【2024年版】記事作成ツールおすすめ32選|プロの活用法まで

おすすめ記事作成ツール
この記事でわかること
  • 記事作成ツールの重要性や種類
  • 記事作成工程別のおすすめ記事作成ツール
  • 記事作成ツールを使ったSEOに強い記事作成方法
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

SEO記事制作会社の社長。
これまで多数のwebメディア立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。
コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

記事作成にはもはや不可欠とも言える記事作成ツール。

記事作成の各工程を効率化し人の手では限界のある作業をより高い精度で実行可能です。

しかしそんな記事作成ツールを探すにあたり、以下のような疑問・課題を感じている方も多いのではないでしょうか。

「おすすめの記事作成ツールを知りたい」
「プロは記事作成ツールをどのように活用しているのか」

そこで本記事では、SEOのプロが活用するおすすめの記事作成ツールを工程別に紹介
加えて、記事作成ツールを活用する重要性や実際の記事作成工程でどのように活用されているのかといった点まで、完全網羅で解説しています。

記事を読むことで、きっと自分(自社)に合った記事作成ツールが見つかりますよ。

ぜひご一読ください!

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
目次

記事作成ツールとは?

記事作成ツールとは、文章の作成から公開までのプロセスを効率化し、高品質な記事を作成するためのソフトウェアやWebサービスの総称です。

記事作成にかかる時間や労力を削減し、なおかつよりSEOに効果的な記事を作成するのに役立ちます。
記事作成において、何かしらの記事作成ツールを用いることは必須

適切に記事作成ツールを使用できるかどうかによって記事クオリティに大きな差が出てきます。

例えば、キーワード選定において記事作成ツールを用いることで、人間の手では見つけきれないような大量の関連キーワードを一瞬で見つけ出すことができます。
その他、コピペチェックツールを用いることで短時間で人の手では発見できないようなコピペ箇所を全て洗い出してくれるでしょう。
最近では、AIを記事作成に活用するテクニックも続々と登場しています。

記事作成における、人の手ではカバーしきれない部分や非効率になってしまう部分を、記事作成ツールであれば大幅にクオリティアップ・効率化につなげられるのです。

記事作成ツールの種類

一口に記事作成ツールと言っても様々な種類があり、大きく分類すると以下の7種類に分けられます。

  • 文章作成・編集ツール(テキストエディタ)
  • キーワード選定ツール
  • 検索意図分析ツール
  • 記事構成案作成ツール
  • 文章校正・推敲ツール
  • コピペチェックツール
  • AI文章文章生成ツール(AIライティングツール)
  • リライトツール

それぞれ簡単に意味を解説します。

文章作成・編集ツール(テキストエディタ)

文章作成・編集ツールとは、文字通り文章の作成、編集を支援するツールです。

基本的なテキストエディタとしての機能に加え、文法チェック、スペルチェック、語彙提案、表現改善といった機能を持つものもあります。
より高度なツールでは、AIによる文章校正や、特定のスタイルガイドに合わせた文章調整などが可能です。

文章作成・編集ツールは基本的に、「Googleドキュメント」か「Microsoft Word」のどちらかを活用している人がほとんど。
使いやすさや機能面で他のツールと大きな差があるのでおすすめです。

キーワード選定ツール

キーワード選定ツールとは、SEO対策において特に重要なキーワード選定を支援するためのツールです。

検索ボリュームや競合状況などを分析し、効果的なキーワードの組み合わせを提案。
キーワードのトレンドや関連性も確認できるため、コンテンツ戦略を立てる際に役立ちます。

キーワード選定ツールは機能をベースに、以下のように細分化可能です。

  • 競合キーワードの調査に便利なツール
  • 関連キーワードの調査に便利なツール
  • 検索ボリュームの調査に便利なツール
  • 自社サイトが獲得しているキーワードの調査に便利なツール

上記の各機能を有した複数のキーワード選定ツールを活用することで、より精度の高いキーワード選定が可能になります。

検索意図分析ツール

検索意図分析ツールとは、ユーザーが検索エンジンに入力したキーワードの背後にある意図を分析するのに役立つツールです。

ユーザーがどのような情報を求めているのか、どのような問題を解決したいのかを理解することで、よりユーザーニーズに合ったコンテンツを作成できます。

SEOに強い記事とはすなわち、ユーザーニーズを満たすコンテンツです。
検索意図分析ツールを利用して、ユーザーニーズを「包括的に」「正しく」「より深く」理解することで、SEOに強い良質な記事の作成につながります。

記事構成案(見出し構成案)作成ツール

記事構成案(見出し構成案)作成ツールは、”記事構成案を自動生成するツール””記事構成案の作成を補助するツール”のことです。

記事構成案を自動生成するツール

キーワードやターゲット層を入力すると、見出しやセクションの構成案をAIが自動で生成し提案してくれます。
構成案を参考に記事を作成することで、作成時間の短縮や論理的な流れでSEOに強い記事を作成することにつながるでしょう。

記事構成案の作成を補助するツール

記事構成案の各工程での作業を補助するツールです。

例えば、競合記事の見出し・文字数調査や関連キーワードの調査など、ツールを用いて効率化することができます。

文章校正・推敲ツール

文章校正・推敲ツールは、文章の誤字脱字、文法ミス、表現の改善点を指摘してくれるツールです。

人の手ではなかなか見つけられないない文章内のミスをツールであれば、高精度ですぐに見つけられます
また、より自然な文章にしたり、読みやすい文章にしたりするのにも役立つでしょう。

