勝てるSEO記事の書き方|構成作成方法や文章ライティングのコツ

この記事でわかること
  • 上位表示されるSEO記事とは?Googleの評価基準を紹介
  • SEO記事作成手順①キーワード選定
  • SEO記事作成手順②知っておきたい記事作成の心得
  • SEO記事作成手順③勝てる記事構成の作成方法
  • SEO記事作成手順④ライティングのポイント
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

SEO記事制作代行会社の経営者。
これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

「SEO記事を作成したいがなにから始めたらいいのかわからない」

「SEO記事を作っても狙ったキーワードで順位が上がらない」

SEO記事の作成を担当する方で、上記のような悩みや疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

SEO記事の作成に際して、絶対的な法則はないものの体系的な方法論はあります。
SEO記事作成で勝つ方法論を深く理解することで、高い成果を創出する記事が常に再現可能となるでしょう。

本記事では、どのようにして成果を生み出すSEO記事を作成すればよいのか、プロの方法論を余すことなく紹介していきます。SEO記事作成の担当者は必読と言える内容となっていますので、ぜひ参考にしてください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

▶参考記事①:SEOキーワードの正しい入れ方|実例や対策キーワードの選び方まで
参考記事②:SEOライティングとは?プロが実践する39のコツ<初心者必見>
▶参考記事③【2024年最新版】SEO対策とは?基礎から具体的な施策まで完全解説

目次

SEO記事とは?

SEO記事とは検索エンジン向けに最適化され、上位表示が期待できる記事のことを言います。
SEO業界で、記事のことはよく”コンテンツ”とも称されます。

SEO記事を作成し、検索しているユーザーにとって有益な内容だと評価された場合、検索結果に上位表示されサイトへの流入が増加します。加えて、記事を読んでくれた方が商品購入やホワイトペーパーのダウンロードといったアクションを起こしてくれれば、記事を通してサービスの売上アップへとつながるでしょう。

SEO記事(コンテンツ)を用いて検索で上位表示し、サービスの認知度アップや見込み客獲得を狙う手法を
コンテンツSEO(コンテンツマーケティング)」と言います。

本記事では、どのようにして成果を生み出すSEO記事を作成すればよいのか、プロの技術を余すことなく紹介していきます。SEO記事作成に取り組んでいきたい方は、ぜひご一読ください。

SEOに強く検索で上位をとれる記事とは?Googleの評価基準を紹介

具体的なSEO記事作成方法の前にまずはどのようなSEO記事が上位をとれるのか、Googleが示している評価基準について紹介していきます。
※本記事は国内シェア率9割弱であるGoogleで上位表示を目指すためのSEO記事作成テクニックについて紹介しています

評価基準はGoogle検索セントラルの「有用で信頼性の高い、ユーザー第一のコンテンツの作成」に、SEO記事に求められる要素が記されています。

ちなみにGoogle検索セントラルとは、SEO対策を行うサイト向けの公式サポートツールです。
SEOに関する有用な情報が多く記載されているので、担当者には必読の内容となっています。

Googleが考える優れたコンテンツとは、下記の質問内容を満たせるものとなります。

コンテンツと品質に関する質問

  • コンテンツは、独自の情報、レポート、研究または分析の結果を提示しているものですか。
  • コンテンツには、特定のトピックに対して実質的な内容を伴う詳細または包括的な説明が記載されていますか。
  • コンテンツには、自明の事柄だけでなく、洞察に富んだ分析内容や興味深い情報が含まれていますか。
  • コンテンツが他のソースを参考にしたものである場合は、単なるコピーや書き換えではなく、付加価値とオリジナリティを十分に示すものですか。
  • メインの見出しやページタイトルは、内容を要約して説明する有用なものですか。
  • メインの見出しやページタイトルは、コンテンツを誇張している、または読者に強いショックや不快感を与えるものではありませんか。
  • 自分でもブックマークしたい、また友人に教えたりすすめたりしたいと思えるページですか。
  • コンテンツには、雑誌、百科事典、書籍に掲載または引用されるような価値がありますか。
  • 検索結果に表示された他のページと比較した場合、コンテンツは実質的な価値を提供していますか。
  • コンテンツに誤字やスタイルに関する問題はありませんか。
  • コンテンツは適切に制作されていますか。雑に、または急いで制作されたような印象を与えるものではありませんか。
  • コンテンツが(外部委託されるなどして)多数のクリエイターによって大量に制作されているために、または複数サイトの大規模なネットワークに拡散されているために、個々のページまたはサイトのプレゼンスが低下していませんか。
Google検索セントラル「コンテンツと品質に関する質問」

上記がコンテンツの内容自体に対する評価基準を表したものだと読み取れます。加えて、以下のようにユーザー第一のコンテンツを作成するという点も示されています。

ユーザーを第一に考えたコンテンツに焦点を当てる

ユーザーを第一に考えたコンテンツとは、主にユーザーのために作成されたコンテンツであり、検索エンジンのランキングを操作することを目的としたものではありません。ユーザーを第一に考えたコンテンツを制作しているかどうかを評価するにはどうすればよいでしょうか。以下の質問に「はい」と答えることができるなら、おそらくあなたはユーザーを第一に考えたアプローチを取り、正しい方向に進んでいるといえるでしょう。

  • 特定のユーザー層がすでに存在しているか、想定されており、その人たちがビジネスまたはサイトを直接訪問した際に、コンテンツを有用だと感じてくれると思いますか。
  • コンテンツは、実体験や深い知識(たとえば、実際に商品やサービスを使用したり、ある場所を訪れたりした経験に基づく特別な知識)を明確に示していますか。
  • サイトには主要な目的またはテーマがありますか。
  • コンテンツを読み終わったユーザーは、あるトピックについて、目的を果たすのに十分な情報を得たと感じることができますか。
  • コンテンツを読んだユーザーは、有益な時間を過ごせたと感じられますか。
Google検索セントラル「ユーザーを第一に考えたコンテンツに焦点を当てる」

上記の他にもE-E-A-Tなど、コンテンツ内容そのものからは少し離れたいくつかの評価基準はありますが本記事との関連性はやや低いため割愛します。詳細は「有用で信頼性の高い、ユーザー第一のコンテンツの作成」よりご覧ください。

Googleの示す評価基準をご覧いただきどのような感想をお持ちでしょうか。素晴らしい内容ですが、全体向けに一般化されており「じゃあ具体的にどうすればいいの?」と感じた方も多いはずです。
ここから先は、評価基準を満たせるSEO記事の具体的な作成手順や方法について、詳しく解説しています。

記事を読むことでGoogleの評価基準を満たしたSEOで成果を生み出せる記事の作り方がわかる構成となっていますので、ぜひご活用ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

SEO記事作成手順①検索キーワード選定編

ここからは、SEO記事作成手順と各ステップの方法論について順番に解説していきます。
最初は「検索キーワード選定」からです。既にキーワード選定は完了しているという方は、読み飛ばしていただいても問題ございません。

キーワード選定の流れ
  1. 軸となる検索キーワードの選定
  2. 下層の検索キーワードの洗い出しと整理
  3. 検索キーワードの分類
  4. 優先度の高い検索キーワードを決める

SEO記事制作やコンテンツSEOにおいて成功できるかどうかは、キーワード選定によるものが大きな割合を占めます。以下の内容を参考にしっかりと進めていきしょう。

参考記事SEOキーワード選定完全ガイド|実行手順や注意点・活用ツールまで

1:軸となる検索キーワードの洗い出し

まずは自社の事業に関連する軸となる検索キーワードの洗い出しです。

この段階では、以下のように軸となるキーワード(当社ではマストキーワードと呼びます)を洗い出すことを目標にします。エクセルやGoogleスプレッドシートを使って整理するのが便利です。

