リード文とは?意味や重要性・書き方のコツ・例文をプロが徹底解説

リード文とは?
この記事でわかること
  • リード文の意味や重要性
  • プロが実践するリード文の書き方
  • 高い成果を上げているメディアのリード文事例
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

SEO記事制作代行会社の経営者。
これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

リード文とは、記事の冒頭に置かれる導入文のこと。
(今皆様が読んでいるこの文章もリード文です。)

リード文は読者の興味を引き、本文を読み進めてもらうために極めて重要な役割を果たす部分。
加えて、検索エンジンに対して記事内容を伝える役割も持っているので、SEO的な視点でも重要です。

しかし、良質なリード文の書き方を体系的に理解し、記事制作に取り組めているメディアはあまり多くありません。
たかがリード文だということで、記事構成や本文に比べてほとんど力を入れていないというメディアも多くいます。

そこで本記事では、リード文がいかに重要かということを解説したうえで、プロが実践する書き方のポイントをすべて紹介しています。
SEO記事制作に取り組まれる方にとっては、必見の内容となっていますのでぜひご一読ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

▶参考記事①:勝てるSEO記事の書き方|構成作成方法や文章ライティングのコツ
参考記事②:SEOライティングとは?プロが実践する39のコツ<初心者必見>

目次

リード文とは?

リード文とは、記事の冒頭に置かれる導入文のこと、記事の要約や読者が得られるメリットを簡潔に説明する箇所です。読者の興味を引き付け、記事を読み進めてもらうために重要な役割を果たします。

web上の記事の場合、リード文は本文と目次の前に配置されます。

読者がリード文を読んで、「この記事は自分に役立ちそうだ」と感じれば、本文を読み進めてくれる可能性が高まるでしょう。
一方、読者の関心を引けないリード文だと、せっかく良質な本文を執筆しても読んでもらえる確率は下がってしまいます。

したがって、リード文は記事の顔とも言える非常に重要な要素なのです。

リード文の例

実際のリード文の例を見てみましょう。

以下は、web上で掲載されている「FX口座のおすすめランキング」について解説された記事コンテンツにおける、リード文の例です。

リード文の例

上記のリード文は、FX初心者向けにFX会社をランキング形式で紹介する記事の内容を的確に説明しています。

なおかつランキングの決定方法や評価基準を明示することで、情報の信頼性を担保しつつ、FX初心者の疑問や不安に寄り添い、記事を読むメリットも提示。
読者の興味を引き付ける工夫が随所に見られる、優れたリード文の例だと言えるでしょう。

リード文の役割

リード文には、読者と検索エンジンに対してそれぞれ以下のような役割があります。

  1. ユーザーに記事内容や読むメリット・本文の要約を伝える役割
  2. 検索エンジンのクローラーに記事内容を伝える役割

ここでは、その役割について詳しく解説していきましょう。

①ユーザーに記事内容や読むメリット・本文の要約を伝える役割

リード文の役割一つ目は、読者に記事の内容や記事を読むことで得られるメリットを伝えることです。

多くの読者は、リード文を読むことで記事を読み進める価値があるかどうかを判断しています。
したがってリード文で記事に記載された内容を端的に説明することで、読者は自身の知りたいことが書かれているかどうかがわかり記事を読み進めてもらいやすくなるでしょう。

また、読者が抱える悩みや疑問を解決できる「読むメリットのある記事」だということを示すことも重要。
加えて、適切なリード文を用意すると、コンテンツの要点を短時間で読者へ伝えることができます。
先に全体像を把握した上記事が読み進められるので、ユーザーの満足度を高めることにもつながりますよ。

②検索エンジンのクローラーに記事内容を伝える役割

リード文の役割の2つ目は、検索エンジンのクローラーに対しても記事の内容を的確に伝えることです。
※検索エンジンのクローラーとは、webページの内容を収集するロボット(bot)のこと。

記事冒頭のリード文は、検索エンジンに記事内容を理解してもらう上で重要な手がかり。
リード文に記事のメイン対策キーワードに関連した情報を自然に盛り込むことで、検索エンジンに記事の主題を効率よく伝えることができます。