文章校正・推敲ツールには、パターン識別タイプとAIを活用したタイプの2種類があります。

  • パターン識別タイプ:過去の誤字脱字や文法ミスのパターンに基づき、誤っている箇所を判別
  • AIタイプ:AIが誤っている箇所を発見

それぞれ一長一短があり、無料ツールも多いので、弊社では両方活用するのをおすすめしています。

コピペチェックツール

コピペチェックツールは、文章内の剽窃・盗用をチェックするツールです。

他のWebサイトや論文などとの類似性を検出し、盗用率を算出します。

著作権侵害を防ぐだけでなく、オリジナリティの高いコンテンツを作成するためにも活用可能です。

重複コンテンツとみなされると、Googleからスパムだと判断されて検索順位が大きく下がるだけでなく著作権侵害のリスクも。
記事作成を外注する場合は、必ず用いたほうが良いでしょう。

AI文章文章生成ツール(AIライティングツール)

AI文章文章生成ツール(AIライティングツール)は、AI技術を活用して文章を自動生成するツールです。

キーワードやテーマ、見出し構成案などを入力すると、それに基づいた文章を作成してくれます。

簡単な記事やメールの作成、アイデア出しなどに活用可能。
ただし、生成された文章は必ずしも正確ではないため、内容の確認や修正が必要です。

AIを使った記事作成について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

リライトツール

リライトツールとは、SEOにおいて重要な記事のリライトに活用できるツールです。

文章を変換してわかりやすくするリライトツールなどもありますが、活用する効果はほとんどないのであまりおすすめしません。

導入すべきは以下のような機能を備えたツールになります。

  • 記事のSEOスコアリング機能
  • 競合との記事比較機能
  • キーワード・共起語出現率調査機能
  • ヒートマップ機能 など

上記のようなリライトの各工程を補助するツールを導入するようにしましょう。

おすすめの文章作成・編集ツール(テキストエディタ)<無料&有料>

文書作成や編集におすすめの記事作成ツールは以下の通りです。

  • Googleドキュメント(無料)【おすすめ】
  • Microsoft Word(有料)
  • WPS Writer(有料)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Googleドキュメント(無料)【おすすめ】

Googleドキュメントは、弊社が特におすすめする無料の文章作成・編集ツールです。

Googleドキュメント
出典:Googleドキュメント
おすすめポイントURLを共有するだけで共同作業ができる
コメントや提案機能があり便利

Googleアカウントがあれば無料で使える

記事作成にあたり、文章作成や編集には基本的にGoogleドキュメントがおすすめです。

文章作成に関する機能はWordとそこまで大きな差はありませんが、共同作業に便利な点から推奨しています。

URLを送るだけで共有でき、複数名で同時に作業が可能です。
なおかつ指定箇所へのコメント機能や変更点の提案機能など便利な機能を多数搭載。
複数名がかかわることが多い記事作成には非常に便利なツールだと言えるでしょう。

また、最近生成AIのGeminiと連携し、AIによる要約機能や校正機能が追加されています。
Geminiは日々進化しているので、Googleドキュメントのさらなる進化に期待です!

Microsoft Word(有料)

Wordはトップクラスのシェア率を誇る文章作成・編集ツール。使ったことがあるという人がほとんどではないでしょうか。

Microsoft Word
出典:Microsoft Word
おすすめポイント生成AI「Copilot」を搭載

おすすめのキーワード選定ツール<無料&有料>

キーワード選定におすすめのツールと活用シーンは以下の通りです。

  • ラッコキーワード(無料):サジェストキーワードの調査
  • Googleキーワードプランナー(無料):検索ボリュームの調査
  • Ubersuggests(無料):検索ボリュームの調査
  • Google Search Console(無料):自社サイトが表示・流入獲得したキーワードの調査
  • Ahrefs(有料):競合キーワードの調査
  • SEMrush(有料):競合キーワードの調査

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ラッコキーワード(無料):サジェストキーワードの調査

ッコキーワードは多くのサイトに利用されている無料ツール(一部有料)。サジェスト・関連キーワードの調査に用いられます。

ラッコキーワード
活用シーンサジェスト・関連キーワード

ラッコキーワードを使えば、サジェスト・関連キーワードを無料で調べられます。
多くのSEO担当者に愛されているツールです。

ラッコキーワードの活用例

調べたいキーワードを入力することで上記のようにサジェストキーワードが一気に出てきます。

Googleキーワードプランナー(無料):検索ボリュームの調査

GoogleキーワードプランナーはGoogle公式の無料ツール。検索ボリューム調査時に活用できます。

Googleキーワードプランナー
出典:Googleキーワードプランナー
活用シーン検索ボリュームの調査

Googleキーワードプランナーはキーワード選定時の検索ボリューム調査に役立ちます。
調べたいキーワードを入力することで、検索ボリュームを一気に調査可能です。

ただし、具体的な検索ボリュームを調べるためには、一定金額Google広告を利用する必要があります。
Google広告を一定額利用していない場合は、「1,000~10,000」というようにざっくり

Ubersuggests(無料):検索ボリュームの調査

bersuggestは無料で検索ボリューム調査が可能なツール。ただし回数制限があるためキーワードプランナーが使えないサイトでの活用がおすすめです。

Ubersuggest
活用シーン検索ボリューム調査

Ubersuggestは回数制限がありますが、キーワードの検索ボリューム調査を調査できるツールです。
Google広告の配信予定がなく、キーワードプランナーの機能に制限がある場合に利用しましょう。

有料版を使えば、多彩な機能が利用できるので気になる方はお試しください。

Google Search Console(無料):自社サイトが表示・流入獲得したキーワードの調査

Google Search Console(以下サーチコンソール)はGoogleが提供する無料ツール。キーワード選定時には自社サイトへ流入したユーザーの検索キーワード調査に用いられます。