マストキーワード例

軸となるキーワードとは、例えば「SEO」「コンテンツマーケティング」「オウンドメディア」など、カテゴリーレベルのキーワードです。これらのキーワードの下層になる「SEO 費用」「SEO やり方」「SEO 外部対策」などは、後の工程で洗い出しと整理を行いますのでこの段階では、特に触れないほうが効率的です。

洗い出し方法は複数あり、事業内容によって最適なものが異なります。

以下に紹介する方法を複合的に組み合わせて進めていくのが一般的です。

キーワードの洗い出し方
  • 競合サイトから抽出する
  • ターゲットの思考から逆算して洗い出す

それでは、それぞれ解説していきます。

競合サイトから抽出する方法

自社のベンチマークとなる競合サイトがある場合、ツールを活用して一括で抽出することで効率的にキーワードが洗い出せます。

有料ですが、「ahrefs」というSEO分析ツールが特に便利でおすすめです。
競合サイトのURLを入力することで、以下のように獲得しているキーワードを一括で抽出することができます。

事業内容が似ている競合でなおかつコンテンツSEOで大きな成功をおさめている企業がある場合、この方法でキーワード洗い出し作業は一気に進みます。

加えて、競合がどんなキーワードに対策しているかサイトの「記事カテゴリー」もメモしておくとよいでしょう。

記事カテゴリーは、競合がどんなジャンルのキーワードに対策しているかを一括で調べる助けになります。

エクセルやグーグルスプレッドシートなどにメモをしておきましょう。

ターゲットの思考から逆算して洗い出す

競合サイトから抽出する他に、事業のターゲットが考えている悩みや疑問点から逆算的に導き出すことができます。

以下のような流れで進めていきましょう。

STEP
事業のターゲットの悩みや疑問を書き出す

事業のターゲットとなるユーザーが、どんな悩みや疑問を感じているか書き出していきましょう。

悩みを完全網羅するという意気込みで、とにかく書き連ねていくのがおすすめです。

STEP
悩み・疑問を分類する

書き出した悩み・疑問をカテゴリー別に整理し分類しましょう。

整理する際にマインドマップなどを活用するのも便利です。

マインドマップでカテゴライズする中で新たに見えてくる悩みや疑問が出てくることもありますので、適せんメモしておきましょう。

STEP
悩み・疑問をキーワードに置き換える

分類した悩み・疑問を実際に検索されていそうなキーワードに置き換えていきましょう。

悩みの例:「SEOのやり方がわからない」→検索キーワードの例:「SEO 方法」

置き換えた後に実際に検索をしてみてください。検索すると関連キーワードやサジェストキーワードが出てくるかと思います。実際に検索されているキーワードになるので、メモをしていきましょう。

STEP
軸となるキーワードを選定する

ここまでの作業を繰り返すことで、多くのキーワードに触れ全体像が見えてきます。

事業が目指す成果から逆算し優先度の高いと考えられるキーワードを選定しましょう。

2:下層の検索キーワードの洗い出しと整理

軸となるキーワードの選定が完了したら、続いて下層に来るキーワードの洗い出しと整理を行います。

最終的に下記のような状態を目指します。
軸となるキーワード(マストキーワード)と下層キーワード(サブキーワード)を表まで落とし込めたら完了です。

キーワード選定例

下層となるキーワードの洗い出しや分類を行う理由にトピッククラスターという考え方があります。
トピッククラスターとは、同じトピックのキーワードをグルーピングし、内部リンクで記事同士をつなぐ戦略のことです。リンクでつながることにより、サイトの専門性が高まり記事群全体のSEO評価が高まります。

トピッククラスターは、以下の画像のようにメインであるピラーページと、その下層に位置するクラスターページに分けられます。まさに、軸となるキーワード(マストキーワード)と下層キーワードの関係性となるのです。

したがって、このトピッククラスター戦略を実現するためにも下層キーワードを洗い出すことが重要になります。

引用:marketingX「【新しいSEO対策】トピッククラスターとは?導入メリットやSEO効果を解説!」

さてここからは、下層キーワードの洗い出し方と整理方法を紹介していきます。

下層キーワードの洗い出し方

下層キーワードの洗い出し方はツールの活用がおすすめです。

無料ツールであればメインで使用されるのは下記の3つがあります。

当社ではラッコキーワードとGoogleキーワードプランナーを以下の流れで活用し、下層キーワードを洗い出しています。

STEP
ラッコキーワードでサジェストキーワードを一括抽出

ラッコキーワードに軸となるキーワードを入力すると、サジェストキーワードが一括抽出できます。

ラッコキーワード

抽出したら、画面右上の「全キーワードコピー(重複除去)」というボタンを使ってキーワードをコピーしましょう。

STEP
Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

続いて、下層キーワードの検索ボリュームを調べていきます。検索ボリュームは、記事を作成するキーワードの優先度決めや作成した記事への流入数・問い合わせ数を想定するうえで重要な指標です。

Google広告を開き、キーワードプランナーのページまで遷移します。

Googleキーワードプランナー

画面中央右の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックし、先ほどコピーしたサジェストキーワード一覧をペーストし、「開始する」をクリックします。

下記のように、各キーワードの月間平均検索ボリュームが調査できます。このままだと使いにくいので、右上にある をクリックしてダウンロードしましょう。

CSVかGoogleスプレッドシートにダウンロードできたら下層キーワードの洗い出しは完了です。

下層キーワードの整理

続いて、下層キーワードの整理を進めていきます。

抽出したキーワードのうち、内容的に近く同じ記事で対策できそう(上位表示できそう)なものをまとめていくようなイメージです。まとめたら、同じ記事で狙うキーワードのうち最も検索ボリュームの大きいものを、軸となるキーワードの下層列に記載していきましょう。

その他の同一分類のキーワードは、以下のようにコメント欄に記載しておくとよいでしょう。

キーワード選定-コメントにメモを記載

これで下層キーワードの洗い出し・分類作業は完了です。この段階でキーワード選定作業は概ね終わっています。
各カラム毎の対策キーワードに対してそれぞれ対応した記事を作成し、プロジェクトを進めていくようなイメージです。

以降の工程は、対策するキーワードの優先度を決めるために大切な作業となります。

3:検索キーワードの分類

対策するキーワードを決めるために、まずは分類作業を行っていきましょう。

現段階で軸となるマストキーワードと下層のサブキーワードまでは分類が完了しています。

続いては、検索クエリ(検索エンジンに入力される質問や文章のこと)の分類を行いましょう。
検索クエリは主に以下の4種類に分けられます。(=検索エンジンに投げかけられる質問の種類)

  • 知りたい(Knowクエリ)
  • 行きたい(Goクエリ)
  • やってみたい(Doクエリ)
  • 買いたい(Buyクエリ)

上記のうち、Knowクエリ以外はコンバージョンに近く優先度が高いです。
以下のように、編集中のシートに列を追加し各キーワードを分類しましょう。

キーワード選定のクエリ分類例

検索キーワードの分類作業はコチラで完了です。

以降は、優先度決めの判断基準について解説していきます。

4:優先度の高い検索キーワードを決める

優先度の高いキーワードを決める作業を進めていきます。

予算に限りがある場合はもちろんのこと、ある程度費用がかけられる場合でも優先度の高いキーワードから順に作成することは、早期で成果を生み出すためにも重要です。

事業やサイトの状況などによって優先度は異なりますので、以下の観点から優先度を判断しましょう。

  • 競合に比べた自社サイトの強さ
  • マストキーワードは最優先で作成する
  • コンバージョンに近い検索クエリのキーワードから作成する

それぞれ解説していきます。

競合に比べた自社サイトの強さ

SEOで記事が上位表示できるかは、コンテンツ自体の質の他に以下のような複数の要因が絡んできます。

SEOで上位表示するために必要な要件

コンテンツの内容が最優先であるため、そこで競合に勝つのはもちろんなのですが、他の指標に差がありすぎるとなかなか成果に結びつかないというケースも起きがちです。そこで、まずは競合の強さを以下の二つの観点から調べてみると良いでしょう。