したがって、適切なリード文は対策キーワードで上位表示される可能性が高められるのです。

ユーザーと検索エンジン双方にとって、リード文は重要な役割を担います。
端的な記事内容や記事を読むメリットを盛り込んだ魅力的なリード文を作成しましょう。

リード文が重要な理由

リード文が重要視される理由は主に以下の2つです。

  • リード文次第でユーザーが本文を読み進めるかどうか判断されるから
  • 記事内でユーザーが良い動きをしているとSEOで好評価につながるから

ここでは、その理由について詳しく解説していきましょう。

①リード文次第でユーザーが本文を読み進めるかどうか判断されるから

Web上の文章は瞬時に判断されるもの。
読者は、リード文を読んで、記事を読み進める価値があるかどうかを判断するため、本文を読んでもらうためにも良質なリード文を執筆することは非常に重要なのです。

Web ユーザーは、膨大な情報の中から自分に必要な情報を探し出そうとしています。

そのため、記事の冒頭部分で記事の価値を判断し、興味がわかなければすぐに離脱してしまうのです。
魅力的なリード文を書くことで、読者を引き付け、記事を読み進めてもらえる可能性が高まるでしょう。

②記事内でユーザーが良い動きをしているとSEOで好評価につながるから

前提として、記事を読んだユーザーが良質なアクションを取ることは、SEO上の好材料になります。
読者が記事を読み進めたり、滞在時間が長かったり、ブックマークしたり、問い合わせフォームに遷移したりといった行動は、検索エンジンから好意的に評価され、検索順位上昇の一因となるのです。

したがって、魅力的なリード文で読者を引き付け本文を読み進めてもらうことはSEOの観点からも非常に重要だと言えます。
良質なリード文によって読者が即離脱するのではなく、記事を読み進めてくれることで、良いユーザーエクスペリエンスデータが蓄積されていくのです。

このように、ユーザーにとって有益で魅力的な情報が記事に含まれていることを端的に伝えるリード文は、検索順位上昇の間接的な要因にもなりえます。

自走で紹介するリード文の書き方を理解し、読者を引き付ける工夫を凝らしていきましょう。

SEO対策とは何か?基礎知識から知りたい方は下記の記事をご覧ください。

プロが実践するリード文の書き方|コツ・例文とともに紹介

ここでは、過去1年で600記事以上の1位を獲得したSEO記事制作会社が実践するリード文の書き方を紹介します。
以下の重要な7つのポイントをコツや例文とともに紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

  • ユーザーの悩みや疑問に対して共感を示す
  • 記事を読むことで悩みや疑問が解決できる点を示す
  • なぜ信頼に足る情報なのか示す
  • メインテーマの結論を盛り込む
  • 長いコンテンツの場合はリード文内にユーザー導線を設ける
  • リード文の段階からコンバージョン獲得を狙う
  • リード文は最後に書く

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①ユーザーの悩みや疑問に対して共感を示す

リード文で読者の抱え悩みや疑問に対してまずは共感を示すことが重要です。

読者は自分の悩みや疑問を解決するためにネット検索を行い、記事を探しています。
リード文で「この記事は私の悩みや疑問を理解したうえで執筆」と感じてもらえれば、記事を読み進めてもらえる可能性が高まるでしょう。

例えば、「脱毛サロン おすすめ」というキーワードで上位表示を狙う記事の場合、以下にのようにリード文で共感を示すとよいでしょう。

リード文の例

「脱毛をしたいけど、おすすめの脱毛サロンってどこ?」
「脱毛サロンの選び方がわからない!」

サロンによって料金や特徴など大きく異なり、自分に合った脱毛サロンが選べるのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

上記のように、ユーザーの言葉を使って心理的に感じているであろう不安や疑問を冒頭に記載し、記事を読むことで解決できるてことを示すことが大切です。
ユーザーが本文を読み進めてくれる確率が高まります。

読者の悩みを言語化するには、ターゲットとなる読者像を明確にしておく必要があります。
年齢や性別、職業、趣味、悩みなどを具体的にイメージしましょう。
そうすることで、読者の気持ちに寄り添ったリード文を書くことができるはずです。

②記事を読むことで悩みや疑問が解決できる点を示す

リード文では、記事を読むことで悩みや疑問が解決できる(=メリットが得られる)ことを明示することも大切です。

読者は記事を読むことで何が得られるのかを知ったうえで、記事を読み進めるかどうか判断するもの。
例えば、「この記事を読めば、あなたの英語力は確実に上がります」「この記事であなたの悩みは解決できます」といったようにに、読者が得られるメリットを端的に伝えましょう。