Google Search Console(サーチコンソール)
活用シーン自社サイトへ流入したユーザーの検索キーワード調査

サーチコンソールは、XMLサイトマップの送信やインデックスリクエスト、リンク調査など、多彩な用途のあるSEO対策には絶対に欠かせないツールです。

キーワード選定においては、自社サイトへ流入したユーザーの検索キーワード(検索クエリ)調査に用いることができます。

以下のようにサイトに流入したユーザーや検索結果画面でサイトを目にしたユーザーの検索したキーワードが一覧で表示されます。

Google Search Consoleの活用法

サーチコンソールはSEO対策に取り組むサイトであれば必ず導入する必要があります

Ahrefs(有料):競合キーワードの調査

Ahrefsは多彩な機能が搭載されたシンガポール発のSEO分析ツールです。非常に使いやすく弊社でも活用しています。

Ahrefs
出典:Ahrefs
料金99$/月~
活用シーン検索ボリューム調査
競合キーワード調査
キーワード順位計測

Ahrefsは多彩な機能を搭載していますが、キーワード選定においては主に「競合キーワード調査」と「キーワード順位計測」に用いられます。

競合キーワード調査では、URLを入力することで以下のように一括で競合サイトが獲得しているキーワードとその順位などが調べられます。

Ahrefsの競合キーワード調査機能

また順位計測機能では、事前に登録したキーワードの順位状況が現在から過去数年間の分までデータ取得可能です。
キーワードはCSVで一括登録できます。

その他、競合の被リンク調査など、SEO分析において欠かせない機能を多数搭載しており、SEO対策会社などプロを中心に人気のツールです。

SEMrush(有料):競合キーワードの調査

SEMrushはアメリカ発の、競合分析に強みを持つSEOツールです。

SEMrush
出典:SEMrush
料金142.95$/月~
活用シーン検索ボリューム調査
競合キーワード調査
キーワード順位計測

SEMrushは、Ahrefs同様に多彩な機能を備えたSEOツール。
キーワード選定においては、競合キーワード調査やキーワード順位計測に用いられます。

プロから人気のツールで、SEO対策会社はAhrefsかSEMrushのどちらかを入れているところが多いです。

SEOの他、広告分析やSNS分析もできる点が魅力。
SNS分析は、AhrefsにはないのでSNSを施策に絡めている方はSEMrushがおすすめです。

キーワード選定について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

おすすめの検索意図分析ツール<無料&有料>

ユーザーの検索意図分析におすすめの記事作成ツールは以下の通りです。

  • Yahoo!知恵袋(無料)
  • X(無料)
  • Gemini(無料)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Yahoo!知恵袋(無料)

Yahoo!知恵袋は検索意図分析に極めて有効なツールです。

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋は、ユーザーが質問を投げかけ回答を募るサービスですが、その性質上検索意図の把握に有効です。

Yahoo!知恵袋上で対策したいキーワードに関連したユーザーの疑問と回答を見ることで、よりリアルな検索意図が把握できます。
単語単位である検索キーワードに比べて、知恵袋上の質問は文章になっているので、より分かりやすく検索意図が把握できるでしょう。

なおかつ回答に対しても、”ベストアンサー”制度が設けられているので、検索意図に対するクリティカルな回答の理解にも役立ちます。

X(無料)

SNSのX(旧twitter)も検索意図の把握に役立ちます。

X(無料)
出典:X

Xにはユーザーのリアルな声が投稿されているので、検索意図の把握に役立ちます。

対策キーワードをX上で検索しユーザーの声を見てみて、検索意図把握の参考になる内容があれば、ピックアップしてみてください。

Xの調査はやっていないサイトも多く、競合が発見できていない検索意図を見つけられたら大きな差別化ポイントになりますので、積極的に活用してみてください!

Gemini(無料)

GeminiはGoogleが提供する生成AIツールです。

Gemini(旧bards)
出典:Gemini公式サイト

Geminiも検索意図の把握に役立ちます。

以下のように検索意図をGeminiに質問すると、教えてくれます。

Geminiのアウトプット事例

潜在ニーズから顕在ニーズまで、かなり正確に検索意図を示してくれます。

人間が検索意図を考えた場合に比べて、違った視点やより深い視点を示してくれる場合も多く、アイデア出しに活用するのが便利。
なおかつきれいに整理された回答が出力されるので、検索意図を考える土台として活用するのも有効です。

おすすめの記事構成案作成ツール<無料&有料>

記事構成案作成時に役立つおすすめツールを活用シーン別で紹介していきます。

  • ラッコキーワード:サジェストキーワード・競合見出し調査に活用
  • Gemini:アイデア出しに活用
  • Ahrefs:競合キーワード・競合ドメイン調査に活用
  • Keywordmap:AI記事構成案作成機能あり

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ラッコキーワード:関連キーワード・競合見出し調査に活用

ラッコキーワードは、記事構成案作成時の関連キーワードや競合見出しの調査に活用できます。

ラッコキーワード
出典:ラッコキーワード

ラッコキーワードを使えば、サジェストキーワードや競合記事の見出しが一括で抽出可能です。

サジェストキーワード調査

ラッコキーワードを開き、キーワード検索の箇所に調べたいキーワードを入力すると以下のように、サジェストキーワードが一覧で表示されます。

ラッコキーワードを使ったサジェストキーワード調査

表示されたサジェストキーワードは右上からワンクリックでコピー可能です。

CSVダウンロードもできますよ。

競合調査

ラッコキーワードを開き、キーワード検索の箇所に調べたいキーワードを入力した後に表示される画面左にある見出し抽出(上位20サイト)や共起語(上位20サイト)から競合調査を行うことができます。

