BtoBの記事制作完全ガイド|社内で作る方法と外注時のポイント

BtoB記事制作完全ガイド
この記事でわかること
  • BtoB企業が記事制作をする目的や制作する記事の種類
  • 内製化するか外注するかの判断基準
  • 内製化する場合⇒SEOに強い記事を社内で制作する方法
  • 外注する場合⇒外注先の選び方&おすすめの依頼先
渡邉志明の著者プロフィール

この記事の著者渡邉 志明(シュワット株式会社 代表取締役)

SEO記事制作代行会社の経営者。
これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。

今やBtoB企業のリードジェネレーション手段として主流となってきた記事制作。

自社サイトやオウンドメディア上に記事を公開し、SEO経由で流入を獲得。
リード(見込み客)の獲得や認知拡大など、非常に効果的なBtoBマーケティング手法の一つです。

しかし記事制作を進めるにあたり、以下のような疑問・課題をお持ちの企業も多いのではないでしょうか。

「成果の出る記事の制作方法がわからない」
「内製化すべきか外注すべきか判断に迷う」

そこで本記事では、”BtoBの記事制作完全ガイド”と題して、記事制作にまつわる一から十までを完全網羅で解説。
記事制作の目的や効果から制作すべき記事の種類、外注or内製化の判断基準、内製化する場合の記事制作方法、外注する場合の依頼先の選び方まで、疑問や課題をすべて解決できる内容となっています。

どこから読み進めても理解できるようになっているので、ぜひ気になるところからご一読ください!

BtoB記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績833記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。過去1年弱で納品した2,225記事中、1位を獲得した記事は833記事(37.4%)。 格安の料金設定でありながら、業界屈指のパフォーマンスを実現しました。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら
目次

BtoB企業が記事制作をする目的

BtoB企業が記事制作をして、オウンドメディア上に公開する主な目的は以下の通りです。

  • リード(見込み客)獲得
  • 認知拡大
  • ブランディング
  • ユーザーデータの蓄積と活用

それぞれ詳しく見ていきましょう。

リード(見込み客)獲得

サービスの資料請求や問い合わせをはじめとするリード(見込み客)獲得は、BtoB企業が記事制作をする最大の目的となるケースが多いです。

記事制作によって、リード獲得にいたるまでの流れは以下のようなイメージです。

BtoB記事によってリード獲得に至るまでの流れ

SEOに強い記事を制作して検索上位に表示し、記事を読んだユーザーに資料請求などのアクションを促すという流れでリードを獲得します。

これまで企業のリード獲得手段は、テレアポやweb広告、マス広告、展示会等が中心でした。
一方でそれらの手段は参入障壁が低く、競合も取り組んでおり競争が激しいというケースも多いです。

一方で、SEOのノウハウを必要とする記事制作によるリード獲得は、参入障壁が高く競合企業が取り組んでいないという場合も。
業界によっては、少ないリソースで極めて大きな成果が期待できるケースもあり、リードジェネレーションの手段として非常に有効な施策です。

認知拡大

BtoBサービスを提供する企業が記事制作をすることで見込み客の獲得だけでなく、認知拡大を図ることもできます。

商品やサービスの認知度が低い段階では、その商品名で指名検索にかけるユーザーは少ないでしょう。

しかし検索で上位表示できる記事を制作することで、まだ商品のことを知らない潜在顧客に対してもアプローチすることが可能です。

例えば、タレントマネジメントシステムを提供する企業であれば、社員の離職率の高さに悩んでいる担当者が「社員定着率 上げる方法」と調べた際に検索上位に表示される記事を制作。
記事を読んだターゲットに自社のサービスを知ってもらうといったイメージです。

BtoB記事制作により認知拡大

その他、商品カテゴリー自体は知っているユーザーが「タレントマネジメント メリット」と調べた際に、記事経由でサービスを知るといったルートも考えられます。

このように、BtoB企業が記事制作をすることで認知拡大を図ることもできるのです。

ブランディング

BtoB企業が記事制作することで、サービスや自社のことをブランディングすることもできます。

ブランディングとはただ単に商品名やサービス名を知ってもらうだけでなく、「安くてうまい牛丼なら■■家!」というように、商品の強みや特徴と商品名を連想してもらうようにするのがブランディングです。

よりかみ砕いていうと商品に対して”良いイメージ”を持ってもらうための企業活動を意味しています。

サービスのターゲットユーザーにとって有益な記事を制作し発信し続けることで、良いイメージを持ってもらうことができ、ブランディングにつなげられるのです。

その他、制作した記事がSEOで検索1位を獲得していると人気のサービス・有名なサービスだと感じてもらえるという点もブランディングにつながると言えるでしょう。

ユーザーデータの蓄積と活用

BtoB企業が記事を制作しサイトへの流入数を増やすことで、ユーザーの様々なデータが蓄積されていきます。

蓄積したユーザーデータは以下のような形で、マーケティングや営業に活用可能です。

ユーザーデータの活用方法
  • 記事を見たユーザーをオーディエンスとした広告配信(リマケ広告など)
  • 記事を見たユーザーに類似するユーザーセグメントへの広告配信
  • 流入したユーザーのデータを解析して確度の高い営業リストを作成
  • 会員登録ユーザーに対してメールマガジンを配信
  • MAツールと連携し登録済みの見込み客が流入したら営業チームに通知 など

上記の他、サーバーに保存されるユーザーのIPアドレスを使って営業先企業リストを作成する技法(インテンション営業)も。
記事制作によって集めたユーザーデータは、マーケティング・営業活動を効率化させる様々な施策と絡めることができるのです。

BtoBのオウンドメディア運用目的や成功事例についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

BtoBライティングの特徴とは?BtoCライティングとの違いは?

BtoBライティングの特徴について解説していきます。

まず、BtoBライティングは想定されるターゲット読者が以下の通り、BtoCライティングとは異なります。

ターゲット読者
  • 企業や組織の意思決定者、担当者
  • 専門知識を持つ人
  • 論理的な文章を理解できる人

したがってBtoBライティングの文章スタイルは論理的かつ客観的な文章となるなど、以下のような特徴を持ちます。

  • 論理的で客観的な文章
  • 具体的なデータや事例に基づく
  • 専門用語の使用
  • 控えめな表現
  • 長文になりやすい

BtoBライティングの目的は以下の通りです。

  • 顧客の課題を理解してもらう
  • 商品・サービスの価値を伝える
  • 信頼関係を築く
  • 最終的には、購買を促す

上記の目的を達成できるように特徴やBtoCライティングの違いを理解して記事制作する必要があります。

BtoBライティングとBtoCライティングの違い

BtoBライティングとBtoCライティングは以下の点に違いがあります。

  • ターゲット読者が異なるため、文章の書き方が大きく異なる
  • BtoBライティングは論理的で客観的な文章が求められるが、BtoCライティングは感情に訴えるような文章が求められる
  • BtoBライティングは専門用語を使うことが多いが、BtoCライティングは平易な言葉を使う
  • BtoBライティングは長文になりやすいが、BtoCライティングは短文になりやすい

