SEOの順位に文字数は関係ない!検索に強い記事の正しい作成方法

SEOの順位に文字数は関係ない
この記事でわかること
  • SEOの順位に文字数は関係ないと断言できる理由
  • 文字数が多い記事がSEOに強いと言われる理由
  • 検索に強い記事の正しい作成方法
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

SEO記事制作代行会社の経営者。
これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

「SEOで上位表示するためには何文字必要?」
「最低1,000文字は書かないといけないって言われたけど本当?」

SEO対策で結果を出すために、記事やページの最適な文字数が気になるという方は多いのではないでしょうか。
結論から申し上げますと、SEOの順位に文字数は関係ありません。
文字数に関するあらゆる議論は不毛だと言えるでしょう。

本記事では、SEOの順位に文字数は関係ないと断言できる理由からプロが実践する検索に強い記事やページの作成方法について徹底的に解説。
SEOの文字数にまつわる疑問を解消し、結果を再現性高く出すための体系的なノウハウを紹介した記事となっています。

ぜひご一読ください!

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
目次

SEO記事の「文字数が多ければ検索に強い」というのは間違い

結論から申し上げますと、SEO記事の順位に文字数は関係ありません

Googleがコンテンツを評価する際には専門性の高さやユーザーニーズを満たしているか、サイトドメインの強さなど様々な指標が存在していますが、文字数に対する評価指標は設けられていません

実際、Googleのジョン・ミューラー氏が、「検索順位に文字数は無関係」だとはっきり言及しています。

参考:Google Says Word Count Not a Quality Factor(Search Engine Journal)

つまり、よく巷で言われる以下のような議論は不毛だと言えます。

「SEO記事の文字数は多くないといけない」
「SEO記事は最低1,000文字以上必要」

実際、1,000文字未満でも、検索上位を獲得しているページは多く存在しているのが何よりの証拠だと言えるでしょう。

”文字数が多ければ検索に強い”と頭ごなしに考えるのは間違っているといえます。

タイトルやメタディスクリプションには適切な文字数がある

SEO記事全体の文字数に決まりはありませんが、タイトル(titleタグ)やメタディスクリプション(discriptionタグ)には適切な文字数があります。

念のため、タイトルとディスクリプションはそれぞれ検索結果で以下のように表示されるものです。

タイトルとディスクリプション

それぞれ適切な文字数は以下の通りです。

  • タイトル(titleタグ):30〜32文字
  • メタディスクリプション(discriptionタグ):60~80文字

まずタイトルの場合、検索結果画面に表示される文字数がPCで30~32文字程度、スマホで30~41文字程度になります。
文字数が超過すると、タイトルが途中で省略されるのでPCに合わせて30~32文字程度で設定するとよいでしょう。

ディスクリプションも同様に文字数が超過してしまうので、適切な文字数は60~80文字になります。

読者がクリックしたくなるような内容にしつつ、適切な文字数で設定することで得られる成果も高められるでしょう。

SEOに強いタイトルの付け方について詳しくは下記の記事をご覧ください。

文字数が多い記事がSEOに強いと言われている理由

冒頭でSEOに文字数が関係ないと申し上げましたが、文字数が多い記事の方がSEOに強いと多くの人に言われているのもまた事実。
文字数が多い記事がSEOに強いと言われている理由は以下の通りです。

  • 複数のユーザーのニーズを網羅的に満たせるから
  • 内容を濃くすると自然と文字数が増えるから

それでは詳しくみていきましょう。

複数のユーザーのニーズを網羅的に満たせるから

文字数が多い記事は、複数のユーザーニーズを網羅的に満たせるため、SEOに強いと言われています。

SEOで上位を獲得できるページの条件の一つに、ユーザーニーズを網羅的に満たせているかどうかという点が挙げられます。

「ユーザーニーズを網羅的に満たす」とはどういうことでしょうか?
事例を見ていきましょう。

例えば、対策キーワードを「SEO」とした場合、SEOと検索しているユーザーは”SEOとは何か?”ということ以外にも、以下のようなことを知りたがっています。

  • SEOの仕組み
  • SEO対策の方法
  • SEOの注意点
  • SEO対策にかかる費用
  • SEOに関するよくある質問と回答 など

検索において、上位表示するためには上記のようなユーザーが知りたがっていることを幅広く網羅している必要があります。

このニーズに対して網羅的な記事を書こうとすると、自然と文字数が増えるため、文字数が多い記事はSEOに強いと言われているのです。

内容を濃くすると自然と文字数が増えるから

良質な記事は、内容が濃く自然と文字数が増える点もSEOに強いと言われる理由です。

記事における”内容が濃い”という言葉について掘り下げると、以下2つの視点に分けられます。

  • 情報に専門性がある
  • 結論・根拠・理由・事例が含まれている

理由は、ひとつの見出しに対して疑問点を残さないないように専門性を高く内容を濃くすると、自然と文字数が増えるからです。

具体的にGoogle検索セントラルブログでは、以下の内容が追加されています。

Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。

引用:​​​​​​医療や健康に関連する検索結果の改善について(Google検索セントラルブログ)