ドメインの強さ(被リンクの評価)

ドメインの強さ(被リンクの評価)とは、メディアがどれくらいの権威性や信頼性を持っているか数値で評価したものです。リンクの質や量、関連性に基づいて100点満点で評価されるのが一般的です。

ドメインの強さは、ahrefsを使って無料で調べられます。

上記表示させたいキーワードの上位を獲得している競合サイトと、自社サイトのドメインランクを比較してみましょう。もし数値が大きくひらいている場合は、どれだけ質の良い記事が書けたとしても、短期での上位表示は難しくなります。

関連記事保有数

関連記事保有数とは、狙いたいキーワードや関連しているキーワードで、競合メディアがどれくらいの記事を制作しているのか調査します。

関連記事保有数は、[site: intite:]検索で調べられます。

Googleの検索入力欄に以下のように入力すると大体の記事数が把握できます。

site:○○(調べたいサイトのドメイン) intitle:○○(記事数を調べたいキーワード)

先ほど説明した通り、狙いたいキーワードに関連する情報がサイトに多いほどSEO上有利です。そのため、競合の関連記事数が非常に多く、なおかつ結果も出ている場合は短期では成果が出しづらいでしょう。

調査の結果、競合が強いと判断した場合、初期はできるだけ衝突を避け、複数の語句のかけ合わせで構成されているロングテールなキーワードを優先的に作成するとよいでしょう。

ロングテールは競合が少なく上位表示させやすい傾向にあります。

ロングテールキーワードの記事も作成しながら、メディアを充実させていくことが重要です。
そうすることで、メディア全体の評価が高まり、競合がひしめくビックキーワードでも上位が狙えるようになります。

マストキーワードかサブキーワードか

当然ですが、マストキーワードが優先度は高いです。

マストキーワードは、競合の多いビックキーワードである場合も多いですが、トピッククラスターにおけるピラーページともなるため、最優先で作成しましょう。

コンバージョンに近い検索クエリのキーワードから作成する

GO、DO、BUYなどコンバージョンに近い検索クエリのキーワードは優先的に作成しましょう。

これらのキーワードも競合が多いですが、最優先で作成するのがおすすめです。

過去の事例では、BUYクエリとKNOWクエリではコンバージョン率に400倍程度差が生じることもありました。

検索キーワード選定は、以上となります。優先度の高いものから記事作成を進めていきましょう。

キーワード選定のやり方についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

SEO記事作成手順②勝てる記事を作るために知っておきたい12の心得編

キーワード選定が終わったら続いて記事構成の作成に移ります。

ただしその前に、他社の競合記事に勝てるSEO記事作成のために知っておきたい12の心得について知っておく必要があるので、先に解説していきます。

勝てるSEO記事を作成するために知っておきたい12の心得
  • ユーザーニーズを満たす最良のコンテンツを制作する
  • ユーザーにメリットをもたらす内容を作成する
  • 2〜3割オリジナリティのある内容を加える
  • タイトル・ディスクリプションにキーワードを含める
  • 記事を読み進めたくなるようなリード文を作成する
  • 対策キーワードを記事内、重要タグに入れる
  • SEO記事は結論ファーストが鉄則
  • 代名詞はできるだけ避ける
  • 画像やイラストを適宜使用
  • 文字数は気にする必要ない
  • 共起語は検索意図を読み取る材料に
  • 記事内に次のアクションにつながる導線を設計

それぞれ解説していきます。

1:目の前のユーザーのニーズを満たす最良のコンテンツを制作する

SEO記事の作成にあたり、最も重要なことは目の前のユーザーのニーズを満たす最良のコンテンツを制作することです。

Googleが、ユーザーを最も重要視していることは先述したとおりです。ユーザーにどんな悩みがあるのか、そして記事を読むことで何を解決したいのか、どんな状態になって欲しいのかなどを徹底的に考える必要があります。

実際かつては、被リンクの大量収集や不自然なキーワードの羅列など、いわゆる小手先のテクニックを使って上位表示を狙う時代がありました。(ブラックハットSEOと呼ばれています。)

それに対しGoogleも検索エンジンのアップデート(コアアルゴリズムアップデート)を繰り返し、
現在ではそのような手法は通用しなくなっています。そればかりかサイトがペナルティを受けるリスクも。

目の前のユーザーの検索ニーズを満たし、より有益なサイトとすることが、
現在のSEOならびにコンテンツマーケティングにおける成果創出の最短距離なのです。

2:ユーザーがメリットを得られる記事を作成する

制作にあたり、記事を読むユーザーにとってメリットの多いコンテンツを心がけましょう。
記事を通して、以下のようなメリットをユーザーに与えられるものが優れたコンテンツだと言えます。

  • 表面的な顕在ニーズだけでなく潜在的なニーズを満たした内容になっている
  • ユーザーが記事を読んだ後どんなアクションをすれば良いか明確になっている
  • 図解を使用しておりわかりやすい(短時間でスムーズに記事内容を理解できる)
  • 他にはない一次情報(オリジナル情報)が記載されている
  • ユーザーが自身でも気づかなかった悩みとその解決法が記載されている

必要に応じて、Yahoo!知恵袋やラッコキーワードで検索すると、ユーザーのより深い悩みが浮き彫りになり、質の良い記事が作成できます。

3:2〜3割オリジナリティのある内容を加える

SEO記事を上位表示させるためには、全体のうち2~3割程度競合記事には書かれていないオリジナルな内容を加えることがポイントです。

これまで一般的だった作成方法でSEO記事を制作すると、どうしても上位表示されている記事の最大公約数的な内容になりがちです。

しかし昨今のGoogleアルゴリズムにおいて、上位記事の内容を網羅できているだけでは、なかなか上位表示されません。

上記表示させるためには、上位記事にはない独自性のある内容を組み込むことが必要です。対策するキーワードによりますが、独自性のある内容は全体のうち2〜3割程度付け加えるのが適切な量です。

オリジナルな情報を意識して組み込みましょう。

4:タイトル・メタディスクリプションにキーワードを含める

タイトルやメタディスクリプションにキーワードを含めることは検索表示されるためには重要な要素です。そして、入力する内容に対策したいキーワードを含めることで、Googleに記事の内容を認識させ検索表示されやすくなるとともに、ユーザーのクリック率向上にも期待できます。

タイトルとディスクリプション

タイトルやメタディスクリプションの設定には注意点もあります。

まず、タイトルはできるだけ30~32文字程度に納めましょう。タイトルはパソコンやスマホの画面に表示されるます。この際、32文字以上となると、後半部分が省略されてしまいます。加えて、タイトルが長いとGoogleの評価が分散し、対策キーワードでうまく記事がインデックスされないケースも。

また、記事で対策したいキーワードはできるだけ前半部分に記載するようにしましょう。これは、キーワードにもメタディスクリプションにも言えることですが、Googleに記事を認識させやすくするためです。

ただし、不自然な盛り込みはマイナス評価となるためよくありませんので、できる限り自然に盛り込むようにしましょう。

SEOに強いタイトル・ディスクリプションの付け方について詳しくは下記の記事をご覧ください。

5:記事を読み進めたくなるようなリード文を作成する

リード文とは記事冒頭の文章(目次前の文章)のことで、記事全体に書かれてあることをユーザーに伝える目的を持っています。いくらいい記事であっても、リード文の内容が悪いととユーザーが記事を読んでくれず、その結果Googleの評価も低下にもつながる場合も。以下のポイントを抑えてリード文を執筆しましょう。

