記事外注のやり方|マニュアル作成方法&外注化の成功ポイントまで

記事外注やり方完全ガイド
この記事でわかること
  • 記事外注のやり方
  • ライターに共有するマニュアルの作成方法
  • 記事外注化のよくある失敗と成功ポイント
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

記事外注は時間や手間を節約し、質の高いコンテンツを手に入れるための有効な手段です。

ただし記事外注のやり方によっては、「イメージ通りの記事に仕上がらない」「記事のパフォーマンスが悪い」「納期が守られなかった」といった失敗につながることも。

そこで本記事では、失敗を防ぎ記事外注を成功させられるように、ライターに共有するマニュアルの作成方法からディレクション方法、成功ポイント、外注先の選び方まで徹底解説していきます。

記事外注の成功に欠かせないノウハウを完全網羅した記事なので、記事外注化を考えている人はぜひご一読ください!

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
目次

記事外注の主な方法は3種類

記事外注の主な方法は以下の3種類です。

  • 記事作成代行会社に依頼
  • クラウドソーシング経由で発注
  • 個人のライターに直接発注

それぞれ特性やメリット・デメリットが異なるので、以下で詳しく見ていきましょう。

記事作成代行会社に依頼

記事外注の第一選択肢は、記事作成代行会社に依頼することです。

記事作成代行会社とは、文字通り顧客からの依頼に応じて記事制作を請け負う会社のことを指します。
事業として日々多数の記事制作を請け負っており、記事品質の高さが最大の魅力です。
(ただし、業者によって差がある点は理解する必要があります。)

クラウドソーシングや個人ライターとの最大の違いは、下図の通り記事の納品までに複数名が携わる点です。

記事作成代行会社の記事納品までの流れ

図の通り、記事作成代行会社に記事を発注すると、ディレクター・ライター・校正担当者など複数名体制のチームで1つの記事制作が行われます。

特にディレクターには、元雑誌の編集長や高い実績を持つSEOコンテンツディレクターなどがアサインするケースが多く、高い記事クオリティを担保するのに大きな役割を担います。

その他にも、記事クオリティを高める背景に以下のような特徴が挙げられるでしょう。

  • ディレクターやライターの採用基準が厳しい(会社によっては1%を切るケースも)
  • ディレクターやライターは記事作成代行会社に属することで安定して仕事を受けられるため、優秀層は記事作成代行会社(編集プロダクション含む)に集中している など

このような特徴から、記事作成代行会社は高い品質の記事納品が可能になっているのです。

その他に挙げられる内容も含めて、メリット・デメリットを以下にまとめました。

メリット

  • 記事クオリティが高い
  • ライターの選定や管理の手間がかからない
  • 業者によってはアフタフォローがしっかりしている
  • 記事以外のSEO面などのアドバイスがもらえる
  • コピペチェックや校正などライターやディレクターなど複数人が行う

デメリット

  • 費用が高い
  • 最低発注本数や契約期間の縛りがある
  • 実力が不足している業者もある

記事作成代行ウルトラのSEO記事制作代行サービスについて詳しくはこちら

クラウドソーシング経由で発注

記事外注の方法の2つ目は、クラウドソーシングサービスを経由して発注する方法です。

クラウドソーシングでは、サービスを通じて不特定多数の人に業務委託をすることができます。
クラウドソーシングサービス上で、ライターの募集や登録ライターへの直接依頼が可能です。

直接個人のライターを探して依頼する場合に比べて、必要な時に必要なスキルを持つ人材を簡単に確保できるのでライター探しの手間が大幅に削減できます。

ただしその分、個人ライターに直接依頼する場合に比べて、10%~20%の仲介手数料が発生する点がデメリットです。
例えば記事外注費が10,000円の場合、手数料が1,000円~2,000円程度かかります。

また、クラウドソーシングに登録しているライターの水準はピンからキリで、依頼相手によって記事の質に大きなムラが出る点もデメリットです。
弊社でもライターの募集に、クラウドソーシングを活用していますが、採用基準を満たせるのは全体のうち4%程度となっており、高いスキルのあるライターを探すのはやや大変だと言えるでしょう。(運の要素もあります。)

