイトルの場合、検索結果画面に表示される文字数がPCで30~32文字程度、スマホで30~41文字程度になります。
文字数が超過するとタイトルが以下のように途中で「…」と省略されるため、PCに合わせて30~32文字程度で設定するとよいでしょう。

加えて、ユーザーが検索をした時に「この記事なら自分の疑問を解決できそう」と思ってもらわなければなりませんので、その点にも留意してください。

対策キーワードを盛り込む

対策キーワードは必ずタイトルに盛り込みましょう。

ただし、ただ詰め込むのではなくユーザーにどう見えるのかを考え、自然な形でキーワードを入れてくださいね。

人の目の動きを考慮し左側にメインとなるキーワードを入れると、より効果的です。
キーワードを意識しすぎて不自然な文章にならないように気を付けてください。

③ユーザーニーズに沿った内容が書かれていることが一目でわかるタイトル

タイトルでユーザーのニーズに沿った内容であることを示すことは、クリック率を上げるために非常に重要です。

例えば対策キーワードが「SEOとは」である場合と、「SEOライティングやり方」である場合とでは、ユーザーのニーズが違うため適切なタイトルが異なります。

このように、ユーザーがどういった意図で検索をするのかを考え、タイトルをつける必要があるのです。

④数字のパワーを使う

タイトルに数字を入れるのは、ユーザーが具体的にイメージを抱きやすいので有効です。

「誰でも大幅に痩せられる方法」より「誰でも10キロ痩せられる方法」の方が具体的にイメージすることが可能。

他にも、「夜景の見えるおすすめレストラン5選」や「帰宅後10分で作れる晩ご飯レシピ」など数字を使うことで、魅力のあるタイトルに。

魅力のあるタイトルはクリック率の向上につながるため、記事のパフォーマンスを高めることにつながります。

⑤パワーワードを使う

あおり文やにぎやかしなど、ユーザーがクリックしたくなるようなパワーワードを使うのも有効です。

▼パワーワードの例

  • たった一つのやり方
  • 35の成功法則
  • プロが実践する
  • 5分でわかる など

上記のようなパワーワードを活用することで、記事のクリック率を高めることができます。

⑥他の記事と差別化する

ユーザーが検索した時に表示される競合サイトとタイトルを差別化することも有効です。

競合よりも、より魅力的なタイトルをつけることによって、クリック率が上がるのです。

インパクトのある言葉を使ったり、前途で述べたように数字を使うのも印象が強いと思います。

他とかぶらない内容でありつつ、ユーザーにとってメリットが多いと感じさせるようなタイトルをつけることが大切です。

タイトルは、検索結果に表示された際のクリック率を高めるために重要な要素。
また、適切にキーワードを盛り込むことで検索順位にも影響します。

紹介したポイントを参考に効果的なタイトルを作成しましょう。

SEOに強いタイトルの付け方についてもっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください

ディスクリプション

検索結果画面のタイトルの下に表示されている文章は、ディスクリプションまたはメタディスクリプション(meta description)と呼ばれ、記事制作者側で指定することが可能です。
※GoogleのAIの判断により指定した文章が用いられない場合もあるのでご注意ください。

タイトルとディスクリプション

ディスクリプションを記載することで、検索エンジンやユーザーに記事の内容を正しく伝えることができます。

ユーザーが求める情報が書かれているかを示せれば、クリック率の向上が期待できるでしょう。

①ディスクリプションの文字数は50~120文字にする

ディスクリプションの文字数は、PCが120文字前後、スマートフォンが50文字前後と言われています。

サイトのターゲットユーザーが利用するデバイスに合わせて文字数を決めるか、70文字くらいに収めて両方に適したテキストを入れるのも良いでしょう。

伝えたい事はなるべく50文字以内に盛り込むと、スマホでも表示されます。

②キーワードを入れ、不要な内容は含めない

キーワードを適切に入れましょう。

タイトル同様に、ディスクリプションでのキーワードも非常に重要な役割です。

ユーザーの検索意図を理解し「ここにユーザーにとって有益な情報がありますよ」ということを示さなければいけません。

注意したいのが、すべて伝えようと思って内容にまとまりがかくなってしまうことです。

限られた文字数だからこそ、一番伝えたい情報をわかりやすく伝えるようにしましょう。

③ページごとに設定する

ディスクリプションの内容はページごとに違う文章を設定します。

ユーザーが欲しい情報が記載されていることを示し、クリックしてもらいやすくするためにディスクリプションを設定します。

そのため、内容が違うそれぞれのページに対して内容に合ったディスクリプションを設定しなければなりません。

同じ文章を設定しているサイトもありますが、それだとユーザーにとって解決してくれる情報が載っているのかわかりづらくなります。

クリック率を上げるためにもページごとにディスクリプションを設定するのがいいでしょう。

④ユーザーの興味を惹く内容にする

このページに知りたい情報が書かれていそうとか、問題が解決しそうと思わせるような文章を作りましょう。

このキーワードを検索する人はどのようなことを知りたいのか、解決したいのか検索ニーズを掘り下げてより具体的な文章を作りましょう。

ディスクリプションを見てクリックしてもらうにはどのような内容がいいか考えながら、文章を作る必要があります。

ディスクリプションを見てクリックしてもらうにはどのような内容がいいか考えながら、文章を作る必要があります。

リード文(導入文)