リード文執筆のポイント
  • 記事を読むユーザーの課題や悩み・疑問点を記載する
  • ユーザーの課題や悩み・疑問点を解決する記事であることを記載する
  • 記事にどのような情報が書かれているか記載する
  • 記事を読むことで得られるユーザーのメリットを記載する

リード文では、ユーザー目線に立った文章執筆が必要です。

記事に何が書かれてあるのか、記事を読むことでどんなメリットや未来が待っているかなどを記載し、ユーザーの期待を高めましょう。

効果的なリード文の書き方について詳しくは下記の記事をご覧ください。

6:対策キーワードを記事本文や重要タグに適切に盛り込む

対策キーワードは、タグであればどこに入れても良いというわけではありません。入れる場所によって検索順位に影響を与えるため、適切なところに盛り込むことが大切です。

対策キーワード配置のポイント
  • キーワードは文頭に近い位置に自然な形で配置する
  • 対策キーワードの語順通りに入れる
  • 不自然な形でキーワードを使用しない
  • 共起語や関連キーワードも必要に応じて盛り込む
  • h1には必ずメインキーワードを入れ、h2にもできるだけ入れる
  • h3には入れすぎないのが望ましいが判断はメディアによる

SEOにおける正しいキーワードの入れ方について詳しくは下記の記事をご覧ください。

正しいHTML構造は検索エンジンではなくユーザーのために

Google検索セントラルにある下記の記載の通り、HTML構造は正しい階層構造で使われていなくても基本的に問題ありません。

見出しを意味的な順番にすることは、スクリーン リーダーにとっては素晴らしいことですが、Google 検索にとっては順番どおりに使われていなくても問題ありません。ウェブは一般に正しくない HTML で書かれています。そのため、Google 検索が HTML 規格に潜むセマンティックスの意味に依存することはめったにありません。

Google検索セントラル「Google が重要でないと考えること」

ただし、正しいHTML構造(hタグの階層構造)はユーザーにとってわかりやすいため、当社では正しく記述することを推奨しています。

hタグ階層構造とは、見出し構成のことで、h1、h2、h3などと表示されます。このhタグ階層構造において、上位の階層の下位の階層には、上位に関係しているものを入れることが大切です。

例えば、h2タグが「勝てるSEO記事を作成するために知っておきたい12の心得」としたときに、「6:対策キーワードを記事本文や重要タグに適切に盛り込む」をh3タグにすることで、適切な階層構造となります。

7:SEO記事は結論ファーストが鉄則

SEO記事では、見出し毎にペルソナ―のニーズに沿った結論ファーストな文章を執筆することが重要です。結論ファーストな文章はわかりやすくユーザーの離脱を防ぎやすいだけでなく、Googleなど検索エンジンからの評価も高いです

結論ファーストな文章を書くにあたっては、以下の2つの型に沿うとよいでしょう。

  • PREP法
  • SDS法

PREP法とは、「Point・Reason・Example・Point」の頭文字を合わせた言葉で、「P:結論・主張」「R:理由」「E:具体例」「P:結論・主張」の順番で文章作成を行なうことです。主に、文章やプレゼンの際によく用いられます。

SDS法とは、「Summary・Details・Summary」の頭文字を合わせた言葉で、「S:要点」「D:詳細」「S:要点」の順番で文章構成を行なうことです。主に、ニュース番組やスピーチ、商品やサービスの説明などによく用いられます。

どちらにも共通して言えるのが「結論ファースト」になっているところです。執筆する際に書き方がわからなくなったときは、このパターンを意識することで自然とわかりやすい文章になるでしょう。

8:代名詞はできるだけ避ける

代名詞はGoogleのクローラーにとって認識しにくいのでできるだけ避けるようにしましょう。

代名詞とは、「これ」「それ」「彼」など、その名の通り名詞の代わりになる品詞のことを言います。

例えば、ペンを指差して「それ取って」や、自転車を指差して「あれに乗っていく」など、名詞の代わりの言葉になります。全く使用しないというのは難しいので、できるだけ使わないように意識するのが良いでしょう。

9:画像やイラストを適宜使用

必要に応じて説明を補助する画像やイラストを使用することで、記事がわかりやすくなりユーザーの満足度が高まるでしょう。

SEOでは「ユーザーにとってのわかりやすさや満足度」を評価基準の1つにしています。明確なアルゴリズムは不明ですが、記事内でのユーザーの動きなどをGoogleのAIが判断しわかりやすい文章かどうか判断されているようです。

ユーザーが読みたい記事のすべてが文章だけだった場合と、画像やイラストが適宜使用されている記事の場合だと、どちらが読みやすいでしょうか。

想像からも分かるように、画像やイラストが適宜使用されている方が、とても見やすい記事になります。文章だけだと、ストレスを感じやすく離脱にもつながってしまうので積極的に画像を使用するのがおすすめです。

見出し毎に関連の無いフリー素材を追加するのは無意味

注意点として、多くのメディアでh2見出し毎にフリー素材を追加しているところがあります。画像を追加する楽な方法なので、取りがちですがこちらの取り組みに関しては全く効果がないことが既にデータで検証済みです。無駄な工数だけがかかることになるのであまりおすすめしません。

10:文字数は気にする必要ない

結論SEO記事において文字数は、あまり気にする必要がありません。
この点に関しては、当社のみならず多くのSEO系の会社が同様の見解を持っています。

あくまでユーザーニーズを満たすことなど、その他の重要要素を重点的に考得ることが大切です。

ネット上には様々な意見が飛び交っており、例えば「最低1000文字以上は書かないといけない」などの内容も見受けられます。しかし、Googleのアルゴリズムに文字数に当てはまるもの存在しておらず、文字数の議論はそもそも不毛です。

実際、Googleからの公式情報でも以下のように記載されています。

上位に表示させるという目的に関しては、コンテンツの長さだけを調節しても無意味です(魔法の文字数も、最小や最大の文字数も存在しませんが、おそらくゼロにすべきではないでしょう)。

Google検索セントラル「Google が重要でないと考えること」

ユーザーのニーズを満たす最良の記事を制作することに重きを置いて執筆を進めましょう。

SEOの順位と文字数の関係について詳しくは下記の記事をご覧ください。

11:共起語は検索意図を読み取る材料に

共起語は、無理やり追加するのではなく検索意図を読み取る材料として使うことが大切です。

共起語とは、対策キーワードと同時に使われやすい語句のことを指します。例えば、「SEO記事」を対策キーワードとしたとき、「対策」や「キーワード」「とは」などが共起語となります。サジェストワードや再検査キーワード、関連キーワードなどとは若干意味が異なるのでご注意ください。

例えば、「SEO記事」に対して「とは」という共起語が多い場合、SEO記事の定義や概要について知りたいユーザーが一定数存在していることが推察されます。記事内にSEO記事の定義について解説する箇所を設けたほうが良いと判断できるでしょう。

共起語は、無料ツールである「ラッコキーワード」などを使用すれば簡単にリストアップすることができます。

ラッコキーワードを使った共起語調査

その他、有料のSEOツールにも共起語調査機能が搭載されているものがあります。

12:記事内に次のアクションにつながる導線を設置

CTAなど、記事の中に「次のアクションにつながる導線」を設置しましょう。

CTAとは”コールトゥアクション”の略称で、文字通りユーザーの行動を喚起するイメージやテキスト、ボタンのことを指します。

例として、当メディアでは以下のようなCTAを設置しています。

CTAの例

CTAの他、サイト内別記事への誘導リンクも次のアクションへの導線となります。ユーザーの状態に応じて適切に記事を遷移させることでコンバージョン数の増加につながるでしょう。

