記事作成代行の相場は?フリーランスライターと業者の外注費用比較

この記事でわかること
  • ブログ記事やSEO記事を外注した場合の費用相場
  • 記事作成代行業者とクラウドソーシングの費用やメリットの違い
  • 人気記事外注サービスの料金比較
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

「記事作成の代行業者の費用相場ってどれくらい?」
「コンテンツ記事制作を外注したいけど、失敗したくない」
「記事作成代行サービスとクラウドソーシングはどっちがいいの?」

このようなお悩みや疑問はありませんか。

記事作成代行の利用を検討している方は、業者選びで失敗して時間とお金を無駄にしたくはありませんよね。

記事作成代行の相場は以下のとおりです。

  • クラウドソーシングや個人ライター:0.5円~5円
  • 低価格の記事作成代行業者:0.7円~3円
  • SEO記事に特化した代行業者:7円~10円

上記のとおり、外注先や依頼内容によっても費用は大きく変動します。クラウドソーシングや個人ライターに依頼すれば、費用は安く済みますが、おすすめは記事作成代行業者です。

本記事では、記事作成代行の相場比較や、代行業者をおすすめする理由を解説します。

また、人気の記事作成代行サービスもご紹介していますので、業者選びで失敗したくない方はぜひ参考にしてください。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
目次

記事作成の外注費用相場はどれくらい?

記事作成を外注する場合は、主に以下の方法に分けられます。ここでは、それぞれの外注費用相場を解説します。

  • クラウドソーシング・個人ライター
  • 記事作成代行業者(低価格がウリなタイプ)
  • 記事作成代行業者(SEO特化型タイプ)

クラウドソーシング・個人ライターの費用相場:0.5円~5円

クラウドソーシング・個人ライターのイメージ

クラウドソーシングで募集をかけたり、個人ライターに記事代行を依頼したりする場合、0.5円〜5円程度が費用相場です。1記事3,000文字で計算すると、1,500円〜15,000円程度です。

クラウドソーシングとは、企業や個人が不特定多数の人に案件を依頼する業務形態を指します。ランサーズやクラウドワークスなど、クラウドソーシングサイトを介して記事作成を依頼する場合が多いです。

また、個人ライターが運営しているSNSやブログなどから問い合わせて、記事作成を依頼するケースもあります。

記事の内容やライターのスキル、知名度によっても費用は大きく異なるでしょう。

クラウドソーシングサイト経由だと手数料も上乗せされる

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングの場合、システム利用の手数料が発生します。
そのため、直接個人ライターに依頼するよりもやや割高になります。

各クラウドソーシングサイトの利用手数料は以下のとおりです。(2023年11月現在)

クラウドソーシングサイト利用手数料
クラウドワークスシステム利用料はワーカー側に発生し、クライアント側は無料
ランサーズ契約金額(税込)の5.5%
ココナラ税込5.5%
Bizseekシステム利用料はワーカー側に発生し、クライアント側は無料

クラウドソーシングサイトを介して記事作成を依頼する場合、依頼者側(クライアント)には上記の手数料が発生します。また、ワーカー側にも手数料が発生するため、利用を避ける方もいます。

次に解説する記事作成代行業者は、ライター・クライアント側にも中間手数料がかかりません。
記事作成で豊富な実績がある業者に依頼する方が、トータルコストで安くなる可能性があるのでおすすめです。

記事作成代行業者(低価格がウリなタイプ)の費用相場:0.7円~3円

記事作成代行業者(低価格がウリなタイプ)のイメージ

記事作成代行業者で、低価格をウリにしているタイプは、文字単価0.7円〜3円程度が費用相場です。
3,000文字の記事を依頼すると、2,100〜9,000円が相場になります。

低価格の記事作成代行業者は、費用を抑えて記事作成を依頼できる点やプロのアドバイスが聞ける点などがメリットです。

ただし、業者によっては「記事の質が悪かった」といったケースもあるため、実績が豊富な業者やSEO対策に強い業者を選ぶようにしましょう。

記事作成代行業者(SEO特化型タイプ):7円~10円

記事作成代行業者(SEO特化型タイプ)の費用相場

SEO特化型の記事作成代行業者の費用相場は、7円〜10円程度です。
3,000文字の記事を依頼する場合は、21,000円〜30,000円程度が相場になります。

前述した2パターンと比べて割高ですが、その分、記事のクオリティと充実したサービスが強みです。

記事の執筆だけでなく、アクセス分析や実績あるSEOライターからのアドバイス、オリジナル画像の挿入などが含まれる場合もあります。

記事の外注方法について、さらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

依頼先以外で記事作成代行の費用を上下させる要因

前述したように、依頼先によって記事作成の代行費用は大きく異なりますが、依頼先以外の要因によっても価格は大きく変動します。

ここでは、外注費用を上下させる以下の要因をそれぞれ見ていきましょう。

  • 作成依頼する記事の種類によっても費用が異なる
  • ライターの質
  • その他の記事作成外注関連費用の有無

作成依頼する記事の種類によっても費用が異なる

作成依頼する記事の種類によっても費用は大きく異なります。
記事の種類によって、専門性の高さや作成にかかる時間、工数などがそれぞれ違うためです。

記事作成の主な種類と、それぞれの文字単価の相場は以下のとおりです。

  • SEOコンテンツ
  • コラム記事
  • 取材(インタビュー)記事
  • 商品レビュー記事
  • 記事LP

SEOコンテンツ

SEOコンテンツの記事とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索順位の上位表示させるために意識された記事を指します。SEOコンテンツは、記事作成代行で最も多く依頼される記事の種類です。

SEOコンテンツでは、1文字あたり〇〇円で計算する場合が多く、文字単価3〜6円が費用相場になっています。3,000文字の記事作成を依頼すれば、9,000円〜18,000円程度です。

より専門性の高い内容の記事(医療や法律など)は、上記の相場よりも文字単価が高くなる傾向にあります。逆にいえば、専門性が低い体験談やまとめ記事などは相場を下回ることもあるでしょう。

SEOコンテンツのリライト

SEOコンテンツのリライトとは、すでに公開済みの記事に対して改善を加え、検索順位や流入数、CV率の上昇を図る施策です。

リライトを外注した場合の料金相場は以下の通りです。

  • クラウドソーシング・個人ライターの料金相場:1文字あたり0.3円〜5円
  • 専門のリライト代行会社の料金相場:1記事あたり10,000円〜50,000円

リライトでは、本文の追加の他、本文の総書き直しやタイトル・メタディスクリプション改修が行われます。実際の作業内容よりもどちらかというと、どんなリライトをすべきかという分析に重要度が高いです。自ずと記事をどうリライトするかという分析や構成検討の部分に費用が多く発生してきます。