先ほど「脱毛サロン おすすめ」というキーワードで上位表示を狙う記事のリード文に文章を追加いたしました。

リード文の例

「脱毛をしたいけど、おすすめの脱毛サロンってどこ?」
「脱毛サロンの選び方がわからない!」

サロンによって料金や特徴など大きく異なり、自分に合った脱毛サロンが選べるのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、国内の主要な脱毛サロン10社を徹底比較して分かった「おすすめ脱毛サロンランキング」を紹介します。
この記事を読めばきっとあなたにピッタリな脱毛サロンが見つけられますよ。

ユーザーの課題や疑問に共感を示したうえで、その不安や疑問点を解決できるメリットのある記事だと理解をしてもらえれば、本文を読んでもらえる確率がさらに高められます。

また、メリットは具体的であればあるほど効果的です。
「英語が話せるようになる」よりも「3ヶ月で英語が話せるようになる」の方が、読者の興味を引きやすいでしょう。数字を使ってメリットを具体的に示すのも良い方法ですよ。

③なぜ信頼に足る情報なのか示す

リード文は、記事の内容がなぜ信頼に足る情報なのかアピールすることも大切です。

信頼性を高めるには以下のような方法があります。

  • 明確な根拠に基づき執筆された記事であることを示す
  • 記事の著者/監修者がトピックに対して精通した人物であることを示す

それぞれ詳しく見ていきましょう。

明確な根拠に基づき執筆された記事であることを示す

明確な根拠に基づいて執筆された根拠であれば信頼性が高まります。

先ほどの「脱毛サロン記事」のリード文に文章を追加しました。

対策キーワード:脱毛サロン おすすめ

「脱毛をしたいけど、おすすめの脱毛サロンってどこ?」
「脱毛サロンの選び方がわからない!」

サロンによって料金や特徴など大きく異なり、自分に合った脱毛サロンが選べるのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、国内の主要な脱毛サロン10社を徹底比較して分かった「おすすめ脱毛サロンランキング」を紹介します。
この記事を読めばきっとあなたにピッタリな脱毛サロンが見つけられますよ。

本記事のランキングは、脱毛サロン選びにおいて重要な以下の5つの観点から各サロンを点数化し作成されています。

  • 料金の安さ
  • 脱毛完了までの期間
  • 通いやすさ
  • 利用者の口コミ
  • フォローの充実度

それぞれのサロン情報に基づく確かなランキングです。ぜひ脱毛サロン選びの参考にしてください。

上記のように、単なるランキングではなく、明確な比較基準に基づいたランキングであることを示すことで、信頼性が高まるのはお分かりいただけましたでしょうか。
信頼性を示すことで本文の説得力が増し、コンバージョン率の向上も期待できます。

記事の著者/監修者がトピックに対して精通した人物であることを示す

記事を書いた人物もしくは監修した人物の経験と専門性を示すことで、信頼性を高めることができます。
トピックに対して精通した人物が携わって制作された記事であれば読者も安心して記事を読み進められるでしょう。

例えば、弊社の記事でも、リード文では、著者がその分野に詳しいことや、プロフィールを示すことで、信頼性を高めています。

自社にトピックに対する専門家がいないという場合は、外部の専門家に監修を依頼するのも選択肢です。
E-E-A-Tの観点からも、著者/監修者情報を示すことは効果的ですよ。

上記の他、データや事例を引用したり、権威ある機関の見解を紹介したりするのも効果的な方法です。

④メインテーマの結論を盛り込む

リード文に、対策キーワードを調べている読者が知りたいメインの内容を結論として盛り込むことで、読者はスピーディーに結論を理解でき、ユーザー満足度が高まります。
また、リード文に結論を記載することは検索エンジンからもSEO的に好評価だということが分かっています。

例えば、先ほどから例に挙げている「脱毛サロン おすすめ」の記事なら、リード文の段階でで特におすすめの脱毛サロンをいくつか紹介するとよいでしょう。
現在、「脱毛サロン おすすめ」で1位を獲得している記事は以下のように「おすすめ脱毛サロンTOP3」をリード文内に記載しています。