BtoCライティングの場合、どちらかというと読みやすさや面白さが求められますが、BtoBライティングには面白い文章などはあまり適していません。
信頼性が求められるので、論理的かつ客観的な文章である必要があります。

BtoBライティングとBtoCライティングは、ターゲット読者、文章スタイル、目的などが大きく異なります。それぞれの違いを理解した上で、適切なライティングを行うことが重要です。

BtoB企業が制作する記事の種類

BtoB企業が制作する記事の種類は以下の通りです。

  • SEO記事
  • 導入事例記事
  • インタビュー・取材記事
  • プレスリリース記事
  • ニュース記事
  • ホワイトペーパー
  • LP

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SEO記事

SEO記事は、検索エンジンで上位表示を獲得することを目的とした記事です。
ターゲットとなる企業が検索でよく使うキーワードで上位表示できるような記事を制作することで、多くの人に記事を見てもらうことができます。

導入事例記事

導入事例記事は、自社の製品・サービスを実際に導入した企業の事例を紹介する記事です。
導入企業の具体的な成果や導入効果を提示することで、自社の製品・サービスの信頼性を高めることができます。

インタビュー・取材記事

インタビュー・取材記事は、業界の専門家や著名人にインタビューを行い、その内容を記事にするものです。
専門家の知見や最新情報を発信することで、自社の情報発信の質を高めることができます。

インタビュー・取材記事についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

プレスリリース記事

プレスリリース記事は、自社の新製品・サービスやイベントなどの情報を広く伝えるための記事です。
メディアに取り上げてもらうことで、認知度を一気に高めることができます。

ニュース記事

ニュース記事は、業界の最新情報をタイムリーに発信する記事です。
常に新しい情報を発信することで、自社の情報発信の鮮度を高めることができます。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーの定義は、「企業が特定のテーマについて詳細な情報を提供するために作成する報告書」です。
製品やサービスの技術的な説明、業界の課題解決策、調査結果などをまとめ、潜在顧客や既存顧客に配布します。

ホワイトペーパーはリードを増やす手段として非常に有効です。

通常、サービスの”資料請求”や”問い合わせ”といったリードは、顕在顧客から発生するもの。
コンバージョンが発生するキーワードも顕在層が調べているものが中心でした。

一方でホワイトペーパーであれば、潜在層に対しても訴求可能なので、これまで獲得が難しかった潜在層からのリード獲得を実現します。
リードが取れるターゲットユーザーの幅が広がり、リード数を大きく底上げできるのです。

リードナーチャリングを目的としたBtoBライティングもチェック

SEO記事や導入事例記事はリード(見込み客)を獲得するまでのリードジェネレーションの工程で活躍する記事です。

反対に獲得したリードを育てるリードナーチャリングを目的に以下のような種類のBtoBライティングも行われます。

  • メルマガ
  • DM(ダイレクトメール)

BtoB記事制作は外注すべきか自社で内製化すべきか

ここでは、BtoB企業の記事制作は外注すべきか自社で内製化すべきかの判断方法について掘り下げていきましょう。

以下の流れで解説していきます。

  • BtoB記事制作を外注するメリット・デメリット
  • BtoB記事制作を内製化するメリット・デメリット
  • BtoB記事制作を外注するか内製化するかどうかの判断ポイント

それぞれ詳しく見ていきましょう。

BtoB記事制作を外注するメリット・デメリット

BtoB記事制作を外注した場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • SEOのノウハウが無くても高い成果が期待できる
  • 人的リソースが無くても記事を制作できる
  • 短期間で多くの記事を制作できる
  • 質の高い記事を制作することができる
  • プロのノウハウを社内に蓄積することができる
デメリット
  • 外注先の業者によっては思ったような成果が出せない
  • 費用がかかる
  • 自社の専門知識や制作意図が記事に反映されないことがある
  • 業者とのコミュニケーションに手間がかかる

BtoB記事制作を内製化するメリット・デメリット

BtoB記事制作を内製化する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • 外注費用がかからない
  • 発注から納品までのタイムラグが無いので迅速な記事制作が可能になる
  • 外注先とのコミュニケーションコストが削減できる
  • 自社にSEO記事制作ノウハウが蓄積される
デメリット
  • SEOノウハウがない場合、成果はほとんど出せない
  • 膨大な時間や人件費がかかる
  • 最新のトレンドに対応できないことがある

BtoB記事制作を外注するか内製化するかどうかの判断ポイント

BtoB記事制作を内製化するかどうか判断する際には、以下のポイントを判断基準にしましょう。

自社にSEO記事制作のノウハウがあるかどうか

自社にSEO記事制作のノウハウがない場合は、基本的に外注するのがおすすめです。
SEOで成功するためには膨大な量の知識が必要であり、0からノウハウを学習し記事制作で成果を上げられる状態までもっていくのは現実的ではありません。

ノウハウや実績が豊富な記事制作会社やSEOコンサルティング会社を利用することで、スムーズに成果を創出することができるでしょう。

想定している記事制作の量と頻度

記事制作の量と頻度が多い場合、外注をうまく活用した方が期待できる成果は大きいでしょう。

SEOノウハウがあるという場合は記事の構成案を社内で制作し、執筆のみ外注するという企業も多いです。

かかる費用をおさえつつ、記事制作数を増やすことが可能になります。

使える予算

使える予算がそれなりにある場合は、外注したほうが良いでしょう。

予算が多い場合は、SEOに強い記事制作代行会社に依頼するのがおすすめ。

フリーのライターですとあまり高いクオリティは期待できませんが、専門の記事制作会社であれば高品質な記事を制作してくれる場合が多いです。

反対に、予算が少ないという場合は内製化するかフリーのライターなどを活用しましょう。

社内の人的リソース状況

社内の人的リソースが記事制作数の目標に対して不足しているという場合も、外注がおすすめです。

業務負担が軽減される点も魅力ですよ。

SEOノウハウの有無や予算・リソース状況から、外注か内製化か慎重に判断を行いましょう。
場合によっては、記事構成の作成までを社内で対応し執筆のみ外注するというのも選択肢です。

記事外注のやり方や成功ポイントについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

外注か内製化か決まったら自社に合ったコンテンツをチェック!

次章以降では、自社で内製化する企業、外注する企業それぞれに向けてコンテンツを用意しております。
ここまでの内容を踏まえて、気になるところから読んでみてください!