▶リライトを外注した場合の料金相場について詳しくは下記の記事をご覧ください。

コラム記事

コラム記事とは、ライターの体験談や意見などが反映されている短い記事です。事実や根拠に基づいて執筆されることが多いですが、新聞記事とは異なります。

費用相場は1文字あたり1円〜3円程度です。1記事2,000文字で計算すると、2,000円〜6,000円程度になります。

ビジネスやファッションなどコラムのジャンルによって価格は変動し、有名なコラムニストに依頼すれば、高額な費用が発生するでしょう。

インタビュー・取材記事

取材記事とは、対象の人物や企業などに取材や対談を行い、聞いた話・情報をまとめた記事のことを指します。

取材記事では、1文字あたりではなく1記事あたりで依頼する場合が多く、費用相場は30,000円〜50,000円程度です。

ライティング作業の他に、打ち合わせ・取材先への訪問・実際の取材・写真撮影など複数の作業があるため、時間と手間を要します。場合によっては、交通費や宿泊費などの経費もかかります。

インタビュー内容を的確にまとめる力や取材力(コミュニケーション力)が必要なので、単価も高くなりがちです。

▶インタビュー・取材記事制作の外注費用相場について詳しくは下記の記事をご覧ください。

商品レビュー記事

商品レビュー記事とは、商品やサービスを実際に使用して、感想や評価をまとめた記事を指します。

費用相場は、1文字あたり1円〜3円程度です。3,000文字の記事を依頼する場合は、3,000円〜9,000円程度と考えておきましょう。

SEOコンテンツよりも専門性は低く、経験の浅いライターでも執筆ができるため、比較的低価格です。

ただし、化粧品や健康食品などは薬機法などの法律が必須なため、その場合は単価が高くなる傾向にあります。

記事LP

ランディングページ(LP)とは、商品やサービスの注文やお問い合わせに繋げることに特化した縦長のページのことです。

費用相場は依頼する制作会社や作業範囲によっても異なりますが、1記事あたり10万円〜30万円が相場です。

依頼先が個人事業主であれば低価格になり、中規模〜大手の制作会社になるほど高単価になります。

ライターのレベル

記事作成代行の費用が上下する要因の一つに「ライターのレベル」も挙げられます。

ライターレベルごとの文字単価の相場は以下の通りです。

ライターのレベル文字単価の相場
プロ・上級者レベル5円~
一般的なレベル1円~3円
初心者・未経験0.3円~0.5円

ライターのレベルの他、以下のような点からも記事作成代行費用は上下します。

  • 高い実績がある
  • 対応できるジャンルの専門性が高い(専門家など)

当然ですが、上記の点で実績や専門性が高ければ高いほど、代行費用も高くなります。

「ライターの質は低くてもいいから、とりあえず大量の記事を投下したい」といった考えを持つ方も多いですが、低単価のライターに依頼して低品質の記事を量産しても、売上につながるオウンドメディア運営は難しいといえます。

競合に勝つ記事作成や、注文・問い合わせにつながる記事作成などの「結果」を求める場合は、ある程度記事の質が担保されたレベルの高いライターに依頼する方が良いでしょう。

その他の記事作成外注関連費用の相場まとめ

記事作成には、執筆以外にもさまざまな工程が絡んでいます。
基本の文字単価や記事単価に加えて、以下のような関連費用も別途必要になる場合があります。

具体的な関連費用と、その費用相場は以下のとおりです。

SEOコンサルティング

SEOコンテンツマーケティングにおけるキーワード選定方法やリライト記事の選定、SEOの内部対策の最適化など、総合的なアドバイスを受けられるサービスです。検索順位を押し上げて、売上や集客などの成果が期待できます。

SEOコンサルティングの外注費用の相場は、月額10万円〜です。

なお、SEOコンサルティングにかかる費用の相場について詳しく知りたい方は、「SEO対策にかかる費用相場や料金体系・見積もり・内訳を徹底解説」を参考にしてください。

企画・構成(骨子)作成費

対策キーワードに関する市場分析を含めた記事の企画から構成(骨子)の作成を行うサービスです。企画から構成までの外注費用は、1件あたり10,000円〜50,000円が相場になります。

依頼する業者や記事の種類によっても工数は異なりますが、完成までに数日〜1週間程度かかることが多いです。

キーワード選定費

競合の対策キーワードや関連キーワードを調査し、洗い出して整理するサービスです。前述した、企画・構成(骨子)に含まれている場合もあれば、キーワード選定のみを代行してくれる業者もあります。

キーワード選定の外注費用は、1件あたり10,000円〜50,000円が相場になります。

キーワード選定について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

専門家ライターによる執筆費

YMYL領域のキーワードなど、ライターや監修者に専門性や権威性が求められる場合に、そのジャンルの専門家を監修としてつけることができるサービスです。

医師や弁護士など、専門性が高いジャンルの場合は相場も高くなります。専門家による監修費の相場は、3万円〜5万円程度です。

WordPress入稿

執筆した記事をWordPressに直接入稿するサービスです。文字データ入力や見出しの設定、表の設定、リンク設定などの入稿作業を請け負ってくれます。業者によっては、投稿代行だけでなく、コンテンツ作成にも対応可能です。

WordPress入稿の費用相場は、1文字あたり1円〜になります。

写真撮影/オリジナル画像の作成費

記事に挿入する写真や画像を作成してくれるサービスです。記事に合った写真をカメラマンが撮影したり、プロのデザイナーにイラスト作成を依頼したりできます。

費用相場は以下のとおりです。

項目費用相場
写真撮影プロカメラマンや代行会社に依頼した場合は、1時間50,000円程度
オリジナル画像作成1枚あたり2,500円〜
イラスト作成1点あたり3,000円〜20,000円
図解作成1点あたり3,000円〜20,000円

専門性の高い記事や、プロのカメラマンやデザイナーなどに依頼する場合は、相場より

文章校正料金

文章の校正とは、記事内に誤字脱字や表記ゆれ、文法の使い方などが間違っていないかを確認し、修正する業務です。校正料金は、記事の内容や専門性によって異なります。

校正の一般的な費用相場は、1円〜3円程度です。業者によっては誤字脱字のみを校正する場合もあれば、より細かな文法、専門用語のチェックなどを行う場合もあります。有資格者や専門家による校正になれば、費用も高額になるでしょう。

