AIは記事作成に活用できる?おすすめのAI文章生成ツール10選

AIは記事作成に活用できる?
この記事でわかること
  • AIは記事作成に活用できるかどうか?
  • GoogleのAI生成記事に対するスパムポリシーについて(SEOに活用できるかまで)
  • AIを記事作成に用いるときの注意点
  • AIを記事作成に活用して成功しているメディアの事例
  • おすすめのAI文章生成ツール10選
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

SEO記事制作代行会社の経営者。
これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

AI技術が進化する現代において、記事作成プロセスも大きな変革の時を迎えています。

本記事では、AIを活用して記事作成ができるかどうかについてSEO記事制作代行会社目線で掘り下げ。
加えておすすめの最新AIツールの特徴や実際に使用したレビューまで解説していきます。

さらに、AI技術を活用することのメリットから注意すべきポイント、成功事例に至るまで、包括的に紹介。
読了後、AIを用いた記事作成の具体的な方法、最適なツールの選び方、ならびにAI技術の適切な活用法に関する深い理解を得ることができるでしょう。

この先進的な技術を用いて、より効率的で質の高いコンテンツ制作を実現するための知識を、ぜひこの記事で身につけてください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

▶参考記事勝てるSEO記事の書き方|構成作成方法や文章ライティングのコツ
▶参考記事:【2024年版】記事作成ツールおすすめ32選|プロの活用法まで

目次

AIで記事作成できる?

AIで実際に記事を作成することは可能なのでしょうか?

近年、ChatGPTなどの生成AIをはじめとする各種AI技術は急速に進化しており、多くの業務プロセスに変革をもたらしています。
記事作成分野でも、AI活用の可能性に注目が集まっている状況です。

結論、AIを用いた記事作成は可能です。

AIはキーワードやトピックに基づいて自動でコンテンツを生成することが可能で、短時間で大量の記事を生み出すことができます。
ニュース記事、ブログポスト、ソーシャルメディアの投稿など、多岐にわたる分野で活躍中です。

AI記事作成ツールは、機械学習と自然言語処理(NLP)技術を駆使して、人間が読んで理解できる自然な文章を生成。
文章の構成や文法、さらにはスタイルまで考慮して、特定のトピックに関するコンテンツを作成できるため、多くのメディアやコンテンツ制作者にとって価値あるリソースになっています。
(記事制作会社目線でも、最近は下手なライターの文章よりもAIの文章の方が上手に欠けている印象です。)

しかし、AIによる記事作成には限界も存在します。

AIはデータに基づいて学習するため、最新のトレンドやニュアンスを完全に理解することが難しい場合があります。
また、創造性や深い洞察を要する記事は、人間のライターの方が適しているでしょう。
さらに、AIは情報の正誤を判断する能力がまだまだ低いので、ファクトチェックや誤情報の監視も重要な課題となります。

総じて、AIは記事作成プロセスを支援し、効率化する強力なツールですが、高品質なコンテンツを作成するためには、人間の編集・校正・校閲作業が不可欠です。
AI技術の進化に伴い、このバランスを如何に取るかが、今後のコンテンツ制作の鍵となるでしょう。

AI記事はSEOにも活用できる?Google公式見解を紹介

結論、AI記事はSEOに活用できますが、いくつか注意点があります。

GoogleはAI生成コンテンツに対する評価に関して、あくまでユーザーにとって高品質であるかどうかが最も重要であるとの立場を明確にしています。
コンテンツがAIによって生成されたかどうかは、Googleの評価においては関係ありません。

したがってAIで生成された記事に関してはOKですが、その品質に対しては評価の対象とするという姿勢です。

2024年3月に発表されたAI記事に関するスパムポリシーを軸に、詳しく注意点やポイントをみていきましょう。

AI記事に関するスパムポリシーが2024年3月コアアップデートで追加される

2024年3月、GoogleはAIを利用して生成されたコンテンツが低品質である場合に、スパムと見なされる可能性があるという新しいポリシーを発表しました。

大量生成されたコンテンツの不正使用

生成 AI ツールまたはその他の同様のツールを使用して、ユーザーにとっての価値を付加することなく大量のページを生成すること

引用:Google検索セントラル「Google ウェブ検索のスパムに関するポリシー」

詳細はあとで詳しく解説しますが、内容を一言で表すと以下の通りです。

「AIで記事生成するのはOK!でも大量の低品質コンテンツを生成するのはスパムだからペナルティ対象だよ。」

AIを使って数千~数万ページの低品質コンテンツを生成してトラフィックを稼ぐメディアが多数登場している影響もあって、今回上記のようなスパムポリシーが設定されています。

