記事リライト外注の料金相場は?人気代行サービス14選の費用比較

この記事でわかること
  • 記事リライトを外注した場合の料金相場
  • 依頼する範囲別や外注先別のリライト代行料金相場
  • 人気の記事リライト代行サービスの料金比較
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

「リライトの外注費用相場ってどれくらい?」

「クラウドソーシングサービスと専門の代行業者はどっちがいいの?」

「どの代行サービスに記事リライトを外注すればいいかわからない」

このようなお悩みはありませんか?

SEO記事を作成していると「上位表示されたのにいつの間にか順位が下がっていた」といったことがあります。
自社メディアの改善も含めて、リライトはSEOにおいても大切な施策です。

そこで、記事リライトをプロのライターや代行サービスに外注しようと検討している方も多いかと思います。
外注先選びにあたり、料金相場が気になっている方も多いのではないでしょうか。

リライト代行の料金相場は以下の通りです。

  • クラウドソーシング・個人ライターの料金相場:1文字あたり0.3円〜5円
  • 専門のリライト代行会社の料金相場:1記事あたり10,000円〜50,000円

本記事では上記の他、依頼範囲別の記事リライト外注の料金相場や、おすすめの代行サービスについて解説します。

SEO記事リライトの外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の価格で提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら
目次

コンテンツ記事のリライトとは?

コンテンツSEOのリライトを想起させる画像

コンテンツ記事のリライトとは、記事の文章を書き換えることです。コンテンツSEOにおいては、公開した記事の内容を書き換えて、より高品質に、かつSEO効果を高める目的があります。

SEO対策では、リライト作業が非常に重要です。「検索順位がなかなか上がらない」「公開した記事の情報が古くなってきた」といった場合に、リライトして記事の改善を図ります。

リライトを行わなければ、いずれSEO評価が下がり、検索順位を下げることになる場合もあります。
また、リライトは新規記事公開よりも、すぐに順位やCV率に対して効果が出やすい点も特徴です。

コンテンツ記事のリライトは、サイト全体の改善を含め、SEO評価に関わる重要な作業の一つなのです。

リライトの基礎知識ややり方について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

外注先別の記事リライト代行の料金相場

記事リライトの料金相場は、外注先によって異なります。選択肢としては「クラウドソーシング・個人ライター」に依頼するか、「リライト代行会社」に依頼する2種類があります。

リライトの内容や外注先によって、大きく料金が異なるため注意しましょう。
ここでは、それぞれの記事リライト代行料金の相場を解説します。

クラウドソーシング・個人ライターの料金相場:1文字あたり0.3円〜5円

クラウドソーシング・個人ライターの料金相場は、1文字あたり0.3円〜5円です。

文字単価計算以外にも、以下のような料金体系があります。

  • 文字単価
  • 記事単価
  • ページ単価
  • 時間単価

仕事内容によって、どの報酬システムを採用するかが変わることが多いです。基本的には外注する側が料金体系を決定します。

それでは、料金体系ごとのリライト料金相場を見ていきましょう。

文字単価計算の相場:1文字あたり0.3円〜5円

文章のリライトを行う際の外注費用相場は、文字単価の場合、1文字あたり0.3円〜5円ほどです。
例えば、5,000文字の記事を1文字3円で外注すると、費用は15,000円になります。

価格差は、ライターのスキルや能力によって生まれています。
Webライターのスキルや能力が高いほど料金も高くなる傾向にあります。

一般的なWebライターのスキル別の料金相場は次のようになっています。

Webライターのレベル文字単価(3,000文字で依頼した場合の料金目安)
初心者ライター1文字0.3~0.5円(900円〜1,500円)
中級者ライター1文字1円~3円(3,000円〜9,000円)
上級者ライター1文字5円以上(15,000円以上)

クラウドソーシングサービスでは、1文字0.5円程度で外注することも可能ですが、あまりおすすめしません。
文章のリライトであっても、ある程度の文章力や日本語力が求められます。

中には「お試し感覚」で仕事を受注するライターもいます。そのため、良質な記事にするためにも、一定の費用を覚悟して支払うことが重要です。

記事単価計算の相場:1記事あたり1,000円〜5,000円

一般的な記事を外注する際の料金相場は、1記事あたり1,000円〜5,000円ほどです。
専門性の高い記事であれば、30,000円〜50,000円以上の費用がかかることもあります。

記事単価は前述した1文字〇〇円ではなく、「1記事単位での料金」を計算する方法です。
料金相場は、記事の専門性や一部リライトなのか記事全てをリライトするかによって大きく異なります。

以下の表は、記事単価の相場をまとめたものです。

記事の種類料金相場
一般的なSEO記事一部リライト:1,000円〜3,000円全体リライト:5,000円以上
専門性の高いSEO記事一部リライト:3,000円〜30,000円全体リライト:50,000円以上