見出し抽出は、上位20サイト分の見出し情報、文字数、タイトルなどが一括で抽出できるので非常に便利です。

ラッコキーワードの競合調査事例

抽出したデータは、CSVダウンロードが可能です。

また、上位サイトを参考に見出しをAIで自動生成することもできます。

Gemini:アイデア出しに活用

GeminiはGoogleが提供する生成AIです。記事構成案作成時のアイデア出しとして活用できます。

geminiの画面

弊社ではGemini(Gemini Advanced)を記事構成の作成時にアイデア出しツールとして活用しています。

活用方法は様々ですが、弊社では以下のようなプロンプトを入力して記事構成案を作成してもらい、自社の記事構成案と見比べて改善点を探るのに活用しています。

<プロンプト例>
あなたはSEOディレクターです。
「記事作成ツール」というキーワードで検索1位をとれる記事の構成案を作成してください。

上記プロンプトを入力したところ、以下のようなアウトプットとなりました。

Geminiの記事構成案アウトプット事例

内容的にSEO経験者とほとんどそん色ないクオリティになっています。

意外と人間が作った記事構成案ではカバーしきれなかった盲点などをAIが教えてくれる場合もあり、記事構成案に役立てるのは有効です。

ただし、AIが作った記事構成案はそれなりのクオリティですが、まだプロレベルのSEO担当者が作ったものには劣ります。したがって、そのまま使わずあくまでアイデア出しとして活用するのがおすすめです。

Ahrefs:競合キーワード・競合ドメイン調査に活用

Ahrefsは、記事構成案作成時の競合キーワードや競合ドメイン調査に活用できます。

Ahrefs
出典:Ahrefs
料金99$/月~
活用シーン競合キーワード調査・競合ドメイン調査

Ahrefsは多彩な機能を備えており、プロのSEO担当者を中心に人気のツールです。

SEO対策の様々な場面で役立ちますが、記事構成案作成時には競合キーワード調査や競合ドメイン調査に用いています。

競合キーワード調査

Ahrefsでは、URLを入力するだけで上位を獲得している記事がどのようなキーワードで流入を獲得しているか調査できます。

Ahrefsの競合キーワード調査機能

上位記事がメインの対策キーワードの他、どのようなキーワードから流入を獲得できているか調べられるので、自社の記事にどのような内容を盛り込んだらいいか検討するのに活用可能です。

例えば、メイン対策キーワード「記事作成ツール」の記事が「記事作成ツール 無料」でも高い順位を獲得し多くの流入を獲得している場合、「記事作成ツール 無料」という内容を自社記事にも含んだ方が良いと考えることができます。

競合ドメイン調査

Ahrefsを使うことで、競合ドメインの強さが調査可能です。

ドメインの強さ=被リンク評価は、依然としてSEO対策における最重要項目の一つ。

Ahrefsに競合記事のURLを入力することで、以下のように数値化されたドメインの強さ(DR/UR)が表示されます。

Ahrefsの競合ドメイン調査事例

競合のDRやURが自社より大幅に高い場合、制作する記事のクオリティは圧倒的に上回る必要があります。

反対に、自社のDRやURが飛びぬけて高い場合は、あまり良くありませんが多少クオリティの低い記事でも上位表示が可能です。

時間的なリソースの制限もあるかと思いますので、競合ドメイン調査を行い記事にどれくらいの力を注ぐか時間を割くかの判断を行うことができます。

Keywordmap

Keywordmapは、大手SEOコンサルティング会社のCINCが提供する国産SEOツールです。

Keywordmap
出典:Keywordmap
料金45,000円〜/月
活用シーンAI記事構成案作成

Keywordmapは、AI記事構成案作成機能を搭載。

ChatGPTと連携しており、キーワードを入力することでAIが見出し構成案を作成してくれます。

KeywordmapのAI記事構成案作成機能

弊社でも利用してみましたが比較的高品質な見出し構成案を作成してくれます。

ただしそのまま利用というのはまだ難しく、人の手による改善やあくまでアイデア出しとしての利用にとどめることが大切です。

Keywordmapは他にも多くの便利な機能が搭載されています。

SEOに強い記事構成案作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

おすすめの文章校正・推敲ツール<無料&有料>

文章校正・推敲におすすめのツールは以下の通りです。

  • ENNO(エンノ)(無料)
  • 文章校正ツール(無料)
  • PRUV(プルーフ)(無料)
  • User Local 文章校正AI(無料)
  • Just Right!7 Pro(有料)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ENNO(エンノ)(無料)

ENNO(エンノ)はユーザー登録不要で使える無料文章校正・推敲ツールです。

ENNO(エンノ)(無料)
出典:ENNO(エンノ)
料金0円

ENNO(エンノ)を活用することで、日本語の誤字脱字やタイポ、編集ミス、変換ミスなどを自動チェックすることができます。

チェックしたいテキストを入力すると、以下のようにエラーを検出してくれます。
プログラミングコードのミスもチェック可能です。

ENNO(エンノ)の校正事例

無料ツールではありますが、以下のようにユーザーの細かいニーズにも対応した機能を搭載しており、記事作成担当者から非常に人気です。(オウンドメディア・SEO業界で有名なLIGさんでも活用されています。)

  • AIではなくパターン蓄積によるエラー判定なので動作が常に安定
  • チェックした文書はデータベースやログに保存されないためセキュリティ面でも安心して活用可能
  • 誤検出を極力排除した仕様なので他の校正ツールとの組み合わせにも最適