BtoBのSEO記事制作における正しい考え方

具体的なBtoBのSEO記事制作方法について知る前に、まずはベースとなる正しい考え方について理解しましょう。

SEOに強い記事を制作するためには、以下のポイントの理解が必要不可欠です。

  • 検索に表示される記事=ユーザーの疑問や課題を解決する記事
  • 小手先のテクニックよりもユーザーのことを第一に考える
  • 自社ならではの独自性や専門知識を記事に盛り込む

それぞれ詳しく見ていきましょう。

検索に表示される記事=ユーザーの疑問や課題を解決する記事

そもそも、Googleをはじめとする検索エンジンは、ユーザーが検索窓に入力した疑問や課題に対して、最も適切な内容が書かれたページ(記事)をランキング形式で表示するシステムです。

したがって、検索で表示される記事とはすなわちユーザーの疑問や課題を解決する記事だと言えます。

例えば、「肉じゃが 作り方」と調べると肉じゃがのレシピや作り方について書かれた記事がずらっと並ぶでしょう。

BtoBの記事制作においても同様に、まずは特定のキーワードで検索をしているユーザーの疑問や課題を解決できる記事を目指すことから始めるのが大切です。

小手先のテクニックよりもユーザーのことを第一に考える

ユーザーのことを第一に考えた記事制作をすることが何よりも大切です。

SEO記事制作においては、「キーワードを何回使わなきゃいけない」「HTML構造を守らなきゃいけない」など、小手先のテクニックが重視されがち。
しかし経験上、テクニックばかりに走りユーザーを無視した記事制作をしてしまうと、短期では多少成果が出ても長期で見ると必ずどこかで成果が出なくなってしまいます。

小手先のテクニックで書かれた記事は長期的に成果を出せない

何を隠そう弊社も過去にテクニック重視の記事制作ばかりをしていた結果、痛い目を見たことがあります。

常にユーザーにとって最良の記事を制作することを第一に、プロジェクトを進めていきましょう。

自社ならではの独自情報や専門知識を記事に盛り込む

BtoBの記事制作において重要な点に、自社にしか打ち出せない独自情報や専門的な知識を記事に盛り込むことを意識しましょう。

SEOに強い記事を制作しようとするとどうしても上位に表示されている競合記事の最大公約数的な内容になりがちです。
しかし昨今、生成AIの台頭により、Googleは独自性・専門性のある記事に対して評価を高めています。
AIで作られたオリジナリティの無い記事ばかりになっている現状を危惧し、独自性のある記事の順位を高め、反対に大量生産された低品質な記事は検索結果から消えていっているのです。

したがって、記事にはユーザーにとって有益かつ自社にしか出せない独自情報・専門情報を積極的に盛り込んでいきましょう。

独自情報には以下のような例があります。

  • 自社にしか打ち出せない情報(顧客の声・サービス活用による成果など)
  • まだ誰も調査していないデータ
  • アンケート結果
  • 自社の考え方・主張
  • 記事のテーマについて他社よりも詳しく掘り下げる
  • 記事のテーマについて他社と違う視点から掘り下げる など

自社ならではの独自情報や専門情報が盛り込めないか検討してみましょう。

BtoB企業がSEOに強い記事を自社で制作する方法

BtoB企業がSEOに強い記事を自社で制作する方法についてステップ形式で解説していきます。

SEOに強い記事は以下のような流れで制作します。

  1. 対策キーワードの決定
  2. 関連キーワードの調査
  3. 上位記事の分析
  4. ターゲット(ペルソナ)の設定
  5. ユーザーニーズの分析
  6. 記事のゴールの明確化
  7. ゴール達成までに必要な要素を整理
  8. 見出し構成(骨子)案を作成
  9. BtoBライティングの特徴を理解して記事を執筆
  10. 編集・校正・校閲・公開
  11. 効果測定
  12. リライト

各ステップでやるべきことを見ていきましょう。

STEP

対策キーワードの決定

まずはどの検索キーワードで記事を上位表示させるのか、”対策キーワード”を決めましょう。

検索キーワードによって、ユーザーの検索意図は異なり作るべき記事の内容も異なってきます。

例えば、「勤怠管理システムとは」と「勤怠管理システム おすすめ」とでは、ユーザーの知りたい情報が異なっているのがおわかりでしょうか。

キーワード勤怠管理システムとは勤怠管理システム おすすめ
検索意図勤怠管理システムの概要や機能などを知りたい具体的なおすすめ勤怠管理システムについて知りたい

上記の通り、異なる検索意図を持つキーワードでは上位に表示される記事も異なるため、事前に対策キーワードを決めたうえでそのキーワードの検索意図を満たせる記事を制作しましょう。

対策キーワードは1記事で複数設定した方が効率的

検索意図が似ているキーワードに関しては、1記事でまとめて対策してしまった方が効率的です。
(検索意図が異なる場合は基本的に別の記事を作成しましょう。)

弊社ではメインの対策キーワード(当社では親キーワードと呼んでいます)に加えて、同じ記事で上位表示・流入が期待できそうなサブの対策キーワード(当社では子キーワードと呼んでいます)も設定しています。

例えば、下記の画像のように「オウンドメディアとは」というキーワードに対策する記事を作る場合、「オウンドメディア 意味」「オウンドメディア 目的」など、検索意図が近いキーワードや同じ記事内で触れやすい内容に関するキーワードも同じ記事で対策してしまうといったイメージです。

記事の対策キーワードについて

かつては1つのキーワードに対して、1つの記事を作っている時代もありました。
しかし現在では、1つの記事でできるだけ多くのキーワードに対策するのが一般的。
そうした方が、少ない予算で多くの流入を獲得できるからです。

また、音声検索の台頭により検索キーワードが多様化していることから、複数のキーワードに関連する内容を記事に盛り込んだ方が上位表示を実現しやすいのも理由として挙げられます。

対策キーワードの選定方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

STEP

関連キーワードの調査

対策キーワードが決まったら、関連キーワードの調査を行いましょう。

関連キーワードは以下の3項目を調査するのがおすすめです。

  • サジェストキーワード:検索テキスト入力窓に表示されるキーワード候補
  • 関連する質問:検索結果画面に表示される質問
  • 関連性の高い検索:検索結果画面下部に表示されるキーワード群

関連キーワードをもとに、ユーザーがどんな情報を知りたがっているかを考えるヒントにしましょう。

特に「関連する質問」と「関連性の高い検索」は再検索キーワードとも呼ばれ、以下のような内容が含まれます。

  • 検索結果の記事を読んでユーザーがさらに知りたくなった内容に関連するキーワード
  • 検索結果では疑問が解決できず再度検索した際にユーザーが使ったキーワード
  • 目的の情報にたどり着きやすいようにグーグルが提案しているキーワード など

制作する記事内に競合では書かれていない再検索キーワードに関する情報を盛り込むことで、ユーザーが自社のサイト内で疑問解消に成功する可能性が高まります。
結果として、ユーザー離脱を防ぎ記事のパフォーマンスアップにもつながるため、積極的に活用していきましょう。

STEP

上位記事の分析

キーワードに関する調査が完了したら、上位記事を分析してユーザーのニーズがどんなものか考えてみましょう。

上位記事はすでに対策キーワードで検索上位が獲得できているという点から、ユーザーの知りたい内容がカバーできている可能性が高いです。(※競合の全くいないキーワードではそうでない場合もあります。)