CTAをはじめとする次のアクションへの導線は、記事によって最適化するように設置するとなお成果が高まるでしょう。

本記事をご覧いただいている方で、SEO記事制作の外注先を探している方は、
ぜひ以下のCTAよりお問い合わせしてみてください(笑)

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

SEO記事作成手順③上位表示可能な記事構成の作り方7ステップ

記事構成案は、SEO記事の骨子部分にあたり、成果の良し悪しを大きく左右する工程です。

以下のステップに沿って作成を進めていきましょう。

SEOで上位表示可能な記事構成作りの8ステップ
  • 対策キーワードの定義と関連キーワードの調査
  • 上位記事の分析
  • ターゲット(ペルソナ)・ユーザーニーズの分析
  • 記事のゴールの明確化
  • ゴール達成までに必要な要素を整理
  • SEOキーワードを織り交ぜて構成の作成
  • 記事を書く際の留意点も明記

それぞれ解説していきます。

1:対策キーワードの定義と関連キーワードの調査

まずは対策キーワード(どのキーワードで上位表示を狙う記事なのか)の定義と、関連キーワードの調査を行っていきます。

それぞれ詳しく解説していきます。

対策キーワードの定義:1記事で複数設定した方が効率的

対策キーワードとは、その記事で上位表示させたいキーワードのことを指します。

対策キーワードでは、メインのキーワード(当社では親キーワードと呼んでいます)に加えて、同じ記事で上位表示・流入が期待できそうなサブのキーワード(当社では子キーワードと呼んでいます)を設定することが大切です。

例えば、下記の画像のように「オウンドメディアとは」というキーワードに対策する記事を作る場合、「オウンドメディア 意味」「オウンドメディア 目的」など、検索意図が近いキーワードや同じ記事内で触れやすい内容に関するキーワードも同じ記事で対策するようにしましょう。

記事構成の対策キーワードについて

かつては1つのキーワードに対して、1つの記事を作っている時代もありましたが、現在は1つの記事でできるだけ多くのキーワードに対策するのが一般的です。その方が効率よく(低予算で)流入を増やせるからです。加えて、音声検索の台頭により検索キーワードが多様化していることから、複数のキーワードに関連する内容を記事に盛り込んだ方が上位表示を実現しやすいのも理由として挙げられます。

ただし何も考えずに子キーワードを設定すると、他のメインキーワードとぶつかる(カニバる)可能性もありまのでご注意ください。当社では子キーワードはキーワード選定の段階で調査しています。

関連キーワードの調査

続いて記事に関連するキーワードの調査も行いましょう。

検索結果画面に出てくる「サジェストキーワード」や「関連する質問」、「関連性の高い検索」を以下のようにメモしておくとよいでしょう。
関連キーワードは、対策キーワードで調べているユーザーが知りたいと考えている情報のヒントとなります。各キーワードの検索意図を考えて記事内容に反映するとよいでしょう。

記事構成の関連キーワードエリア

特に「関連する質問」、「関連性の高い検索」は再検索キーワードと呼ばれ、以下のような内容が含まれます。

  • 検索結果の記事を読んでユーザーがさらに知りたくなった内容に関連するキーワード
  • 検索結果では疑問が解決できず再度検索した際にユーザーが使ったキーワード
  • 目的の情報にたどり着きやすいようにグーグルが提案しているキーワード など

記事に競合では書かれていない再検索キーワードの情報を盛り込むことで、ユーザーが自社のサイト内で疑問解消に成功する可能性が高まります。結果として、ユーザー離脱を防ぎ記事のパフォーマンスアップにもつながるため、積極的に活用していきましょう。

2:上位記事の分析

キーワードの調査が完了したら、続いて上位記事の分析を行います。

上位記事はすでに対策キーワードで上位が獲得できていることから、ユーザーの知りたい内容が記載されている可能性が高いです。(※競合の全くいないキーワードではそうでない場合もあります。)

したがって上位記事の記載内容を整理・分析することで、ユーザー検索ニーズを調べる大きなヒントとなるのです。

上位記事分析では、検索上位10~15位くらいまでの記事で複数回登場している要素を抽出し、MECE(漏れ無し・ダブり無し)を意識して整理しましょう。要素とは、見出し単位の内容に加えて本文で複数回登場している内容も含みます。

上位記事分析例

作業を通じて、ユーザーの検索意図がかなり見えてくるはずです。実際に構成を作成していく際に活用できるようにわかりやすくまとめておきましょう。

このタイミングでビジネス的視点で競合記事を見てみるのもあり!

余談になりますが、上位記事は競合サイトである場合も多くこの機会に調査をしてみることで新たな発見が得られることがあります。以下のポイントで調査するのがおすすめです。

  • どんな目的(コンバージョン先など)で作成されているか
  • ドメイン力(DRなど)
  • 運営企業/運営者
  • ページへの被リンク
  • 執筆者/監修者
  • サイトの流入数(アクセス数)
  • 対策しているキーワード一覧とそれぞれの順位
  • 広告の出稿状況

上記のような内容から調査することで、コンテンツマーケティングに限らない様々な発見が得られます。
ぜひ試してみてください。

3:ターゲット(ペルソナ)・ユーザーニーズの分析

続いて、ターゲット(ペルソナ)やユーザーニーズの分析を行いましょう。

それぞれ解説していきます。

ターゲット(ペルソナ)の設定

記事のターゲット並びにペルソナを設定しましょう。

ターゲットとは、「30代 男性」といように見込み客の属性を指します。一方でペルソナは「佐藤次郎、32歳、東京渋谷区在住、IT企業勤務、年収800万円程度、結婚済み、子どもあり」といった、より具体的な架空の見込み客を指します。

ターゲットやペルソナの設定方法方法はいろいろありますが、SEO記事の作成においては検索時の状況を軸に検討するのがおすすめです。

以下の画像のようにどんな人物がどういった経緯で検索に至ったかを深堀して考えましょう。

ターゲット・ペルソナと検索背景の分析例

ポイントとして、以下のような内容をおさえておくことで、記事構成検討時の大きなヒントとなります。

  • ペルソナの人物像
  • 検索に至った背景
  • 検索している内容に関する知識レベル

上記の内容をこのタイミングでしっかりと考えることで、以下のように記事の質を高めることにつながります。

  • ペルソナの知りたい内容を記事に記載する(例えば営業部長ならオウンドメディアが売上につながる点)
  • ペルソナ向けの文体にする(BtoCの記事なら話口調でなど)
  • 知識レベルに合わせて記事の説明の順序や丁寧さ決める

ユーザーの検索ニーズを分析(検索意図の深堀り)

SEOは、読者の悩みや疑問を解決することが重要です。そのためには「ユーザーの検索ニーズ」を明確にしておく必要があります。読者が検索する理由を明確にしておけば、より読者の悩みや疑問の解決がしやすくなり、その結果SEOで上位表示しやすい記事になります。

検索ニーズは、「顕在ニーズ」「潜在ニーズ」の2つの視点から分析しましょう。
それぞれ違いは以下の通りです。

  • 顕在ニーズ:ユーザー自身が気づいている表層的なニーズ
  • 潜在ニーズ:ユーザー自身も気づいていない心の奥のニーズ

それぞれ、ここまでのキーワード分析や上位記事分析の内容から以下のように箇条書きで整理してください。

顕在ニーズと潜在ニーズの違いはイマイチ分かりづらいですよね。そんな時は、なぜ顕在ニーズの情報が知りたいのかという視点で考えてみてください。それが潜在ニーズです。

記事構成作成において非常に大切な工程ですので、検索ニーズはとにかく深堀して考えるようにしましょう。
編集会議などを設けて、複数名体制で実施ても良い工程です。

4:記事のゴールの明確化

SEO記事の目的は、読者に記事を読んでもらうことだけではありません。ユーザーにどうなって欲しいのか、どういったアクションを起こして欲しいのかなどの記事のゴールを明確化することです。