リード文を書くうえで大切なポイントを説明します。

①ユーザーの悩みや疑問に対して共感を示す

リード文でユーザーの悩みや疑問に共感することで、抱えている問題が解決できるかもと興味を持ってもらえます。

例えば、共感を示す文章例は以下の通りです。

対策キーワード:脱毛サロン おすすめ

「脱毛をしたいけど、おすすめの脱毛サロンってどこ?」
「脱毛サロンの選び方がわからない!」

サロンによって料金や特徴など大きく異なり、自分に合った脱毛サロンが選べるのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

上記のように、ユーザーの言葉を使って心理的に感じているであろう不安や疑問を冒頭に記載し、記事を読むことで解決できるてことを示すことが大切
ユーザーが本文を読み進めてくれる確率が高まります。

②記事を読むことで悩みや疑問が解決できる点を示す

共感を示したのちに、記事を読むことで悩みや疑問を解決できる点を示すことが大切です。

「この記事にはこのような内容が書かれています」「この記事を読むとこのようなメリットが得られます」など、コンテンツを読み進めてもらうために、ユーザーにとって有益な情報であるということを示さなければなりません。

先ほどの「脱毛サロン記事」のリード文事例に文章を追加しました。

対策キーワード:脱毛サロン おすすめ

「脱毛をしたいけど、おすすめの脱毛サロンってどこ?」
「脱毛サロンの選び方がわからない!」

サロンによって料金や特徴など大きく異なり、自分に合った脱毛サロンが選べるのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、国内の主要な脱毛サロン10社を徹底比較して分かった「おすすめ脱毛サロンランキング」を紹介します。
この記事を読めばきっとあなたにピッタリな脱毛サロンが見つけられますよ。

ユーザーにとってメリットのある記事だと理解をしてもらえれば、本文を読んでもらえる確率がさらに高められます。

③なぜ信頼に足る情報なのか示す

リード文では記事に書いてある内容がいかに信頼に足る情報なのかをアピールすることも大切です。

先ほどの「脱毛サロン記事」のリード文事例に文章を追加しました。

対策キーワード:脱毛サロン おすすめ

「脱毛をしたいけど、おすすめの脱毛サロンってどこ?」
「脱毛サロンの選び方がわからない!」

サロンによって料金や特徴など大きく異なり、自分に合った脱毛サロンが選べるのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、国内の主要な脱毛サロン10社を徹底比較して分かった「おすすめ脱毛サロンランキング」を紹介します。
この記事を読めばきっとあなたにピッタリな脱毛サロンが見つけられますよ。

本記事のランキングは、脱毛サロン選びにおいて重要な以下の5つの観点から各サロンを点数化し作成されています。

  • 料金の安さ
  • 脱毛完了までの期間
  • 通いやすさ
  • 利用者の口コミ
  • フォローの充実度

それぞれのサロン情報に基づく確かなランキングです。ぜひ脱毛サロン選びの参考にしてください。

上記のように、単なるランキングではなく、明確な比較基準に基づいたランキングであることを示すことで、信頼性が高まるのはお分かりいただけましたでしょうか。
信頼性を示すことで本文の説得力が増し、コンバージョン率の向上も期待できます。

記事の信頼度を高める方法は、上記例のように明確な判断基準に基づいていることを示すほかに以下のような例もあるので参考にしてください。

  • 記事のテーマに精通した人物が執筆/監修していることを示す
  • 信頼に足る情報ソースを参考にしている点を示す など

リード文上で積極的に記事の信頼性を示していきましょう。

④メインテーマの結論を盛り込む

リード文に、対策キーワードを調べている読者が知りたいメインテーマの結論を記載しましょう。

読者がスピーディーに結論を理解できユーザーの満足度が高まるだけでなく、検索エンジンからのSEO的な高評価も得られます。

例えば、先ほどから例に挙げている「脱毛サロン おすすめ」の記事なら、リード文内で特におすすめのサービス名を紹介するとよいでしょう。
現在、「脱毛サロン おすすめ」で1位を獲得している記事は以下のように「おすすめ脱毛サロンTOP3」をリード文内に記載しています。

おすすめ脱毛サロン記事の事例
全身脱毛サロンおすすめ7社比較ランキング2024年👑選び方解説や脱毛経験者による体験談を紹介

「脱毛サロン おすすめ」というキーワードでは、上記以外の上位記事も軒並み「おすすめ脱毛サロン名」についてリード文の段階で触れていました。

このように、リード文内で結論を示すことで、ユーザー満足度を高めつつ順位上昇が期待できます。

⑤長いコンテンツの場合はリード文内にユーザー導線を設ける

時に上位表示を獲得するためには5万字超えの超長文コンテンツを制作する必要もあります。
そのような場合リード文の段階で、ユーザーがページ内を遷移できるような導線を設けることで、ユーザー満足度を向上させることができますよ。