おすすめ脱毛サロン記事の事例
全身脱毛サロンおすすめ7社比較ランキング2024年👑選び方解説や脱毛経験者による体験談を紹介

「脱毛サロン おすすめ」というキーワードでは、上記以外の上位記事も軒並み「おすすめ脱毛サロン名」についてリード文の段階で触れていました。

ただし、全ての結論をリード文で述べてしまうと、読者が本文を読み進めてくれなくなる恐れがあります。
結論の概要や一部を小出しに示すことで、読者の興味を引きつつ、続きを読みたいと思わせるのがポイントですよ。

⑤長いコンテンツの場合はリード文内にユーザー導線を設ける

時に上位表示を獲得するためには5万字超えの超長文コンテンツを制作する必要もあります。
そのような場合リード文の段階で、ユーザーがページ内を遷移できるような導線を設けることで、ユーザー満足度を向上させることができますよ。

以下は「自転車 おすすめ」という非常に競合性の高いキーワードで長年1位を獲得している記事の事例です。
一口におすすめ自転車といっても、用途や種類によって推奨される製品は異なるため、様々な角度からおすすめ自転車を紹介していますが、結果的におすすめ自転車が70選になりました。

記事が非常に長いので、以下のようにニーズに応じておすすめの自転車が見られるように、ページ内の導線をリード文に設けています。

おすすめ自転車記事の事例
自転車のおすすめ70選 | 通勤向けから価格が安い車種まで人気自転車を紹介

自転車おすすめ70選を上から順に読むのは大変なので、ユーザーが用途別や価格別など知りたい情報から読めるような設計になっています。

タップしたら該当箇所に飛ぶので探しやすいですよね。

長いコンテンツの場合、読者は途中で飽きてしまったり、自分の知りたい情報がどこにあるのかわからなくなったりする可能性があります。

対策キーワードを調べているユーザーのニーズが多岐にわたり、どうしても記事が長くなる時に有効な手段ですよ。

⑥リード文の段階からコンバージョン獲得を狙う

リード文の段階からコンバージョン獲得を狙うことも重要です。

「○○ おすすめ」の記事であれば、おすすめのサービスとそのコンバージョン先へのリンクを設置したり、その他のキーワードであればCTAをリード文に組み込んで誘導を行うと良いでしょう。

弊社の記事では、リード文の中にCTAを設けることで、早い段階でのコンバージョン獲得を狙っています。

リード文にCTAを設置する

リード文から読者の行動を促したり、販売したいサービスを紹介しておくことでコンバージョン率の向上につながります。
冒頭でサービスの存在を認知しているので、記事を読み進めながら興味を持ってもらえるという場合もあるでしょう。
ただし、リード文でコンバージョンを狙いすぎるのは逆効果です。読者は記事の内容に興味があって訪れているのであって、いきなり購入を迫られても困惑するだけです。

リード文では、さりげなくコンバージョンへの導線を設けるのが良いと言えます。

⑦リード文は最後に書く

リード文は、記事をまとめた文でもありますので、最初に書こうとすると、何を書いたらいいのか悩んでしまい時間がかかったり、クオリティが下がったりしてしまいます。

本文を一通り書き上げてから、リード文に着手することでスムーズに書き進められるでしょう。

特に初心者ライターは、必ず最後に書くように心がけてみてください。

以上、リード文を書く際の7つのコツを紹介しました。
紹介したノウハウを参考に、読者の心を掴み、記事を読み進めたいと思わせるリード文を意識して書いていきましょう。
最初は難しく感じるかもしれませんが、これらのポイントを押さえて練習を重ねれば、きっと徐々にコツをつかめるはずです。

効果的なリード文の例

ここでは、効果的なリード文の具体例を3つ紹介します。

  1. ユーザー導線を設けているリード文の例
  2. 信頼度や権威性を示しているリード文の例
  3. 解説記事のリード文の例

例文を参考にして、魅力的なリード文を書いてみましょう。

例①ユーザー導線を設けているリード文

ユーザー導線を設けているリード文の例をご紹介します。

下記は、電子カルテというクリニックや病院で使われる管理システムを比較した記事のリード文です。
電子カルテは小規模なクリニック向けや大規模病院向けなど多くの製品があり、すべて紹介すると記事が非常に長くなってしまいます。
以下の記事では、リード文内に対象とする施設の規模やニーズ別に導線を設け、記事の読みやすさを高めているのです。