以下のように、文章で定義するのがおすすめです。

ユーザーの得られる成果、読了後の状態、起こしてほしいアクション(ホワイトペーパーダウンロード、サービス問い合わせなど)を明確に定義づけしましょう。

そうすることでSEOで上位表示できるだけでなく、実際の成果やユーザー態度変容につながる記事を作成可能です。

5:ゴール達成までに必要な要素を整理

ここまでの内容を総合して、ゴール達成までに必要な要素を整理しましょう。
記事構成の大枠としての役割も果たします。

以下のようなポイントを意識しながら、要素を整理しましょう。

  • ターゲット(ペルソナ)の知りたい内容を網羅する
  • ターゲットに合った説明の順序となるように要素を並べ替える(特に知りたい内容を前に)
  • 定義したゴールにたどり着けるような記事の流れにする
  • 自社独自の情報が盛り込む

この内容は、実際の記事構成のもとになる内容です。

6:SEOキーワードを織り交ぜて構成の作成

ここからはいよいよ構成の作成に入っていきます。ひとつ前の段階で作成した要素をより詳しく作成していくイメージです。※記事タイトルもこの段階で検討しますが、作成方法の説明は後述しています。

以下の記事構成例のように、見出しや見出し毎に執筆する内容を記載しましょう。

外注する場合は、この後ライターが執筆する工程で意図した内容をカバーしてもらえるように、記載内容の指示や参考ページのURLなどを記載しておいてください。

記事構成例

「5:ゴール達成までに必要な要素を整理」で紹介したポイントは記事構成作成段階でも重要です。
さらに追加でいくつか以下のようなポイントも含めて構成を作成するようにしましょう。

  • ターゲット(ペルソナ)の知りたい内容を網羅する
  • ターゲットに合った説明の順序となるように要素を並べ替える(特に知りたい内容を前に)
  • 定義したゴールにたどり着けるような記事の流れにする
  • 自社独自の情報が盛り込む
  • h2見出しの文章前半に自然な形でキーワードを含む
  • ライターに執筆してほしい内容を指示する※外注の場合
  • 参考記事も記載する(記事内で参考文献として発リンクできる権威性の高いサイトも記載)

記事構成の作成は、コンテンツSEOで結果を出すうえで非常に重要な工程です。
しっかりと時間をかけて進めましょう。当社では構成の作成に5~6時間程度費やしています。

7:記事を書く際の留意点も明記

見出しごとの結論や概要を記載するとともに、留意点も明記します。必要な文字数や訴求してほしいサービス、記事全体のイメージなども記載しておきましょう。

留意点の記載も、自分が書く場合も、自分以外の人がSEO記事作成にあたる場合でも必須です。記事の方向性がブレないように注意して記載しましょう。

記事構成案の作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

SEO記事作成手順④SEOライティングのポイント

構成が完成した後は、実際に記事のライティングを行っていきます。
ここでは、SEO記事のライティングのポイントを紹介していきます。

まず前提に、コンテンツSEOで求められる文章は「ユーザーにとっても検索エンジンにとってもわかりやすい文章」です。ユーザーは人間ですので、複雑な構成で組み立てられた難解な文章なども読み解けますが、検索エンジンはAIなので読み取れません。加えてユーザーに次のアクションを起こしてもらうために、セールスライティングの要素も必要です。

以下のポイントに沿って執筆することで、ユーザー・検索エンジン双方にとってわかりやすく、なおかつ成果を生み出せる文章となるでしょう。

SEO記事ライティングのポイント
  • 文章の順番が適切か(PREP法もしくはSDS法で執筆できているか、見出し毎で結論ファーストか)
  • 1文(。まで)が70文字以内に収まっているか
  • 読点(、)が1文の中で使われすぎていないか(1文当たり「2回以内」に収まっているか)
  • 検索ユーザーが知りたい情報をリサーチしして盛りこめているか
  • 構成で指示されている内容はもれなく盛り込まれているか
  • 文章が冗長になるの避け、リストや表をうまく活用できているか
  • 語尾は重複していないか(必要に応じて体言止めも使い、重複を避ける)
  • 誤魔化す表現でユーザーがイメージしにくくなっていないか
  • 日本語的に正しい表現になっているか(誤った日本語の使い方をしていないか)
  • 誤字・脱字はないか
  • 意味の伝わる文章となっているか
  • 定性ではなく具体的な定量(数字)で表現できているか
  • 記事のCV先を意識した文章内容となっているか
  • ターゲットやペルソナに合わせた文章トーンとなっているか
  • 事実に反する情報は記載していないか
  • 使いまわされた表現ではなく「ユーザーの検索意図に適したサービスの強み」を訴求できているか

他にもライティングのコツは存在していますが、上記をおさえておけば概ね文章は問題なくなるでしょう。

外注する場合はレギュレーションチェックシートを作成する

記事の執筆を外注する場合は、自社の要件を満たす文章となるようにレギュレーションチェックシートを作成するのがおすすめです。ライターに共有し、執筆時に参照してもらいましょう。

当社では下記のレギュレーションチェックシートを利用しています。

記事レギュレーションチェックシート
SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

SEO記事の効果的なタイトル作りのコツ

SEO記事におけるタイトルは、SEO評価や読者のクリック率と大きく関係しています。いくら内容の良い記事でも、魅力的なタイトルでなければ誰も読んでくれません。ユーザーが最初に接し、読み進めるかどうかを決めるポイントとなりますので、しっかりチェックしておきましょう。

効果的なタイトル作りのコツは次の6つです。

効果的なタイトル作りのコツ
  1. メインの対策キーワードは前半に
  2. タイトルは30~32文字以内
  3. 競合と差別化
  4. キャッチーな文言(パワーワード)
  5. ベネフィットを明示
  6. 数字を使用

ここからは、効果的なタイトル作りの6つポイントをそれぞれ具体的に説明します。

1:メインの対策キーワードは前半に

まず、メインの対策キーワードはタイトルの前半に設置しましょう。

何度もお伝えしますが、対策キーワードには読者の検索。タイトルを見たときに、対策キーワードが含まれていると「この記事は悩みを解決してくれそうだ!」と気づいてくれやすくなります。

以下に2つの例を挙げて比べてみます。

「SEO記事 タイトル」が対策キーワードの場合

 SEO記事タイトルのつけ方!クリック率を上げるためのコツ
× クリック率を上げるためのコツを紹介!SEO記事タイトルのつけ方

上記を見比べたとき、Aは文頭に対策キーワードがありますが、読者がみたとき「SEO記事作成 タイトル」に関連している記事とわかります。反対にBは、対策キーワードが記載されていません。そのため、読者からすれば「知りたい内容がない」と判断されるわけです。

2:タイトルは30~32文字以内

タイトルの文字数は「30~32文字以内」にします。

この文字数はSEOとは大きく関係しませんが、なるべく32文字以内にすることをおすすめします。
理由として、PCやスマホで検索したときに結果画面に表示される文字数が32文字前後だからです。

32文字を超える(厳密には超えない場合も時に)と、以下のように「……」となってしまいタイトル全体がわからなくなってしまいます。

検索結果画面のタイトルの例

重要な部分はタイトル前半に持ってくると同時にできるだけ全体が表示されるように、32文字以内に収めるようにしましょう。

3:競合と差別化

タイトルを作成するとき、競合サイトのタイトルを参考にするのはおすすめです。しかし、同じようなタイトルだと、読者が知りたい記事がどれなのかわからなくなります。そのため、競合と差別化するタイトルを作成しましょう。