以下は「自転車 おすすめ」という非常に競合性の高いキーワードで長年1位を獲得している記事の事例です。
一口におすすめ自転車といっても、用途や種類によって推奨される製品は異なるため、様々な角度からおすすめ自転車を紹介していますが、結果的におすすめ自転車が70選になりました。

記事が非常に長いので、以下のようにニーズに応じておすすめの自転車が見られるように、ページ内の導線をリード文に設けています。

おすすめ自転車記事の事例
自転車のおすすめ70選 | 通勤向けから価格が安い車種まで人気自転車を紹介

自転車おすすめ70選を上から順に読むのは大変なので、ユーザーが用途別や価格別など知りたい情報から読めるような設計になっています。

タップしたら該当箇所に飛ぶので探しやすいですよね。

対策キーワードを調べているユーザーのニーズが多岐にわたり、どうしても記事が長くなる時に有効な手段です。

⑥リード文の段階からコンバージョン獲得を狙う

リード文の段階でコンバージョン獲得を狙うことも重要です。

例えば、「○○ おすすめ」の記事であれば、おすすめサービスとそのコンバージョン先へのリンクや、CTAをリード文に設置し誘導を行うと良いでしょう。

あくまでコンテンツ制作の目標はコンバージョン獲得である場合がほとんど。
できるだけスピーディーにコンバージョンしてもらえるようにすることで、記事のパフォーマンスを高められるでしょう。

⑦リード文は最後に書く

リード文は、本文を書き上げてから最後に執筆しましょう。

リード文とはその記事をまとめた文ですので、最初に書こうとすると、何を書いたらいいのか悩んでしまい時間がかかったり、クオリティが下がったりしてしまいます。

本文を一通り書き上げてから、リード文に着手することでスムーズに書き進められるでしょう。

特に初心者ライターは、必ず最後に書くように心がけてみてください。

上記のポイントを守ってリード文を執筆するようにしましょう。
良質なリード文を書くことで、ユーザーが記事を読み進めたくなり検索順位の向上やコンバージョン数増加など、記事のパフォーマンスアップが期待できます。

たかがリード文と軽視せず、しっかりと時間を使って作成してくださいね。

リード文の記載方法についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

見出し

h2,h3,h4など、見出しのライティングにも以下のようなポイントがあります。

①h2見出し(大見出し)にはできるだけキーワードを含む

大見出しであるh2見出しにはできるだけ対策キーワードを含みましょう。

h2見出しとは<h2>タグで囲まれた見出しのことです。

対策キーワードを含むことで検索エンジンのクローラーに対しページ内容をより分かりやすく伝えることができます。

ただし、キーワードの乱用はスパムとみなされるのであくまで自然な形で盛り込んでくださいね。

②h1見出しは1ページ1つにする

h1見出しはページの主要テーマを表すため、基本的に1ページにつき1つがベターです。

Googleはいくつ設定しても問題ないと明言しているため、必ず守るべきルールではありません。

ただし、上位表示に成功しているほとんどのメディアは1ページにつきh1タグを1つしか設置していない点からも、1つまでにとどめておくことが無難だと言えるでしょう。

検索エンジンのクローラーにページ内容を適切に伝えられる可能性が高まります。

③キーワードはできるだけ左側(見出し冒頭)に

キーワードを左側に持ってくることで、ユーザーが内容をより認識しやすくなります。

ただし、無理に左側にしようとするとどうしても不自然になってしまうので、ご注意ください。

④流し読みでも記事内容を把握できるようにする

web上の文章はどうしても、本文まですべて読んでもらえることが少ないです。
そのため、見出しだけである程度記事内容を把握できるようにすることで、ユーザー理解度を高められるでしょう。

webサイトの記事コンテンツに限らず、「広告」は基本的に”ユーザーに読んでもらえない”という前提の中で、作成するのがポイントです。

見出しはユーザーにとっても検索エンジンにとっても重視されている部分のため、上位表示を狙っているキーワードを自然な文章の形で入れましょう。

本文

SEOライティングのメインである本文執筆のポイントを紹介します。

①結論ファーストな文章を心がける

結論は最初に書きましょう。
見出し毎に、結論から文章を書き始めることが大切。

結論を先に書くことで、ユーザーにとって問題解決するまでの時間が短くて済むため、ストレスを与えずに読んでもらえるのに加え、検索エンジンからも高評価です。

結論から書き始める文章の書き方としておすすめな文章執筆方法に、PREP法とSDS法があります。

  • PREP法:①結論・主張②理由③具体例④結論・主張の順で執筆
  • SDS法:①要件②詳細③要件・まとめの順で執筆

ニュースや面接の自己紹介などでもよく使われる手法です。

結論ファーストになるだけでなく、「わかりやすい説明の構成」にもなるため、PREP法・SDS法で執筆することを心がけてみましょう。

②ユーザーにも検索エンジンにも明快な文章に

ユーザーにとっても検索エンジンにとってもわかりやすい文章を心がけましょう。

どちらにもわかりやすい文章を書けると、評価が上がり上位表示されやすくなります。

お手本は、chatGPTなど生成AIがアウトプットしてくるような文章です。

反対に、比喩表現などユーザーには理解できても検索エンジンには理解しずらい内容は極力避けてください。

SEOライティングでは検索エンジンの上位表示が重要になってきますので、ロボットにとってもわかりやすい文章・伝わりやすい文章が書けているかを常に確認すると良いでしょう。