その他に挙げられる内容も含めて、メリット・デメリットを以下にまとめました。

メリット

  • 個人ライターが探しやすい
  • 個人ライターに直接依頼できる
  • 個人への記事外注が基本なので費用が安い

デメリット

  • 個人ライターはスキルにムラがある
  • ライター探しや管理の手間がかかる
  • 仲介手数料がかかる

個人のライターに直接発注

記事外注の方法の3つ目は、個人ライターをSNSなどを通じて募集し直接発注する方法です。

特にXでは個人ライターの登録者が多く、「ライター」をユーザー検索して直接DMで発注することもできます。

SNSの他にも、以下のような方法で個人ライターを募集することが可能です。

<ライターの探し方・募集方法>

  • 自社のWebサイトでライター募集ページを作成する(弊社のライター募集ページの例
  • X以外のSNS(noteがおすすめ)でライターを募集する
  • 求人サイト(Wantedlyがおすすめ)で募集を出す
  • 知り合いに依頼する など

直接個人ライターを探すのは、クラウドソーシングに比べて時間と手間がかかりますが、その分仲介手数料がかからない点は魅力です。
特に制作する記事が多い事業者や記事の品質にこだわりたい事業者は、クラウドソーシング以外も活用して募集の間口を広げることで、優秀なライターを厳選することもできます。

その他に挙げられる内容も含めて、メリット・デメリットを以下にまとめました。

メリット

  • 仲介手数料がかからない
  • 費用が安くおさえられる

デメリット

  • ライター探しや管理に手間がかかる
  • 個人ライターはスキルにムラがある
SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

記事外注の流れ

記事外注の流れは以下の通りです。

記事外注の流れ7STEP
  • 依頼内容を明確にする (テーマ、記事数、文字数、キーワード、納期、報酬など)
  • 記事外注先を選定する
  • 契約を結ぶ
  • 記事作成を依頼する
  • 納品された記事を確認する
  • 修正があれば依頼する
  • 報酬を支払う

各ステップ毎のポイントを見ていきましょう。

STEP

依頼内容を明確にする (テーマ、記事数、文字数、キーワード、納期、報酬など)

まずは、以下の点を中心に依頼内容を明確にしておきましょう。

  • テーマ
  • 記事数
  • 文字数
  • キーワード
  • 納期
  • 報酬

なお、すべての内容を明確にせずとも依頼先に相談しながら決めることもできます。

STEP

記事外注先を選定する

記事外注先を選定しましょう。

記事外注先の種類の選定基準は以下の通りです。

  • 予算が限られている場合;クラウドソーシングか個人ライターがおすすめ
  • 品質にこだわりたい場合:記事作成代行会社がおすすめ

なお、一口に個人ライターや記事作成代行会社とは言っても、かかる費用や記事の品質、サービス内容には大きな差があります。

以下の観点も加えて、記事外注先を選びましょう。

  • 実績や実力
  • 過去に納品した記事の品質とパフォーマンス
  • 費用
  • 最低依頼記事数や契約期間
  • コミュニケーションや相性 など

以上の点から、記事外注先を慎重に選んでください。

STEP

契約を結ぶ

マッチした記事外注先が見つかったら契約(業務委託契約など)を結びましょう。

契約締結にあたり、費用や納期の他、以下の点も検討してください。

  • 著作権の帰属先
  • 秘密保持契約

なお、著作権の帰属先は基本的に依頼主側としてください。

STEP

記事作成を依頼する

契約締結後は、記事作成を依頼しましょう。

可能であればチャットツールなどで、やり取りすると連絡もスムーズです。

記事作成依頼のタイミングでマニュアルも共有しましょう。

マニュアルの作成方法については後述しています。

STEP

納品された記事を確認する

納品された記事を確認しましょう。

納期が守れているかといった点からも、継続の有無を判断することが大切です。

個人ライターのデメリットに、納期を守れない・納品されないことがある点も挙げられます。
弊社でも、いわゆる”飛ばれる”という形で記事が納品されないことに大きく悩まされてきました。