したがって上位記事の記載内容を整理・分析することで、ユーザーの検索ニーズを調べる大きなヒントとなるのです。

上位記事分析では、検索上位10~15位くらいまでの記事で複数回登場している要素を抽出し、MECE(漏れ無し・ダブり無し)を意識して整理してください。

要素とは、見出しレベルの内容に加えて本文内で複数回登場している内容も含みます。

上位記事分析例

作業を通じて、ユーザーの検索意図がかなり見えてくるはずです!
実際に構成を考える際にヒントとなるようにわかりやすくまとめておいてください。

STEP

ターゲット(ペルソナ)の設定

記事制作にあたり、ターゲット読者を設定しましょう。
ターゲットはペルソナのレベルまで深堀することが大切です。

ターゲットとは、「30代 男性」といように見込み客の属性を指します。
一方でペルソナとは「佐藤次郎、32歳、東京渋谷区在住、IT企業勤務、年収800万円程度、結婚済み、子どもあり」といった、より具体的な架空の見込み客を指します。

ターゲットやペルソナの設定方法方法はいろいろありますが、SEO記事の制作においては検索時の状況を軸に検討するのがおすすめです。

以下の画像のようにどんな人物がどういった経緯で検索に至ったかを深堀して考えてみましょう。

ターゲット・ペルソナと検索背景の分析例

ポイントとして、以下のような内容をおさえておくことで、記事制作時の大きなヒントとなります。

  • ペルソナの人物像
  • 検索に至った背景
  • 検索している内容に関する知識レベル

上記の内容をこのタイミングでしっかりと考えることで、以下のように記事の質を高めることにつながります。

  • ペルソナの知りたい内容を記事に記載する(例えば営業部長ならオウンドメディアが売上につながる点)
  • ペルソナ向けの文体にする(BtoCの記事なら話口調でなど)
  • 知識レベルに合わせて記事の説明の順序や丁寧さ決める
STEP

ユーザーニーズ(検索意図)の分析

ここまでの情報を元に、ユーザーのニーズ(検索意図)を分析してください。

ユーザーニーズとは、検索して知りたいことや解決したい課題・疑問のことを指します。

顕在ニーズ、潜在ニーズの二つの側面から分析することが大切です。
それぞれ違いは以下の通りです。

  • 顕在ニーズ:ユーザー自身が気づいている表層的なニーズ
  • 潜在ニーズ:ユーザー自身も気づいていない心の奥のニーズ

それぞれ、以下のように箇条書きで整理してください。
ユーザーニーズを書き出すにあたり、MECE(漏れなしダブりなし)を意識することが大切です。

書き出したユーザーニーズに応えられるような記事を制作すれば、検索上位に表示される可能性が高いでしょう。

大切な工程なので時間をかけて実施してください。

STEP

記事のゴールを定義

ユーザーニーズの分析まで完了したら、記事で達成すべきゴールを定義してください。

BtoB企業が記事制作をする目的はPV数を獲得することだけではありません。
記事を読んだユーザーに何かしらアクションを起こしてもらうことが本来の目的です。

資料請求やサービスLPへの遷移など、記事を読んだ結果ユーザーにとってほしいアクションを明確にしましょう。

以下のようにゴールに至るまでの流れとともに定義するのがおすすめです。

ゴールを定義することで、ただ検索上位に表示されるだけでなくコンバージョンも狙える記事の作成が可能になります。

STEP

ゴール達成までに必要な要素を整理

ここまでの内容を総合して、定義した”ゴール”の達成までに必要な要素を整理しましょう。
記事構成の大枠としての役割も果たします。

以下のように必要な要素を箇条書きで整理するとよいでしょう。

以下のようなポイントを意識しながら、要素を整理してください。

  • ターゲット(ペルソナ)のニーズに応えた内容を包括的に盛り込む
  • ターゲットに合った説明の順序となるように要素を並べ替える(特に知りたい内容を前に)
  • 定義したゴールにたどり着けるような記事の流れにする
  • 自社独自の情報が盛り込むことを意識する

この内容は、実際の記事構成のもとになる内容です。

STEP

見出し構成(骨子)案を作成

ここまでの調査・分析内容を元に、見出し構成案を作成しましょう。

前の工程で整理した「ゴール達成までに必要な要素」を元に、より詳しい構成を作成していくイメージです。
見出し(hタグ)単位で記載し、各見出しに盛り込む内容を記載してください。

記事構成例

記事構成までは社内で作成し、執筆のみ外注するという場合はライターに意図した内容をカバーしてもらえるように、記載内容の指示や参考ページのURLなどを丁寧に記載しておいてください。

記事構成を作成する際は、以下のポイントを抑えておきましょう。

  • h2見出しの文章前半に自然な形でキーワードを含む
  • ライターに執筆してほしい内容を指示する※外注の場合
  • 参考記事も記載する(記事内で参考文献として発リンクできる権威性の高いサイトも記載)

記事構成の段階では、正しくSEOキーワードを入れるということも大切です。
特に見出しタグ(hタグ)やタイトルには対策キーワードを忘れずに入れましょう。

記事構成の作成は、コンテンツSEOで結果を出すうえで非常に重要な工程です。
しっかりと時間をかけて進めましょう。当社では構成の作成に5~6時間程度費やしています。

記事構成案の作成方法について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

STEP

BtoBライティングの特徴を理解して記事を執筆

構成案に沿って記事を執筆しましょう。

冒頭にも解説した通り、BtoBのライティングでは文章に”信頼性”が求められます。
BtoC向けに記事を書く時のように軽いトーンで書く文章スタイルはあまり相性が良くありません。
論理的かつ客観的な文章スタイルを心がけましょう。

加えて、以下のようなSEOライティングのポイントも抑えておくことが大切です。

  • 検索エンジンにもユーザーにも理解しやすい文章を心がける
  • 結論ファースト
  • 1文1義(言いたいことは1文にひとつ)
  • 冗長な表現はNG
  • こそあど言葉は検索エンジンが理解しにくいのでなるべく使わない
  • 語尾は統一する
  • 主語と述語は近くに置く
  • 主語と述語をねじれ関係にしない など

上記の他にも、SEOライティングのポイントは数多くあります。
詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

また、執筆のみ外注するという場合は以下のようなレギュレーションシートを作成するのがおすすめです。
レギュレーションシートで定めたルールに基づき、ライターに執筆しもらうことでイメージ通りの文章となりやすいでしょう。

記事レギュレーションチェックシート
STEP

編集・校正・校閲・公開

執筆が完了したら編集・校正・校閲を行い、その後web上に記事を公開してください。

それぞれの意味は以下の通りです。

  • 編集:執筆した記事がSEO的にもユーザー満足度的にも最適であるかという観点で確認して改善
  • 校正:誤字・脱字・文法ミスがないかチェック
  • 校閲:文章の意味や内容に誤りがないかチェック

記事制作代行会社に依頼した場合、編集工程はSEOディレクターが担当するケースが多いです。
内製化している場合は、構成案の作成者や編集担当者が対応しましょう。

多くの企業で校正・校閲まで編集担当者が兼ねているケースが多いですが、大手企業などは別で校正・校閲担当者を立てている場合もあります。

また、コピペチェックも忘れずに実施してください。
コピペ率が高いと、著作権法に引っ掛かりかねないうえにGoogleにも重複コンテンツとみなされ検索結果に表示されなくなってしまうという大きなリスクがあります。