ENNOは、弊社でも活用しているおすすめツールです。

文章校正ツール(無料)

文章校正ツールはその名の通り、文章校正が可能な無料ツールです。

文章校正ツール
出典:文章校正ツール
料金0円

ENNOと同様、テキストを入力することで以下のようにエラーを検知してくれます。

文章校正ツールのチェック結果

ミスしている箇所と同時に指摘内容が表示される点が便利です。
一方でミスの発見能力はENNOにやや劣る印象。
弊社どちらも活用してみましたが、ENNOの方が漏れなくミスを発見してくれます。

また、チェックした文章がYahoo! JAPANに送信・保存されるので機密文書のチェックには使用しないほうがいいでしょう。※暗号化はされます。

ただし、どちらも無料なので組み合わせて活用するのもおすすめです。

PRUV(プルーフ)(無料)

PRUV(プルーフ)は、有料版も用意された文章校正ツールです。

PRUV(プルーフ)(無料)
料金(税込み)無料版:0円
PRUV PRO(個人向け有料版):550円/月
PRUV Buisiness(企業向け有料版):1,430円/月

PRUV(プルーフ)もテクストを入力することで、文章校正が可能です。

開発者が歴30年のWebメディア編集・校閲者であり、長年の知見が反映されています。
以下のようにエラー箇所が検出されます。

ユーザー登録なしでは、400字までしか入力できない点が弱点です。

企業向け有料版の「PRUV Business」に切り替えることで、独自の辞書を作成し、自社に特化した文章校正が可能。

また、入力されたテキストはデータベースに保存されませんので安心して活用できます。

文章校正AI(無料)

文章校正AIは、その名の通りAIをベースにした無料の文章校正ツールです。

文章校正AI
出典:文章校正AI
料金0円

チェックだけでなく、以下のようにAIが修正済みの文章を出力してくれるのが大きな強みです。

文章校正AIの機能活用結果

AIによる文章校正なので、これまで紹介してきたENNOなどパタ―ン識別タイプに比べて少し出力に時間がかかる点が弱点です。

パターン識別タイプでは、発見できない間違いを見つけてくれることも多く組み合わせて使うことをおすすめします。

Just Right!7 Pro(有料)

Just Right!7 Proはブラウザ上ではなく、ダウンロードして利用するタイプの文章校正ツールです。

Just Right!7 Pro(有料)
出典:Just Right!7 Pro
料金(税込み)個人向け:51,700円
企業向け:17,600円+維持費

Just Right!7 Proは有料ツールではありますが、その分これまで紹介してきた無料ツールに比べてスペックが高い点が強みです。

A4レポート100枚分(10万5,000字)の校正が10秒で完了するなどハイスペックです。
また、ダウンロードして活用できるソフトウェアなので、セキュリティ面でも安心。

多くの文章校正が発生する企業に特におすすめのツールです。

おすすめのコピペチェックツール<無料&有料>

おすすめのコピペチェックツールは以下の通りです。

  • CopyContentDetector(無料)【おすすめ】
  • こぴらん(無料)
  • コピペリン(有料)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

CopyContentDetector(無料)

CopyContentDetectorは、無料で活用可能なおすすめコピペチェックツールです。

CopyContentDetector(無料)
出典:CopyContentDetector
料金0円

テキストをCopyContentDetectorに入力ししばらく待つと、チェック結果が表示されます。
テキストの文字数は無料版4,000字、有料版8,000字までチェック可能です。

チェック結果は以下のように表示されます。

CopyContentDetectorのチェック結果

詳細も見ることができます。

チェック結果はcookie情報で保存されるため、cookieを削除しなければブラウザを閉じて次回アクセス時もチェック結果が確認可能です。

シンプルで使いやすく弊社でも活用しているおすすめのコピペチェックツールです!

こぴらん(無料)

こぴらんは無料で使えるコピペチェックツールです。

こぴらん(無料)
出典:こぴらん
料金0円

テキストを入力することで、以下のようにチェック結果がフレーズごとに表示されます。

こぴらん(無料)のコピペチェック事例

こぴらんの強みは、コピペチェックスピードが速い点。
入力するとほぼノータイムでチェック結果が表示されます。

コピペリン(有料)

コピペリンは、こぴらんの有料版コピペチェックツール。ブラウザ版ではなくダウンロードして活用するタイプです。

コピペリン(有料)
出典:コピペリン
料金(税込み)年間:6,600円

有料な分、チェックスピードやチェックの自動化など便利なツールです。

なおかつチェックする記事同士のコピペもチェック可能なので、サイト内での重複コンテンツを防止することができます。

多数の記事を外注している方に特におすすめのツールです。

おすすめのAI文章自動生成ツール<無料&有料>

おすすめのAI文章自動生成ツール(AIライティングツール)は以下の通りです。

  • Gemini(無料)
  • ChatGPT(無料)
  • User Local AI WRITER(無料)
  • トランスコープ(有料)
  • Articoolo(有料)
  • RakuRin(ラクリン)(有料)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Gemini(無料)

Geminiは、Google社が提供する生成AIツールです。

Gemini(旧bards)
出典:Gemini公式サイト
料金基本的に無料で利用可能
有料プラン(Gemini Advanced):月額2,900円
活用シーンソーシャルメディア投稿/プレスリリース/ニュース記事/ブログ記事/SEO記事/リサーチ/報告/コンテンツアイデアの生成
おすすめポイント多言語対応簡潔でインパクトのあるテキスト生成
マーケティングに特化したテンプレート提供