このように、専門性が高く根拠が明確であれば、信頼性は高く有益な情報として認知されます。

また、専門知識を持つライターが書いた場合は、どんな資格を持つ人物が書いたのか記されていれば、さらに専門性は高いと判断されるでしょう。

読者が求めている記事は、専門性が高く内容が濃いため、文字量は比例する場合が多いといえます。

文字数は後からついてくるもの!SEOに強い記事を作成するための正しい考え方

SEOで成功するためには「文字数が後からついてくるもの!」という前提のもと、以下のような正しい考え方に基づき記事作成を進めることが大切です。

  • ユーザーニーズを包括的に満たす
  • 独自の見解や専門的な情報を盛り込む
  • 何よりもユーザーにとって最良のコンテンツを作成することに重点を置く

記事を作成するための正しい考え方を理解して進めることが重要です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ユーザーニーズを包括的に満たす

前述の通り、SEOで上位表示をするためにはユーザーニーズを包括的に満たす必要があります。
検索エンジンは、ユーザーの検索したキーワードに応じて最適な内容が記載されたページを探し出して一覧するシステムなので当然のことだともいえるでしょう。

ユーザーニーズを包括的に満たしたコンテンツ制作のためには、対策キーワードに基づくニーズ分析を行うのがおすすめです。
当社では、以下のように「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」からユーザーニーズを分析しています。

それぞれ違いは以下の通りです。

  • 顕在ニーズ:ユーザー自身が気づいている表層的なニーズ
  • 潜在ニーズ:ユーザー自身も気づいていない心の奥のニーズ

対策キーワードや上位表示されている記事を分析して、箇条書きで書き出してください。
ユーザーニーズを書き出す際は、必ずMECE(漏れなし被りなし)を意識するようにするとよいでしょう。

例えば、当社で「オウンドメディアとは」というキーワードで上位表示を狙った記事を作成する際には以下のように整理しました。

顕在ニーズと潜在ニーズの違いはイマイチ分かりづらいという方も多いかと思います。
迷った時は、「なぜユーザーが顕在ニーズを持っているのか」と考えてみてください。それが潜在ニーズです。

MECEを意識して書き出したニーズを満たせるような記事を作成することで、”ユーザーニーズを包括的に満たした記事”になります。

独自の見解や専門的な情報を盛り込む

Googleは近年、独自の見解やその発信主しか知らないような専門的な情報が記載されたコンテンツに対する評価を年々高めています。

先日行われた2024年3月のGoogleコアアップデートでもその傾向はより顕著に認められました。

独自性・専門性がある記事はSEOに効果的なので、自社にしか出せないオリジナルな情報や専門的な情報を記事内に意識的に盛り込むことが大切です。
実際Googleも以下のように明言しています。

その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用:Google検索セントラル「日本語検索の品質向上にむけて」

前述のユーザーニーズを包括的に満たすという点をおさえつつ、オリジナルな情報や主張を意識的に盛り込むことで、競合を上回り検索エンジンの上位表示につなげることができるのです。

独自情報には以下のような例が挙げられます。

  • 自社で実施したアンケートなどで収集した情報
  • 自社サービス顧客から聞いた生の声
  • 口コミ
  • 自社独自の見解や視点から掘り下げられた内容

上記の内容を意識的に盛り込み、ユーザーにとって新たな情報や価値を

何よりもユーザーにとって最良のコンテンツを作成することに重点を置く

SEO記事の作成にあたり、最も重要なことは目の前のユーザーのニーズを満たす最良のコンテンツを制作することです。

Googleが、ユーザーを最も重要視していることは先述したとおりです。ユーザーにどんな悩みがあるのか、そして記事を読むことで何を解決したいのか、どんな状態になって欲しいのかなどを徹底的に考える必要があります。

実際かつては、被リンクの大量収集や不自然なキーワードの羅列など、いわゆる小手先のテクニックを使って上位表示を狙う時代がありました。(ブラックハットSEOと呼ばれています。)