以下のようなコピペチェックツールを活用してください。

以上の工程が完了したら、記事を入稿してweb上に公開しましょう。

WordPressを活用している場合、記事入稿も外注できる場合が多いです。

STEP

効果測定

記事を公開して、ある程度期間が経ったら効果測定も行いましょう。
サイトによって大きく異なりますが、新規記事の場合は記事公開から3~4カ月後にある程度結果が安定してきます。

以下の点を中心に効果測定を行ってください。

  • 検索順位:目標とする検索順位を達成できているか
  • クリック率:検索結果画面に表示されてから記事がクリックされた割合は
  • コンバージョン数/率:記事に流入した人がどれくらいコンバージョンしているか

効果測定には、以下のようなツールを活用します。

  • 検索順位:専用の検索順位チェックツールかGoogleサーチコンソール
  • クリック率:Googleサーチコンソール
  • コンバージョン数/率:Googleアナリティクス4

効果測定の結果、目標から乖離があれば次の工程であるリライトを実施しましょう。

STEP

リライト

効果測定の結果に基づき、記事のリライトを行いましょう。

リライトとは、パフォーマンス改善を目的に記事内容に対して加筆修正を行うことを意味します。
一部リライトを軽視し実施しないという企業もありますが、リライトは絶対に必要な工程です。

下記は、検索順位別の記事クリック率のデータです。

順位クリック率
1位8.17%
2位3.82%
3位2.43%
4位1.63%
5位1.11%
6位0.84%
7位0.67%
8位0.54%
9位0.52%
10位0.44%
引用:seoClarity「LARGEST EVER CTR Research Study」

表の通り、検索1位の記事のクリック率は10位の記事の20倍程度、つまり20倍程度の流入数なのです。
したがって、新規記事を公開して20ページ10位の記事を作るのと、1記事リライトして1位の記事を1ページ作るのはほぼ同等の価値があると言えます。

新規で公開したすべての記事が、検索順位1位かつコンバージョン率・クリック率も高いという完璧なパフォーマンスをするのはまず不可能。
反対にリライトを続けることで、多くの記事が検索1位に到達させられる可能性が高く完璧に近い状態に効率よく近づけていけます。

リライトは、コンテンツSEOで成功したいあらゆるメディアにとって必須の作業なのです。

リライトのやり方について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

SEOに強い記事の制作方法についてさらに詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

また、SEO記事以外(インタビュー記事・企画記事)も含めたコンテンツマーケティング全般における記事作成手順やコツについては、下記の記事をご覧ください。

BtoB記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績833記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。過去1年弱で納品した2,225記事中、1位を獲得した記事は833記事(37.4%)。 格安の料金設定でありながら、業界屈指のパフォーマンスを実現しました。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら

記事制作以外で実施が必要なSEO施策

BtoBサービスが高い成果を出すためには、記事制作(コンテンツSEO)以外のSEO対策も実施する必要があります。

まずは具体的な施策を紹介する前に、SEO対策の全体像を紹介しましょう。
特定のキーワードで上位表示を実現するために必要な要件は下図の通りです。

SEOで上位表示するために必要な要件

上図の各要件を満たすために実施する各種施策のことを総合して”SEO対策”といいます。
SEO対策は大きく分けると3種類に分類でき、それぞれの名前と目的は下記の通りです。

  • コンテンツSEO:コンテンツの評価を高める各種施策
  • SEO外部対策:被リンクの評価を高める各種施策
  • SEO内部対策:内部構造(コーディング)の評価を高める各種施策

記事制作は、上記のうちコンテンツSEOに含まれます。
それでは、記事制作以外で実施すべき各種SEO対策についてみていきましょう。

コンテンツSEOで実施すべき”記事制作以外”の施策

コンテンツSEOで記事制作以外にやるべき施策は以下の通りです。

  • キーワード選定
  • CTAの設置

それぞれ詳しく見ていきましょう。

キーワード選定

キーワード選定とは、サイトとして対策するキーワードを決定することを意味します。

キーワード選定はコンテンツSEOの成否の9割を決めるとも言われる大切な工程です。
具体的には以下のようにキーワードリストを作成してエクセルなどにまとめます。

キーワードリストの例

キーワード選定では、トピッククラスターを意識してください。
トピッククラスター戦略とは、ここ数年のSEO対策のトレンドの一つ。

トピッククラスター戦略とは、同じトピックのキーワードに対策した各ページをグルーピングし、内部リンクで記事同士をつなぐ戦略のことです。
リンクでつながることにより、サイトの専門性が高まり記事群全体のSEO評価が高まります。

キーワード選定ではこのトピッククラスター戦略を意識して、関連するキーワード群を選定することが大切です。

キーワード選定について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

CTAの設置

制作した記事内やサイト内の適切な箇所にコンバージョンへと誘導するCTAを設置しましょう。

コンバージョンとCTAの意味はそれぞれ以下の通りです。

  • コンバージョン:サイトが目的とするユーザーのアクション(資料請求・問い合わせ・購入など)
  • CTA:目的のアクションへとユーザーを誘導するエリア

例えば、弊社の「SEO記事制作代行サービス」へのコンバージョンを狙ったコンテンツでは以下のように複数のCTAを設置しています。

CTAの事例

ページの種類ごとに適切な形でCTAを設置しましょう。
また、CTAは基本的に多く設置した方がコンバージョン数が増えます

なお、コンテンツSEOについて詳しくは「コンテンツSEOとは?やり方やメリット、事例をわかりやすく解説」でも詳しく解説しています。気になる方は参考にしてみてください。

SEO外部対策で実施する施策

SEO外部対策で実施する施策は以下の2点です。

  • 良質な被リンクを集める
  • サイテーションを獲得する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

被リンクを集める(リンクビルディング)

被リンク集めと聞くと、「危ないんじゃないか?」と疑問や不安を抱く人が一部いますが、現在でも引き続き被リンク集めは重要な施策の一つです。

実際、Googleの公式文書にも引き続き以下のように被リンクを評価指標にすると明記されています。

判定を支援するために使用している要因の 1 つに、そのコンテンツへのリンクまたは言及が他の著名なウェブサイトに含まれているか把握するということがあります。含まれていれば、多くの場合、その情報の信頼性が高いことを示す十分なしるしとなります。

Google「検索ランキング結果を自動的に生成する仕組み」

被リンクはただ単に集めればいいというわけではなく、以下のようなポイントをおさえる必要があります。

  • dofollowであること(nofollowでないこと)
  • 上位表示させたいページとサイト全体に被リンクを集める
  • 記事で扱うテーマに関連性の高いサイトから被リンクを集める
  • 権威性の高いサイト(=被リンク評価の高いサイト)から被リンクを集める
  • リンクは購入しない(スパムにあたります)
  • 白い背景に白いテキストなど隠しリンクを設置しない(スパムにあたります) など