ページ単価計算の相場:1ページあたり10,000円〜20,000円

ページ単価でリライトを外注した場合の相場は、10,000円〜20,000円です。

記事単価と何が違うの?と感じた方もいるかもしれませんが、ページ単価とは、主にHPやLPなどの業務で1ページあたりの単価を設定してページ単位で外注することを指します。

前述した文字単価や記事単価とは異なり、記事のリライト以外にページのデザインや画像の編集までを含めるケースが多いです。

そのため、SEOライティングの知識に加えてWebデザインの知識が必要なため、料金も高くなる傾向にあります。

時間単価計算の相場

時間単位でリライトを外注した場合の相場は、1時間あたり1,000円〜5,000円程度です。1時間あたり〇〇円で計算されるため、時給制ともいいます。

クラウドソーシングサービスや個人ライターに外注する場合は、基本的に文字単価や記事単価の報酬システムが採用されることが多いです。

自社のオフィスに常駐してもらいたい場合や、他のライターに指示出しをするディレクション業務や記事の添削なども時間単価が用いられます。

ただし、Webライターのレベルによってリライトにかかる時間も異なるため、事前にどれくらいの時間でリライトが完了するかを確認しておきましょう。

リライト代行会社の料金相場:1記事あたり10,000円〜50,000円

リライト代行会社の料金相場は、作業範囲や納品期間などによっても異なります。下表では、リライト代行会社を利用した場合の料金相場をまとめました。

作業範囲1記事あたりの料金相場
見出しの追加+加筆修正リサーチ:20,000円〜30,000円執筆:文字単価5円〜
一部のみリライトリサーチ:10,000円〜30,000円リライト:3,000〜15,000円
記事全体のリライト構成部分:20,000円〜30,000円記事内容:20,000円〜80,000円
複数ページを1つにまとめる記事の分析と選定:1,000円〜30,000円ページを一本化:50,000円〜
画像や表、図、動画などを追加画像:1,000円〜5,000円図・表:1,000〜10,000円動画:1,000円〜5,000円

代行会社や記事のボリューム、記事数などによっても料金は変動しますので、詳しくは各代行会社にお問い合わせください。

依頼する範囲別の記事リライト代行料金相場

ここでは、依頼する作業範囲別で記事リライト代行の料金相場を詳しく解説します。

以下の通り、リライト代行会社を利用する場合、依頼する作業範囲によって料金が異なります。

スクロールできます
依頼範囲料金相場
内容の追加のみ(見出しと本文)不足している情報のリサーチ:3,000円〜15,000円
見出しや本文の執筆:1文字あたり5円〜
全体のフルリニューアル構成部分:5,000円〜20,000円
執筆:20,000円〜80,000円
記事あたりで計算すると、20,000円〜100,000円
一部の内容変更簡単なリサーチ:1記事あたり1,000円〜3,000円

専門家が情報チェックの対応:3,000円〜30,000円

リライト:3,000円〜15,000円
複数のコンテンツを統合統合する記事の分析と選定:1,000円〜30,000円

ページを一本化:50,000円〜
イラスト・画像・動画の追加画像:1,000円〜5,000円

図・表:1,000〜10,000円

動画:1,000円〜5,000円

内容の追加のみ(見出しと本文)

記事の内容で不足している情報を追加する作業です。具体的には、h2やh3などの見出しを追加してその下に本文を200文字〜1,000程度追加します。

内容を追加するためには、記事全文を読み込まなければなりません。内容によっては追加以外にも、すでに書いている文章との整合性が必要にあり調整する場合もあります。

内容の追加のみを依頼した場合の料金相場は、以下のとおりです。

  • 不足している情報のリサーチ:3,000円〜15,000円
  • 見出しや本文の執筆:1文字あたり5円〜

上記はあくまで目安で、加筆修正する記事の品質や情報量によって料金も変動します。

全体のフルリニューアル

記事全体のリニューアルとなれば、新たに記事作成する料金もしくはそれ以上にかかる場合があります。

そのため、新たに記事作成するのか、記事の材料を残してフルリニューアルするのか慎重に検討しましょう。

目安として、Search ConsoleなどのSEOツールを用いて表示回数とクリック数がある程度あればフルリニューアル、なければ新たに記事作成するのがおすすめです。

記事全体をフルリニューアルした場合の料金相場は以下のとおりです。

  • 構成部分:5,000円〜20,000円
  • 執筆:20,000円〜80,000円
  • 記事あたりで計算すると、20,000円〜100,000円

一部の内容変更

記事内の情報が古くなった場合に最新に書き換えたり、内部リンクの最適化を行ったりなどが挙げられます。忘れがちになりますが、記事を最新の情報に更新することは、SEOやサイト運営において非常に重要です。

古い情報のままでは、Googleやユーザーから評価されず、検索順位を上げることも難しいでしょう。

記事内容の一部を変更する場合は、専門性によって料金が異なります。情報に誤りがないか、最新のデータに更新されているかなど、専門家にしかわからない場合は料金も高額になるでしょう。