高品質でユーザーに価値を提供するコンテンツの重要性を再確認するものであり、
AI技術を活用して記事を生成する際の指針だともいえるでしょう。

AI生成コンテンツがGoogleのガイドラインを遵守し、スパムと見なされないためには、以下のポイントを理解しておくことが重要です。

品質と有用性コンテンツは情報提供の価値が高く、ユーザーにとって有用でなければなりません。AIを使って大量の低品質コンテンツを生成することは避け、内容の正確さ、完全さ、そして読者にとっての意味の深さに重点を置くべきです。
独自性AIによって生成された記事も、他のコンテンツと区別がつくような独自性が求められます。コンテンツが他の情報源からの単なる再構成でなく、新たな洞察や情報を提供することが重要です。
ユーザー体験コンテンツは読者にとって読みやすく、理解しやすいものである必要があります。AI生成コンテンツは人間が理解しやすい自然な言葉遣いであるべきで、ユーザーの疑問やニーズに答える形で構成されるべきです。
透明性 コンテンツがAIによって生成されたものである場合、その事実を適切に開示することが望ましいです。これにより、読者に対して誠実さを示し、信頼性を高めることができます。

AIを活用してコンテンツを生成する際には、Googleのスパムポリシーを念頭に置き、ユーザーにとって高品質なSEO対策となる記事を目指すことが重要です。

AIで記事作成するメリット

AI技術を活用した記事作成には、編集者やライターにとって以下のようなメリットがあります。

  • 時短になる
  • 人件費が抑えられる
  • 人間より優れた文章となる場合もある
  • アイデア出しに使える
  • 記事構成を作れる
  • リサーチに活用できる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

時短になる

AIツールを使用する最大のメリットの一つは、記事作成時間の大幅な短縮です。

AIは数分以内に記事の草稿を作成することができ、これによりライターや編集者はより多くの時間を記事の質の向上や他の重要なタスクに充てることができます。

特に締め切りが迫っている時や大量のコンテンツが必要な場合に、AIの活用は極めて有効です。

人件費が抑えられる

AIによる記事作成は、人件費の削減にもつながります。

特に初期の草稿作成や簡単な記事の生成にAIを利用することで、人間のライターがより専門的な内容や編集作業に集中できるようになるでしょう。

これにより、コストを抑えつつも、高品質なコンテンツを維持することが可能になります。

人間より優れた文章となる場合もある

AIは、特定の条件下では人間を超える文章を生成してくれることもあります。

これは、AIが大量のデータから学習して最適な文言を選択できるためです。

特に、客観的な情報を伝える記事やデータを基にしたレポートなど、明確なファクトに基づくコンテンツの生成において、AIの能力は特に有効ですよ。

アイデア出しに使える

AIは、記事のアイデア出しやトピックの提案にも役立ちます。

AIツールを使って関連するキーワードやトレンドを分析することで、新しい記事のアイデアや読者が興味を持ちそうなトピックを発見することが可能です。

AIは人間ではカバーしきれない範囲をMECEで提示してくれるのでアイデアだしにおいては非常に役立つ存在。
実際、ソフトバンクの孫正義氏も生成AIをアイデア出しや壁打ちに活用しているそうですよ。