差別化は以下のポイントを軸に検討するとよいでしょう。

  • 切り口や視点は変えられるか
  • 競合より深掘りしている内容はあるか
  • 競合にない独自性のある内容はあるか

たとえば、「図解」や「具体的な例」が競合になければ、「図解で詳しく解説」や「具体的な例で解説」といった文言がタイトルに盛り込めます。

4:キャッチーな文言(パワーワード)

キャッチーな文言(パワーワード)はクリック率に大きく影響します。
ユーザーがつい読みたくなるような文言を作りましょう。

パワーワードには以下のような例があります。

  • ネガティブワードを入れてみる(例:知らなきゃ損する
  • ポジティブワードを入れてみる(例:売上200%を実現
  • 不安を訴求する(例:そのSEO対策大丈夫?Googleペナルティの恐怖
  • 執筆者の信頼度・専門性を訴求する(例:プロが解説、専門家監修など)
  • ターゲットを限定する(例:20代ビジネスマン向け
  • 限定要素を入れる(例:たった1つの理由
  • ハードルの低さを訴求(例:初心者でも簡単

パワーワードは、自分が何かを調べるときにクリックしたタイトルを「なぜクリックしたのか」都度考えることでストック可能です。また、設定したターゲットやペルソナの目線に立って考えてみるのもおすすめです。
常にアンテナを張っておきましょう。

パワーワードを使うときの注意点として、あまりにも大袈裟な文言や記事内容と乖離したタイトルにはならないようにだけ注意しましょう。

5:ベネフィットを明示

タイトルではは「ベネフィットを明示」することも大切です。

ベネフィットとは、読者が記事を読んだり記事内容に沿った行動をとったりすることで得られる未来のことです。
ベネフィットを考えるとどのような文言を入れると良いのかも自然と出てきます。

ターゲットやペルソナにとって理想的なベネフィットを今一度考えてみましょう。

6:数字を使用

タイトルに数字を使用するのもおすすめです。

数字を含めることで、より信頼性が増したり、インパクトにも強い影響があります。

例えば「SEO記事タイトル作成のテクニック」より「SEO記事タイトル作成の5つのテクニック」の方が、より具体的な内容だと感じられるのではないでしょうか。

ただし、適当に入れるのはよくありません。明らかに数字が入れられる「方法」や「手法」、「手順」、「コツ」といったものが含まれるタイトルに盛り込みましょう。

SEOに強いタイトルの付け方について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください

タイトルづくりはAIツールでも可能

タイトル作りはAIを使って作成できます。SEO記事のタイトルを作成できるAIツールの例を2つ紹介しておきます。

なお、SEO記事のタイトルを作れるAIツールを使うのも有効ですが、AIで作成したタイトルをそのまま使う場合、少なからずリスクもあります。そのため、作成後6つのポイントをチェックするのがおすすめです。

記事作成に使えるAIツールについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

SEO記事作成後に随時必要な作業

先ほども記載しましたが、SEO記事は作成して終わりではありません。
必要に応じて以下の作業も随時行う必要があります。

  • リライト
  • SEO外部・内部対策

以下に具体的な内容を解説します。

リライト

リライトとは、すでにネット上にある記事を再編集・追記することを指します。新規掲載後、狙った順位が取れていない場合や記事内容が古くなってきて更新が必要になった場合に行ないます。
順位が取れていない場合など、リライトは即効性があり、時に新規掲載よりも効果的な施策です。リソースを割いて進めていきましょう。

リライト方法は、目的によって以下のように異なります。

  • 狙った順位が取れていない(3位より低い):記事構成から見直す
  • 狙った順位は取れているがクリック率が低い:タイトル・ディスクリプションの修正
  • 記事内容が古くなっている:古くなった箇所の更新

まず狙った順位が取れていない場合は、ユーザーニーズを満たす最良の記事となっていないと想定されます。必要な情報が網羅しきれていない、説明の順番が悪い、わかりにくい内容となっているなど様々な理由があるでしょう。改めて記事構成作成段階からやり直してユーザーニーズの深堀りを再度行い、既存の記事に変更が必要な個所はないか検討していきましょう。

狙った順位が取れているが、クリック率が低い場合はタイトル・ディスクリプションの変更だけでパフォーマンスが改善する場合があります。クリック率が低いかどうかは、順位別のCTR平均値を利用して判断するとよいでしょう。

2024年の最新データは下記の通りです。

順位クリック率
1位8.17%
2位3.82%
3位2.43%
4位1.63%
5位1.11%
6位0.84%
7位0.67%
8位0.54%
9位0.52%
10位0.44%
引用:seoClarity「LARGEST EVER CTR Research Study」

Googleサーチコンソール上で、クリック率が上記の平均値を下回っている場合、タイトルかディスクリプションが悪いと想定されるので、改善してみるとよいでしょう。

また、リライトに終わりはありません。目指す目標を達成するまで試行錯誤しながら繰り返し行いましょう。
何より大切なのは、「諦めないこと」です。

SEOリライトのやり方について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEO外部対策・内部対策

SEO外部対策と内部対策とは、それぞれ自社サイトに対して行われるコンテンツに関係するもの以外のSEO施策のことを指します。

それぞれの意味や具体的な方法は、以下の通りです。

SEO外部対策:被リンク評価を高める各種施策
  • 関連性の高いサイトからの被リンクを集める
  • 記事に対する被リンクを集める
  • サイテーションを増やす(サービスやサイトに関するweb・SNS上での言及を増やす)
  • SNSでのシェア数を増やす など
SEO内部対策:サイトをGoogleに正しく評価してもらうための各種施策
  • 内部リンクを最適化する
  • サイト内のクロールを最適化する
  • サイト内の画像にalt属性を設定する
  • パンくずリストを設置する
  • XMLサイトマップを設置する
  • サイト全体のリンク構造を最適化する(クロールされる頻度が多いページへのリンク設置など)
  • リンク切れを無くす
  • サイトの更新頻度を増やす
  • 低品質なページにはnoindex処理をする など

前述の通り、記事の検索順位が決定する評価基準はコンテンツの品質だけではありません。SEO対策では、内部対策や外部対策もあわせて総合的に進めていく必要があります。

SEO施策の全体像について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEO記事作成におけるNG行為5選

ここまで、SEO記事に必要なことを紹介してきましたが、やってはいけないNG事項も存在します。SEOでの評価を下げる、もしくはGoogleからペナルティを受ける可能性があるので、決してやらないようにしましょう。

1:他サイトのSEO記事をコピペ

他サイトのSEO記事をコピペすることは、SEOの観点や著作権の観点からもNGです。また、コピペは剽窃(ひょうせつ)や盗用に該当し、相手方から法的措置を講じられることもあります。外注等で依頼する際は、決してコピペしないよう厳重に指導し、コピペチェクツールなども活用して対策を講じましょう。

とはいえ、どうしても引用が必要な場合もあります。そういった場合は、全文を加筆修正せず、引用元を明示すれば引用可能です。

無料で使えるコピペチェックツール

無料で使用できるコピペチェックツールも紹介しておきます。

よく使用される無料のコピペチェックツールは以下の2つです。

どちらも無料で使用できますが、本格的にメディア運営するなら、有料のツール導入を検討した方がより良い結果を調べられます。

2:他サイトの画像を無断で加工して使用

他サイトの画像を無断で加工して使用することもやめておきましょう。

使用する際は画像引用ルールを守り使用するのが鉄則です。

コピペと同様に剽窃(ひょうせつ)や盗用とみなされ、相手方から法的措置を講じられることもあります。無料で使用できるフリー画像サイトもあるので、画像を使用したい場合は、そちらを使用するようにしましょう。

3:オリジナルの情報がない

オリジナルの情報が一切ないのもNGです。

記事を作成するときによくあることですが、SEOキーワードや競合のコンテンツを意識しすぎるあまり、オリジナリティがない上位記事の最大公約数的な記事になってしまうときがあります。