ライターディレクション費

ディレクションとは、ライターをまとめる役割があります。具体的には、記事作成の進捗具合の確認や記事の品質チェック、ライターとの連絡業務などが含まれます。

ライターディレクション費用の相場は、1記事あたり5,000円〜20,000円程度です。ディレクション費は、実績や経験などによっても変動します。

資料購入費

資料購入費とは、依頼するライターが記事を執筆する上で必要になる参考書籍や資料の購入費のことです。相場は3,000円〜20,000円程度と考えておきましょう。

インターネットでも情報は集められますが、より専門性の高いジャンル(医療や法律、金融など)は、専門書をもとに執筆する場合もあります。

そのため、記事執筆の費用以外にも、資料購入費がかかる場合もあるでしょう。

タスク・アンケート調査系

商品・サービスに関するアンケートや口コミを集める業務です。費用相場はピンキリですが、社外100人を対象としたアンケートを取る場合、5,000円〜100,000円が相場になります。

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトからでも、タスク形式でアンケート調査を依頼できます。その場合は、1件あたり50円程度での依頼が可能です。

文字起こし

文字起こしは、音声データを文章化する作業のことです。レコーダーやスマホに録音されたインタビュー内容や講演会などを文字起こしします。

一般的な相場は、音声データ1分につき100円程度です。短い納期で依頼する場合は、割増料金が発生する場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

専門家による記事監修費用相場

記事監修の費用相場は、依頼先や専門性、記事の内容や分量によって大きく変動しますが、おおよそ1万円~5万円です。

専門家ごとにも費用相場が異なり、目安としては以下の通りです。

  • 税理士・公認会計士など資格を保有する専門家:15,000円〜50,000円
  • 弁護士・医師などより取得難易度の高い資格を保有する専門家:30,000円〜50,000円
  • 資格を持っていない専門家:10,000円〜30,000円

また、依頼方法によっても費用が異なり、記事監修サービスを通して依頼する場合は仲介手数料がかかり、専門家に対して直接依頼する場合は仲介手数料分費用が安くなります。

一目でわかる人気記事作成代行会社の料金比較表

スクロールできます
サービス名記事作成代行ウルトラサグーワークス記事作成代行ProWITH TEAM 記事作成ZETTON記事作成代行ドットコムBuild up記事作成代行屋SEEC記事作成センターShinobiライティング
タイプSEO特化型混合型SEO特化型格安型格安型格安型SEO特化型SEO特化型混合型混合型格安型
料金【文字単価】
3円~
【文字単価】
0.75円〜
【文字単価】
4.5円〜
【文字単価】
0.9円~
【文字単価】
0.7円~
【文字単価】
1円~
【記事単価】
5万円~
【文字単価】
4.5円〜
【文字単価】
1円〜
【文字単価】
2円〜
【文字単価】
1円〜
特徴過去1年で納品した記事2,225記事のうち4割弱の833記事が検索1位を獲得。業界トップクラスのパフォーマンスなのに、安い!自社のニーズに合わせてライターのレベルと料金を選択できる。未経験からプロまで在籍している。独自のシステムにより、SEOで結果を残せる記事を制作。SEO特化型の記事作成代行サービスとしては比較的低価格。格安で大量に記事を作成したい場合におすすめです。サテライトサイト用など格安で大量の記事が必要なときに活用するサービスです。サテライトサイト用など格安で大量の記事が必要なときに活用するサービスです。編集プロダクションが、SEOに特化した集客に強い記事を作成。アフィリエイターランキングで2位を獲得した株式会社センターグローブが運営する代行サービス。サテライトサイト用の記事作成は1円〜5円、メインサイトは5円〜10円程度から選べる。熟練したディレクターとライターが連携をとりながら記事を作成。登録ライター31万人を誇る日本最大級の記事作成代行サービス。
詳細詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る詳しく見る

人気記事作成代行サービス11選の費用を比較

ここでは、人気の記事作成代行サービスの費用を比較しながら、それぞれご紹介します。

「結局どれを選べばいいの?」という方には、記事作成代行ウルトラがおすすめです。業界最安級の価格で、集客に直結する高品質のSEO記事を提供しています。

記事作成代行ウルトラ

記事作成代行ウルトラ
タイプSEO特化タイプ
費用(税別)シンプルプラン(執筆のみ):文字単価3円
スタンダードプラン(構成作成+執筆):文字単価4円
プレミアムプラン(アンケート等も実施):文字単価8円
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名料金対応サービス
シンプルプラン文字単価3円(税別)・SEOライティング
・コピペチェック
スタンダードプラン文字単価4円(税別)・SEOライティング
・コピペチェック
・骨子(構成案)作成
・校正作業
・アクセス数調査
・リライト分析
・SEOアドバイス
プレミアムプラン文字単価8円(税別)・SEOライティング
・コピペチェック
・骨子(構成案)作成
・校正作業
・アクセス数調査
・リライト分析
・SEOアドバイス
・記事内容フルプロデュース
・WordPress入稿 
・オリジナル画像挿入
・アンケート調査※
・専門家インタビュー※
※利用する場合は、オプション料金が発生します
おすすめポイント
  • 過去1年に納品した2,225記事のうち833記事(37.4%)が検索1位を獲得。業界屈指のパフォーマンス実績。
  • 全記事をトップクラスの実績を持つSEOディレクターが企画・編集を行っているから成果につながる
  • 高い成果を生み出す記事を相場より低価格で作成可能

記事作成代行ウルトラは、過去1年に納品した2,225記事のうち833記事(37.4%)が検索1位を獲得。業界屈指のパフォーマンス実績を残している記事作成代行サービスです。

脱毛やクレジットカード、金融商品など、YMYL系と言われる高難度のキーワードでも、検索1位をいくつも獲得しています。

SEOの豊富なノウハウと経験から、競合よりも情報が網羅的かつユーザーにわかりやすい記事を、「業界最安級の価格」で提供している点が魅力。執筆のみであれば文字単価3円~、構成案の作成込みであれば文字単価4円~となります。

スタートアップなど、多くの予算はかけられないが成果を創出したいという企業にも非常におすすめのサービスです。

お試しの1本から依頼が可能なので、まずはぜひ無料相談をお待ちしております。

サグーワークス

サグーワークス
出典:サグーワークス
タイプ格安タイプ、SEO特化タイプ
※ニーズに合わせて選べる
費用オンライン発注プラン(文字単価):レギュラー 0.75円〜ゴールド 1.5円〜プラチナ 3.0円〜
オーダーメイドプラン:レギュラー 1.2円〜ゴールド 2.3円〜プラチナ 4.5円〜
※レギュラー〜プラチナは、サグーワークスに登録しているライターのランクのこと。
キャンペーン情報現在開催中のキャンペーンはなし
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名文字単価プラン詳細
オンライン発注
プラン
レギュラー 0.75円〜
ゴールド 1.5円〜
プラチナ 3.0円〜
お客様が作成記事の詳細を指定するプラン。
キーワード選定や構成作成、画像の有無などを自由に依頼可能。作成してほしい記事が明確に決まっている方におすすめです。
オーダーメイド
プラン
レギュラー 1.2円〜
ゴールド 2.3円〜
プラチナ 4.5円〜
専属の記事ディレクターに記事内容やレギュレーションをヒアリング、相談を通して依頼できるプラン。
SEOコンサルティングやキーワード選定、企画、インタビュー記事、専門家監修記事など、さまざまなニーズに対応。
おすすめポイント
  • SEOで10年以上の実績がある企業がサポート
  • ライターの募集や管理を全て丸投げ
  • 専任のディレクターが品質を保証