記事内容の一部変更にかかる料金相場は以下のとおりです。

  • 簡単なリサーチ:1記事あたり1,000円〜3,000円
  • 専門家が情報チェックの対応:3,000円〜30,000円
  • リライト:3,000円〜15,000円

複数のコンテンツを統合

コンテンツ記事のリライトはただ内容を書き換えるだけでなく、過去に作成した記事を統合したり、不要なものを削除・非公開することもあります。どのコンテンツを統合して、削除・非公開にするかの見極めが必要です。

リライト代行会社が見極めてくれる場合や、自社で見極める場合は情報が共通しているページの流入数やコンバージョン率から判断します。

ただし、売上に貢献しているページの可能性もあるため、流入数が少ないからといって統合、削除するのは注意が必要です。

複数のコンテンツを統合する場合の料金相場は以下のとおりです。

  • 統合する記事の分析と選定:1,000円〜30,000円
  • ページを一本化:50,000円〜

イラスト・画像・動画の追加

リライトには本文の内容を書き換えるだけでなく、イラストや画像、動画を追加する方法もあります。すでにある内容をまとめたイラストや画像、動画を追加することで、直帰率や滞在時間、コンバージョン率の向上が期待できるのです。

イラストや画像、動画の追加はWebデザインが担当することになるので、別途イラストや画像などの制作費がかかる場合もあります。

イラスト・画像・動画の追加にかかる料金相場は以下のとおりです。

  • 画像:1,000円〜5,000円
  • 図・表:1,000〜10,000円
  • 動画:1,000円〜5,000円

おすすめ記事リライト代行サービス10選の料金を比較

ここでは、おすすめのリライト代行サービスを10社ご紹介します。各代行サービスの料金も掲載していますので、比較検討の材料にしてください。

記事作成代行ウルトラ

記事作成代行ウルトラ
リライト代行料金記事構成作成:12,000円(税別)
構成+執筆:25,000円(税別)
構成+執筆+入稿:34,000円(税別)
おすすめポイント
  • 検索順位1位を600記事以上獲得したSEOチームがサービス提供
  • 記事の構成から執筆までを丸投げ依頼可能
  • 文字単価を永久割引のキャンペーン実施中

記事作成代行ウルトラは、高品質の記事をクラウドソーシング並みの価格帯で提供する代行サービスです。

検索順位1位を600記事以上獲得した実績あるSEOチームが記事作成やリライトを担当します。記事の構成〜執筆まで丸投げできるので、時間も手間も必要ありません。

文字単価は業界最安級の2円〜提供しており、個人から企業まで利用しやすい料金設定になっています。さらに、数量限定で文字単価の永久割引キャンペーンを実施中です。

株式会社YOSCA

株式会社YOSCA
出典:株式会社YOSCA
リライト代行料金初期費用:いち会社あたり10,000円
【Webライティング】
基本プラン:1文字あたり5円PROプラン:1文字あたり8円構成案の作成:1本あたり7,000円画像の選定:1,000円+画像利用料原稿・企画の監修:10,000円〜
【専門】医療・健康・ヘルスケアライティング:1文字あたり15円〜
【専門】美容・ファッション・育児ライティング:1文字あたり12円
【キーワードライティング】基本プラン:1文字あたり3円〜構成案の作成:1本あたり7,000円〜
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
おすすめポイント
  • 多様なジャンルの執筆経験がある
  • 7,000人以上のライターからご依頼にマッチしたライターを用意
  • 個性豊かな編集者が記事のクオリティを向上

株式会社YOSCA(ヨスカ)は、主にライター育成に力を入れているコンテンツ制作会社です。「読者にどうなってもらいたいのか」「どんなリアクションをしてほしいのか」を大切にしてコンテンツ制作をしています。

YOSCAは、7,000人以上のライターのプロフィールデータベースを所有しているのが特徴です。データベースから、ご依頼にマッチしたライターを用意して記事作成やリライトを行います。

ライターそれぞれに得意分野や特定のジャンルに深い知識を持つなど、依頼の対応範囲が広いのもメリットです。

サグーワークス

サグーワークス
出典:サグーワークス
リライト代行料金・オンライン発注プラン(文字単価):
レギュラーランク:0.75円〜
ゴールドランク:1.5円〜
プラチナランク:3.0円〜
・オーダーメイドプラン:
レギュラーランク:1.2円〜
ゴールドランク:2.3円〜
プラチナランク:4.5円〜
キャンペーン情報現在開催中のキャンペーンはなし
おすすめポイント
  • 記事の難易度に合わせて文字単価が変動する
  • 専任のディレクターが記事の品質をコントロール
  • 20名以上の承認担当者を編成し、目視チェック・校正を担当