オリジナリティがないと、Googleが言う「ユーザーニーズを満たした有益な情報」を提供する意図にそぐわないため、SEOの評価を受けられない可能性が高くなります。(※オリジナル要素が無くても上位が取れる場合もあります。)

また、コピペ率も上がってしまう可能性もあり、こちらもSEO評価を下げる原因となります。オリジナリティは上位表示させるために、必ずと言って良いほどの重要事項なので、記載するようにしましょう。

4:重複コンテンツ

重複コンテンツとは、サイト内に同じようなコンテンツが複数存在していることです。

重複コンテンツは、被リンク評価を分散させてしうなど複数の弊害があるため、コンテンツをひとつまにとめるかURLの正規化を行いましょう。

URLの正規化とは、重複コンテンツ(URL)のうちGoogleからの評価を指定したURLに集中させる方法です。

詳細については、Google検索セントラルの「正規化とは」をご覧ください。

5:SEO対策だけを意識した記事

ユーザー度外視のSEO対策だけを意識した記事もNGです。これらの記事が上位を全くとれないかというとそうでもありませんが、成果が出ても短期的かパフォーマンスが低くなるかなのでおすすめしません。

実際、Google検索セントラルにも回避するように記載されています。

検索エンジンを第一に考えたコンテンツ作成を回避する

Google 検索で上位に表示されるようにするには、検索エンジンでの掲載順位を引き上げることを主な目的として検索エンジンを第一に考えて作成されコンテンツではなく、ユーザーを第一に考えたコンテンツの作成に注力することをおすすめします。以下の一部またはすべての質問に対する答えが「はい」だった場合は、コンテンツをどのように作成するかを再評価する必要があるという警告です。

Google検索セントラル「検索エンジンを第一に考えたコンテンツ作成を回避する」

キーワードを盛り込むことにこだわりすぎるあまり不自然で読みにくい見出しや文章になっていたり、説明上不要な内容が長々と記載されているなど、ユーザーを無視したコンテンツは決して長期的に成果を生み出せません。

目の前のユーザーにとって最良の記事を作成するということを念頭に記事作成を進めていきましょう。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

その他に知っておきたいSEO記事作成やコンテンツSEOのポイント

最後に、ここまでの内容で紹介しきれなかったSEO記事作成やコンテンツSEOのポイントについて紹介していきます。

その他に知っておきたいSEO記事作成やコンテンツSEOのポイント
  • SEO記事作成に時間をかける
  • 記事で扱うテーマをしぼる
  • ニーズから逆算してSEO記事を作成
  • SEO記事は裾広がりを目指す
  • 既存記事の内容を把握
  • 完璧を目指さず試行錯誤を繰り返す
  • SEO記事の対策キーワードは順番が大事
  • サイト運営者情報、著者情報を公開

それぞれ詳しく解説します。

SEO記事作成に時間をかける

SEO記事で上記表示されるためにユーザーニーズを満たすことは先述しましたが、ユーザーニーズを調査し記事作成するには多くの時間が必要です。

ただ、多くの時間をかけたからといって、ユーザーニーズを満たす記事が書けるわけではありません。しかし、良い記事は必ずと言っていいほどユーザーニーズの深掘りや、記事構成に多くの時間を使っています。

「これで良いか……」と思わず、何度も確認したり、複数人でチェックしたりするなど、やりすぎと思うくらいやってみるのも良いでしょう。

記事で扱うテーマをしぼる

SEO記事を作成するときは、記事で扱うテーマをしぼることも大切です。扱うテーマを、あれもこれも網羅しようとすると焦点がぶれてニーズを満たせなくなります。また、高品質な記事を量産することは、現実的に不可能です。

逆に扱うテーマをしぼれば、網羅性のある記事を減らせられたり、記事作成に当てる時間を増やせたりできます。

ニーズから逆算してSEO記事を作成

狙うキーワードや検索ボリュームを調査し、それに合わせて記事を作成することも大切です。しかし、SEOコンテンツは、Googleにも記載しているとおりユーザーニーズありきで、キーワードに潜むユーザーの声からSEO記事作成が始まります。

そのため、狙うキーワードや検索ボリュームだけ調査するのではなく、ニーズからも逆算してSEO記事を作成することをおすすめします。

SEO記事は裾広がりを目指す

SEO記事は裾広がりを目指すことが大切です。最初にまとめ記事を作成し、そこに子記事群を繋げるということです。

たとえば「SEO記事」に悩んでいるユーザーに対して記事を作成するとき、まず、SEO記事に関する概要をまとめた記事を作成します。そして次に作成する記事は、まとめ記事の概要の1つを深掘りした記事を作成します。

このように、まずまとめを作成し、複数のほかの記事に深掘りした内容を記載していき、それらを関連記事として繋げていくことが大切です。

既存記事の内容を把握

既存記事の内容を把握することも大切です。

サイト全体での網羅性を出すためには、記事と記事を内部リンクで繋げることが重要です。既存記事の内容を把握していないと、内部リンク繋げず網羅性が出せません。また、既存記事の内容を把握していないと記事毎に記載されている内容が異なるといった弊害も生じてしまうでしょう。

既存記事の内容を把握し、適切な内部リンク繋ぎやサイト内での情報整合性担保に努めましょう。

完璧を目指さず試行錯誤を繰り返す

SEO記事のルールは随時変わるので正解はなく、加えて完璧もありません。それは、初心者でも上級者でも同じで、仮説を立てて試行錯誤をくりかえして行くほかに方法はありません。1度作成して上位表示されなくても、随時修正(リライト)をしていけば、上位表示されることも期待できるでしょう。

完璧主義すぎると、行動量が確保できずなかなか成果を生み出せません。時間はかけたほうがいいですが、その分回収できるようにプロジェクトを進めることが大切です。

ちなみに、SEO対策して作成した記事が評価されるようになるには、3か月から6か月の期間を要します。
すぐに上位表示されないからと言って、短期間でリライトを繰り返すことはやめておきましょう。

SEO記事の対策キーワードは順番が大事

SEO記事の対策キーワードは順番も大事です。「A+B」と「B+A」では検索意図や検索ボリュームも結果が異なってくる場合があります。

例えば、「SEO記事 書き方」と「書き方 SEO記事」では検索ボリュームが大きく異なります。この場合、より検索ボリュームの多い方でより適切な評価を受けたいため、タイトルや見出しの調整が必要です。

サイト運営者情報、著者情報を公開

サイト運営者情報、著者情報を公開することは大切です。

Googleでは、「どんな人が発信しているのか」「どれだけ専門性があるのか」「どれだけ権威性を持っているのか」「どれだけ信頼性があるのか」、この4つも重要視されています。

例えば、経歴のある監修者がいるメディア、政府関係者や業界トップクラスの方が発信しているメディア、良質なコンテンツが網羅されている専門的なメディアなどなら、Googleから高い評価が期待できるでしょう。

こういった運営者情報や著者情報を開示することは、Googleにメディアの身元を公開することにつながり、加えて権威性や専門性などを持った方が評価されやすくなります。

まとめ

本記事では、勝てるSEO記事の作成方法について詳しく解説してきました。

SEO記事作成で成果を生むためには何より、目の前のユーザーを満足させる記事を制作することが大切です。
記事内で紹介した内容を参考に、ユーザー第一の考え方でコンテンツSEOを進めていきましょう。

また、SEO記事は公開してから評価されるようになるまで、3か月から6か月の期間を要します。
そのため、長期的な取り組みは必須です。守るべき事項が多く大変ですが、1つずつ着実にクリアしていきましょう。

もし、自社内ですべて行なうのが難しい場合は、SEO記事制作代行会社の利用を検討するのも良いでしょう。

本記事で紹介した内容を押さえて、皆様のコンテンツSEOが成功したら何よりです。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。