AIにより、コンテンツの企画段階の業務を効率化・クオリティアップし、読者にとって魅力的な記事を計画的に作成することができるようになります。

記事構成を作れる

AIは記事の構成案を作成する際にも有効です。

特定のトピックに関して、適切な見出しやサブヘッダーを提案し、記事全体の骨子を構築する手助けをしてくれます。

KeywordMapやtactSEOなど専用のSEOツールでも、AI記事構成作成機能が新たに搭載。
活用している企業やユーザーが増えてきています。

記事構成作成にAIを活用することで、ライティングプロセスの初期段階での時間と労力を節約し、より高品質なコンテンツを作成することができるでしょう。

SEOに強い記事構成案の作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

リサーチに活用できる

最後に、AIはリサーチ作業を支援する強力なツールでもあります。

AIツールは、特定のトピックに関連する情報を迅速に収集し、それを記事作成に役立つ形で整理することが可能。

背景調査やデータ収集の時間を大幅に削減し、より正確で詳細な情報を記事に盛り込むことができるでしょう。

AIを記事作成に活用し成功しているメディア例

生成AIを記事作成プロセスに取り入れ、その効率化や質の向上を図っているメディア事例に「ITmedia NEWS」が挙げられます。

ITmedia NEWS

ITmedia NEWSは、AI技術の進化を活かし、記事の執筆と編集プロセスにOpenAIが開発した生成AI「ChatGPT」を導入しています。
この革新的な取り組みは、日々の編集作業を効率化し、同時に独自取材のリソースを強化する目的で行われています。

AIの活用範囲は取材から執筆・編集などアシスト全般に及んでいますが、情報の安全性とプライバシーの保護を確保するため、情報漏洩のリスクがない内容に限定されている点が特徴。
ChatGPTの導入は、単純な記事生成だけでなく、情報の確認・整理や文字起こし作業の効率化にも貢献しており、ライターと編集者の作業負担の大幅軽減に成功しました。

ITmedia NEWSでは、「AIを使ったからといって間違いを許容するわけではない」との方針のもと、最終的な記事の出力に関しては編集部が全責任を持つと明言。
厳しい品質管理の下、AIはあくまでアシスト役として活用されてています。

ITmedia NEWSの事例は、AI技術と人間の編集者が協力することで、メディアが面する課題を解決し、効率的に高品質なニュース提供を可能にする新しいモデルだと言えるでしょう。

失敗を防ぐために知っておきたいAI記事作成の注意点

AIを活用した記事作成には多くのメリットがありますが、一方で注意すべき点もいくつか存在します。

  • ファクトチェックは必ず行う
  • 誤字脱字のチェックも行う
  • 独自性・創造性が担保できない恐れがある
  • 著作権侵害のリスクがある
  • コピペになる恐れがある
  • 生成された文章は人の手で編集する

AI技術が進化し、記事作成の効率化が進む一方で、品質を維持するためには上記のような注意点を考慮する必要があります。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

ファクトチェックは必ず行う

AIが生成する文章や記事は、データベースに基づいた内容となっていますが、その情報が常に最新または正確であるとは限りません。
また、AIが誤解を招く情報を生成する可能性もあります。

そのため、公開前には必ずファクトチェックを行い、提供される情報が正確で信頼性が高いことを確認することが重要。

ファクトチェックは、読者に対する責任を果たし、メディアの信頼性を保つ上で不可欠な工程です。

誤字脱字のチェックも行う

AIが生成したテキストにも、誤字脱字が含まれていることは往々にしてあります。

また、AIは特定の文脈やニュアンスを完全には理解しきれないため、不自然な文言や文体が発生することも。

したがって、公開前の校正・校閲プロセスにおいて、誤字脱字だけでなく、文法や文体のチェックも徹底することが必要です。

独自性・創造性が担保できない恐れがある

AIによって生成されたコンテンツは、学習元のデータに強く依存している関係上、独自性や創造性に欠ける場合が多いです。

生成された記事が既存の他社コンテンツを再編集したような記事に過ぎなくなるリスクがあります。
昨今のSEOにおいて、独自性は非常に重視されているため、注意が必要な性質だと言えるでしょう。

独自性と創造性を担保するためには、AIによって生成されたコンテンツに人間が介入し、新たな洞察やアイデアを加えることが重要です。

著作権侵害のリスクがある

AIは公開されているコンテンツから情報を学習しますが、そのプロセスで著作権に保護された作品を不適切に使用してしまう可能性があります。

AIによって生成されたコンテンツが著作権侵害に当たらないよう、注意深く監視し、必要に応じてライセンスを取得する等の対策を講じる必要があるでしょう。

コピペになる恐れがある

AIが生成するコンテンツは、時に既存の文章やフレーズの単純なコピーになることがあります。
コンテンツのオリジナリティが失われ、Googleなどの検索エンジンからペナルティを受ける可能性も。