個人ライターに依頼する場合は、事前に納期を守れる人物であるかという点にも注目しましょう。

STEP

修正があれば依頼する

納品された記事に修正点があれば、依頼しましょう。

記事作成代行会社やライターによって、修正依頼可能な回数が異なる点にもご注意ください。

基本的に修正依頼可能な回数(常識的な回数)は、1~2回程度が相場です。

STEP

報酬を支払う

記事の検収が完了したら、報酬を支払いましょう。

なお、クラウドソーシングの場合は前払いが原則になります。

記事外注化の際によくありがちな失敗

記事外注化の際に、よくありがちな失敗を紹介していきます。

【記事外注先の選定により防げる失敗】

  • 想定より記事のクオリティが低かった
  • SEOノウハウがなく検索で上位表示ができないなど記事のパフォーマンスが悪かった
  • 円滑なコミュニケーションができなかった
  • 費用が高かった
  • ビジネス的な知見がなかった
  • 自社に関連する業界に関する専門的な知見が不足していた

【良いマニュアルの作成やディレクションにより防げる失敗】

  • 想定と違う記事が納品されてきた
  • 納品されたコンテンツのうち数本が類似していた
  • 納期が守ってもらえなかった

記事外注先の慎重な選定と契約後に共有するマニュアルの質、ディレクション次第で防ぐことができます。

以降の章では、マニュアルの作成方法や外注先選定方法、ディレクションのコツなどについて解説していきます。

記事外注化の成功に欠かせないマニュアル作成方法

記事外注化の成功に欠かせないマニュアル作成方法について、以下の順で解説していきます。

  • ライターに共有するマニュアルに盛り込むべき内容
  • 良いマニュアル作成するコツ

良質なマニュアルを作成することで、記事外注における以下のような失敗が防げます。

  • 想定と違う記事が納品されてきた
  • 納品されたコンテンツのうち数本が類似していた
  • 納期が守ってもらえなかった

それでは、マニュアル作成方法について詳しく見ていきましょう。

ライターに共有するマニュアルに盛り込むべき内容

ライターに共有するマニュアルには以下のような内容を盛り込みましょう。

記事外注時のマニュアルに必要な項目
  1. 記事作成の目的
  2. 記事の各種詳細情報(掲載先・テーマ・種類・キーワード・文字数・ターゲット・納期)
  3. 記事の構成案※執筆のみ外注する場合
  4. 表記ルール
  5. 文章のレギュレーション
  6. 禁止事項
  7. 記事のトーン&マナー
  8. 記事のイメージ資料(参考記事など)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①記事作成の目的

記事作成の目的やゴールを明確にしましょう。

Webサイトに掲載する記事の場合、想定される目的・ゴールは以下のいずれかです。

  • 認知拡大
  • コンバージョン獲得
  • ブランディング

目的やゴールによって、同じテーマでも記事の内容が変化してきます。

マニュアルに記載し、外注先に共有しましょう。

②記事の各種詳細情報

以下のような記事の詳細情報についてもマニュアルに盛り込みましょう。

  • 掲載先:どのWebサイトに掲載される記事か
  • 記事のテーマ:記事で扱うメインテーマ
  • 記事の種類:SEO記事か取材記事かなど
  • キーワード:記事の対策キーワード
  • 文字数:記事の文字数
  • ターゲット:記事を読んでほしいターゲット
  • 納期:いつまでに納品してほしいか
  • 納品形式:ファイル形式か納品方法か

以上の点をマニュアルで共有しましょう。

③記事の構成案

記事の構成案を内製化し、執筆のみ外注するという場合は、マニュアルとともに共有しましょう。

特にSEO記事制作時には構成案が非常に重要です。

構成案を通じて、効果的なキーワードの配置やユーザーニーズへの対応、ゴールへの誘導につながる記事のストーリ設計を行います。

記事構成案の例

④表記ルール

記事の表記ルールを統一してもらいましょう。

統一すべき表記ルールには以下の例が挙げられます。

  • 引用時のルール
  • 文末表現(です・ます/だ・である)
  • 文字装飾のルール
  • 改行のルール
  • 画像・図表の扱い(ファイル形式・解像度)
  • 校正・校閲(対応の有無や仕様ツール) など