③1文1義(言いたいことは1文ひとつ)

1文1義とは、一つの文に一つの言いたいこと(情報)を書くことです。

沢山の情報を詰め込むと、何を言いたいのか伝わらなくなります。

その結果、わかりにくい記事になってしまいます。

ユーザーファーストでわかりやすい文章を書くために、1文1義を心がけましょう。

④冗長な表現をしない

冗長な表現とは、二重表現や過度な敬語、「~という」を必要以上に使うなどのことをいいます。

文章が読みにくくなるだけでなく、ユーザーに不快感を与えてしまいます。

専門性が高い記事などで、専門用語の使いすぎにも心がけましょう。

時にはわかりやすい表現をすることも、ユーザーに理解してもらうためには大切な場合があります。

⑤「こそあど」言葉はなるべく使わない

「これ」「それ」「あれ」「どれ」などの代名詞を多用しすぎてはいけません。

検索エンジンにとって、代名詞は何を指すか理解できないからです。

記事の内容を正しく理解してもらえないと評価に影響を及ぼす場合があるため、多用は避けましょう。

⑥主語と述語は近くにする

主語と述語を近づけるように意識しましょう。

文章が長くなってしまうライターはとくに心がけると良いでしょう。

ユーザーにとっても主語がはっきりわかる文章は理解しやすいです。

検索エンジンにもわかりやすい文章になります。

主語と述語の位置に気を付けて文章を書いてみましょう。

⑦主語と述語はねじれ関係にしない

主語と述語のねじれ関係とは、主語と述語だけをつなげて読んだ時に文章が成り立たないことをいいます。

たとえば「私は料理をすることが趣味です」という文章があります。

主語「私は」述語「趣味です」になり意味が通じませんよね。

「私の趣味は料理です。」これならどうでしょう。

主語「私の趣味は」述語「料理です」意味が通じると思います。

このように、主語と述語だけで読んでみた時に意味が通じなければ、文章を変えましょう。

⑧接続詞は適切に使おう

文章は接続詞で決まります。

たとえば「今日は休みです。だから掃除をします。」「今日は休みです。しかし掃除をします。」

接続詞の違いだけで、印象が大きく変わると思います。

接続詞を適切に使わないと意味が変わってきてしまいます。

普段何気なく使っていることが多いのではないでしょうか。

接続詞を意識することで、記事の質がぐんと上がるので、意識しましょう。

⑨語尾は統一する

記事コンテンツは「です・ます」「だ・である」のどちらかを使います。

クライアントから指示がある場合もありますが、基本的には「です・ます」を使うと良いでしょう。

「だ・である」はニュース記事や論文などで使われるため、少し堅い印象を与えてしまいます。

また、最初は「です・ます」で書いていたのに、後半は「だ・である」に語尾が変わってしまうと、ユーザーが違和感を抱きます。

⑩表記ゆれ対する考え方は?

表記ゆれとは、一つの言葉に対して異なる表記方法をすることを指します。

例えば、「あいさつ/挨拶」「Webサイト/ウェブサイト/webサイト」のように、意味は同じですが、表記方法が異なります。

表記ゆれは基本的に内容がわかりにくくなったり、文章に対して厳しいユーザーからすると不快に感じられる場合もあるでしょう。

ただし、SEOの観点で見ると、異なるキーワードで検索表示させるためにあえて表記ゆれをさせるのも重要です。

例えば、当社は記事”制作”代行サービスですが、あえて文中ではしばしば記事”作成”代行サービスとも記載しています。
この施策により「記事制作代行」と検索したユーザーだけでなく、「記事作成代行」と検索したユーザーにも表示されりやすくなっています。

⑪共起語を意識する

共起語とは、特定の物事を説明する際に使われることが多い言葉を指します。

キーワードと一緒に頻繁に用いられやすい語句のことです。

共起語を使うことで、検索エンジンにアピール効果が期待できるでしょう。

キーワードに対して共起語を使うと記事の網羅性が高まり、読みやすい記事になります。

また、Googleにとってユーザーのニーズに沿った内容であるかの判断材料になります。

きちんと共起語を使うことでSEO対策にもなるため、SEOライティングになくてはならない存在です。

外注するならレギュレーションチェックシートを作成するのがおすすめ

外部のライターや制作会社に依頼する場合、品質を一定に保つためにレギュレーションチェックシートを作成するのが良いでしょう。

以下は当社で用いているレギュレーションチェックシートの事例です。

記事レギュレーションチェックシート

本記事内で紹介されている内容をはじめ70項目にわたるレギュレーションが記載されたチェックシートとなっており、どのライターがた書いても記事の品質が一定以上に保たれています。