それに対しGoogleも検索エンジンのアップデート(コアアルゴリズムアップデート)を繰り返し、
現在ではそのような手法は通用しなくなっています。そればかりかサイトがペナルティを受けるリスクも。

目の前のユーザーの検索ニーズを満たし、より有益なサイトとすることが、
現在のSEOならびにコンテンツマーケティングにおける成果創出の最短距離なのです。

SEOに強い記事の作成方法

ここでは、SEOに強い記事の作成方法について当社が実践している方法を解説しています。

ここまでで、SEOに強い記事は文字数が多いというわけではなく、ユーザーニーズを満たした独自性・専門性の高い記事であることを紹介しました。
このような「SEOで勝てる条件を満たした記事」を再現性高く作成するための体系的なノウハウについて解説していきます。

まずは記事構成を練りこむ

まずは記事構成を練りこみましょう。
記事構成とは、以下のような見出し構成案(プロット)のことです。

記事構成案の例

記事構成の作成は、記事の質を大きく左右する大切な作業です。

構成案を執筆前に作成するのが重要な理由は以下の通りです。

  • キーワードやターゲットユーザーの分析が緻密に行える
  • ユーザーの疑問や課題に対しMECE(漏れなし・抜けなし)な記事を作成できる
  • コンバージョンなどゴールまでユーザーを導ける記事が作成できる
  • 効率的に良質な記事が作成できる(いきなり本文を書き始めるのは非効率)

記事構成がしっかりできていないと読み応えがあり、上位表示を達成可能な記事は作成できません。
最初に記事構成がしっかりできるよう練りこみをしましょう。

記事構成作りは以下のような流れで進めます。

SEOで上位表示可能な記事構成作りの8ステップ
  • 対策キーワードの定義と関連キーワードの調査
  • 上位記事の分析
  • ターゲット(ペルソナ)・ユーザーニーズの分析
  • 記事のゴールの明確化
  • ゴール達成までに必要な要素を整理
  • SEOキーワードを織り交ぜて構成の作成
  • 記事を書く際の留意点も明記

記事構成の作成方法について、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEOに強い記事構成案の作り方

ユーザーと検索エンジンどちらにも焦点を当てた記事のライティングを行う

記事の構成ができたら、構成に沿ってライティングをしていきます。

SEOライティングとも呼ばれる工程ですが、意識するべきことは多いので、ポイントを押さえながら記事執筆をしていきましょう。

まず前提として、SEOライティングで求められる文章は「ユーザーにとっても検索エンジンにとってもわかりやすい文章」です。
ユーザーは人間ですので、比喩表現なども読み解けますが、検索エンジンはロボットなので読み取れません。
検索エンジンにも配慮した文章作成が必要なのです。
加えてユーザーに次のアクションを起こしてもらうためには、セールスライティングの要素も必要です。

以下のポイントに沿って執筆することで、ユーザー・検索エンジン双方にとってわかりやすく、なおかつ成果を生み出せる文章となるでしょう。

SEO記事ライティングのポイント
  • 文章の順番が適切か(PREP法もしくはSDS法で執筆できているか、見出し毎で結論ファーストか)
  • 1文(。まで)が70文字以内に収まっているか
  • 読点(、)が1文の中で使われすぎていないか(1文当たり「2回以内」に収まっているか)
  • 検索ユーザーが知りたい情報をリサーチしして盛りこめているか
  • 構成で指示されている内容はもれなく盛り込まれているか
  • 文章が冗長になるの避け、リストや表をうまく活用できているか
  • 語尾は重複していないか(必要に応じて体言止めも使い、重複を避ける)
  • 誤魔化す表現でユーザーがイメージしにくくなっていないか
  • 日本語的に正しい表現になっているか(誤った日本語の使い方をしていないか)
  • 誤字・脱字はないか
  • 意味の伝わる文章となっているか
  • 定性ではなく具体的な定量(数字)で表現できているか
  • 記事のCV先を意識した文章内容となっているか
  • ターゲットやペルソナに合わせた文章トーンとなっているか
  • 事実に反する情報は記載していないか
  • 使いまわされた表現ではなく「ユーザーの検索意図に適したサービスの強み」を訴求できているか

他にもSEOライティングのコツは多数存在しています。
当社のノウハウを39の成功法則として、以下の記事にまとめていますので気になる方はぜひご覧になってください。

SEOでやってはいけないこととは?