記事を掲載するWebサイト全体で表記ルールを極力統一することで、印象が良くなります。

マニュアル段階でライターに表記ルールを共有するようにしましょう。

⑤文章のレギュレーション

文章のレギュレーション(執筆ルール)もマニュアル段階で共有しましょう。

弊社の文章レギュレーショには以下のような内容が盛り込まれています。

  • 結論ファースト
  • 文章校正はPREP法かSDS法
  • 同じ語尾を連続させない
  • 1文70文字以内
  • 1文1義 など

特に、SEO記事作成時にはSEOライティングのポイントを抑えた文章が求められます。

記事作成代行会社は基本問題ありませんが、個人ライターでSEOライティングを理解できている人は少ないので、レギュレーションという形で共有することにより、記事の質を高めましょう。

⑥禁止事項

記事作成にあたっての禁止事項も共有しましょう。

NGワードやNG表現などがあればマニュアルに記載し、共有してください。(著作権侵害、虚偽情報、差別的表現など)

その他、当たり前ですがコピペの禁止なども記載しておきましょう。

昨今よくあるトラブルとして、生成AIの使用可否が挙げられます。

生成AI使用禁止である場合はその旨も明記しておきましょう。

また、生成AIの使用を認める場合でもあくまで部分的な範囲にとどめてもらってください。

生成AIのみで制作された文章は独自性がなく、良いパフォーマンスはなかなか得られません。

⑦記事のトーン&マナー

記事のトーン&マナーもマニュアル内で指定しましょう。

特にBtoCの記事かBtoBの記事であるかで適切な文章スタイルが大きく異なる点を理解する必要があります。

BtoCの記事であれば、軽くて感情に訴えかけるような文章スタイルが適切な場合が多いです。

一方でBtoBの記事であれば、固めで論理的な文章スタイルが適切です。

このように、ターゲットや記事の掲載先によって適切なトーン&マナーが異なるため、マニュアルで指定する必要があります。

⑧記事のイメージ資料

ベンチマークとなる参考記事や過去紙に執筆した記事をサンプルなどイメージ資料もサンプルとして添付すると、想定通りの記事に仕上がりやすくなります。

その他、情報を参考にしてほしい記事や競合の記事なども共有するとよいでしょう。

上記の他、FAQコーナーを設けて、ライターや制作会社からよくある質問と回答をまとめておくことで問い合わせ数が減り、対応の手間が減らすことができます。

以上のような項目をマニュアルに盛り込み、ライターとの認識齟齬を減らし記事外注を成功させましょう。

良いマニュアルを作成するコツ

良いマニュアルを作成するために知っておきたい”コツ”は以下の通りです。

目的・読者を明確にする

マニュアル作成の目的や想定読者を明確にしましょう。

誰が(読者)、何のために(目的)マニュアルを読むのかを今一度整理してみてください。

読者となるライターの知識レベルや経験に応じて、内容や表現を調整することがポイントです。

初心者ライターへの依頼であればより丁寧な説明を、反対に記事作成代行会社であれば最低限の説明でも十分だと言えるでしょう。

伝えたいことはシンプルに

マニュアルの文章は冗長にならないように、極力シンプルなものを心がけましょう。

長くて冗長な文章だと、ライターに敬遠され文章が読まれないといったリスクもあります。
読み手の負担を減らし、伝えたい内容がしっかりと伝わるシンプルなマニュアルを作成してください。

必要に応じて、箇条書きや図表を使い、視覚的にもわかりやすくするのがポイントです。

また、難しい表現もできるだけ控えるようにしましょう。
難しい表現は、読み手が理解するのに時間がかかり、作業のパフォーマンス低下につながります。

構成を工夫する

以下のポイントを中心にマニュアルの構成を工夫し読みやすくしましょう。

  • 目次や見出しを効果的に使い、情報を探しやすくします。
  • 手順は番号を振るなど、順序立てて分かりやすく説明します。
  • マニュアル内のリンクをつかってユーザビリティを高めます。
  • 図や表、イラストなどを活用し、視覚的に理解しやすくします。

構成を工夫することで、マニュアルを活用するライターや制作会社が内容を理解しやすくなります。

表現を工夫する

以下のポイントを中心に、マニュアルの文章表現も工夫しましょう。

  • ライターが理解しやすい言葉を選び、専門用語には解説を加えます。
  • 箇条書きや太字などを使い、重要な情報を強調します。
  • 長文にならないように、簡潔にまとめます。
  • 誤解を招く表現は避け、正確な情報を記載します。