したがって、AIに生成された文章をそのまま公開してしまうのではなく、一度ツール等でコピペチェックを行うのは必須です。

コピペチェックには以下のような便利ツールがあります。

  • CopyContentDetector:無料で使えるコピペチェックツール
  • sujiko.jp:コピペチェックだけでなく自身のサイトの重複コンテンツ調査も可能

オリジナリティを保つためには、AIが提供したコンテンツをベースにしつつも、編集者やライターが独自の分析や見解を加えることが重要です。

生成された文章は人の手で編集する

AIによる記事作成の最終的な成果物は、必ず人間の編集者がレビューし、必要な修正や加筆を行うべきです。

編集作業により、記事の品質を保証し、読者に価値ある情報を提供することができます。

現状AIはあくまで記事制作を効率化するツールの一つにすぎず、高品質なコンテンツを制作するには人間の専門知識と判断が不可欠なのです。

無料のAI記事作成ツールおすすめ6選比較【2024年4月最新版】

2024年4月時点で特に注目されている無料のAI記事作成ツール6選は以下の通りです。

  • ChatGPT
  • Gemini(旧bards)
  • User Local AI WRITER
  • PlayAI
  • ELYZA Pencil
  • noteAI

各ツールの特徴や活用シーン、そしてそのツールがどのように記事作成プロセスをサポートするのか解説していきます。
実際に使用してみたレビューも行っていますので、ぜひご一読ください。

ChatGPT

出典:ChatGPT公式サイト
料金無料版は料金がかからない
ChatGPT Plus:月額20ドル(約2,700円)
活用シーンニュース記事/ブログ記事/SEO記事/リサーチ/報告/コンテンツアイデアの生成
おすすめポイント・幅広いトピックに対応
・自然言語を使った簡単操作
・豊富な知識ベースに基づく内容生成

ChatGPTは、OpenAIによって開発された革新的なAIツール。
生成AIが大きく注目を集めるようになった火付け役的な存在です。

ChatGPTは自然言語処理技術を駆使して、質問に対する答えや記事の草稿を迅速に生成します。

柔軟性と幅広い知識ベースで、あらゆるジャンルのコンテンツ作成に利用可能。
無料プランもあり、低コストで高品質な文章を生成することができます。

ChatGPTの強みをChatGPTに聞いてみた

ChatGPT自身にすごいところは何か聞いてみたところ以下のような回答が得られました。

ChatGPTのすごいところ(ChatGPTの回答そのまま)


ChatGPTのすごいところはたくさんあります!その一つは、多岐にわたるトピックに関する豊富な知識を持っていることです。科学、技術、芸術、歴史、文化など、さまざまな分野についての情報を学習し、会話や質問に答える際に利用します。また、自然な対話を行うための豊富な表現力や文脈を理解する能力も備えています。その結果、さまざまな質問やトピックについて深い理解を示し、意味のある会話を可能にします。

Gemini(旧bards)

Gemini(旧bards)
出典:Gemini公式サイト
料金基本的に無料で利用可能
有料プラン(Gemini Advanced):月額2,900円
活用シーンソーシャルメディア投稿/プレスリリース/ニュース記事/ブログ記事/SEO記事/リサーチ/報告/コンテンツアイデアの生成
おすすめポイント多言語対応簡潔でインパクトのあるテキスト生成
マーケティングに特化したテンプレート提供
ここにHTMLを書いてください

Geminiは、Google社による生成AIツールです。

コンテンツ制作からソーシャルメディア投稿まで、様々なシナリオで使用できる多言語対応のテンプレートを提供。

ユーザーが求めるニーズに応じて柔軟に対応できるため、広告業界やマーケティング部門から高い評価を受けています。

Geminiの強みをGeminiに聞いてみた

Gemini自身にすごいところは何か聞いてみたところ以下のような回答が得られました。

Geminiのすごいところ(Geminiの回答そのまま)

1. マルチモーダル対応

テキストだけでなく、画像、音声、動画などの様々な情報を入力として処理することができます。これにより、より深く、より自然な理解が可能になり、従来のAIモデルよりも創造的で独創的なアウトプットを生み出すことができます。