依頼時にライターと共有し、執筆後のチェックシートとして用いてもらいましょう。

その他の部分(画像・更新日・URLなど)

①文章での説明を補助する画像を追加する

文章での説明を補助する画像を追加することでユーザー満足度は高められるでしょう。

文章だけでは伝わりにくいときに、イメージ画像やイラストなどを使用することでユーザーが記事内容を理解しやすくなります。

また、画像は箸休めの役割でも用いられます。

大見出しの下などにイメージに合った画像を追加することで、文字ばかりの記事よりも読みやすくなるでしょう。

ただし、関係のない画像だとユーザーが混乱するため、関連性のある画像を使用するようにしてください。

また、見出し直下のイメージ画像ですが、サイバーエージェント社の研究により、あってもなくてもSEO上のパフォーマンスは変わらないというデータが出ていますので、無理に対応する必要はありません。

②画像にはalt属性を追加する

画像には、alt属性(代替テキスト)を追加してください。

alt属性とは、HTMLのimgタグの要素の一つです。
ユーザー環境などにより、画像が表示できない時に表示されるテキストを指定します。

alt属性は検索エンジンに対して画像の内容を伝える役割を持ちます。

設定していなくてもSEOの評価が下がるといった影響はありませんが、設定しておけばSEOの評価を高めてもらえる可能性があるので基本的には追加してください。

また、現状の技術ですと検索エンジンは画像の内容を完全に理解することができないため、以下のようにalt属性をはじめとする周辺テキストで理解を促進させる必要があります。

  • 画像の周りのテキスト
  • 画像のファイル名 など
③更新日

記事コンテンツには、更新日を表示しましょう。

Googleの評価指標の中に、記事の最新性があります。
更新日を表示しておくことで検索エンジンが記事の新しさに対する理解を促すことが可能です。

記事コンテンツには「作成日(公開日)」と「更新日」の2種類を表示可能です。

作成日と更新日の両方を表示すると、Googleの性質上古い日付を参照しがちであることから、更新日のみ表示しているサイトも多くあります。
(特に、SEOを重視したwebサイトでは、更新日のみを設定している場合がほとんど)

④記事のURL

上位表示を狙ったメインのキーワードをURLに英語で含めましょう。

例えば、本記事のメイン対策キーワードは「SEOライティング」ですので、URLにも含んでいます。

メインの対策キーワードを英語でURLに含める

URLにキーワードを含めることで、記事のテーマに対する検索エンジンの理解を促進することが可能です。

わずかですが、SEOの評価が高まることが期待できます。
SEOは競合他社も上位表示しようと様々な努力をしているので、このような小さな努力を積み重ねていくことが大切です。

⑤著者/監修者情報

記事の著者/監修者情報は、SEOの面でもユーザーからの信頼を得る面でも表示するようにしましょう。

仮に同じ内容であっても、「誰」が書いたかによって説得力や信頼度は大きく異なります。
例えば、「筋力トレーニングの方法」について、細くて筋肉の無い人が説明するよりも筋骨隆々のボディビルダーが説明した方が説得力がありますよね。

検索エンジンもユーザー同様に、記事を執筆(監修)した人物の、テーマに対する知識や経験、背景を参照し評価しています。

記事には以下のように著者(監修者)の情報を表示するといいでしょう。

記事の著者情報

著者情報には以下の項目を含むことをおすすめします。

  • 名前
  • 職業・役職
  • 資格
  • 紹介文(テーマに対する経験や知見を感じさせる背景などを説明)

著者情報が重要視されるようになった背景に、E-E-A-Tがあります。
先述の通り、E-E-A-Tとは「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の略称。検索ランキングの評価要因に加えると、明記されています。
著者(監修)者情報はまさに、検索エンジンに対して記事がE-E-A-Tの面で優れている点をアピールする場なのです。

また、検索エンジンの理解をさらに促進するためには、著者情報を構造化データで記載することをおすすめします。

構造化データとは、Googleの検索エンジンにテキスト情報を認識させるためのデータです。
著者情報をGoogleが提唱する構造化データに基づいて記載することで、検索エンジンの理解を助けます。

構造化データの記載方法については以下の記事をご参照ください。

海外SEO情報ブログ
記事構造化データで設定する著者(author)のベストプラクティスをGoogleが公開 Article(記事)構造化データの技術ドキュメントに author(著者)のベストプラクティスを Google は追加した。

また、著者(監修)者情報は、YMYL分野において特に重要です。

YMYLとは、Your Money or Your Lifeの略称で、医療やお金に関する分野の記事のことを指します。

例えば医療・法務などYMYLに当てはまるコンテンツは誤った情報の掲載を防ぐことが特に重要。
ユーザーの人生を左右する危険性があるため、専門知識を持った人が著者/監修者として制作に携わっているかどうかをGoogleは重視しているのです。