定期的に更新し最新情報を反映する

マニュアル作成後も、定期的に更新し最新情報を反映してください。

SEOのアルゴリズム変更や法改正、記事制作方針変更など、マニュアル更新のタイミングは頻繁にあります。
その他、ライターからのフィードバックや、納品される記事の品質にも基づき、マニュアルを改善していきましょう。

PDFよりもGooglドキュメントなど、クラウドに内容が保存されるエディターにマニュアルを作成することで、更新の度に全ライター分対応をする必要がなく、手間が大幅に減るのでおすすめです。

また、Web上に公開されるオンラインマニュアル(Notionなどに作成)であれば、検索機能や動画埋め込みなど、より分かりやすく情報を伝えられます。

ツールやテンプレートを活用する

マニュアル作成ツールやテンプレートを活用することで、効率的に作成できます。

以上のコツをおさえて、ライターや制作会社が最大限のパフォーマンスを発揮できるようなマニュアルを作成しましょう。

マニュアル作成以外で大切な記事外注化の成功ポイント

マニュアル作成以外の他に大切な記事外注化の成功ポイントは以下の通りです。

  • 自社に合った外注先を選ぶ
  • 明確な目的と目標設定をする
  • 定期的な進捗管理と丁寧なコミュニケーションを行う
  • 良質なライターや記事制作会社とは継続的な関係を構築する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自社に合った外注先を選ぶ

自社に合った記事外注先を選ぶことは最重要と言っても過言ではありません。

以下の視点から記事外注先を選びましょう。

目的に合った外注先
  • SEO記事を作成したい:過去の実績からSEOに強い記事作成代行サービスを選びましょう。
  • 専門性の高い記事を作成したい: 特定の分野に特化した専門知識を持つライターが在籍している記事作成代行サービスに依頼しましょう。
  • 低価格で記事作成を依頼したい: 低価格で記事作成を依頼したい場合は、個人ライターや格安の記事作成代行サービスを利用しましょう。
実績・得意分野を確認
  • SEO対策の実績・実力:SEO対策においてどれくらい実績や実力があるかどうかを確認しましょう。
  • 得意分野:どのようなジャンルの記事作成を得意としているかを確認しましょう。
  • 過去の記事サンプル:過去に作成した記事のサンプルを確認しましょう。
費用・料金体系
  • 費用:費用相場に対して割高か割安か判断しましょう。
  • 料金体系:料金体系が明確な記事作成代行サービスを利用しましょう。
  • 相見積もり:相見積もりをとって費用を比較しましょう。
コミュニケーションの相性
  • レスポンスの速さ:問い合わせに対するレスポンスが速いかどうかを確認しましょう。
  • 丁寧な対応:丁寧な対応をしてくれるかどうかを確認しましょう。
  • 修正対応:修正依頼に対応してくれるかどうかを確認しましょう。
  • コミュニケーションの相性:担当者との相性の良し悪しを確認しましょう。

明確な目的と目標設定をする

記事作成を依頼する前に、なぜ記事を作成するのか、その記事を通して何を達成したいのかを目標やゴールを明確にしましょう。

SEO対策、商品認知度向上、リード獲得など、目的によって必要な記事の種類や内容は異なります。

また、定性的な目的だけでなく定量的な目標設定も重要です。
目標とするPV数や検索順位、コンバージョン率などを設定し、記事の効果測定を行いましょう。

記事のパフォーマンスが目標に達していない場合は、リライトをすることで記事制作の目標を達成しビジネス的な成功を収めてください。

定期的な進捗管理と丁寧なコミュニケーションを行う

記事作成を依頼したら、進捗状況を定期的に確認し、スケジュール管理を行いましょう。
特に依頼する記事数が多い場合は、途中で進捗管理を行うことで納期遅れを防ぐことができます。

また、ライターとのコミュニケーションを密にすることで、認識のズレを防ぎ、より質が高くイメージに合った記事を作成することができるでしょう。

その他、ライターからの質問や相談には迅速に対応することが大切です。
ライター目線では、質問への回答が遅く納期管理が難しいクライアントや依頼内容がコロコロ変わり振り回されるクライアントは、仕事がしにくいもの。
時に依頼主という立場だからという理由からライターや制作会社を軽視するクライアントがいるのも事実です。