Geminiは無料で活用できる生成AI。

指示文(プロンプト)を入力することで以下のように文章を生成してもらえます。

Geminiを使った文章生成例

文章のトーンやスタイル、ターゲットを指定することでより細かな文章の調整も可能です。
例えば、上記の文章スタイルを「ギャル語」に指定してみると以下のようになります。

Geminiを使った文章生成例

かなり秀逸なギャル語での「記事作成ツール」に関する説明が1秒足らずで出力されました。
特に”誤字脱字とかマジ卍”は、もはや文学賞レベルの秀逸さです。

ただし現状生成AIの文章をそのまま使うだけでSEOにおいて競合に勝てないのも事実。
上手く生成AIを活用しつつ、あくまで記事制作に携わる人間のSEOへの理解や企画力・編集力を高め、ユーザーにとってより良い記事作成を行うことが必要です。

ChatGPT(無料)

ChatGPTは生成AIを一気に有名にした火付け役。無料で利用することができます。

ChatGPT
出典:ChatGPT公式サイト
料金無料版は料金がかからない
ChatGPT Plus:月額20ドル(約2,700円)
活用シーンニュース記事/ブログ記事/SEO記事/リサーチ/報告/コンテンツアイデアの生成
おすすめポイント・幅広いトピックに対応
・自然言語を使った簡単操作
・豊富な知識ベースに基づく内容生成

ChatGPTは、OpenAIによって開発された革新的なAIツール。
生成AIが大きく注目を集めるようになった火付け役的な存在です。

ChatGPTは自然言語処理技術を駆使して、質問に対する答えや記事の草稿を迅速に生成します。

柔軟性と幅広い知識ベースで、あらゆるジャンルのコンテンツ作成に利用可能。
無料プランもあり、低コストで高品質な文章を生成することができます。

ChatGPTでも、文章を作成してみました。
Geminiとは、説明の視点が異なっていました。

ChatGPTのアウトプット例

ギャル誤変換も一応試してみました。

ChatGPTのアウトプット例

ギャル語の秀逸さに関しては、Geminiに軍配が上がりました。

弊社では自社記事に限り記事作成工程にAIを取り入れていますが、ChatGPTよりもGeminiの方が記事作成には活用しやすいです。
特にSEO記事制作においては、検索エンジンを運営するGoogleの提供するGeminiを活用したほうが良いとも考えています。

ただしどちらのツールもまだ進化の途中にあるため、双方にアンテナを張り活用していく必要があるでしょう。

User Local AI WRITER(無料)

User Local AI WRITERは、記事作成に特化した文章生成AIツール。

User Local AI WRITER
出典:User Local AI WRITER公式サイト
料金無料で利用可能
活用シーンニュース記事/ブログ記事/SEO記事
おすすめポイント地域特有のニーズに対応
コミュニティ向けのパーソナライズドコンテンツ
地域情報の迅速な提供

User Local AI WRITERは、無料で使えるAI記事作成ツール。

SEO記事制作に特化しており、対策キーワードに基づき、「タイトル生成」⇒「記事構成作成」⇒「文章執筆」という形で記事が出力されるのが特徴です。
利用の流れは以下の通り。

User Local AI WRITERを実際に使ってみた!利用の流れを紹介
STEP
トップページにアクセスし対策キーワードを入力

トップページ

User Local AI WRITER利用画面
STEP
関連キーワードを選択

関連キーワードを選択してタイトルを生成します。

User Local AI WRITER利用画面
STEP
タイトルを選択

記事のタイトルを選択します。

User Local AI WRITER利用画面
STEP
記事構成を生成

選択したタイトルに基づき、記事が生成されます。
この段階で記事構成に編集することもできます。

User Local AI WRITER利用画面
STEP
記事を生成

構成に基づき、記事が生成されます。

User Local AI WRITER利用画面
渡邉

User Local AI WRITERを使ってみた感想として、構成の段階で人の手を加えられる点が使いやすいと感じました。
ただ、まだまだ、出力される文章や生成される記事構成はとてもSEOで勝ち抜いていけるものではなく、人の手を多く加える必要がありそうです。
したがって、活用してもあまり手間としては変わらないと感じました。

また、いくつかテストでキーワードを入れてみたところマイナーな分野に関しては英語で出力されてしまった点も難点だと感じました。

今後のアップデートに期待です!

トランスコープ(有料)

トランスコープはSEOに強いAIライティングツールです。

トランスコープ(有料)
出典:トランスコープ公式サイト
料金初期費用:0円
Freeプラン:0円/月
Basicプラン:11,000円/月
Proプラン:38,500円/月
Enterpriseプラン:66,000円
活用シーンSEO記事/ブログコンテンツ/社内文書のライティング
おすすめポイントSEOに強い記事の作成
アイキャッチ画像などの自動作成

他のAI記事作成ツールに比べて機能が充実している点が大きな特長。
以下のような多彩な機能を搭載しています。

  • キーワード/URLから記事を生成
  • 音声データの文字起こし
  • 見出し構成案から文章を生成
  • 画像の生成
  • キーワードの提案
  • リライト
  • 検索順位調査 など

上記のようにコンテンツ記事制作を効率化させる多くの機能が搭載されています。
また、自社独自の情報が打ち出しづらいというAI記事作成ツールの弱点を補う「会社情報の学習機能」を搭載。

加えて、CSVをトランスコープに学習させることで、自社の情報や専門用語を踏まえた記事生成が可能になります。

Articoolo(有料)