⑥引用

主張に対する裏付けとして引用を用いることで情報の信頼性が高められます。

引用を用いる際には、いくつかルールがあるので、訴訟などのリスクを防ぐためにも理解しておきましょう。

自分の主張と引用したい文章の関連性や、引用箇所の明確な区別や、出所が明らかでありサイト名とリンクを記載するなどいくつかルールがあります。

正しいルールの元で適切に使用しましょう。

⑦記事全体のデザイン(UI/UX)

記事全体のデザイン((UI/UX)を工夫し、ユーザーにとって読みやすい記事にすることも大切です。

文字ばかりで読みにくい記事は、途中で読むのが疲れてしまいますよね。
ユーザーの離脱にもつながりかねません。

離脱などを防ぐため、以下のような点も確認しましょう。

  • 文字サイズやフォント
  • 行間や余白
  • レスポンシブ対応
  • ページの読み込み速度 など

文字サイズや行間・余白など、記事を全体的に見た時にユーザーが読みやすいかどうか確認してください。

ユーザーの理解度やニーズを考えることもSEOライティングでは必要になってきます。

ユーザーに焦点を絞っていれば必ず結果はついてくる!

長年SEOに取り組んでいますが、ユーザーに焦点を絞った取り組みを続けていれば必ず結果はついてきます。

昨今、Google上のサイト数が増え、SEOを始めてもなかなか結果が出ないという場合は多いです。
しかし、短期で結果が出ていないからといって、ユーザーを無視して小手先のテクニックに走ってはいけません。
短期では結果が出ることもあるかもしれませんが、長続きはしません。

SEOで長期的に成果を生み出し続けるには、「ユーザーの利便性を第一に考える」というGoogleの理念を十分に理解し、記事やサイトを改善し続けることが何より大切なのです。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

引用:Googleが掲げる10の真実

このように、ユーザーに焦点を絞った施策の実施や記事制作をしていれば必ずどこかで結果が出ますし、その後も長続きすることになります。

「すぐに結果が出ない…」と言って小手先のテクニックに走る前に、ユーザーのために何ができるかを考え続けましょう。

プロが意識するSEOライティングのチェックポイント3つ

プロがSEOライティングを実施する際に、必ず意識しているチェックポイントを3つご紹介します。

  1. 検索意図に沿った記事となっているか
  2. 設定したゴールを実現できる内容になっているか
  3. 独自の情報提供や自社の考えや主張が盛り込まれているか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①検索意図に沿った記事となっているか

検索エンジンは、検索ユーザーが知りたいことが記載されたwebサイトを探し出して表示するシステムです。
したがって、検索意図に沿った内容について網羅された記事であるかどうかが、上位表示を実現するうえでは重要なポイントになってきます。

「ユーザーがなぜこのキーワードで検索をしたのか」「このキーワードを検索するユーザーは他にどのようなことを知りたがっているのか」などを深堀しユーザーにとって有益となる情報を提供しましょう。

当社では、検索ニーズを「顕在ニーズ」「潜在ニーズ」の2つの視点から分析しています。
それぞれ違いは以下の通りです。

  • 顕在ニーズ:ユーザー自身が気づいている表層的なニーズ
  • 潜在ニーズ:ユーザー自身も気づいていない心の奥のニーズ

例えば、「オウンドメディアとは」というキーワードの例を見ていきましょう。
以下のように顕在ニーズと潜在ニーズをそれぞれ箇条書きで書き出してください。
ポイントは、MECE(抜けなし漏れなし)で記載することです。

顕在ニーズと潜在ニーズ

顕在ニーズと潜在ニーズの違いはイマイチ分かりづらいです。
そんな時は、なぜ顕在ニーズの情報が知りたいのかという視点で考えてみてください。
それが潜在ニーズです。

ここでわかった、検索ニーズに応えられる情報を記事に盛り込むようにしてください。
大切な工程なので、編集会議などを設けて複数名体制で実施しても良い工程でしょう。

②設定したゴールを実現できる内容になっているか

リード獲得や別の記事への誘導など、設定したゴールを実現できる記事内容になっているかどうかもチェックポイントです。
SEOライティングで記事を制作する場合、ゴール設定がなければ期待できる成果は少ないでしょう。

まずは以下のようにゴールを明確化してください。

SEOライティングのゴール設計の例

そのうえで、以下のようにゴール達成までの流れや必要な要素を整理しましょう。
この導線設計が記事構成の大枠にもなります。

記事のゴール達成までに必要な要素を整理

設定したゴールに沿った内容を表現することで、ユーザーにとってもGoogleにとっても満足度の高い記事となるのです。

③独自の情報提供や自社の考えや主張が盛り込まれているか

記事冒頭でも述べた通り、独自情報はGoogleからの評価が高いです。
独自の情報や自社の考え・主張を盛り込まれているかどうかを確認してください。

他のコンテンツとの差別化を図るための非常に重要な役割を果たすので、重点的にチェックしましょう。

競合のWebサイトに書かれていない情報でなおかつユーザーニーズに合っているものは、有益な情報になります。

積極的に独自の情報提供や主張を盛り込みましょう。

SEOライティングの注意点

SEOライティングを進めるにあたり、以下のような注意点も意識してください。

  • SEOの順位に文字数は特に関係ない
  • 校正・校閲をする
  • 誤字脱字はないか
  • 剽窃・著作権侵害をしていないか
  • リンク切れがないかは定期的に確認