対等な立場で共に仕事を進めるパートナーとして、ライターや制作会社を尊重した記事外注を行うことで、より良い記事の納品につながることを理解するのが大切です。

良質なライターや記事制作会社とは継続的な関係を構築する

良い記事を作成してくれたライターや記事制作会社は、貴重な存在
継続的かつ良好な関係を築くことをおすすめします。

また、継続的に依頼することで、ライターは自社のブランドやターゲット層への理解を深め、より質の高い記事を作成できるようになります。

納品された記事に対してフィードバックを行い、どんどん自社の理想とする記事に近づけていきましょう。

その他、信頼関係を築くことで、納期や修正対応などもスムーズに行えるようになるという利点もあります。

おすすめの記事外注先4選

おすすめの記事外注依頼先4選は以下の通りです。

  • 記事作成代行ウルトラ【記事作成代行会社】
  • EXIDEA【記事作成代行会社】
  • クラウドワークス【クラウドソーシング】
  • ランサーズ【クラウドソーシング】

それぞれ特徴や料金を見ていきましょう。

記事作成代行ウルトラ【記事作成代行会社】

弊社のサービスである記事作成代行ウルトラは、シュワット株式会社が提供するSEO記事の制作能力に強みを持つサービスです。過去1年弱に納品した2,225記事のうち、833記事(37.4%)が検索1位を獲得しており、業界でもトップクラスの実力を持っています。

記事作成代行ウルトラ
費用シンプルプラン(執筆のみ):文字単価3円
スタンダードプラン(構成作成+執筆):文字単価4円
コピペチェック方法複数のツールを使用
最低記事数1記事〜
最低契約期間無し
おすすめポイント
  • 過去1年弱で納品した2,225記事のうち検索1位833記事(37.4%)達成!
  • 検索1ページ目である10位以内の達成率7割
  • 業界トップクラスの実力なのに料金は業界最安級!文字単価3.0円〜
  • 1記事から発注OK!契約期間の縛りもなし!なので使いやすい

記事作成代行ウルトラのパフォーマンスを実績は以下の通りです。

検索順位記事数割合
1位833記事37.4%
1~5位1,184記事53.2%
1~10位1,523記事68.4%

納品した記事のうち7割弱が検索10位以内に入っており、業界屈指である点は大きな魅力だと言えるでしょう。

記事制作は、SEOディレクターとライター、校正担当者の3名体制で行われるのが基本です。
特に、在籍するSEOディレクターはトップクラスの実績を持つ人物が担当につきます。

また、記事品質だけでなく価格面も大きな魅力です。
SEOに特化した記事制作会社としては、業界最安級の文字単価3円~依頼可能。
クラウドソーシングや個人ライター並みの料金で利用できるので、予算が限られている事業者にもおすすめです。

さらに、1記事から発注可能に加え、最低契約期間の縛りもないため使いやすさも抜群。

品質・価格・使いやすさと、すべての面で優れた、弊社自慢の記事作成代行サービスです。

EXIDEA【記事作成代行会社】

EXIDEA
出典:EXIDEA公式サイト
費用1本10万円(税抜)
コピペチェック方法ツールを活用
最低記事数要問合せ
最低契約期間要問合せ
おすすめポイント
  • SEO歴15年の経験を用いた記事制作
  • 年間30,000CV以上を獲得するノウハウ
  • 検索上位表示記事国内トップクラス

株式会社EXIDEAは、「動画マーケティング」「SEOコンテンツ」「自社メディア運営」など、メディア運営・コンテンツ制作支援事業を中心に行なう企業です。

Emmatoolsという独自のSEOツールも提供中です。

SEO記事制作の実績も高く、検索結果3位以内の表示率50.45%と高いパフォーマンスを残しています。
また、コンバージョン面でもサービス全体で年間30,000CV以上を獲得しており、実力の高さが伺えます。

SEO歴15年の経験と、成果を上げているノウハウを取り入れられるので、質の高い記事制作を発注可能です。

クラウドワークス

クラウドワークス
出典:クラウドワークス公式サイト
費用文字単価0.1円〜10円
仲介手数料依頼費用の20%
コピペチェック方法ライターによって異なる
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 国内シェア・取引数・ワーカー数No.1※クラウドワークス公式サイトより
  • 登録から募集、決済までオンラインで完結
  • 豊富な発注方法から選べる