上記のようなポイントをおさえつつ、記事制作と並行してリンクビルディングを進めていきましょう。

被リンク獲得にお困りの方は、弊社の被リンク獲得代行サービスもご検討ください。

SEO内部対策で実施する施策

SEO内部対策とは、内部構造(コーディング)の評価を高める施策のこと。
検索エンジンがよりサイトを理解しやすくして、評価が上がりやすくなるようにするための施策です。

営業に例えると、コンテンツ評価が商品の魅力、被リンク評価が商品の評判であるのに対して、内部構造の評価は営業マンのトークです。

商品の質や評判を高め続けるのと同時に、営業マンのトークをより分かりやすくすることで商品が多く売れるのと同じように、コンテンツSEOやSEO外部対策と同時に、SEO内部対策を行うことでサイトの評価が高まります。

サイトの内部構造がSEOに与える影響

SEO内部対策では以下のような施策を実施します。

  • 検索エンジンからのマイナス評価を回避
  • 適切でわかりやすいサイト構造の構築
  • クローラーがたどりやすい内部リンク構造の構築
  • クロールを最適化
  • 正しいHTML構造
  • 構造化マークアップ
  • サイトの表示速度を改善
  • モバイルフレンドリー
  • HTTPS化
  • AMPに対応

各種SEO対策についてより詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

BtoB記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績833記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。過去1年弱で納品した2,225記事中、1位を獲得した記事は833記事(37.4%)。 格安の料金設定でありながら、業界屈指のパフォーマンスを実現しました。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら

BtoB記事制作の外注先の種類

BtoBの記事制作の主な外注先候補は以下の通りです。

  • フリーのライター(クラウドソーシングなど)
  • 記事制作代行会社
  • 広告代理店・web制作会社

それぞれ詳しく見ていきましょう。

フリーのライター(クラウドソーシングなど)

クラウドソーシングサイトなどを経由してフリーのライターに記事制作を外注することができます。

クラウドソーシングのイメージ

フリーのライターに依頼するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 低コストで依頼できる
  • 土日祝対応可能など融通が利きやすい
  • 一度発注したライターに継続依頼できる

デメリット

  • ハイレベルなSEOノウハウを持った人に出会える確率は低い
  • 記事の品質にムラがある
  • ライターの採用や管理が必要
  • 編集やチェックは自分で行わなければならない
  • 仲介手数料が発生する
  • 「連絡がこない」「納期遅れがある」などトラブルのリスクがある
  • 良いライターの見極め方が難しい

上記のメリット・デメリットを踏まえ、フリーライターの利用は自社にSEOノウハウがあったうえでとにかく費用をおさえたいという場合に活用するのがおすすめです。

記事制作代行会社

記事制作を専門に請け負う代行会社に依頼することもできます。

記事作成代行業者のイメージ

記事制作代行会社に依頼するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • ハイレベルなSEOノウハウを持っている会社が多い
  • 一定の基準をクリアしたライターのみが在籍しているから記事の品質が高い
  • ライターの選定や管理などを任せられる
  • 業者によってはアフタフォローがしっかりしている
  • プロのSEOディレクターや編集者からアドバイスをもらえる
  • コピペチェックや編集・校正・校閲などをライターやディレクターが複数人体制で行う

デメリット

  • 費用が高い
  • 納品までに時間がかかる
  • 最低発注本数や契約期間の縛りがある
  • 格安業者の場合は記事の質にムラがある

上記のメリット・デメリットを踏まえて、自社内にSEOノウハウがなかったり費用をある程度かけられるという場合は、記事制作代行会社の利用がおすすめです。

また確実に成果を出さなければいけないという場合も、ノウハウを持ち高品質な記事の納品が期待できる記事制作代行会社がおすすめだといえるでしょう。

総合広告代理店・web制作会社

総合広告代理店やweb制作会社にも記事制作を依頼することができます。

しかし、基本的に下請けである記事制作代行会社に再委託が行われるだけなので、余計に中間手数料がかかりあまりおすすめできません。

総合的なSEO対策まで支援してくれている場合は別ですが、基本的には記事制作代行会社などを自分で探して直接発注した方が良いでしょう。

BtoB記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績833記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。過去1年弱で納品した2,225記事中、1位を獲得した記事は833記事(37.4%)。 格安の料金設定でありながら、業界屈指のパフォーマンスを実現しました。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら

BtoB記事制作外注先の選び方

BtoB記事制作外注先の選び方は以下の通りです。

  • 実績やポートフォリオを確認する
  • SEOに強い記事を制作できるか
  • 記事のチェック体制はどうなっているか
  • 費用面はどうか
  • 納期や最低依頼数などイメージ通りの依頼ができるか
  • 得意なジャンルや自社との相性
  • 専門のライターや監修者がアサインできるか

外注先の業者の実力によって得られる成果が大きく上下します。
以下のポイントをおさえて慎重に記事制作の外注先を選びましょう。

実績やポートフォリオを確認する

記事制作会社を選ぶ際には、まず実績やポートフォリオを確認することが重要です。

過去の制作事例から、どのようなジャンルの記事を制作してきたのか、どのようなクライアントを担当してきたのかを確認できます。

また、ポートフォリオの内容から、記事の品質やライティングスタイルを確認することもできます。
自社のターゲット層やイメージに合致する記事を制作できる会社かどうかを判断しましょう。

渡邉

各記事制作会社が自社サイトに公開している記事も判断材料になります。
記事制作を請け負っている会社なのに自社サイト上の記事の品質が低い場合は、実力が不足していると判断してもよいでしょう。

確認ポイント
  • 過去の制作事例:ターゲット層、業界、媒体など
  • ポートフォリオの内容:記事の品質、ライティングスタイル、構成
  • 具体的な成果:SEO効果、コンバージョン率など

弊社の記事制作実績は下記よりご覧いただけます。

SEOに強い記事を制作できるか

SEO対策に強い記事を制作できるかどうかは、記事制作会社を選ぶ上で重要なポイントの一つです。
SEO対策は、検索エンジンで上位表示を獲得するために必要な施策であり、集客効果を高めるためには欠かせません。

SEO対策に強い記事制作会社は、キーワード選定、文章構成、内部リンク施策など、様々なSEO対策ノウハウを持っています。また、最新のSEO対策に関する知識や情報を持っていることも重要です。

記事制作会社によっては、過去に納品した記事のパフォーマンスデータを公開している場合があります。
納品した記事のパフォーマンスを公開しているということは相当自身がある制作会社だと言えるでしょう。

ちなみに弊社「記事作成代行ウルトラ」が過去1年弱※で納品した2,225記事のパフォーマンスデータは以下の通りです。
※2023年6月~2024年4月までに納品した記事のうち公開から3ヶ月以上経過したもの