SEOに取り組むにあたり、やってはいけないこともいくつか存在しています。
ここでは、SEOでやってはいけない5つを解説しますので、自社サイトでは実施しないようにご注意ください。

  • リンクスパム
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストと隠しリンク
  • 無断で複製されたコンテンツ
  • キーワードの乱用

それぞれ詳しく見ていきましょう。

リンクスパム

「リンクスパム」とは、不正な手段でWebサイトの被リンクを獲得し、サイト評価を高めようとする行為です。
※他のサイトに自サイトのリンクがはられることを「被リンク」といいます。

Googleでも以下のように明言されている通り、被リンクを得ることはSEOに効果的です。

コンテンツの質を評価する方法

コンテンツへのリンクまたは言及が他の著名なウェブサイトに含まれているか把握する

引用:Google Search「結果を自動的に生成する仕組み」

しかしこの被リンクを得るために、例えば対価として金銭を支払ったり、過剰な相互リンクを行ったりする場合、リンクスパムとみなされる可能性があります。

Googleでは以下のように明言されています。

リンクスパム

Google は、ウェブページの関連性を判断するための要素としてリンクを使用しています。Google 検索の検索結果ランキングを操作することを目的としたリンクは、リンクスパムと見なされる場合があります

Google検索セントラル「リンクスパム」

リンクスパムとみなされると、Googleの検索結果画面にサイトが表示されなくなったり、著しく検索順位を落とす(1位⇒100位など)ことにもなりかねません。
絶対にスパムとみなされるような手法は行わないようにしましょう。

不正なリダイレクト

不正なリダイレクトとは、Webサイトにアクセスしたユーザーを不正に誘導し、最初のURLとは別のURLに移動させる行為です。

つまり、検索エンジンに表示されている内容とは違う内容のページをユーザーに表示することです。

このようにユーザーを騙して異なったページに誘導する行為は、ペナルティに該当しますので行わないようにしましょう。

Googleでも以下のようにスパム行為だと明言されています。

誘導ページ

誘導ページとは、特定の類似検索キーワードで検索結果の上位に表示されることを目的に作成されたサイトまたはページのことです。誘導ページは、最終的なアクセス先となるサイトやページに比べ有用性の低い中間ページにユーザーを誘導します。

Google検索セントラル「誘導ページ」

実際、不正なリダイレクトとされる誘導ページに開いてしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。
悪質な行為なので、絶対に実施しないようにしましょう。

隠しテキストと隠しリンク

隠しテキストと隠しリンクとは、検索順位を高めることだけを目的として、ユーザーに見えないテキストやリンクを多数設置する行為です。

Googleでは以下のようにスパムだと名言されています。

隠しテキストと隠しリンク

隠しテキストや隠しリンクは、検索エンジンを操作することのみを目的としてページにコンテンツを配置しながら、人間のユーザーには見えにくいようにする行為です。

Google検索セントラル「隠しテキストと隠しリンク」

具体的に以下のものが当てはまります。

  • 白の背景で文字の色を白にする
  • テキストを画像の背後に置く
  • CSS を使用してテキストを画面の外に配置する
  • フォントサイズまたは不透明度を0に設定する
  • 目立たない1文字(段落の中頃にあるハイフンなど)のみをリンクにすることで隠す

このようにリンクやテキストが隠れてしまうような装飾はペナルティに該当するので注意しましょう。

無断で複製されたコンテンツ

無断で複製されたコンテンツとは、検索順位が高いWebサイトのコンテンツを無断で複製し、自分のWebサイトとして公開する行為です。

コンテンツをコピーし、語句を類義語に変えたりするリライトも見破り処分になるので注意が必要です。

コピーコンテンツや重複コンテンツを作成した場合、Googleのポリシーに違反するだけでなく、著作権法違反の罪に問われる可能性もあります。

キーワードの乱用

キーワードの乱用とは、Webサイトの検索順位を操作するため、多数の検索キーワードを詰め込む行為です。
例えば、同じ検索キーワードの羅列や繰り返し、都市名や地域名の乱用などが当てはまります。

SEOの文字数に関するよくある質問

ここでは、SEOの文字数に関するよくある質問に対しQ&A形式で回答していきます。

以下のような疑問にお答えしているので、気になるところからチェックしてみてくださいね。

  • SEOで最適な文字数は?最低1,000文字説は正しい?
  • トップページの文字数は増やした方がいいと聞きました。
  • 記事の文字数をカウントする方法は?
  • 高品質な記事の作成以外でSEO対策に必要なことは?
  • h1タグの推奨文字数は?
  • SEOに強いページ数はある?
  • 見出しの文字数はどれくらいがいい?SEOに最適な文字数はある?
  • SEOに効果的なリード文の文字数は?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEOで最適な文字数は?最低1,000文字説は正しい?