クラウドワークスは、企業や個人を問わず、お仕事の発注、受注ができる日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

ライターの登録数は日本でもトップクラス。募集を出した後、最短1分ほどで提案が来る点が大きな魅力です。
記事外注時にクラウドソーシングを使ってライター探しを行うなら第一選択肢となるでしょう。

ただしこの後紹介するランサーズよりも、仲介手数料が高いため、依頼数の多い事業者などはランサーズを使うのがおすすめです。

記事制作以外にもシステム開発やデザイン、動画編集など、さまざまなお仕事を発注可能です。

また、登録から発注、決済までオンラインで完結できる手軽さもあり、使いやすさも大きな魅力。
さらに、サポート体制も充実しており、初めての発注や依頼文の代行サポートなどを利用することもできます

ランサーズ

ランサーズ
出典:ランサーズ公式サイト
費用文字単価0.1円〜10円
仲介手数料依頼費用の10%
コピペチェック方法ライターによって異なる
最低記事数1記事〜
最低契約期間縛り無し
おすすめポイント
  • 長年の運営実績がある
  • サポートも充実
  • 発注も簡単に行なえる

ランサーズは、クラウドワークスと並ぶ日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスと同様に案件が豊富なところが特徴的で、記事執筆以外の発注も可能です。Webサイト制作やシステム開発なども依頼できます。

クラウドワークスに比べて仲介手数料が安く、依頼費用の10%なのでお得に利用可能です。
さらに依頼数に応じた割引制度もあるので、外注する記事数が多い事業者はランサーズを活用した方がよいでしょう。

また、お仕事の発注から決済までスムーズに行なえるプラットフォームを構築しているので、使いやすさも抜群です。

さらに「信頼性」を可視化し、ライターレベルが分かるようになっているので、適切な依頼相手探しもしやすいですよ。

上記以外のおすすめ記事外注先を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら

記事外注にあたってよくある質問

記事外注にあたってよくある質問について、Q&A形式でお答えしていきます。

以下のような質問にお答えしているので気になるところからチェックしてみてください。

それぞれ見ていきましょう。

記事を外注するメリットは?

記事外注のメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • 記事制作にかかる時間や手間を節約し本業に集中できる
  • 実力のある記事外注先に依頼することで、質の高い記事を作成できる
  • SEO対策に強い記事外注先に依頼することで、狙ったキーワードで上位が獲得できる
  • リソースの限界を超えて記事が量産できる

記事を外注するデメリットは?

記事を外注するデメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • 外注費用がかかる
  • 質の低いライターを選んでしまうと、希望した記事が手に入らず修正に余計手間がかかる
  • コミュニケーション不足により、意図と異なる記事が納品される場合がある
  • 外注先とのコミュニケーションコストが発生する
  • 外注に頼りすぎると、自社にコンテンツ制作ノウハウが身につかない
  • 情報漏洩のリスクがある

メリットだけでなく以上のデメリットも理解したうえで、記事外注をすべきかどうか検討してみてください。

デメリットを理解し、適切な対策を講じることが記事外注化を成功させるポイントとなります。

記事外注費用の相場はどれくらいですか?

記事外注費用の相場は、依頼先やライターのスキルによって大きく異なりますが、概ね以下の通りです。

  • クラウドソーシングや個人ライター:0.5円~5円
  • 低価格の記事作成代行業者:0.7円~3円
  • SEO記事に特化した代行業者:7円~10円
  • インタビュー・取材記事の制作:30,000円〜50,000円程度(相場について詳しく見る

また、記事外注費用を上下させる要因には以下のような点が挙げられます。

  • 記事の専門性
  • ディレクターやライターのスキルや
  • 対応範囲(構成案作成~入稿までか、執筆のみかなど)

相場情報と費用変動要因を参考に、記事外注先の費用が割高か割安か判断するとよいでしょう。

記事外注費用相場について、より詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

どんな記事でも外注できる?

基本的にどんな記事でも外注できますが、ただし専門性が高いテーマや、アダルト記事など公序良俗に反する記事は依頼できる外注先が限定されます。

また、機密情報を含む記事の外注にも注意が必要です。

その場合は、NDA(秘密保持契約)を締結するなど、情報漏洩リスク軽減への対策を講じましょう。

納期はどれくらい?