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEOの順位に文字数は特に関係ない

SEOの順位に文字数は特に関係ありません。

実際、Googleのジョン・ミューラー氏が、「検索順位に文字数は無関係」だとはっきり言及しています。

参考:Google Says Word Count Not a Quality Factor(Search Engine Journal)

したがって、巷でよく行われている以下のような議論は不毛なのです。

「SEO記事の文字数は多くないといけない」
「SEO記事は最低1,000文字以上必要」

SEOで順位をとるために重要なのはあくまで、ユーザーニーズを包括的に満たした独自性のある記事を作成できるかどうか。
本記事で紹介している方法論を参考に質の高い記事を作成しましょう。

SEOと文字数の関係性について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

校正・校閲をする

ライティング完了後は、校正・校閲をして文章に誤りがないか確認をしましょう。

「正確さ」と「わかりやすさ」の両面からチェックします。

  • 音読をする
  • プリントアウトする
  • 時間を明けてからチェックする
  • ツールを使う
  • 他の人にチェックしてもらう

このような方法があります。

いくつか組み合わせて確認してみてください。

誤字脱字はないか

誤字脱字、表記ミスなどがないか確認しましょう。

文章は読み込まずに、表面を一字一句チェックしていくと確認しやすくなります。

最近のWordやGoogleドキュメントには、誤字脱字確認機能があるので記事をライティングする際はどちらかを使うといいでしょう。

事実に反する情報はないか

文章をしっかり読み込んで、事実に反する情報がないかファクトチェックを行いましょう。

地名・人名・商品名や企業名などの固有名詞や数値、歴史的事実の記述などの内容に誤りがないかが確認の範囲です。

剽窃・著作権侵害をしていないか

外部サイトの情報を、そのままの表現方法で記載していないか確認しましょう。

専門性の高いコンテンツなどは信ぴょう性のある記事を書くと、どうしても他のサイトと類似してしまう場合があります。

意味を変えずに表現方法を変えるなどの対策をしてみてください。

また、公式サイトからの情報は引用元を必ず明記したり、参照元のリンクを記載したりしましょう。

リンク切れがないかは定期的に確認

コンテンツ内のリンクが有効であるかどうかは、定期的に確認しましょう。

リンクが切れていると、検索エンジンの評価が下がってしまいます。

また、ユーザーにも不快感を与えることになるため、注意したいところです。

SEOライティングに有効なツール

SEOライティングに役立つツールを紹介します。
以下5種類それぞれにおける、おすすめツールをピックアップしました。

  • キーワード選定ツール
  • サジェストワード・共起語抽出ツール
  • コピペチェックツール
  • 校正・校閲ツール
  • 記事作成AI

それぞれ詳しく見ていきましょう。

キーワード選定ツール

弊社が利用しているおすすめキーワード選定ツールは以下の2つです。

<弊社が利用するおすすめキーワード選定ツール>

Ahrefs(エイチレフス)Ahrefs(エイチレフス)は全世界60万人が利用するSEO分析ツールです。競合サイトの分析やキーワード抽出に大いに役立ちます。ただし海外ツールで比較的上級者向けの機能構成となっています。

上記以外にも以下のようなおすすめツールがあります。

<その他のおすすめキーワード選定ツール>

ミエルカSEO検索意図が近いキーワードをバブルチャートで可視化してくれます。ユーザーファーストの記事構成を組みやすいです。
Keyword Toolアカウント作成をせずに利用できます。Google・X(旧Twitter)・YouTubeなどの検索エンジンに対応できます。

サジェストワード・共起語抽出ツール

サジェストワード・共起語抽出ツールは以下のようなツールがおすすめです。

弊社では、ラッコキーワードを利用しています。

共起語検索検索キーワードを入力すると共起語と認識されている単語を抽出してくれます。検索結果もシンプルな表示なので、初心者でもわかりやすく利用可能です。
ラッコキーワードサジェストキーワードを網羅し、キーワードを高速で表示してくれます。検索需要が高いキーワードを抽出できます。

コピペチェックツール

おすすめのコピペチェックツールは以下の通りです。
当社では、CopyContentDetectorを使用しています。

CopyContentDetector無料で使えるツールです。チェックのスピードも速いです。
こぴらん無料で使えるツールです。シンプルなので初心者も使いやすいです。

校正・校閲ツール

おすすめの校正・校閲ツールは以下の通りです。

PRUV(プルーフ)無料でユーザー登録をすると、最大2万文字まで確認できます。Webサイト上でテキストボックスに文章を貼り付けるだけでチェック開始ができます。
ENNO(エンノ)カーソルを合わせて指摘事項を表示・一覧表示の2パターンで確認ができます。校正作業の効率化におすすめです。