サグーワークスは、記事作成数360万を超える国内最大級の記事作成サービスです。外注する記事の難易度に合わせて文字単価も変動します。「とにかく記事を量産したい」「SEO対策用の高品質な記事を書いてほしい」など、要望に合ったプランから選べます。

レギュラーランクのライターに外注すれば、1文字1円未満で依頼が可能です。専任のディレクターが案件を担当するため、ライターに的確な指示を出し、品質が担保されています。

株式会社UP SPICE

株式会社UP SPICE
出典:株式会社UP SPICE
リライト代行料金記事作成プラン:40,000円〜(文字数、本数に応じて変動)
ワンストッププラン:要お問い合わせ
コンサル運用プラン:要お問い合わせ
キャンペーン情報現在開催中のキャンペーンはなし
おすすめポイント
  • UP SPICE独自のメソッドでキーワード分析
  • 専門性の高いニッチなジャンルでも対応可能
  • 校正・校閲の経験を積んだ編集者が内容を厳密チェック

株式会社UP SPICEは、WEBシステムの開発やSEOを中心としたコンテンツ制作が強みの制作会社です。検索意図に沿ったコンテンツ記事設計から、企画・記事作成まで一気通貫で対応できます。

記事制作にかかる費用は40,000円〜で、記事作成を10本以上外注したい方におすすめです。

リライトに関しては、各業界で実際に従事していたライターが担当します。金融や健康、保険分野といった専門性の高い分野でも対応可能です。

Re:writer(リライター)

Re:writer(リライター)
出典:Re:writer(リライター)
リライト代行料金記事1本単価15,000円
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
おすすめポイント
  • 検索上位を量産したPMとディレクターが1記事ずつ丁寧にリライト
  • ツールと目視の両体制でチェック
  • 記事作成やGAS構築にも対応可能

Re:writer(リライター)は、SEOコンテンツのリライト・改善を軸にサイト全体の品質を向上させるサービスです。価格は基本料金をベースに、必要なリライトの工数、規模に合わせて適正価格で提供しています。

1記事からの依頼も可能で、ベース価格は15,000円です。Google検索上位をいくつも獲得した経験豊富なPMとディレクターが1記事ずつ丁寧にリライトを行い品質を担保します。

リライトはツールと目視でのチェックにより、表記ゆれや二重否定などの一般的なミスを徹底的に排除します。順位の下がったSEOコンテンツを最適化したい方にもおすすめです。

株式会社ライトアップ

株式会社ライトアップ
出典:株式会社ライトアップ
リライト代行料金要お問い合わせ
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
おすすめポイント
  • 薬事や法律、FPなどの専門性の高いコンテンツ制作も可能
  • 取材記事、インタビュー記事制作にも対応
  • SEOライティングやコンテンツマーケティングなどの実績多数あり

株式会社ライトアップは、取材記事やインタビュー記事を得意とする代行サービスです。SEOライティングやコンテンツマーケティングなどでも多数の実績があるため、リライト代行も行っています。

社内ディレクターと外部の専門家が連携するため、薬事や法律、FPなどの専門性の高いジャンルのWebコンテンツ制作も可能です。プロジェクトごとに複数のディレクターが担当することで、クオリティの高い記事を実現します。

All Write!

リライト代行料金要お問い合わせ
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
おすすめポイント
  • 28,000ものコンテンツ制作の実績
  • 薬事法管理者が在籍
  • メルマガやLP、マンガ、動画などの依頼も可能

All Write!は、28,000件以上の記事コンテンツ制作で培ったノウハウをもとに、専属のコンテンツマーケティングチームに適正価格で外注できます。記事作成だけでなく、コンテンツの企画構成からインタビュー取材・撮影、構成、校閲、監修者のアサイン、SNS運用なども対応可能です。

校正や校閲、表記ゆれ、法律などは、有料ツールと別担当者によるダブルチェックが行われるため安心です。単にライティングや校正・校閲を行うだけでなく、現状の課題をヒアリングした上でリライトを行うので、コアの部分から関われます。

サイトエンジン株式会社

サイトエンジン株式会社
出典:サイトエンジン株式会社
リライト代行料金リライト調査:50,000円/15キーワードリライト記事案・構成案作成:15,000円/1記事追記:8,000円/1,000文字全文リライト:40,000円/記事イラスト・図表追加:8,000円/点
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
おすすめポイント
  • 800社以上の新規記事作成やリライトの実績
  • 月間800記事以上を作成するチームでリライトに対応
  • 記事が完成するまでのプロセスを見える化してくれる

サイトエンジン株式会社は、14年以上の歴史があり、800社以上の企業の新規記事作成やリライトのサポート実績がある企業です。データをもとにした記事のリライトを得意とし、検索順位やアクセス数、コンバージョン率の改善などを行います。

ライターのスキルチェックを徹底しているため、多様な記事ジャンルでも、高品質を担保します。専門性の高い内容には、専門家に執筆を依頼したり監修をつけたりなど、情報の正確性や網羅性を徹底しているのが強みです。