検索順位記事数割合
1位833記事37.44%
1~5位1,184記事53.21%
1~10位1,523記事68.45%

検索1位を達成した記事が2,225記事中833記事(4割弱)と業界屈指のパフォーマンスを達成しました。

記事作成代行ウルトラについて詳しく見る

確認ポイント
  • 制作した記事のSEOにおける実績
  • SEO対策ノウハウの有無
  • 最新のSEO対策に関する知識
  • 過去に納品した記事のパフォーマンスデータ

記事のチェック体制はどうなっているか

記事の品質を担保するためには、しっかりとしたチェック体制が整っていることが重要です。
ライティング以外にも、編集者による編集・校正・校閲が行われているかどうかを確認しましょう。

また、コピペチェックが行われているかどうかも確認が必要です。

また、専門家による監修サービスがあるかどうかも確認するとよいでしょう。
専門分野に特化した監修者がいることで、より専門性の高い記事を制作することができます。

監修サービスは基本的にオプション料金になるので、費用面に関しても確認してください。

確認ポイント
  • 編集・校正・校閲体制
  • コピペチェック
  • 監修サービス
  • ダブルチェック体制

費用面はどうか

記事制作会社の費用は、記事の長さ、難易度、納期などによって異なります。
いくつかの会社から見積もりを取って費用面を比較してください。
見積もりを取得する際には、必ず具体的な納期と記事の長さを伝えましょう。

その際、料金体系が明確であるかどうかを確認してください。

また、相場に対して費用が安いか高いかという視点での確認も必要です。
記事作成代行サービスの費用相場は以下の通りです。

  • クラウドソーシングや個人ライター:0.5円~5円
  • 低価格の記事作成代行業者:0.7円~3円
  • SEO記事に特化した代行業者:7円~10円

ちなみに弊社「記事作成代行ウルトラ」の料金は文字単価3円~と業界最安級です。

また、オプション料金なども確認しておきましょう。
例えば、画像制作やSEO対策などのオプション料金がある場合があります。

確認ポイント
  • 見積もり金額
  • 料金体系の明確さ
  • 相場に対する費用
  • オプション料金

記事制作代行を依頼する場合の相場情報について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

納期や最低依頼数などイメージ通りの依頼ができるか

希望する納期に間に合うかどうか、また、最低依頼数がどのくらいなのかを確認しましょう。
大量発注時の割引制度などがあるかも確認するのがおすすめです。

また、サービスによって最低依頼数が異なるので注意が必要です。
最低10本は依頼するなど縛りがあるサービスも多いので事前に確認してください。

ちなみに弊社「記事作成代行ウルトラ」は、最低依頼数1本~OKとご活用いただきやすいサービスですよ。

また、緊急時の対応についても確認しておきましょう。
急遽記事が必要になった場合にも、迅速に対応してくれる会社を選びましょう。

確認ポイント
  • 納期
  • 最低依頼数
  • 大量発注時の割引制度
  • 緊急時の対応

得意なジャンルや自社との相性

記事制作会社の中には、得意なジャンルやターゲット層を持っているところがあります。
自社の事業内容やターゲット層と合致している会社を選ぶことで、より効果的な記事を制作することができます。

また、担当者とのコミュニケーションのしやすさも重要です。
担当者との相性が良いと、スムーズに依頼を進めることができます。

確認ポイント
  • 得意なジャンル
  • ターゲット層
  • 担当者との相性

専門のライターや監修者がアサインできるか

専門分野に特化したライターや監修者をアサインできるかどうかを確認しましょう。
必要な専門知識や経験を持った人材が揃っていることが重要です。

チーム体制で制作を行う場合、チームメンバーの経歴やスキルなども確認できます。

確認ポイント
  • 専門分野に特化したライター・監修者の有無
  • チームメンバーの経歴・スキル

記事制作会社を選ぶ際には、上記のポイントを参考に、自社のニーズに合致した会社を選びましょう。

その他、

  • 口コミや評判:インターネットで口コミや評判を調べてみるのも良いでしょう。
  • トライアル:トライアルを実施している会社もあるので、実際に記事を制作してもらってみるのも良いでしょう。

記事制作会社をうまく活用することで、SEO対策に効果的な記事を効率よく制作することができます。

ご自身のニーズに合致したサービスを選んで、ぜひ活用してみてください。

BtoB記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績833記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。過去1年弱で納品した2,225記事中、1位を獲得した記事は833記事(37.4%)。 格安の料金設定でありながら、業界屈指のパフォーマンスを実現しました。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら

BtoB記事制作のおすすめ外注先5選

BtoB記事制作のおすすめ外注先5選は以下の通りです。

  • 記事作成代行ウルトラ|シュワット株式会社
  • BtoB向けSEO記事制作|株式会社SEデザイン
  • バズ部のSEO記事制作代行サービス|株式会社ルーシー
  • 文章制作プロダクションTEXPERT(テキスパート)|株式会社アナザーパス
  • BtoB企業向けコンテンツ設計・制作|株式会社日経ビーピーコンサルティング

それぞれ特徴や料金を見ていきましょう。

記事作成代行ウルトラ|シュワット株式会社

シュワット株式会社が提供する記事作成代行ウルトラは、業界最安級の文字単価3円~依頼可能なSEO記事制作代行サービスです。

記事作成代行ウルトラ|シュワット株式会社
記事作成代行ウルトラ
料金(税抜)・シンプルプラン(執筆のみ):文字単価3円
・スタンダードプラン(構成+執筆):文字単価4円
記事作成代行ウルトラのPOINT
  • 納品した2,225記事中833記事が対策キーワードでの検索1位と業界屈指のパフォーマンスを達成。
  • 文字単価3円~と業界最安級の料金で発注可能
  • 最低依頼記事数1記事~OKと使いやすい
  • 業界トップクラスのSEOディレクターがアサイン

記事作成代行ウルトラの魅力は、料金の安さと記事の品質が共存している点。
文字単価3円と業界最安級の料金設定でありながら、過去1年弱で納品した記事のパフォーマンスは業界トップクラスです。

<記事作成代行ウルトラが過去1年弱で納品した2,225記事の検索順位データ一覧>

検索順位記事数割合
1位833記事37.4%
1~5位1,184記事53.2%
1~10位1,523記事68.4%

最低依頼記事数が1記事でもOKと使いやすさも大きな魅力。
総合的に優れたBtoBの記事制作代行サービスです。

BtoB向けSEO記事制作|株式会社SEデザイン

株式会社SEデザインが提供するBtoB向けSEO記事制作は、その名の通りBtoBに特化した記事制作サービスです。

BtoB向けSEO記事制作|株式会社SEデザイン
BtoB向けSEO記事制作
料金(税抜)・ライトプラン:70万円~(記事10本)
・スタンダードプラン:95万円~(記事10本)
BtoB向けSEO記事制作のPOINT
  • 出版業界で培ったコンテンツ制作力の高さ
  • 外資系大手IT企業に対する35年以上の長期支援実績
  • 導線設計まで対応
  • ジャンルやテーマに対してマッチしたライターが執筆対応

BtoB向けSEO記事制作サービスは、長年出版業を営むSEデザインが提供するコンテンツ制作代行サービス。
35年以上かけて培われたコンテンツ開発力・編集力に大きな強みがあります。