サグーワークスは、総作成記事数360万以上を誇る、国内最大級の記事作成サービスです。料金はライターのレベルに合わせて、文字単価が変動する仕組みです。

「なるべく低価格で記事を量産したい」「品質が高い記事を実力あるライターに任せたい」など、希望に合ったプランから選べます。最もランクの高いプラチナライターは、テストをクリアした者だけで構成されているため、品質の高い記事が期待できます。

また、専属の記事ディレクターに相談しながら、専門性の高い記事を作成することも可能です。

記事作成代行Pro

記事作成代行Pro
出典:記事作成代行Pro
タイプSEO特化タイプ
費用シンプルプラン:文字単価4.5円
ブロンズプラン:文字単価5.5円
シルバープラン:文字単価6.5円
ゴールドプラン:文字単価7.5円
プラチナプラン:文字単価9.5円
キャンペーン情報・6ヶ月継続で0.5円割引
・新規の方に限り、テストライティング50%OFF
・初めての方限定で0.5円OFF
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名文字単価対応サービス
シンプルプラン4.5円・SEOライティング
ブロンズプラン5.5円・SEOライティング
・コピペチェック
・校正作業
シルバープラン6.5円・SEOライティング
・コピペチェック
・校正作業
・アクセス数調査
・キーワード選定
・キーワードチェック
ゴールドプラン7.5円・SEOライティング
・コピペチェック
・校正作業
・アクセス数調査
・キーワード選定
・キーワードチェック
・リライト作業
プラチナプラン9.5円・SEOライティング
・コピペチェック
・校正作業
・アクセス数調査
・キーワード選定
・キーワードチェック
・リライト作業
・WordPressのトータルプロデュース
おすすめポイント
  • 専属ライターが最後まで担当
  • 在籍ライターは「検索1位」の実績多数あり
  • 徹底調査とSEO分析をかけあわせた独自システムを採用

記事作成代行Proは、株式会社BRIDGEAが運営する記事作成代行サービスです。

SEOの豊富な知識と、検索1位を獲得した実績を持つライターが多数在籍しており、専属ライターとして担当してくれます。専属ライターがつくことで、「品質・表現にバラつきがある」といった心配もありません。

SEO特化型の費用相場は7円〜10円程度が当たり前ですが、記事作成代行Proは4.5円〜依頼できます。SEOの最新情報の確認・分析を徹底的に教育されたディレクター・ライターが担当するので、品質も安心です。

WITH TEAM 記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)

WITH TEAM 記事作成
出典:WITH TEAM 記事作成
タイプ格安タイプ
費用・オリジナル記事作成:1文字1円/最大割引時0.8円〜
・バックリンク用記事作成代行:1文字0.9円/最大割引時0.72円〜
・大量記事作成代行:1文字0.75円
・記事校正&チェック代行:1文字0.4円/最大割引時0.32円
・情報更新(リライト)代行:1文字3円〜
・YouTubeから記事作成:1文字3円〜
・サテライトサイト作成代行:1サイト6,000円〜/400文字10ページ
キャンペーン情報・【新規限定】コピペリン無料プレゼント&ライセンス延長キャンペーン
・【新規注文の方限定】お見積額から3,000円OFFキャンペーン(最大50%OFF)
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名文字単価プラン詳細
オリジナル記事作成1文字1円/最大割引時0.8円〜※5,000文字以上は1.5円テーマやキーワードに沿ってライターがオリジナル記事を作成。校正スタッフが目視でチェック。
バックリンク用記事作成代行1文字0.9円/最大割引時0.72円〜サイトの量産やバックリンクサイトの構築に役立つプラン。校正作業がない分、納品スピードと価格重視。
大量記事作成代行1文字0.75円メディアの構築を前提に、2,000記事以上の記事が必要な方におすすめのプラン。
専門ライターと校正チームで専任チームを構築
記事校正&チェック代行1文字0.4円/最大割引時0.32円校正スタッフがチェック作業のみを行うプラン。
情報更新
(リライト)代行
1文字3円〜情報が古くなったページを最新の情報に更新。
文章だけでなく、SNSや紹介商品も適切にリライト
YouTubeから記事作成1文字3円〜YouTube動画の内容をもとに、オリジナル記事を作成。ハウツー動画もわかりやすくまとめた記事に執筆。
コンテンツマーケティングを効果的に行いたい方にもおすすめです。
サテライトサイト
作成代行
1サイト6,000円〜/400文字10ページ予算に応じてさまざまなテンプレートを用意。
高い品質で大幅なコストカットを実現します。
おすすめポイント
  • 1文字1円〜のシンプルな料金設定
  • 「また依頼したい」と答えたお客様が98.8%
  • 独自開発のコピペチェックツールで高品質の記事をお届け

WITH TEAM 記事作成は、ライティング業務を中心にサテライトサイトの作成まで行う企業です。担当するライターは、厳しいチェックテストをクリアし、契約を交わしたライターのみが在籍しています。

1文字1円〜のシンプルな料金体系で、依頼内容にぴったりのオリジナル記事を作成してくれます。独自のマニュアルでは、「ターゲットのための文章であること」「オリジナルの文章であること」と厳しくルール化。

高品質で信頼できる記事作成の代行が特徴です。

また、独自開発したコピペチェックツールにより、通常よりも厳しい設定で記事の品質を確保しています。

ZETTON

ZETTON
出典:ZETTON
タイプ格安タイプ
費用1文字0.7円〜
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし

■料金プラン

  • 1文字0.7円〜
おすすめポイント
  • 1記事からでも大量記事も発注可能
  • 顧客満足度98%の高い実績
  • 最短翌日の納期が可能

ZETTONは、1文字0.7円〜と低価格で記事作成の代行をしてもらえる会社です。ライターの管理やコピペチェック、校正などを自社対応しているため、低価格を実現しています。