株式会社LANY

株式会社LANY
出典:株式会社LANY
リライト代行料金・記事構成作成:1記事あたり6万円〜(税込6.6万円)
・記事構成+原稿作成:1記事あたり10万円〜 (税込11万円〜)
・記事構成+原稿+入稿:1記事あたり14万円(税込15.4万円〜)
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
おすすめポイント
  • 最新のアルゴリズムに合わせてリライトを行ってくれる
  • リライトの成果を毎月レポーティングしてPDCAを常に回している
  • 最適な優先度と方針を定めた上でリライトを進めてくれる

株式会社LANYは、SEOコンサルティングやデジタルマーケティング、オウンドメディア運営を行っている企業です。リライト代行では、SEOに詳しいライターが効果的なリライトを行い、集客力、コンバージョン、メディア運営の改善を行います。

最新のアルゴリズムに合わせて、上位表示に必要な要素を踏まえたリライトを行うため、SEOに強い記事にリライトが可能です。また、リライトして終わりではなく、どのような成果があるのかを毎月レポーティングして、記事の品質を高めます。

StockSun株式会社

StockSun株式会社
出典:StockSun株式会社
リライト代行料金要お問い合わせ
キャンペーン情報現在実施中のキャンペーンなし
おすすめポイント
  • デジタルマーケティングを網羅的に支援
  • プロジェクトごとに最適なチームを編成
  • 4,000名を超える発注実績

StockSun株式会社は、デジタルマーケティング支援のプロ集団です。4,000名を超える発注実績から、上位1%のWebコンサルタントをアサインしてくれます。

デジタルマーケティングを得意としているので、SEO×SNSを組み合わせた最新のマーケティングにも対応可能です。顧客満足度に基づくコンサル評価、ランキング制度など、品質担保に直結する競争システムで、顧客の不安ゼロを目指しています。

SEO記事リライトの外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の価格で提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら

リライト外注が可能なクラウドソーシングサービス4選

ここでは、リライト外注が可能なクラウドソーシングサービスを4つ紹介します。

ランサーズ

ランサーズ
出典:ランサーズ
リライト代行料金・記事作成・ブログ記事・体験談:0.5円〜5円
・インタビュー・取材:2円〜5円
・リライト・校正・編集:10,000〜50,000円
・文字起こし:1分あたり90〜260円
・アンケート調査:1回答あたり10円〜3,000円
システム手数料契約金額(税込)の5.5%
おすすめポイント
  • 350種類以上のカテゴリで実績を持つプロに仕事を依頼できる
  • 低コストでスピード納品が可能
  • 24時間365日体制のサポート

ランサーズは、誰でも簡単に仕事を依頼できる日本最大級のお仕事マッチングプラットフォームです。ライティングやリライト以外にも350種類以上のカテゴリがあり、実績あるプロに仕事を依頼できます。

プロ個人にリライトを依頼できるため、中間コストを抑えて、低コストかつスピード感ある納品の実現が可能です。下請法や源泉徴収、請求書支払いやクレジット決済など、外注サポート機能が充実しています。

トラブルや疑問などはランサーズのサポート窓口が24時間365日体制でサポートしてくれるので、安心してサービスを利用できます。

クラウドワークス

クラウドワークス
出典:クラウドワークス
リライト代行料金・記事・Webコンテンツ作成:1文字1円
・リライト・校正・編集:1記事3,000円
・インタビュー・取材:15,000円〜
・記事企画:1記事1,000円〜
・文字起こし:5,000円〜
・アンケート調査:1回答50円〜
システム手数料無料
おすすめポイント
  • 業界No.1のユーザー数
  • 登録者数480万人の中から適正価格で依頼が可能
  • 利用企業は78万社以上

クラウドワークスは個人法人問わず、インターネット上で発注・受注できるお仕事マッチングサイトです。業界No.1のユーザー数480万人なので、多様なカテゴリの仕事にも対応できるワーカーが揃っています。

発注してから最短1分でワーカーが見つかる点もメリットです。「取引先から連絡がこない」「納品されない」などのトラブルをなくすため、「連絡催促申請機能」やマイナス評価制度を導入しています。信頼できそうなワーカーにだけ依頼が可能です。

ココナラ

ココナラ
出典:ココナラ
リライト代行料金・記事・Webコンテンツ作成:5,000〜20,000円
・文字起こし:1,000〜2,000円
・コピーライティング:5,000〜20,000円
・企画書作成:2,000〜5,000円
・リライト:10,000円〜/5000文字※上記料金は目安
システム手数料契約金額の税込5.5%
おすすめポイント
  • お金のやり取りはココナラが仲介するので安全
  • 多様なカテゴリの中から知識・スキル・経験を購入できる
  • サービス提供は全てオンラインで完結

ココナラは個人のスキルを売り買いできる日本最大級のスキルマーケットです。450種類以上あるカテゴリから、豊富なサービスを比較して自社の悩みを解決するサービスを購入できます。