記事冒頭でも述べた通り、SEOで最適な文字数は特にありません。

「最低1,000文字は必要だ」という意見と「1,000文字なくてもOK」という意見がありますが、不毛な議論だと言えるでしょう。

あくまで本記事で解説してきた通り、ユーザーニーズを満たしつつ、独自性のある記事を作成することが重要であり、文字数は特に気にする必要がありません。

ただし、検索上位表示されるコンテンツは全体的に文字数が多い傾向にあります。

トップページの文字数は増やした方がいいと聞きました

トップページの文字数も、特にSEOに直接的な関係がありませんので、無理に増やす必要はありません。

記事同様に、ユーザーニーズを満たした内容が盛り込まれているか、独自性があるかどうかが重要です。

ユーザーニーズを満たした内容をトップページに盛り込み結果的に文字数が増えるのは、非常に効果的なのでぜひ実施してみてくださいね。

記事の文字数をカウントする方法は?

記事の文字数のカウントは下記のサイトを利用するのがおすすめです。

http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

その他、WordやGoogleドキュメントでも以下のようにカウントすることが可能です。

  • Word:ツールバーに文字カウントが表示される
  • Googleドキュメント:「ctrl」+「shift」+「c」で文字数がカウントできる

ぜひ活用してみてください。

高品質な記事の作成以外でSEO対策に必要なことは?

高品質な記事作成の他、SEO対策にあたっては下記の2点の施策が有効です。

  1. 被リンク評価を高くする(外部SEO)
  2. Googleのガイドラインに則った内部対策(コーディング)を行う(内部SEO)

検索エンジンでは特に上記2つの項目に記事への評価を加えた3項目を総合的に評価しているため、それぞれの項目で競合ページよりも優れていることが重要です。
さらに細分化すると以下の図の通りとなります。

SEOで上位表示するために必要な要件

被リンク評価を高める施策を外部SEOと言います。
良質な外部リンク(被リンク)を獲得し、検索エンジンからの評価を高める施策のことです。
SEO対策では、前述した良質なコンテンツ作成だけでなく、被リンクを多く獲得する仕組み作りも行う必要があります。

また、内部構造(コーディング)の評価を高めるためには、適切な内部リンク設置やHTML構造をサイト全体で行う必要があります。

SEO対策で実施する施策の全体像を知りたい方は下記の記事をご覧ください。

h1タグの文字数は?

h1タグの文字数に時に制限はありませんが、多くの記事でタイトルと同等くらいの文字数で作成されています。

特にこだわりがなければタイトルと同じくらいの文字数にするのが無難でしょう。

SEOに強いページ数はある?

ページ数も文字数同様、SEOに直接的な関係はありません。

ただし、特定のトピックに関する情報がサイト全体に充実していれば、その分野の記事の順位が上がりやすくなります。
したがって、トピックに関連した”良質”なページ数が多いサイトはSEOに強いともいえるでしょう。

見出しの文字数はどれくらいがいい?SEOに最適な文字数はある?

見出しの文字数に関しても特に決まりはありません。
ただし、SEOの見出しの文字数の目安は28文字〜40文字です。

タイトルが表示できる長さに合わせた目安なので、参考にすると良いでしょう。

SEOに効果的なリード文の文字数は?

リード文にも特に最適な文字数はありません。

しかし読みやすい文字量として、140文字~250文字くらいで書く場合が多いです。

ただし、より長くなる場合も多くあるので、必ずしもその範囲で納める必要はないでしょう。

リード文は、読者が読み進めるのかどうかの大切な判断基準となるので、簡潔で要点を押さえた内容にする必要があります。

クローラーにも記事内容を効率よく伝えられる部分なので、しっかりと時間をかけて執筆してくださいね。

まとめ

本記事では、SEOにおける文字数に関する正しい考え方や検索に強い記事の正しい作成方法を紹介しました。

SEOに文字数に関係なく、ユーザーニーズを満たした記事・独自性のある記事であることが最重要だと理解いただけたでしょう。

しかし、ユーザーニーズを包括的に満たしつつ独自性の高い記事を作成すると、その分文字量が増えるのもまた事実。本記事で紹介した正しい記事の作成方法を参考に、実践してみてくださいね。

この記事を読んで、SEOに強い記事を作成してみましょう。

SEO記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績600記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

\数量限定 文字単価永久割引キャンペーン中!/
お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。