1記事の少量発注はもちろん、1,000記事以上の大量発注にも対応可能です。低価格ですが、専属ディレクターが責任を持って対応するので、確かな品質があります。

お試しで記事を一本作成してくれるので、「まずは品質を確かめてみたい」といった方はお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコム
出典:記事作成代行ドットコム
タイプ格安タイプ
費用おまかせコース:1文字1円
こだわりコース:1文字3円
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名文字単価プラン詳細
おまかせコース1文字1円バックリンク用の記事作成サービスです。
キーワードの有無以外はこだわらない方におすすめ。
こだわりコース1文字3円〜用途に合わせて文章を執筆。記事内容や書き方などの細かな指定が可能です。
文章内容や質にこだわりたい方におすすめ。
おすすめポイント
  • 納期厳守率は業界トップクラスの98.24%
  • WordPress直接入稿も可能
  • 独自の採用基準をクリアしたライターが担当

記事作成代行ドットコムは、400社以上の会社に導入してきた確かな実績がある企業です。2011年から記事作成をし続けている老舗で、在籍ライターの歴史が長いのも特徴です。

1文字1円から依頼ができ、独自の採用基準で採用された実力あるライターが担当します。納期厳守率は、業界トップクラスの98.24%と信頼できる代行業者です。

記事作成ドットコムでは、比較サイト制作も行っています。そこから得たノウハウを記事作成に活かしているので、通常の記事以上にSEO効果も期待できるでしょう。

Build up

Build up
出典:Build up
タイプSEO特化タイプ
費用スタートプラン:1文字5円
ビルドアッププラン:1記事50,000円
ライトプラン:1文字3.5円
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名文字単価プラン詳細
スタートプラン1文字5円編集者とライターがチームで動き、5,000文字までの記事を執筆するプラン。
キーワードと記事の構成は別途用意が必要です。
ビルドアッププラン1記事50,000円〜記事構成から執筆までをお任せできるプラン。
競合度の高いキーワードでSEO対策を行いたい方にもおすすめです。※文字数の指定はありません。
おすすめポイント
  • 顧客満足度98.4%
  • サイトの平均アクセス数450%向上
  • SEOの豊富な専門知識・経験がある編集者が担当

Build upは株式会社YOSCAが運営する記事作成代行サービスです。編集プロダクションなので、SEOに特化した集客に強い記事を作成します。

専門性の高い記事でも、5,000円程度までの記事なら1文字5円での依頼が可能です。また、記事構成から執筆まで全てお任せしたい場合は、1記事50,000円〜請け負っています。

経験豊富な編集者と採用率5%未満を勝ち抜いたプロライターがチームとなってコンテンツ制作を行うのが強みです。

記事作成代行屋

記事作成代行屋
出典:記事作成代行屋
タイプSEO特化タイプ
費用基本プラン:1文字6.5円
ライトプラン:1文字4.5円
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名文字単価プラン詳細
基本プラン1文字6.5円お客様の要望にすべて応え、高いクオリティの記事を提供するプランです。修正期間は30日間。
ライトプラン1文字4.5円費用を抑えて記事作成を依頼したい方におすすめのプランです。修正期間は5日間。
おすすめポイント
  • アフィリエイト全国2位(A8)を達成したチームが担当
  • キーワード選定やライティング、コピペチェックなどの面倒な作業を全てお任せできる
  • ライター採用率3%を通過した実力の高いライターが在籍

記事作成代行屋は、アフィリエイターランキングで2位を獲得した株式会社センターグローブが運営する代行サービスです。タイトルや見出しに狙いたいキーワードを挿入することはもちろん、Googleの回答性を重視した記事作成を行います。

執筆するのは、採用率たった3%の狭き門を通過した厳選ライターです。キーワード選定やライティング、校正、コピペチェック、投稿などの面倒な作業を全てお任せできます。

修正対応は、納品後(初稿)30日間であれば何度でも対応している点も大きな強みです。

SEEC

SEEC
出典:SEEC

■基本情報:

タイプ格安タイプ、SEO特化タイプ
費用オウンドメディア:5円〜10円
コンテンツSEO:1円〜5円
ネイティブ広告(記事広告):要お問い合わせ
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名文字単価プラン詳細
オウンドメディア5円〜10円
※詳細は要お問い合わせ
集客につながるコンテンツ資産を目指して記事作成を代行。
コンテンツSEO1円〜5円
※詳細は要お問い合わせ
自社メディアの検索上位実績とSEOコンサルタントとしてのノウハウに基づくコンテンツライティングでサポート。
ネイティブ広告(記事広告)要お問い合わせ記事広告やLPのクリエイティブから、広告運用までを一貫して対応。
おすすめポイント
  • ターゲットユーザーの解析から企画、記事執筆までワンストップで提供
  • 1記事からの依頼も可能
  • さまざまな業種で高い実績あり

SEECの記事作成代行サービスは、ユーザーに役立つコンテンツ作成を追求するSEOライティングや、見込み顧客と商品・サービスをつなげるセールスライティングの両軸から記事を提供しています。

細かな料金は要相談ですが、サテライトサイト用の記事作成は1円〜5円、メインサイトは5円〜10円程度です。特にSEOコンテンツに力を入れているので、サイトへの集客を目指している方に適しています。

また、医療など専門性の高いジャンルにも対応しており、検索結果の上位表示を狙いたい方にもおすすめです。

記事作成センター

記事作成センター
出典:記事作成センター
タイプ格安タイプ、SEO特化タイプ
費用・基本プラン:1文字2円〜
・おまかせプラン:1文字3円〜
・エキスパートプラン:要お問い合わせ
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
料金プラン詳細(クリック/タップで展開)
プラン名文字単価プラン詳細
基本プラン1文字2円〜お客様から構成案やキーワードを提出してもらって記事作成をします。とにかく早く・安く納品してほしい方におすすめです。
おまかせプラン1文字3円〜依頼内容をお伺いした後、アウトラインを作成。
とにかく全部丸投げして本業に集中したい方におすすめ。
エキスパートプラン要お問い合わせ依頼内容をお伺いした後、アウトラインを作成。
アウトラインを確認してもらってから記事の作成を行います。
とにかく確実な成果・コンバージョンを求める方におすすめです。
おすすめポイント
  • SEO対策はもちろん、MEO対策にも対応可能
  • 取材・撮影インタビューに対応
  • 動画制作が可能

記事作成センターは、「基本プラン」「おまかせプラン」「エキスパートプラン」の3プランから選べます。文字単価は2円から設定されており、高品質の記事を低価格で外注したい方におすすめです。

執筆に関しては、熟練したディレクターとライターが連携をとりながら進めていきます。さらに、記事センターでは、案件ごとにチームを組んで進めるため、他社と比較しても安定した品質の記事の作成が可能です。