Articooloは、SEO最適化された記事を迅速に生成することに特化したツールです。

Articoolo(有料)
出典;Articoolo公式サイト
料金10記事で19$(約2000円)
活用シーンSEO記事/ブログコンテンツ/ウェブサイトのテキスト/ニュース記事/リサーチベースの記事
おすすめポイントSEOに強い記事の短時間生成
ユーザー指定のキーワードに基づく内容作成

キーワード入力だけで、関連するトピックの記事を短時間で作成可能です。

Articooloは海外のSEO対策を強化したいウェブマスターやブロガーに人気の生成AIツール。

ただし、日本語版はまだβ版なので今後のアップデートに期待しましょう。

RakuRin(ラクリン)(有料)

RakuRinはブログ記事作成に特化したAIライティングツールです。

RakuRin(ラクリン)(有料)
出典:RakuRin公式サイト
料金フリー0 円 / 月
シルバー4,980 円 / 月
ゴールド9,980 円 / 月
プラチナ29,980 円 / 月
活用シーンビジネスブログ/教育関連のコンテンツ/プロダクトレビュー/Eメールマーケティング/ケーススタディ
おすすめポイント専門的なテーマにも強いユーザーの入力に基づくカスタマイズ可能高品質な日本語コンテンツ生成

文章のライティングに限らず、キーワードの提案や見出し、リード文、まとめ文の作成が可能です。

その他、ディスクリプションの作成やリライト、構造化データの作成にも対応しており、ブログ記事作成に必要な機能を多数搭載しています。

搭載している生成AIは最新版のGPT-4oなので、自然な文章を生成する能力も高いです。

有料プランが中心ですが、無料で使えるプランも用意されています。

記事作成にAIを活用する方法について詳しくは下記の記事をご覧ください。

おすすめのリライトツール<無料&有料>

おすすめのリライトツールは以下の通りです。

  • SEARCH WRITE
  • Keywordmap

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEARCH WRITE

SEARCH WRITEは、バブルチャート機能も搭載したリライトツールです。

SEARCH WRITE
出典:SEARCH WRITE
料金要問合せ

SEARCH WRITEは多彩な機能を備えたSEOツールですが、リライト時において特筆すべきはバブルチャート機能です。

バブルチャート機能を用いることで、順位改善やタイトル改修が必要なキーワードを可視化。
リライトすべき記事の選定が大幅に効率化します。

SEARCH WRITEのバブルチャート機能

その他、見出し構成案作成機能やSEO施策の検証機能など、便利な機能を多数備えています。

Keywordmap

Keywordmapは、リライトに役立つ複数の機能を備えたツールです。

Keywordmap
出典:Keywordmap
料金45,000円〜/月

Keywordmapはリライトに役立つ以下のような機能を備えています。

検索意図(ユーザーニーズ)の自動抽出機能

キーワードを入力することで検索意図を自動抽出することができます。

バブルチャートのような形で視覚的に可視化されるので、わかりやすいです。
なおかつKeywordmapの強みは自社記事に検索意図に沿った内容が含まれているかどうか見られる点。

リライト時に検索意図に沿った記事になっているかどうか非常に参考になります。

共起語自動抽出機能

上位記事の共起語も抽出可能です。

なおかつ検索意図同様に自社の記事にどれくらい共起語が含まれているかどうかも見られるので、リライトに役立ちます。

弊社が使っている記事作成ツールラインナップ

SEO記事制作代行会社である弊社が使っている記事作成ツールのラインナップは以下の通りです。

文章作成・編集ツール(テキストエディタ)

文章作成・編集ツールには、Googleドキュメントを活用しています。

GmailやGoogleDriveなど、Google関連サービスを中心に活用している企業には特におすすめ。

Geminiとも連携可能です。

キーワード選定

キーワード選定に活用しているツールは以下の通りです。

検索意図分析ツール

検索意図分析ツールには、紹介した3つのツールすべてを活用しています。

  • Yahoo!知恵袋
  • X
  • Gemini
記事構成案(見出し構成案)作成ツール

記事構成案の作成には以下のツールを利用しています。

  • ラッコキーワード:関連キーワード・競合見出し調査に活用
  • Gemini:アイデア出しに活用
  • Ahrefs:競合キーワード・競合ドメイン調査に活用
文章校正・推敲ツール

文章校正や推敲には以下の2種類のツールを使っています。

  • ENNO(エンノ)(無料)
  • 文章校正AI(無料)