2. 言語理解と生成能力

複数の言語を理解し、翻訳、要約、創作などを行うことができます。また、質問に対して適切な回答をしたり、会話の流れに沿って自然な文章を生成したりすることができます。

3. 知識の統合と学習能力

様々な分野の知識を統合し、新しい知識を生み出すことができます。また、学習を通して能力を向上させることができ、より高度なタスクを実行できるようになります。

4. 倫理的な判断

偏見や差別などを含む倫理的に問題のある文章を生成しないよう、設計されています。

5. 幅広い用途への応用

記事作成、翻訳、教育、エンターテイメントなど、様々な分野で活用することができます。

Geminiの具体例

  • 画像と文章を組み合わせた詳細な製品説明を生成する
  • 音声インタビューを自動で文字起こしし、要約する
  • 複数の言語で書かれた文献を統合し、論文を作成する
  • ユーザーの質問に、知識に基づいて適切な回答を提供する
  • 物語や詩などの創作活動を行う

まとめ

Geminiは、マルチモーダル対応、高い言語理解と生成能力、知識の統合と学習能力、倫理的な判断など、従来のAIモデルを超える様々な特徴を備えています。これらの特徴により、創造的で独創的なアウトプットを生み出すことができ、幅広い分野で活用することができます。

渡邉

ChatGptに比べて、Geminiの方がより詳しい回答が得られました。
よく比較される2つのAIですが、Geminiの方がChatGPTに比べてより文章的な回答、ChatGPTの方がより会話的な回答になるという傾向がみられます。プロンプトによっても得られる回答は異なりますが、今のところ記事制作ならGeminiの方が使いやすそうです。

User Local AI WRITER

User Local AI WRITER
出典:User Local AI WRITER公式サイト
料金無料で利用可能
活用シーンニュース記事/ブログ記事/SEO記事
おすすめポイント地域特有のニーズに対応
コミュニティ向けのパーソナライズドコンテンツ
地域情報の迅速な提供

User Local AI WRITERは、無料で使えるAI記事作成ツール。

記事制作に特化しており、対策キーワードに基づき、「タイトル生成」⇒「記事構成作成」⇒「文章執筆」という形で記事が出力されるのが特徴です。
利用の流れは以下の通り。

User Local AI WRITERを実際に使ってみた!利用の流れを紹介
STEP
トップページにアクセスし対策キーワードを入力

トップページ

User Local AI WRITER利用画面
STEP
関連キーワードを選択

関連キーワードを選択してタイトルを生成します。

User Local AI WRITER利用画面
STEP
タイトルを選択

記事のタイトルを選択します。

User Local AI WRITER利用画面
STEP
記事構成を生成

選択したタイトルに基づき、記事が生成されます。
この段階で記事構成に編集することもできます。

User Local AI WRITER利用画面
STEP
記事を生成

構成に基づき、記事が生成されます。

User Local AI WRITER利用画面
渡邉

User Local AI WRITERを使ってみた感想として、構成の段階で人の手を加えられる点が使いやすいと感じました。
ただ、まだまだ、出力される文章や生成される記事構成はとてもSEOで勝ち抜いていけるものではなく、人の手を多く加える必要がありそうです。
したがって、活用してもあまり手間としては変わらないと感じました。

また、いくつかテストでキーワードを入れてみたところマイナーな分野に関しては英語で出力されてしまった点も難点だと感じました。

今後のアップデートに期待です!

PlayAI(ぷれあい)

PlayAI(ぷれあい)
出典:PlayAI公式サイト
料金無料で利用可能
活用シーンソーシャルメディアコンテンツ/ブログ記事
※SEO記事への利用は厳しい
おすすめポイント直感的な操作性
多様なコンテンツタイプへの対応
初心者でも簡単に高品質