納期は、文字数やテーマの難易度、ライターのスケジュールなどによって異なりますが、一般的には1週間~2週間程度が目安です。

事前に納期を確認し、余裕を持って依頼しましょう。

記事制作会社は複数名体制でとりかかるため、どうしても個人ライターに比べて納期がやや長くなる傾向にあります。

一方で大量の記事発注や納期の厳守率という面では、個人ライターに勝ると言えるでしょう。

トラブルが起きた場合はどうすればいい?

記事外注時にはどうしてもトラブルが発生してしまうケースもあるでしょう。

その場合、まずは記事作成代行会社やライターと直接話し合い、可能な限り穏便な解決を試みることから始めてください。
クラウドソーシングサービスを利用している場合は、運営側に相談することも可能です。

契約書を作成している場合は、契約内容に基づいて対応しましょう。
契約書の段階で、トラブルが発生した際の対応方法を明確にしておくこともポイントです。

ライターとのコミュニケーションはどうすればいい?

ライター(記事作成代行会社)とのコミュニケーション手段は、直接依頼する場合であれば、メールやチャットツール、電話などを活用するのが通例です。

クラウドソーシングサービスであれば、メッセージ機能などを利用して連絡を取ることができます。

定期的な進捗確認や、質問や確認事項への迅速な対応が、スムーズな記事作成につながるでしょう。

記事の著作権はどうなる?

記事外注時の注意点の一つとして、著作権が原則としてライターに帰属する点が挙げられます。

以下、著作権法の該当記載箇所を引用します。

著作権の発生は、著作物が創作された時点で自動的に発生し保護される(著作権法第17条第2項)

参考:e-GOV 法令検索

著作権は自動的にライターに帰属されるため、著作権譲渡を希望する場合は契約時に明記する必要があります
基本的にスムーズに受理されますが、ライターや業者によっては別途費用が発生する場合もあるのでご注意ください。

記事外注以外にコンテンツ作成を効率化する方法はある?

記事外注以外にコンテンツ作成を効率化させる方法には下記が挙げられます。

記事作成ツールを使用する

以下のような記事作成ツールの活用により、コンテンツ作成を効率化させることができます。

  • 検索意図分析ツール
  • 記事構成案(見出し構成案)作成ツール
  • 文章校正・推敲ツール
  • コピペチェックツール など

記事作成ツールは作業を効率化させるだけでなく、記事の質向上にも役立つため必ず活用しましょう。

おすすめの記事作成ツールについて、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

AIライティングツールを使用する

AIライティングツールも続々と登場しており、活用することでコンテンツ作成を効率化できます。

ただし注意点として、AIライティングツールのみで記事を作成してしまうとオリジナリティがなくなり、競合に勝ることができないので、SEO対策においてはまず結果が出ないでしょう。

あくまでAIライティングツールは補助的に活用するのが原則です。

AIライティングツールについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

社内で記事作成のノウハウをマニュアル化する

社内で記事作成のノウハウをマニュアル化し、共有することでチーム全体のコンテンツ作成効率化を図ることができます。

その他、定期的な勉強会などを開催し、専門知識やノウハウを共有する機会を設けるとよいでしょう。

外注と内製を組み合わせる

記事作成工程を切り分けて、外注と内製を組み合わせることでもコンテンツ作成が効率化できます。

特に多いケースとして、記事構成案の作成や編集作業は内製化し、時間がかかる執筆や入稿作業を外注化するケースです。

上記の方法であれば費用をおさえつつ、コンテンツ作成を効率化することが可能です。

修正は何度まで可能?

修正回数は契約内容によって異なりますが、相場としては1~2回程度の修正が可能な場合が多いです。

修正回数や範囲についてはトラブルを防ぐためにも、事前にライターと確認しておくようにしましょう。

まとめ

ここまで、記事外注の方法やマニュアルの作成方法、成功ポイントについて詳しく解説してきました。

記事外注の失敗を防ぐためには、外注先の選定やディレクションの面で成功ポイントを理解して行うことが大切です。

本記事の内容を参考に記事外注により、時間と手間を節約し良質な記事を手に入れましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。