また、SNS投稿や取材・撮影インタビュー、MEO対策、動画制作などにも対応しています。

Shinobiライティング

Shinobiライティング
出典:Shinobiライティング
タイプ格安タイプ
費用1文字1円※発注金額が5,000円(税抜)未満の場合、事務手数料176円(税込)が発生
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし

■料金プラン

  • 1文字1円
    ※発注金額が5,000円(税抜)未満の場合、事務手数料として176円発生
おすすめポイント
  • 100記事を最短3日で納品する業界最速納品スピード
  • 大手ニュースサイトやメディアにも採用されているコピペチェックシステム
  • 登録ライター31万人超えでどんなジャンルでもスピーディに納品

Shinobiライティングは、登録ライター31万人を誇る日本最大級の記事作成代行サービスです。1文字1円で請け負ってくれる格安プランなので、大量の記事作成を依頼したい方に適しています。

月間の納品数は、2,910,000超えの業界No.1記事発注シェアを誇ります。膨大な記事を作成しているからこそ、幅広いジャンルの記事作成も可能です。

また、納品スピードは業界最速で、100記事であれば最短3日で納品できます。短期間で納品できるとなると、品質が心配になりますが、業界最高水準のコピペチェックシステムを採用しているので安心です。

より多くのおすすめ記事作成代行サービスから記事外注先を選びたい方は下記の記事をご覧ください。

クラウドソーシング型記事外注サービスの費用を比較

ここでは、クラウドソーシング型記事外注サービスの費用を比較して紹介します。

前述の記事作成代行会社とは異なり、クラウドソーシングサイトは「案件を依頼したい人と案件を受注したい人をマッチングするサービス」です。

クラウドソーシング型記事外注サービスを利用する場合は、システム手数料がかかる場合があります。

ランサーズ

ランサーズ
出典:ランサーズ
費用・記事作成・ブログ記事・体験談:0.5円〜5円
・インタビュー・取材:2円〜5円
・リライト・校正・編集:10,000〜50,000円
・文字起こし:1分あたり90〜260円
・アンケート調査:1回答あたり10円〜3,000円
システム手数料契約金額(税込)の5.5%
おすすめポイント
  • 導入企業数600,000社以上
  • 350種類以上の幅広い仕事に対応
  • 下請法や源泉徴収、請求書支払いやクレジット決済に対応可能

ランサーズは誰でも簡単に、経験豊富なプロに仕事を依頼できる日本最大級のお仕事マッチングプラットフォームです。記事作成以外にも、350種類を超える幅広い仕事を依頼できます。

記事作成に関しては、0.5円から依頼できるため、格安で記事作成の代行を依頼したい方にもおすすめです。登録ライターに向けて募集をしたり、直接ライターにオファーを送ったりする機能があり、効率的に依頼先を探せます。

また、ライターの評価が可視化されているので、トラブルが少なく安心して使える要因です。

クラウドワークス

クラウドワークス
出典:クラウドワークス
費用・記事・Webコンテンツ作成:1文字1円
・リライト・校正・編集:1記事3,000円
・インタビュー・取材:15,000円〜
・記事企画:1記事1,000円〜
・文字起こし:5,000円〜
・アンケート調査:1回答50円〜
システム手数料無料
おすすめポイント
  • 大企業・政府など利用企業は78万社以上
  • プロクラウドワーカー制度を採用で信用力高い人に依頼できる
  • 音信不通時のサポート機能が充実

クラウドワークスは、大手企業から政府など含む、全国78万社が利用するお仕事マッチングサイトです。480万人以上が登録しており、ワーカーを募集してから最短1分で応募がくる速さも魅力です。

記事作成は1文字1円程度から依頼ができます。

また、クラウドワークスでは、「プロクラウドワーカー制度」を採用しています。厳しい基準をクリアした一部のワーカーだけが認定される制度です。そのため、安く記事作成を依頼したい方から、高い品質の記事作成を依頼したい方までおすすめできます。

ココナラ

ココナラ
出典:ココナラ
費用・記事・Webコンテンツ作成:5,000〜20,000円
・文字起こし:1,000〜2,000円
・コピーライティング:5,000〜20,000円
・企画書作成:2,000〜5,000円
システム手数料契約金額の税込5.5%
おすすめポイント
  • 450種類以上のカテゴリーからお仕事を発注できる
  • テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツなどでやり取りが可能
  • 365日体制で運営しているのでトラブルが少ない

ココナラは、個人のスキルを気軽に売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。
前述した2社とは異なり、出品している「個人」に案件を依頼するスタイルです。欲しいサービスが見つからない場合は、公開募集することもできます。

記事作成は1記事あたり5,000円〜20,000円程度で、購入するサービスによって金額が決定します。やり取りは出品者と購入者の1対1で行うため、オープンな場では難しい依頼や相談も可能です。

また、個人用・ビジネス用と分かれており、大手企業との取引実績もあることから信頼できるサービスといえるでしょう。

Bizseek

Bizseek
出典:Bizseek
費用要お問い合わせ
システム手数料無料
おすすめポイント
  • 50種類以上のお仕事に対応
  • 確実に報酬の受け渡しができる仮払い・成果報酬制度を採用
  • Web上で仕事の相談から依頼、受注、決済までを完結

Bizseek(ビズシーク)は、50種類以上のお仕事に対応しているクラウドソーシングサイトです。ワーカー側の手数料が業界最安級なので、登録者数を増やしています。

仮払い・成果報酬制度を採用しているため、確実に報酬を受け渡しすることができます。本人確認の有無をチェックすることで、信頼できるワーカーへの依頼も可能です。

お仕事の相談、依頼、受注、決済までを全てWeb上で完結できるため、ネット環境さえあればいつでもお仕事を依頼できる点がメリットです。

記事作成代行費用以外の業者選びのポイント

ここでは、記事作成を外注する際に、費用面以外で業者選びをするポイントを5つ解説します。

  • SEOで勝つノウハウを持っているかどうか
  • ライティングの質はどうか
  • 依頼可能な作業内容の範囲は?
  • 使いやすさ(契約方法の柔軟性や納品スピード)
  • 担当者のニーズを汲み取る力や提案力・相性

①SEOで勝つノウハウを持っているかどうか

記事作成代行を利用する際にまずチェックしておきたいポイントは、「SEOで勝つノウハウを持っているかどうか」です。

記事作成を代行する方の多くは、「SEOで上位表示させたい」という狙いがあるかと思います。せっかくお金をかけて記事作成の依頼をしても、成果がでなければ費用が無駄になります。

そのため、SEO対策で実績を残している代行業者を選ぶことが大切です。具体的には、検索結果で1位表示を何度も出している業者を選ぶとよいでしょう。

その検索結果1位表示も、簡単なキーワードではなく、競合がひしめき合う難易度の高いキーワードで上位獲得をしている業者がおすすめです。

②ライティングの質はどうか

記事代行業社に在籍するライターの、ライティングの質もチェックしておきましょう。ここで示すライティングの質とは、SEOを意識したコンテンツ作成ができているかどうかです。

ライティングの質を確認するには、記事制作の実績を確認するのが早いです。代行業社に過去に制作した記事のURLを聞き、どのキーワードで検索順位の上位表示を獲得したかなどチェックするとよいでしょう。

③依頼可能な作業内容の範囲は?