PlayAIは、ユーザーフレンドリーなインターフェースと高度な自然言語処理技術を備えたAI記事作成ツールです。

PlayAIは記事の冒頭文を入力することで、文章が出力される仕組み。
利用の流れは以下の通りです。

PlayAI(ぷれあい)を使ってみた!利用の流れ
STEP
記事の冒頭文を入力します

記事の冒頭文を入力してください。

120字以上入力すると、より高品質な文章が得られます。

STEP
作成完了を待つ

作成完了までしばらく待ちます。
他のユーザーの生成が完了するまで待つ形になるので、ユーザー数が少ない時間帯に使うのがおすすめです。

PlayAI(ぷれあい)利用画面
STEP
文章が生成される

文章が生成されます。

再生成のリンクがあるので、繰り返し再生成するとどんどん文章が良くなります。

PlayAI(ぷれあい)利用画面

ビッグデータにもとづいた論文的な文章の生成というより、あくまで入力文に応じた小説文の生成が得意です。

したがって、ブログ記事、ソーシャルメディアコンテンツなど、読み物として面白い文章を生成したいという方には利用が向いています。
反対に、SEO記事やニュース記事への利用は厳しいでしょう。

また、同じ文章内容を10回程度再生成し続けるとよい文章になります。

ただし現状様々な側面から、実業務への利用はまだ厳しいと言えるでしょう。
今後の進化に期待です!

ELYZA Pencil(イライザペンシル)

出典:ELYZA Pencil公式サイト
料金無料で利用可能
活用シーンニュース記事/メール文/職務経歴書
おすすめポイント豊かな創造力を刺激するユニークなコンテンツ
生成ストーリー構造のサポート

ELYZA Pencilは、キーワード入力に基づきAIが文章を執筆するツールです。

ニュース記事、メール文、職務経歴書の3つに対応しています。
キーワードは15字以内かつ8個まで入力可能。利用の流れは以下の通りです。

ELYZA Pencil(イライザペンシル)を使ってみた!利用の流れ
STEP
キーワードを入力する

記事に盛り込んでほしいキーワードを入力してください。

ELYZA Pencil(イライザペンシル)
STEP
記事が生成される
ELYZA Pencil(イライザペンシル)

現状、まだデモ版なので、簡単な文章しか作成できません。

ELYZA Pencilもまた、今後の進化に期待です!

note AI

出典:note公式サイト
料金無料ユーザーでも利用可能
活用シーンnote上でのブログ記事やSEO記事の投稿
おすすめポイント教育・学習コンテンツに最適インタラクティブな学習資料生成ユーザーの学習進捗に合わせた内容提供

note AIは、メディアプラットフォームnoteで記事を投稿する際に活用可能なAI記事作成アシスタントツールです。

noteへの投稿時にのみ利用可能という制限はありますが、以下のような多彩な機能を持っています。

  • 記事のアイデア出し
  • 構成の作成
  • 書き出し(リード文の作成)
  • 記事テンプレートの作成
  • 要約
  • 文章の書き換え など

他の無料記事作成AIに比べても高い機能性を持っています。ただしあくまで文章生成のアシスタントツールなので、メインの執筆は自身で行う必要がある点が特徴です。

noteについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

有料のAI記事作成ツールおすすめ4選比較【2024年4月最新版】

2024年4月時点で特に注目されている有料のAI記事作成ツール4選は以下の通りです。

  • トランスコープ
  • Articoolo
  • RakuRin(ラクリン)
  • Catchy

各ツールの特徴や活用シーン、そしてそのツールがどのように記事作成プロセスをサポートするのか解説していきます。

トランスコープ

出典:トランスコープ公式サイト
料金初期費用:0円
Freeプラン:0円/月
Basicプラン:11,000円/月
Proプラン:38,500円/月
Enterpriseプラン:66,000円
活用シーンSEO記事/ブログコンテンツ/社内文書のライティング
おすすめポイントSEOに強い記事の作成
アイキャッチ画像などの自動作成

トランスコープはSEOに強いAIライティングツールです。

他のAI記事作成ツールに比べて機能が充実している点が大きな特長。
以下のような多彩な機能を搭載しています。

  • キーワード/URLから記事を生成
  • 音声データの文字起こし
  • 見出し構成案から文章を生成
  • 画像の生成
  • キーワードの提案
  • リライト
  • 検索順位調査 など

上記のようにコンテンツ記事制作を効率化させる多くの機能が搭載されています。
また、自社独自の情報が打ち出しづらいというAI記事作成ツールの弱点を補う「会社情報の学習機能」を搭載。
CSVをトランスコープに学習させることで、自社の情報や専門用語を踏まえた記事生成が可能になります。