また、記事制作に限らずHubspotの導入支援やweb制作、コンテンツマーケティングの戦略策定など、幅広いBtoBのマーケティング支援に対応可能です。

BtoB企業向けコンテンツ設計・制作|株式会社日経ビーピーコンサルティング

BtoB企業向けコンテンツ設計・制作は株式会社日経ビーピーコンサルティングが提供する調査分析・有識者インタビューなどに強みを持つ記事制作代行サービスです。

BtoB企業向けコンテンツ設計・制作|株式会社日経ビーピーコンサルティング
BtoB企業向けコンテンツ設計・制作
料金(税抜)記事作成(取材記事):40万円~/本
記事作成(調査記事):60万円~/本
記事作成(一般記事):30万円~/本
BtoB企業向けコンテンツ設計・制作のPOINT
  • 日経BPの高い取材力と調査力
  • 高品質な調査記事や有識者インタビュー記事を納品
  • ビジネス分野に対する知識とノウハウが豊富で専門性の高い分野にも対応可能

日経BPのBtoB企業向けコンテンツ設計・制作は、日経グループならではの高い取材力・調査力を記事制作に反映。

独自に構築された著名人や有識者、専門家とのパイプがあり、他社には難しい有識者インタビュー記事が制作可能です。
また、これまで数多くの調査を実施してきた調査部門があり、独自の調査・分析記事を制作します。

バズ部のSEO記事制作代行サービス|株式会社ルーシー

株式会社ルーシーが提供するバズ部のSEO記事制作代行サービスは、業界トップクラスの高いパフォーマンスを発揮している記事作成代行サービスです。

バズ部のSEO記事制作代行サービス
バズ部のSEO記事制作代行サービス
料金(税抜)非公開
バズ部のSEO記事制作代行サービスのPOINT
  • 業界トップクラスの高いパフォーマンス実績
  • 独自ノウハウ「バズ部式コピーライティング」で記事作成代行

バズ部のSEO記事制作代行サービスは、業界でも有名な「バズ部」が提供する記事制作代行サービス。
過去に執筆した記事では、記事作成代行ウルトラと同程度の高いパフォーマンスを発揮しています。

記事制作代行サービスの他、web制作やオウンドメディア運営代行サービスも提供しており、総合的なコンテンツマーケティングの支援が可能です。

文章制作プロダクションTEXPERT(テキスパート)|株式会社アナザーパス

株式会社アナザーパスが文章制作プロダクションTEXPERT(テキスパート)は、ハイレベルな編集者とトピックに精通した専門家が高品質な記事を制作するサービスです。

文章制作プロダクションTEXPERT(テキスパート)|株式会社アナザーパス
文章制作プロダクションTEXPERT(テキスパート)
料金(税抜)非公開
文章制作プロダクションTEXPERT(テキスパート)のPOINT
  • 編集者・校閲担当者・専門家・ライターなど複数名体制で記事を制作
  • 各分野の専門家がアサインし監修対応可能
  • 経験豊富な編集者がハイクオリティな記事に仕上げる

文章制作プロダクションTEXPERT(テキスパート)は、専門性の高いトピックに関する記事制作に強みを持っています。
記事制作時には、ジャンルに合ったライターのアサインに加えて、各分野の専門家を監修者としてアサイン。
専門情報が盛り込まれた高品質な記事を納品可能です。

BtoB記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績833記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。過去1年弱で納品した2,225記事中、1位を獲得した記事は833記事(37.4%)。 格安の料金設定でありながら、業界屈指のパフォーマンスを実現しました。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら

記事作成代行ウルトラのBtoB記事制作実績・成功事例

弊社支援先でのBtoB記事制作による成功事例を紹介していきます。

サイト立ち上げから10ヶ月で月間リード数200件(記事経由のみ)を達成

サイトの種類

BtoB製品の比較・レビューサイト

支援前の課題

記事制作をしてリードを増やしたい。

実施した施策内容

  • サイト戦略の策定
  • 記事制作
  • キーワード選定
  • コンバージョン導線の設計
  • コンバージョン計測環境の構築
  • SEO内部対策
  • SEO外部対策
  • インハウス化支援

支援で得られた成果

記事制作開始10ヶ月で公開した記事経由の単月リード数200件を達成。

BtoBの高単価商材に対するリードを、web広告を大幅に上回る数の獲得に成功しました。

また以下のようにリードは発生しやすいが、競合性の高い比較系キーワードで上位表示を独占。

  • ○○ 比較
  • ○○ 価格
  • ○○ おすすめ

チーム内メンバーだけでのコンテンツSEO運用のインハウス化も実現しました。

上記以外の記事制作実績について気になる方は下記よりご覧ください。

サイト立ち上げから6ヶ月でレジの月間販売数60台・月商500万円達成|シュワット株式会社

BESPRA|シュワット株式会社

サイトの種類

POSレジの販売・比較サイト

支援前の課題

記事制作をしてリードを増やしたい。

実施した施策内容

  • サイト制作
  • サイト戦略の策定
  • 記事制作
  • キーワード選定
  • コンバージョン導線の設計
  • コンバージョン計測環境の構築
  • SEO内部対策
  • SEO外部対策
  • インハウス化支援

支援で得られた成果

記事制作開始6ヶ月で公開した記事経由の単月レジ販売数60台を達成。
月商も500万円を突破。

記事が掲載開始から4ヶ月程度で検索上位を獲得。
以下のように爆発的にサイトの流入数を伸ばしました。現在も非常にハイペースで流入数が伸びています。

流入数の増加データ

高品質な記事を制作した結果、Googleのコアアップデートでも評価が増して一気に順位が上昇しました。

上記以外の記事制作実績について気になる方は下記よりご覧ください。

BtoB記事制作の外注先探しにお困りではないですか?
  • SEOで高い成果が出せる外注先に記事制作を依頼したい
  • クラウドソーシングは管理が大変で品質もムラがある
  • SEO特化型の記事作成代行業者は高いし最低記事数の縛りがある

現在、上記のようなお困りごとがありましたらぜひとも私たち記事作成代行ウルトラへご相談ください。検索1位表示実績833記事以上のSEOチームが成果に直結する記事を業界最安級の文字単価3円~提供します。過去1年弱で納品した2,225記事中、1位を獲得した記事は833記事(37.4%)。 格安の料金設定でありながら、業界屈指のパフォーマンスを実現しました。さらに最低記事数や契約期間の縛りなく1記事からご依頼いただけます。

お問い合わせはこちら
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

渡邉 志明(SEOニキ)のアバター 渡邉 志明(SEOニキ) シュワット株式会社|代表取締役

これまで複数のwebメディアの立ち上げ~黒字化にPM・SEO責任者として携わる。コンテンツSEOによるメディアのグロースやインハウス化支援が得意。SEOディレクターとして600以上のコンテンツで検索1位を獲得した実績を持つ。POSレジなどのITツール導入支援もしている。