依頼内容に対して、どの範囲まで作業してくれるかも事前に確認することが大切です。

記事作成を進めている中で、「この作業は打ち合わせ時に聞いていないから対応できない」「追加費用がかかる」など断られる可能性もあります。

「執筆のみなのか」「執筆だけでなく、キーワード選定や構成作成にも対応しているのか」といった内容を確認しておきましょう。

時間と手間をかけたくない方は、構成から執筆を丸投げできる業者を選ぶのがおすすめです。

④使いやすさ(契約方法の柔軟性や納品スピード)

記事作成代行を依頼する際は、多彩なプランから選べるか、納品日は要望に応えてくれるかなどをチェックするのも重要です。

契約プランが充実していれば、その時の運用状況に応じた記事作成を発注できます。例えば、「高品質のメイン記事を1記事だけ欲しい」「大量の記事作成を依頼したい」などです。その時の状況に合わせて対応してくれる業者は、使いやすいといえます。

また、納品スピードも大切です。納期に時間がかかってしまっては成果が出るまでに時間がかかります。希望する納品日で対応してくれる代行業者は、スケジュール管理もしやすく、安心感につながるでしょう。

⑤担当者のニーズを汲み取る力や提案力・相性

担当者のニーズを汲み取り、適切な提案をしてくれる記事作成代行業者を選ぶことも大切です。記事作成代行を利用する方の中には、SEOでの知識や執筆経験がない方も多いかと思います。

記事作成において、何が正解で間違いなのかを理解していない状況で依頼するのは不安も大きいです。そのため、しっかりとヒアリングを行い、担当者の要望に応えてくれる業者選びが大切といえます。

また、自社サイトと代行業者の相性も確認しておきましょう。外注先によっても得意不得意があります。自社サイトのジャンルでも、しっかり実績を残せているか確認しておくと安心です。

記事作成代行ウルトラは高品質・低価格・使いやすさの三拍子が揃っている

上記の内容を踏まえて、「結局どの記事作成代行業者がおすすめなの?」という方には、記事作成代行ウルトラがおすすめです。

高品質・低価格・使いやすさの3拍子が揃った記事作成代行サービスとして、利用者から高い評価を獲得しています。具体的には、以下のような特長があります。

  • 記事の品質→全記事にSEOディレクターが監修しているから記事クオリティが高い
  • 低価格→費用相場7円〜10円のSEO特化型記事が文字単価4円から依頼できる
  • 使いやすさ→記事作成を丸投げできる。1記事からでも大量記事作成にも柔軟に対応

現在、記事作成代行ウルトラでは、数量限定で文字単価の割引キャンペーンを実施中です。記事作成代行業者の利用を検討している方は、無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

お試しの1本から依頼が可能なので、まずは無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

記事作成を代行業者に外注するメリット

ここでは、記事作成を代行業者に外注するメリットを3つ解説します。具体的には、以下の3つです。

  • SEOノウハウのある代行業者なら順位を上げられる
  • 自社のライターやSEO人材の人件費をおさえられる
  • 社内リソースの縛りを超えたコンテンツ制作スピードが実現できる

一つずつ見ていきましょう。

SEOノウハウのある代行業者なら順位を上げられる

記事作成を代行業者に外注する最大のメリットは、検索結果の上位表示を獲得しやすい点です。代行業者によっては、SEOノウハウや経験が豊富なので、自社サイトの順位を上げるライティングや対策をしてくれます。

SEO対策は自社サイトへの流入やコンバージョン率アップに欠かせない施策です。SEOで実績がある代行業者であれば、希望するキーワードで順位を上げられます。その結果、集客につながり、売上が伸びることに期待できるでしょう。

自社のライターやSEO人材の人件費をおさえられる

記事作成を代行業者に外注すると、人件費削減のメリットがあります。

通常、1記事作成するまでに、

  1. キーワード選定
  2. リサーチ
  3. 構成の作成
  4. 執筆
  5. 校正
  6. 入稿

といった複数の作業が必要です。これらの作業に長けたSEO人材を確保・維持するのは、高い人件費が発生します。

記事作成を代行業者に外注すれば、上記の作業を丸投げできるため、人件費の削減が可能になるのです。

社内リソースの縛りを超えたコンテンツ制作スピードが実現できる

記事作成の代行業者に在籍しているライターは、プロとして活躍している方が多いです。つまり、即戦力ばかりなので、車内で新たに人材を雇用したり、育成したりする必要がありません。

プロのライター達が記事作成を行うので、社内リソースでは叶えられないコンテンツ制作スピードを実現できるのです。代行業者の中には、最短翌日納品に対応している場合もあります。

記事作成の代行業者に依頼することで、圧倒的なスピードでコンテンツ制作を実現できる点はメリットといえるでしょう。

記事作成を代行業者に外注するデメリット

記事作成を外注することはメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

  • 求める記事のクオリティによっては費用が高くなる
  • クラウドソーシングタイプだとライターの採用・管理が大変
  • 最低契約期間や発注本数の縛りがある業者が基本

メリットだけでなく、デメリットも考慮して利用を検討しましょう。

求める記事のクオリティによっては費用が高くなる

当然ですが、高品質の記事を求めれば、その分費用も高くなります。また、専門性の高い記事(医療や金融など)も費用が高くなる傾向にあります。

文字数や作成する記事数によっても異なりますが、高品質の記事を継続して外注すると、数万円〜数十万円は必要です。記事作成以外にも、SEOコンサルティングなども利用すれば、100万円を超えるケースもあります。

しかし、記事作成を代行業者に外注することで、「人件費の削減効果」が期待できます。代行業者を利用せずに、自社スタッフで全ての作業を行えば、多額の費用が必要です。

本業の業務が別にある場合は、サイト運営が片手間になり、期待する成果が出ない可能性もあります。成果につながるサイト運営には、外注の有無に限らずそれなりの費用が必要だということを知っておきましょう。