サービスの提供は全てオンライン上で行うため、時間や場所を気にせず、テキストやビデオチャット、電話などで取引が可能です。購入する際のお金のやり取りはココナラが仲介するので、トラブルなく利用できます。万が一トラブルがあっても、365日体制でサポートしてくれるので安心です。

Bizseek

Bizseek
出典:Bizseek
リライト代行料金要お問い合わせ
システム手数料無料
おすすめポイント
  • 50種類以上のカテゴリの仕事に対応
  • 仕事の相談から依頼、受注、決済までWeb上で完結
  • 専属のワークディレクターがサポート

Bizseekは、Web上でライティングやデザイン、プログラミングなど様々な仕事の受発注ができるサービスです。

仮払い・成果報酬制度を採用しているため、確実に報酬の受け渡しをすることができます。

本人確認の有無をチェックすれば、より信頼できるワーカーにリライトの依頼が可能です。仕事の相談から依頼、受注、支払いまでを全てWeb上で完結できます。インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも仕事の依頼・やり取りが可能です。

SEO記事リライトの外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の価格で提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら

費用面以外のリライト外注先の選び方

リライトの外注先を選ぶうえで費用面を見るのも大切ですが、そのほかの重要なポイントを確認することも忘れてはいけません。ここでは、費用面以外でリライト外注先を選ぶ際のポイントを6つ解説します。

  • SEOで勝つリライトのノウハウを持っているかどうか
  • ライティングの質は?
  • 依頼可能な作業内容の範囲は?
  • 使いやすさ(契約方法の柔軟性や納品スピード)
  • 担当者のニーズを汲み取る力や提案力・相性
  • サイトの目的や事業戦略まで担当がヒアリングしてくれるか

SEOで勝つリライトのノウハウを持っているかどうか

SEO対策においてのリライトは、ただ記事の内容をチェックして書き換えればいいというわけでもありません。Googleやユーザーから評価されるコンテンツにする必要があります。

外注先を選ぶ際は、SEOで勝てるリライトのノウハウ・実績を持っているかを確認しましょう。確認する際は、「どのような実績があるのか」を具体的に記載している会社を選ぶのがベストです。

例えば「検索1位表示を〇〇件獲得した」「月間リード数〇〇件」といった実績が挙げられます。候補となるリライト代行サービス会社を複数社挙げて、それぞれに問い合わせし、大まかな費用や実績などを確認しておきましょう。

弊社のリライトのやり方について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

SEOライティングの質は?

リライト外注を成功させるために重要な要素の一つに、SEOライティングの質が挙げられます。リライトを行う目的は、「検索順位を上げる」「古い情報を最新のものに書き換える」「よりユーザーに価値あるコンテンツに書き換える」などです。

そのため、リライト(文章を書き換える)と言っても、ある程度のライティングスキルは必要になります。SEOに詳しくない方や、ライティング力が低いライターに依頼してしまうと、リライトが逆効果になる恐れもあるため注意しましょう。

クラウドソーシングサービスは、自分でライターを見つけなければならないため、ライティングの質を確認することは難しいです。

しかし、代行サービスであれば、実績あるプロライターが多く在籍しているので、ある程度の質は担保されています。

依頼可能な作業内容の範囲は?

「そもそもリライトの依頼が可能なのか?」といった依頼可能な作業範囲の確認も大切です。リライトのみに対応しているサービスもあれば、記事作成の一環でリライトを請け負っているサービスもあります。

リライトだけでなく、「記事本数を増やしたい」「イラストや画像、動画なども作成してほしい」などの要望に対しても柔軟に対応できるかも確認しておきたいポイントです。

また、一部のみリライトと記事全体のリライトなど、作業範囲によって費用も異なるので確認しておきましょう。

使いやすさ(契約方法の柔軟性や納品スピード)

リライトを外注する際は、代行サービスの契約方法や納品スピードも確認しておきたいポイントです。

代行サービスによっては「10記事からしか受け付けていない」「納品には1週間かかる」など使いやすさが異なります。

1記事から執筆依頼が可能な場合や最短翌日納品が可能な業者もあるので、自社にとって使いやすい代行サービスを選びましょう。

担当者のニーズを汲み取る力や提案力・相性

リライトを依頼する方の中には、SEOやコンテンツ作成の詳しいノウハウやスキルがない方も多いです。

そのため、外注先の担当者が自社のニーズを汲み取り、適切な提案をしてくれる方が納得できる成果につながります。

また、人同士のやり取りが発生するので、どうしても相性が合う合わないは発生します。コミュニケーションのスムーズさや、外注先が自社メディアのブランドイメージに合致しているかなどを確認するとよいでしょう。