記事作成AI

おすすめの記事作成AIは以下の通りです。

Transcope(トランスコープ)無料プランから有料プランまで5プランあります。SEOに強い文章を生成可能です。
ChatCPT無料プランと有料プランの2プランがあります。人間に近い自然な表現を提供してくれます。

記事作成AIについては以下の記事で詳しく解説しています。

初心者がSEOライティングを学べる本

SEOライティングに役立つ本の特徴を紹介します。

SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

集客と成約を目的としたWebライティングのことを徹底的に解説しています。

Webサイトの企画や設計、改善方法などを「文章術」「ライティング」の面から詳しく書かれており、プロ目線でも役立つ内容が豊富な本です。

Webライティング講座&セミナーで10以上教えてきた著者のふくだたみこさんが惜しみなく極意を伝えている一冊です。

沈黙のWebライティング

SEOとは何かという根本からしっかり教えてくれる本です。

2016年11月に発売された本ですが、Googleのアップデートがあっても支持が絶えないくらい本質的なところをしっかり学べます。(2022年にアップデート・エディション版が出版されています。)

マンガと文章に分かれていて読みやすい一冊です。

SEOライティングの専門家集団に記事制作を外注するのもおすすめ

SEOライティングは、専門の制作代行会社に外注するのもおすすめです。

コンテンツマーケティングを強化し、さらに集客を強化したいと思っている企業は多いでしょう。
コンテンツマーケティングでは、SEOに強い記事の制作が必要不可欠。最重要といっても過言ではありません。

ノウハウを持つ記事制作代行会社に依頼することで、以下のようなメリットが得られるでしょう。

SEO記事制作代行会社を利用するメリット
  • 狙ったキーワードで上位を獲得できる
  • 社内のリソースにしばられず記事制作ができる

実際に記事作成代行会社やクラウドソーシング・個人ライターなどに外注している企業もいます。
しかし、以下のような悩みを抱えている企業が多いのもまた事実でしょう。

  • 今の外注先に対し、品質や期限を守らないなどの不満がある
  • 外注は料金が高いからたくさん記事を書いてもらえない

そこでおすすめなのが「記事作成代行ウルトラ」。
業界最安級の価格で、高品質なSEO記事を提供しています。

記事作成代行ウルトラのキャプチャ画像

記事作成代行ウルトラは、「このようなサービスがあったらいいな」という思いから生まれたSEO記事制作サービス。
文字単価2.0円〜と低価格な点に加え、サービス開始1年弱で検索1位になった記事数が600記事以上と、実力・価格共に魅力的なサービスとなっております。

「狙ったキーワードで上位表示したい」「今の外注先に不満がある」そのようなお悩みをお持ちの方はぜひ一度、記事作成代行ウルトラにご相談してみてください。

まとめ

ここまで繰り返し述べてきた通り、SEOライティングを成功させるためにはユーザーに焦点を絞って記事を書くことが最重要。

正しい考え方を理解したうえで、以下のようなSEOライティングのコツを理解し記事を制作しましょう。

  • タイトル
    • ①タイトルの文字数は30~32字
    • ②対策キーワードを盛り込む
    • ③ユーザーニーズに沿った内容が書かれていることが一目でわかるタイトル
    • ④数字のパワーを使う
    • ⑤パワーワードを使う
    • ⑥他の記事と差別化する
  • ディスクリプション
    • ①ディスクリプションの文字数は50~120文字にする
    • ②キーワードを入れ、不要な内容は含めない
    • ③ページごとに設定する
    • ④ユーザーの興味を惹く内容にする
  • リード文(導入文)
    • ①ユーザーの悩みや疑問に対して共感を示す
    • ②記事を読むことで悩みや疑問が解決できる点を示す
    • ③なぜ信頼に足る情報なのか示す
    • ④メインテーマの結論を盛り込む
    • ⑤長いコンテンツの場合はリード文内にユーザー導線を設ける
    • ⑥リード文の段階からコンバージョン獲得を狙う
    • ⑦リード文は最後に書く
  • 見出し
    • ①h2見出し(大見出し)にはできるだけキーワードを含む
    • ②h1見出しは1ページ1つにする
    • ③キーワードはできるだけ左側(見出し冒頭)に
    • ④流し読みでも記事内容を把握できるようにする
  • 本文
    • ①結論ファーストな文章を心がける
    • ②ユーザーにも検索エンジンにも明快な文章に
    • ③1文1義(言いたいことは1文ひとつ)
    • ④冗長な表現をしない
    • ⑤「こそあど」言葉はなるべく使わない
    • ⑥主語と述語は近くにする
    • ⑦主語と述語はねじれ関係にしない
    • ⑧接続詞は適切に使おう
    • ⑨語尾は統一する
    • ⑩表記ゆれ対する考え方は?
    • ⑪共起語を意識する
  • その他の部分(画像・更新日・URLなど)
    • ①文章での説明を補助する画像を追加する
    • ②画像にはalt属性を追加する
    • ③更新日
    • ④記事のURL
    • ⑤著者/監修者情報
    • ⑥引用
    • ⑦記事全体のデザイン(UI/UX)

本記事を参考に、SEOライティングをぜひ実践してみてください!

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。