クラウドソーシングタイプだとライターの採用・管理が大変

クラウドソーシングサイトを利用して、記事作成を外注しようと検討している方も多いです。しかし、クラウドソーシングタイプの場合、ライターの採用から管理を全て自社で行う必要があります。

クラウドソーシングには、何万、何十万人のライターが登録しています。その中から、自社のニーズに沿ったライティングができる人材を探すのは大変です。

また、ライターと連絡をとったり、進捗度合を確認したりなど、管理にも手間がかかります。クラウドソーシングでは、自社でライターの採用から管理をしなければならない点がデメリットといえるでしょう。

最低契約期間や発注本数の縛りがある業者が基本

ほとんどの記事作成代行業者が、最低契約期間や発注本数に縛りを設けています。具体的には、最低10記事〜受注、最低半年〜の契約などです。

多くの代行業者がこのような縛りを設けている理由は、短期間または発注本数が少ないと、利益が少ないからです。大量の記事を受注してもらい、継続して利用してもらった方が利益も大きくなります。

しかし、記事作成を外注する側としては、使いにくさが目立ちます。

上記のような縛りが気になる方には、記事作成代行ウルトラがおすすめです。最低契約期間や発注本数の縛りなしで依頼ができます。「まずは1記事から依頼してみたい」という要望にも応えられるため、スモールスタートしたい方にも適しているでしょう。

記事作成は外注したほうが費用対効果が高い

記事作成を外注するうえで、最も気になっているのが高額な費用かと思います。しかし、トータルで見れば、記事作成を自社で行うより、外注した方が費用対効果は高いです。

例えば、3,000文字〜5,000文字の記事を1人のスタッフが完成させるまで、1日〜3日ほどかかるとします。記事作成を代行業者に外注すれば、記事作成にかかる時間が省けて、自社で記事をチェックするだけです。

記事作成スタッフを1人雇う場合、月収30万円(正社員)、年間で500万円以上かかることもあります。仮に外注費用が300万円かかるとしても、人件費の削減につながる計算です。

自社スタッフが1記事作り上げるのに24時間かかっていた場合、外注すればチェック作業の1、2時間で終わります。浮いた時間で別の業務に集中したり、自社サイトの最適化が行えたりするでしょう。

記事作成代行サービスとクラウドソーシングはどちらがおすすめ?

記事外注にあたり、「記事作成代行サービス」と「クラウドソーシング」のどちらを利用すればいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、記事作成代行サービスに依頼するのがおすすめです。
前述したように、クラウドソーシングは、ライターの採用から管理までを自社で行う必要があります。

ここからは、「記事作成代行サービス」と「クラウドソーシング」のメリットとデメリットを比較して、それぞれどんな企業におすすめかを解説します。

クラウドソーシングに記事作成依頼した場合のメリット・デメリット

クラウドソーシングは、不特定多数のワーカーに業務を外部委託する形態のことです。仕事の依頼から契約、連絡、納品、決済などをすべてWeb上で行えます。

クラウドソーシングに記事作成依頼した場合のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 低価格で外注できる
  • 人件費の削減につながる
  • 専門知識やスキルを持ったライターに依頼できる

デメリット

  • ライターの採用、管理が大変
  • システム手数料が発生する場合がある
  • 応募者が現れない可能性がある

クラウドソーシングの良い点は、低価格で外注できることです。ライターの採用や管理が必要になる点や、募集案件に対して応募者が現れない可能性がある点はデメリットといえます。

上記のメリット・デメリットを踏まえると、クラウドソーシングは「低価格で大量の記事を量産したい」「予算が限られている」方におすすめです。

記事作成代行サービスに依頼した場合のメリット・デメリット

記事作成代行サービスは、前述のクラウドソーシングとは異なり、ライターの採用や管理が必要ありません。記事作成代行業者に在籍するディレクターやライターが担当するため、「応募者が見つからない」といった心配もないでしょう。

プランによっては、キーワード選定や構成作成から執筆まで、オウンドメディア運営の全てが丸投げできます。

ただし、全ての記事作成代行業者が適切なSEO対策を意識した記事作成をできるわけではありません。本記事で紹介したポイントなどを参考に、信頼できる記事作成代行業者を選ぶ必要があります。

記事代行サービスに記事作成を依頼した場合の具体的なメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

  • 人件費を抑えられる
  • 実績あるライターに外注できる
  • SEOに強い代行業者なら検索順位を上げられる
  • 業者によってはSEOコンサルティングを受けられる

デメリット

  • 記事の品質によっては費用が高くなる
  • ほとんどの業者が最低契約期間や発注本数に縛りがある
  • 納品までに時間がかかる場合がある

上記のメリット・デメリットの観点から、「ある程度の費用をかけても、高品質な記事が欲しい」「比較的低価格で大量の記事作成を依頼したい」といった方に適しています。

記事作成代行ウルトラはクラウドソーシングの強みも併せ持った代行サービス

記事作成代行ウルトラは、高品質の記事をクラウドソーシング並みの価格帯で外注が可能です。

検索1位表示実績が600記事以上のSEOチームが、1文字4円〜SEOで勝てる記事の作成を請け負ってくれます。

通常、SEO特化型の記事作成にかかる費用は、1文字7円〜10円程度です。記事作成代行ウルトラは、検索1位表示を何度も獲得している高品質の記事を低価格で提供しています。

さらに数量限定になりますが、今なら文字単価の永久割引キャンペーンも実施中です。SEO特化記事4円→3円で外注できます。

検索順位を上げて、集客や売上UPなどの成果に繋げたい方は、ぜひ一度ご相談ください。

まとめ

本記事では、記事作成代行の相場を「クラウドソーシング」に外注した場合と、「記事作成代行業者」の場合に分けて解説してきました。

それぞれの費用相場は、以下のとおりです。

  • クラウドソーシングや個人ライター:0.5円~5円
  • 低価格の記事作成代行業者:0.7円~3円
  • SEO記事に特化した代行業者:7円~10円

記事作成を外注する際は、費用面も考慮すべき要素ですが、ある程度のコストをかけて良質な記事を作成するのが大切です。

その観点からいうと、クラウドソーシングは低価格で外注できますが、ライターの採用や管理に手間がかかります。

記事作成代行業者は、求める記事のクオリティによっては費用が高くなりますが、プロに外注できる点が魅力です。

コスパの良い記事作成の代行業者をお探しの方は、「記事作成代行ウルトラ」がおすすめです。記事作成代行ウルトラでは、クラウドソーシング並みの低価格帯で、SEOに特化した高品質の記事を作成できます。

検索順位1位表示を600以上獲得した実績から、あなたのメディアを強化し、集客や売上UPにつながる提案をしてくれるでしょう。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。