まずは「文章校正AI」でチェックしたのちに、ENNOで再チェックを行っています。

1つで十分と言う方はENNOのみでOKです。

コピペチェックツール

コピペチェックツールには、「CopyContentDetector(無料)」を利用しています。

チェックする文章量が多いので有料版を活用しています。

AI文章生成ツール

AI文章生成ツールはほとんど活用していません。
特にクライアント様からご依頼いただいた記事には一切活用していません。

自社の記事に限り、Gemini Advancedを利用しています。

記事作成ツールを使ったSEOに強い記事の作成方法

最後に、記事作成ツールを各ステップで活用したSEOに強い記事の作成方法を紹介していきます。

STEP
キーワードの選定

キーワード選定における以下の2つの工程それぞれでツールを活用可能です。

キーワード洗い出し工程

キーワード選定にあたり、まずは関連するキーワードを一気に洗い出します。

その際、以下のようにツールを活用しています。

  • 競合キーワードの洗い出し:Ahrefsを活用して一括抽出
  • 関連キーワードの洗い出し:ラッコキーワードを活用して一括抽出

上記を用いれば、関連するキーワードを概ね洗い出すことが可能です。

加えて、人の手でターゲット心理から逆算しどのようなキーワードが検索されているか考える時間も忘れずに設けてください。

キーワード優先度付け工程

キーワード優先度付けは基本的に人の手で行うしかありませんが、検索ボリューム調査のみツールを活用しています。

活用しているツールはGoogleキーワードプランナー。
洗い出したキーワードを入力することで一括で検索ボリュームを調査可能です。

Googleキーワードプランナー
出典:Googleキーワードプランナー

キーワード選定方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

STEP
記事構成案の作成

まずは、記事構成案の作成は以下のような流れで進めます。

  1. 対策キーワードの決定
  2. 関連キーワードの調査ツール活用
  3. 上位記事の分析ツール活用
  4. ターゲット(ペルソナ)の設定
  5. ユーザーニーズの分析
  6. 記事のゴールの明確化
  7. ゴール達成までに必要な要素を整理
  8. 見出し構成(骨子)案を作成ツール活用

本記事では、ツール活用箇所のみを解説します。
なお、記事構成案の作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

関連キーワードの調査←ツール活用

対策キーワードに関連したキーワードを調査します。

関連キーワードは以下の3種類を調査。

  • サジェストキーワード:検索テキスト入力窓に表示されるキーワード候補
  • 関連する質問:検索結果画面に表示される質問
  • 関連性の高い検索:検索結果画面下部に表示されるキーワード群

上記のうち、サジェストキーワードの調査にラッコキーワードを活用しています。

対策キーワードを入力することで、サジェストキーワードが一括で抽出されるので便利です。

上位記事の分析←ツール活用

上位に表示されている記事を分析してユーザーのニーズを考えます。

上位記事はすでに対策キーワードで検索上位が獲得できているという点から、ユーザーの知りたい内容がカバーできている可能性が高いです。

上位記事分析時には、ラッコキーワードを活用するのが便利。

対策キーワードを入力することで、上位20記事分の見出しや文字数が一括で抽出できます。

見出し構成(骨子)案を作成←ツール活用

記事構成案の最終工程で、以下のような形で見出し構成案を作成します。

見出し構成案

見出し構成案作成時には、生成AIを活用してヒントにしています。

例えば弊社では、GoogleのGemini(有料版のGemini Advanced)に以下のようなプロンプトを入力。

<プロンプト例>
あなたはSEOディレクターです。
「記事構成案 作り方」というキーワードで検索1位をとれる記事の構成案を作成してください。

生成された記事構成案を参考に、自社で作成したものを手直ししています。

記事構成案の作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

STEP
記事の執筆

記事の執筆にはあまりツールを活用していません。

記事の本題とは逸れますが、SEO記事の執筆(=SEOライティング)では以下のポイントを抑えておくとよいでしょう。

  • 検索エンジンにもユーザーにも理解しやすい文章を心がける
  • 本文に自然な形でキーワードを含める
  • 結論ファースト(見出しの直後に一度結論を記載する)
  • 1文1義(言いたいことは1文にひとつ)
  • 冗長な表現はNG
  • こそあど言葉は検索エンジンが理解しにくいのでなるべく使わない
  • 語尾は統一する
  • 主語と述語は近くに置く
  • 主語と述語をねじれ関係にしない
  • ユーザーが記事を読み進めたくなるようなリード文を書く
  • 流し読みでも記事内容を把握できるような見出しにする
  • 関連性の高い内部リンク、外部リンクを設定する など

SEOライティングのポイントについてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

STEP
記事の校正・校閲

記事の校正・校閲工程では、基本的にツールをフル活用しています。

弊社では、以下のようなツールを利用しています。

  • 校正・校閲:ENNO
  • コピペチェック:CopyContentDetector®
STEP
記事のリライト

記事のリライトは、リライト記事の選定と実際のリライトに分けられます。

それぞれで以下のようなツールを活用しています。

リライト記事の選定

リライト記事の選定では、キーワード順位測定ツールとクリック率測定ツールを活用します。

キーワード順位を測定し、検索順位が3位以上でない場合は、記事内容自体のリライトをした方が良いことがほとんどです。

「Ahrefs」といったツールで自社サイトのキーワード順位を確認できるので、モニタリング結果に基づき、リライト対象記事を選定しましょう。

また、クリック率に基づくリライトも重要。

「Googleサーチコンソール」を用いて、記事のクリック率を測定し相場より低い場合はタイトル改修を行いましょう。

実際のリライト

実際のリライトでは、弊社はあまりツールを活用していません。

あくまで人の手で、記事が検索意図に沿っているか、ユーザーを満足させられるかを分析しリライトを実施しています。

ただし、Googleサーチコンソールを活用して、記事への流入キーワードデータを活用したリライトは行っています。

記事には、メインの対策キーワード以外からも様々な検索キーワードでユーザーが流入しています。
流入しているユーザーが検索したキーワードに関連する内容が記事内に充実していない場合は、加筆するとよいでしょう。
ユーザーの満足度が高まり、検索順位の向上が期待できます。

SEOリライトの方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

なお、SEOに特化した記事ではないものも含めたコンテンツマーケティングの記事作成方法については、「コンテンツマーケティングの記事作成手順を6つのステップで解説!外注化の事例やコツは?」で詳しく解説しています。気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

ここまで、工程別のおすすめ記事作成ツールや記事作成時の活用方法について解説してきました。

自社に合った記事作成ツールは見つかりましたでしょうか。
無料のツールも多いので、自社に合っているかどうかまずは一度試してみるのもおすすめです。

また、有料ツールは基本的に多機能で非常に便利ですが、中には一部イマイチなものもあります。

デモ利用も可能なので実際に使ってみて慎重に検討することが大切です。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。