例①ユーザー導線を設けているリード文
【2024最新】電子カルテ徹底比較|選び方やおすすめメーカーまで

利便性を高めることで、記事を読んだユーザーの良質な動きのデータがたまるので、上位表示へとつながっていきますよ。
このように、SEOにおいて何より大事なのはユーザーファーストだということを常に念頭に置くことが大切です。

例②信頼度や権威性を示しているリード文

信頼度や権威性を示しているリード文の例を紹介します。

以下のリード文は、ランキングを決定した審査基準を明示することで、情報の信頼性を担保しています。

例②信頼度や権威性を示しているリード文
FXおすすめ口座比較ランキング 初心者にオススメのFX会社・選び方を解説!

「FX口座 ランキング」と調べると多くのランキングが出てきますが、ユーザー視点で考えるとどこか「本当かな?」と信頼性に欠けるケースが多いです。
その点、上記の記事では提示されたランキングの各審査基準をクリックすると、実際の定量的な比較データを見ることができ、明確な根拠に基づいて執筆された記事だということがよくわかります。

このように根拠を明示することで記事への期待感が高まり本文を読み進めたくなるだけでなく、紹介されているおすすめFX口座を使ってみたくなる気持ちも高まるのでコンバージョン率上昇も期待できるのです。

例③解説記事のリード文

ノウハウを解説する記事のリード文の例を紹介します。

以下は、”SEO記事の制作方法”について記載された弊社の記事のリード文です。
本記事でここまで紹介してきたような下記のポイントをカバーするように作成いたしました。

  • 記事内容を端的に明示(ユーザーニーズに沿った内容が記載されていることを示す)
  • ユーザーの課題や疑問に共感
  • 記事を読むことで得られるメリットを明示
  • 記事の信頼性を担保(記事執筆者の専門性・経歴を明示)

リード文のポイントをおさえて、執筆することで読者の期待感や信頼度を高められます。
しっかり検討して執筆しましょう。

リード文に関するよくある質問

最後に、リード文に関してよくある質問に対して、Q&A形式でお答えしていきます。

リード文と見出しは違いますか?

リード文と見出しは全く異なるものです。

見出しは記事の各セクションの内容を端的に表現する短い文章であるのに対し、リード文は記事全体の内容を要約し、読者の興味を引く導入文です。

見出しは各セクションにつけられ1記事あたり複数存在しますが、リード文は記事冒頭に1つだけ置かれます。

このように、見出しとリード文は全く異なるものであるため、混同しないよう注意が必要です。

リード文の適切な文字数は何文字ですか?

リード文の文字数に明確な決まりはありませんが、100〜250文字程度が読みやすいとされています。
あまり長すぎると読者が途中で読むのをやめてしまう可能性があります。

ただし、文字数よりもはるかに内容が重要です。

読者の興味を引き付け、記事の魅力を伝えられるリード文を書くことが何より大切だと言えるでしょう。

リード文は記事の顔とも言える重要な要素であり、読者を引き付ける役割を担っています。

文字数に囚われるのではなく、読者に記事の価値を的確に伝え、読み進めたいと思わせることを意識して書くことが最重要です。

つまり、リード文は文字数を気にせず内容重視で執筆するのがベターといえます。

まとめ

リード文は、記事の顔とも言える重要な要素です。読者の興味を引き付け、記事を読み進めてもらうために重要な役割を果たします。

  • リード文は記事冒頭に置かれ、記事全体を要約する
  • 読者の関心や悩みに寄り添い、記事の価値を伝える
  • 検索エンジンにも記事内容を的確に伝える
  • 文字数は100〜250字程度が読みやすいが、内容が最も重要
  • 本文を書き終えてからリード文を推敲するのが効果的

以上のポイントを押さえ、読者を引き付ける魅力的なリード文を書くことが、記事の完成度を高めるカギとなります。最初は難しく感じるかもしれませんが、意識して書いているうちに自然とコツをつかめるはずです。読者に記事の価値を伝え、読み進めたいと思わせるリード文を書いて、あなたの記事の魅力を最大限に引き出してください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。