Articoolo

出典;Articoolo公式サイト
料金10記事で19$(約2000円)
活用シーンSEO記事/ブログコンテンツ/ウェブサイトのテキスト/ニュース記事/リサーチベースの記事
おすすめポイントSEOに強い記事の短時間生成
ユーザー指定のキーワードに基づく内容作成

Articooloは、SEO最適化された記事を迅速に生成することに特化したツールです。

キーワード入力だけで、関連するトピックの記事を短時間で作成し、ウェブサイトのコンテンツ充実に貢 contribution いします。

SEO対策を強化したいウェブマスターやブロガーに最適です。

RakuRin(ラクリン)

出典:RakuRin公式サイト
料金フリーは0 円 / 月シルバーは4,980 円 / 月ゴールドは9,980 円 / 月プラチナは29,980 円 / 月
活用シーンビジネスブログ/教育関連のコンテンツ/プロダクトレビュー/Eメールマーケティング/ケーススタディ
おすすめポイント専門的なテーマにも強いユーザーの入力に基づくカスタマイズ可能高品質な日本語コンテンツ生成

RakuRinは、専門的な記事から日常的なブログまで、多様なニーズに応えることができるAI記事作成ツールです。

特にビジネスブログや教育関連コンテンツの作成に強みを持ち、ユーザーが求めるテーマに沿った質の高いコンテンツを効率的に生み出します。

使いやすさと高いカスタマイズ性が特徴です。

Catchy Writing Assistant

Catchy Writing Assistant
出典:Catchy公式サイト
料金Freeプラン:10クレジット付与 / Starterプラン:100クレジット(月額3,000円) / 200クレジット(月額5,700円) / 300クレジット(月額8,100円) / Proプラン:クレジット無制限(月額9,800円)
活用シーンニュース記事/ブログ記事/SEO記事/リサーチ/報告/コンテンツアイデアの生成/Youtubeの企画/新規事業のアイデア/仕事の相談・壁打ち/LINEの返信/AI画像生成用のテキスト
おすすめポイント即時性の高いコンテンツ生成
ユーザーの意図を反映した文体調整
効果的なキャッチコピー提案

Catchyは、その名の通り、読者の注意を引きつけるキャッチコピー生成に特化したAIツールです。短いテキストでも大きなインパクトを生み出す能力に優れており、SNS投稿や広告キャンペーンに最適です。また、ユーザーの入力した情報を基に、ターゲットに合わせた内容を提案してくれます。

高品質記事の作成なら制作代行会社の活用もおすすめ

AI記事作成ツールは便利で効率的ですが、特定のニーズや複雑なトピックに対する深い理解が必要な場合、その能力には限界が。
そのような場合、専門知識を持ったプロフェッショナルの手による記事作成が求められます。
そこでおすすめなのがSEO特化型記事制作サービスの「記事作成代行ウルトラ」です。

「記事作成代行ウルトラ」は、デジタルマーケティングの要となるSEO対策記事を提供するサービス。
検索エンジンの最新アルゴリズムに適応した高品質な記事を制作し、クライアントのウェブサイトやブログの検索エンジン結果ページ(SERP)上でのランキング向上をサポートします。

また、価格の安さも大きな魅力。
SEOに特化した記事制作会社としては業界最安級の文字単価2円~対応可能です。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

まとめ

本記事では、AIを活用した記事作成の可能性から、そのメリット、注意点、おすすめのAI記事作成ツール、さらには専門的な記事作成を求める際の制作代行サービスの活用まで、幅広い情報を提供しました。

AI技術の進化により、記事作成プロセスはこれまで以上に効率化され、多様なニーズに応える柔軟性とスピードを実現しています。
それぞれのAI記事作成ツールは独自の特徴と強みを持ち、ニュース記事からSEOコンテンツ、マーケティング資料まで、様々なシナリオでの利用が可能です。

AI記事作成ツールと記事作成代行サービスの組み合わせにより、高品質なコンテンツ制作のニーズに応えることができるでしょう。
最終的には、各ツールやサービスを適切に選択し、利用することで、目的に合った最高のコンテンツを作成することが重要です。
技術の進歩を活用しつつも、読者に価値を提供することを常に心がけることが、成功への鍵ですよ!

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。