サイトの目的や事業戦略まで担当がヒアリングしてくれるか

リライトを外注する際は、自社サイトの目的や事業戦略など、細かなポイントをヒアリングしてくれる会社を選びましょう。

外注先の中には、Googleのガイドラインを無視した提案を行うところも少なからず存在します。

「SEO対策で確実に成果を出します」と謳うライターや業者は魅力的に感じるかもしれませんが、SEOは成果が保証されていないため信用度は低いと言えるでしょう。

自社サイトの目的や市場、事業戦略などについて興味深くヒアリングしてくれる会社を選ぶと安心です。

このような丁寧な対応が記事内容に反映されるので、契約前の重要なコミュニケーションだと思って確認しましょう。

SEO記事リライトの外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の価格で提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら

記事リライト代行サービス利用の流れ

記事リライト代行サービス利用の流れは以下のとおりです。

  1. リライトする記事を選定する
  2. 外注先を探す
  3. 条件の交渉と依頼
  4. 納品されたリライト記事を確認

以下では、それぞれのポイントを解説します。

1.リライトする記事を選定する

まずは実際にリライトする記事を選びましょう。適当に選定するのではなく、以下に当てはまる記事を優先的にリライトすることをおすすめします。

検索順位が落ちている記事

自社サイトの記事が上位表示されていても、情報が古くなっていたりアルゴリズムアップデートの影響などにより、検索順位が落ちる場合があります。

現在、検索順位が10位〜20位程度を確保している記事であれば、リライトを行うことで検索順位が上がる可能性が高いためおすすめです。

なお、記事を公開してから検索順位が低いままの場合、キーワードに沿ったコンテンツ記事を作成できていない可能性があります。その場合は、記事全体の内容を見直すようにしましょう。

情報が古くなっている記事

記事を公開してからしばらく経つと、新しい情報が増えたり変わったりする場合があります。古い情報のまま公開していると、ユーザーにとって価値あるサイトではなくなり、SEO評価が低くなります。

例えば、調査したデータやお店の営業時間、料金など、変更が必要な情報や削除しなければならない箇所が出てくるでしょう。また、同じ情報を他のページにも記載している場合は、全て修正する必要があります。

出典元のリンクを貼り付けている場合も、リンク切れやサイト自体が削除されている可能性もあるため、リンクの修正も依頼しましょう。

PV数はあるが、コンバージョン率が低い記事

 PV数(アクセス数)はあっても、コンバージョン率が低い記事(購入や問い合わせなどの成果に繋がっていない)もリライトの対象です。

コンバージョン率はサイト全体の売上に直結するため、積極的にリライトを行いましょう。適切な文章に書き換えたり、CTAをより工夫したりすることで、コンバージョン率の向上を図ります。

2.外注先を探す

上記の選定方法を参考にリライトする記事を選んだ後は、外注先を探します。外注先には「クラウドソーシングサービス」と「代行サービス」の2種類ありますが、おすすめは代行サービスです。

クラウドソーシングサービスは、自社でライターを選定・管理する手間があるからです。代行サービスであれば、ある程度ライティングの質が担保されています。

また、ディレクターや編集者がライターの管理を行うため、ライター個人とやり取りする手間がありません。

ただし、クラウドソーシングサービスや個人ライターに依頼するよりも、料金が高くなる傾向にあります。

「記事作成代行ウルトラ」のように、クラウドソーシングサービス並みの価格帯で高品質のサービスを提供している企業も存在します。

リライトを行う目的や予算に合った外注先を選定しましょう。

3.条件の交渉と依頼

外注先が決まれば、自社の依頼条件を外注先と交渉していきます。リライトする内容や予算、納期などを伝え、必要に応じて単価交渉も行いましょう。

契約する前に疑問点などを解消し、両者が納得する条件が揃えれば正式な契約となります。

4.納品されたリライト記事を確認

最後に納品されたリライト記事を確認しましょう。リライト記事をチェックする際に見ておきたいポイントは以下の2つです。

  • 他サイトからのコピペやAIで作成した文章でないか
  • 依頼内容が記事に反映されているか

あってはならないですが、他サイトからのコピペやAIで作成した文章を納品するライターがいます。このような文章は、自社サイトの評価を下げることになり、検索順位をさらに下げる結果になりかねません。

上記の2つのポイントをよくチェックし、場合によってはライターに修正依頼をしましょう。個人ライターの場合、「修正依頼は〇〇回まで」と設定されることも多いので確認が必要です。

リライト外注依頼時のポイント・注意点

ここでは、リライトを外注する際のポイントや注意点を2つ解説します。具体的には以下の2つです。

  • リライトの目的や作業範囲を明確にする
  • 監修や専門家による執筆も検討する

リライトの目的や作業範囲を明確にする

リライトを外注する前に「どのような目的を持ってリライトを行うのか」「どの範囲をリライトするのか」などを明確にしておきましょう。

これらを明確にしておかなければ、納品された記事と自社が求める内容に相違が出てしまい、何度も修正依頼する手間が発生します。

「検索順位を上げたい」「成約率を高めたい」などの目的や記載したい情報、文字数などをしっかり伝えることが大切です。

また、詳細な指示や注意点が記載されたマニュアルや、レギュレーションを用意しておくと不要な修正をなくし効率的に作業を進められます。

監修や専門家による執筆も検討する

より専門性の高い記事に仕上げたい場合は、外注先に専門家による執筆や監修を依頼するのも効果的です。また、記事の内容が専門的であれば、専門家にチェックしてもらうことで、より適切な情報を記載できます。

Googleの検索品質評価ガイドラインでも、以下の「E-E-A-T」が重要だと定義しています。

  • 「Experience(経験)」
  • 「Expertise(専門性)」
  • 「Authoritativeness(権威性)」
  • 「Trustworthiness(信頼性)」

専門家の監修・執筆を示すことにより、E-E-A-T関連のスコアを高めることができます。

例えば医療系の記事であれば、医師に監修してもらうことで、権威性や専門性が高まるでしょう。
ただし、専門家に監修やリライトを依頼する場合は、別途費用がかかるため確認が必要です。

記事外注の成功ポイントや方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

リライトは新規記事制作よりも費用対効果が高い

新規記事を制作することも大切ですが、ある程度のコンテンツを制作して、十分なページ数があればリライトの方が費用対効果は高いといえます。

リライトの対象となるのは「アクセス数はあるけど、コンバージョン率が低いページ」や「検索順位が下がったページ」などです。つまり、適切なリライトを行うだけでコンバージョン率がUPし、短期間で購入やお問い合わせにつながります。

ただし、自社メディアを立ち上げたばかりでコンテンツ数が少ない場合は、リライトよりも新規記事制作に力を入れた方がよいでしょう。

ある程度コンテンツを投下したサイトなら、新規記事制作だけに力を入れるのではなく、リライトにも予算をかけてみてください。

記事の順位上昇に限界を感じたらリライト外注がおすすめ

自社サイトの運営で「検索順位がなかなか上がらない」「購入やお問い合わせ数を増やしたい」といったお悩みがあればリライトを外注するのがおすすめです。

記事のリライトを外注するメリットには、

  • 記事のクオリティを高められる(依頼先によっては自社の能力を超えた成果が創出できる)
  • 検索順位の上昇やコンバージョン率の向上につながる
  • 他の業務に集中できる

などが挙げられます。リライトを外注する際は、クラウドソーシングサービスよりも、リライト代行サービスを利用することをおすすめします。

クラウドソーシングサービスは外注費用を抑えられるメリットがありますが、ライターの採用や管理に手間がかかる点がデメリットです。一方でリライト代行サービスは、そのような手間も発生せず依頼できます。

記事作成代行ウルトラでは、クラウドソーシングサービス並みの低価格帯で高品質なSEO記事を提供しています。また、数量限定になりますが、文字単価を永久割引するキャンペーンも実施中です。

まずは1記事からといった要望にも応えられるので、ぜひ一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

記事作成代行ウルトラのサービス内容やお見積り依頼は
下記よりお気軽にお問い合わせください。

記事作成代行ウルトラのサービス料金一覧

記事作成代行ウルトラは、リライト代行の他に豊富なコンテンツSEO支援サービスを提供しています。
以下は各サービスの料金一覧です。

SEOコンサルコンテンツマーケティングに必要なキーワード選定方法や戦略立案、リライト記事の選定、内部対策の最適化などについて、総合的なアドバイスを行います。社内にSEOの専門人材がいない企業様向けのインハウス化支援にも対応しています。¥100,000/月~
WordPress入稿執筆した記事をWordPressに直接入稿いたします。ノーコードの範囲内であれば表やリストなど簡単なデザイン追加に対応いたします。¥1/文字~
構成案のみ作成執筆は社内で行うので構成案のみ作成してほしいという要望にもお応えいたします。SEOノウハウを持つディレクターが競合調査・ユーザー分析をもとに構成案(骨子)を作成し提出いたします。¥10,000/本~
専門家の執筆・監修YMYL系のキーワードなど、ライターや監修者に専門性、経験が求められる場合に、該当する専門家をアサインいたします。要問合せ
オリジナル画像作成ユーザーの視認性を高める、図解画像やオリジナルイラストを作成いたします。¥2,500/枚~
キーワード選定代行キーワード選定のみ代行いたします。競合の対策キーワードやサジェストを洗い出し整理いたします。コンバージョンの出やすさや作成優先度の分類まで行い提出いたします。要問合せ
内部対策改善サイト構造や内部リンクの置き方など、内部対策の改善箇所調査および修正指示書の提出を行います。¥50,000~
被リンク獲得施策被リンク獲得施策の立案から実行まで行います。獲得方法例は、インタービュー、寄稿、監修、PR記事作成などホワイトハットは方法に絞って行います。要問合せ
表示価格はすべて税別

お見積り依頼は下記よりお気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。